・・・

憂「では皆さんのを適当に」コトッ

律「純ちゃんのスーパー・・・なんだっけ?おいしそうだな」

紬「お茶ですよー」コトッ

唯「きれいになった部室でみんなでお茶会。幸せだねぇ」

律「私これー!」ヒョイ

唯「あっ!りっちゃんずるいよ!」

純「私は澪先輩達からのを」ヒョイ

梓「じゃあ憂のをもらおうかな」

唯「おいひい。純ちゃんのおいしいよぅ」モグモグ

紬「憂ちゃん達のもおいしい」

澪「自作かぁ。いいな」

憂「あまり食べ過ぎないでね。ドーナツって結構カロリーあるからいくらお姉ちゃんでも・・・」

澪紬「」ピタッ

澪「・・・律、私の半分あげようか?」

律「自分のあるから大丈夫」パクパク

紬「・・・あずにゃんはどう?」

梓「私も、自分の分だけで・・・」

澪「・・・いっぱい練習すれば大丈夫。・・・大丈夫」パクッ

紬「晩御飯は量を減らしてヘルシーな物を・・・」パクッ

律「結局食うんだな」ズズッ

唯「えへー。2個目ー」ヒョイ

梓「まったく動じない唯先輩もすごいですよ・・・」

憂「お姉ちゃん、ほっぺにクリームが」フキフキ

純「この雰囲気いいよねぇ。落ち着くよ」

澪「これ食べたら早速練習するからな!」

紬「そうね!」

唯「おぉ。二人ともやる気だね!」

純「じゃあ早速梓から」

梓「ちょっと、早すぎでしょ!」

純「こう言うのは後の方がやりにくいんだよー」

紬「その前にね、ちょっと見て欲しいものがあるの」

律「見て欲しいもの?」

紬「これなんだけど」パサッ

唯「・・・こ、これは!」

紬「勝手に変えて悪いかなって思ったんだけど」

紬「せっかくみんなと一緒に演奏できるんだし、曲を少しアレンジしてみたの」

律「おー。いいじゃんいいじゃん」

澪「なにを変えてみたんだ?」

梓「昨日はこれをやってたんですか」

紬「時間がなくて少ししか出来なかったんだけど」

紬「唯ちゃんのU&I、これを二人で歌えるようにしてみました」

唯「二人で・・・」

律「・・・なるほど」

紬「それはもちろん唯ちゃんと・・・、ねっ」

唯「憂・・・」

憂「お姉ちゃん・・・」

律「ムギもやるなー」

紬「ふふっ。ちょっとした思いつきだったんだけどね」

紬「唯ちゃんが憂ちゃんに送った曲だし、気に入らなければ・・・」

唯「ううん。ありがとう!ムギちゃん!」ギュッ

唯「私すっごいうれしいよ!」

憂「ありがとうございます!私もお姉ちゃんに気持ちを送れてうれしいです!」

紬「・・・ありがとう」

澪「アレンジか。これはかなりいいかもな」

律「私達のはなにかある!?」キラキラ

紬「りっちゃん達には冬の日を!」ピラッ

律「・・・」

律「うがー!」

梓「あぁ・・・、例の発作が・・・」

純「発作?」

梓「これには深い訳があってね・・・」

律「シャラーップ!!」


澪「ムギ達のもあるのか?」

紬「私達はHoney sweet tea time」

律「うむ。ムギの曲だから歌いやすいだろうしな」

紬「一緒に歌おうね!」

梓「が、がんばります・・・」

唯「楽しみだねー」

憂「うん。一緒に歌えるようにたくさん練習しないとね!」

純「」チラッチラッ

紬「純ちゃんには・・・」

純「」ドキドキ

紬「ごめんなさい!」

純「・・・あ。そうですか」ショボ

紬「純ちゃんはどうしようかいろいろ考えたんだけど・・・」

紬「やっぱり自分の好きな曲がいいんじゃないかって思って」

純「私の好きな・・・」

紬「純ちゃんはどの曲を誰と歌いたい?それでアレンジしようと思うの」

純「・・・うーむ」

純「みんないい曲なので悩みますね」

律「純ちゃんなぁ。ごはんとか合うんじゃないか?食いしん坊なイメージだし」

唯「」ピクッ

澪「食いしん坊コンビか。いいかもな」

唯「」キラキラ

純「(うっ、唯先輩がすっごいこっち見てる・・・)」

純「(唯先輩か。・・・それも楽しそうだなぁ)」

純「(でもやっぱり澪先輩かな・・・)」

純「(・・・うーむ)」

純「もう少し考えますね」

紬「うん、決まったら教えてね。すぐに始めるから」

律「本当にこれ歌うの・・・?」

澪「なんだ?ムギの選曲に文句でもあるのか?」

律「だって・・・」

『前髪を下ろした きみの姿も見てみたい』

律「・・・おかしーし」

澪「おかしくねーし」

紬「もっと他の曲もアレンジしてみましょう!」

唯「どう?歌えそう?」

憂「・・・うん。・・・自信ないけど」

唯「憂なら大丈夫だよー」

律「じゃあU&Iから始めるか!」

紬「憂ちゃん。がんばってね!」

梓「あ、ムギちゃん達は弾かないんですか?」

紬「うん。そこまでアレンジできなかったから憂ちゃんと交代ね」

純「私も観客やってます」

律「おっしゃー!いくぞー」

純「憂、すっごいうれしそう」

紬「あれだけ喜んでくれてるなら作ってよかった」

純「でもすごいですね。あの短時間で作っちゃうなんて」

紬「そんなことないわよ」

唯憂「届けー!」

ジャーン

純「ういー。かっこよかったよー」パチパチ

紬「うん!唯ちゃんも!」パチパチ

憂「・・・お姉ちゃん、届いた?」

唯「うん。ちゃんと届いたよ」ダキッ

憂「」///

唯「大成功だね!」ブイッ

律「どこがだ。観客見ないで憂ちゃんばっか見てたくせに」

唯「えー。ダメー?」

梓「気持ちはわかりますけどね」

澪「観客の憂ちゃんを見るならともかく後ろを向いてるのはなぁ」

唯「ぶーぶー」

唯「じゃあこうしよう!憂を私の隣に!」

律「それじゃあバランス悪いだろ」

あーだこーだ

純「・・・成功ですよね?」

紬「う、うん・・・」

梓「とりあえず他の曲もやってみましょうよ」

唯「じゃあ次は文句ばっかりのりっちゃんだよ!」

律「なんでそうなるんだよ!」

憂「では交代しますね」

紬「うん。お疲れ様」

澪「ごめんな。わたしばっかりで」

純「いえいえ。澪先輩達の曲ですし、私まだ下手だし・・・」

澪「そんなことないよ」

律「いやぁ。ドラムが大変だから歌えないなぁ・・・」

唯「」ジーッ

紬「そんな・・・」グスン

梓「なに言ってるんですか。はい、やりますよー」

律「うぅ・・・」


純「やっぱ先輩達の演奏すごいね」モグモグ

憂「うん。私達もがんばらないと」

澪「でも前髪を下した きみの姿も見てみたい」

律「(おかしいし・・・)」

純「・・・律先輩の顔が赤い」

憂「照れてるんだよ」

律「いたずらな笑顔が とても似合ってる」(棒)

純「律先輩ってあんなに・・・その、アレだったっけ?」

憂「き、きっと恥ずかしいんだよ」

ジャーン

純「よ、よかったですよ」パチパチ

唯「ダメだね」

梓「そうですよ。律先輩の歌に感情が籠ってないです!」

律「うぅ・・・。ご勘弁をー・・・」

澪「・・・まぁ、初めてだししょうがないんじゃないか?」

紬「要練習ね!」

律「また、歌うの・・・?」

唯「・・・弱ったりっちゃんってなんかかわいいね」

澪「だろ?」

律「・・・はぁ」

紬「それとも曲変えようか?」

律「賛成!」ビシッ

澪「じゃあいちごパフェにするか?」

律「・・・」

律『今日の夢の味はパーフェクトです☆』

律「・・・ないわ」

澪「わがままだなぁ」

唯「冬の日もいちごもいい曲なのにねぇ」

律「もう次行こうぜ。次はムギ達だろ?」

純「待ってましたー」

憂「がんばって。梓ちゃん!」

梓「うっ・・・」

紬「大丈夫よ。いっぱい練習してたもの」

唯「今の私は厳しいからねー」キラリ

梓「プレッシャーかけないでください!」

唯「ふっふっふ。センターは任せたよ」

純「おぉ。梓が真ん中かぁ」

梓「うぅ・・・」

梓「(ムギちゃんの曲・・・。まだ歌下手だし・・・)」

梓「はぁ・・・」

紬「あずにゃん。深呼吸しよう」

梓「」スーハースーハー

紬「歌が下手とかどうでもいいの。私は一緒に楽しく演奏できれば満足なんだから」

梓「ムギちゃん・・・」

唯「そうだよ!楽しければそれでいいんだよ!」

澪「梓は深く考えすぎなんだよ。気軽に行こう」

律「・・・なんか腑に落ちないけど同意で」

梓「・・・私、がんばります!」

紬「その意気よ!」

純「ほんと、みんないい人達だよね」

憂「うん。立派な先輩だね」

律「んじゃ行くぞー!」

梓「は、はい!」

紬「どうぞ!」

梓「はちみつ色の午後は何味?」

憂「梓ちゃん、前よりかなり上手になってるね!」

純「先輩達には及ばないけどすごいよ。特訓の成果だね」

紬「(あずにゃん。十分上手じゃない)」クスッ

紬「きっと 明日も 晴れますように」

純「こりゃ私もうかうかしてられないね」

憂「うん。梓ちゃん、上達早いから私も抜かれちゃうかも」

ジャーン

純「梓ー。よかったよー」パチパチ

梓「そ、そうかな・・・。途中で音外しちゃったし・・・」

純「前に比べたら全然よくなってるよ!」

澪「うんうん。律も見習ってほしいよ」

律「おい」ビシッ

唯「あずにゃん、よくがんばったねー」ヨヨヨ

梓「・・・もう」///

紬「ありがとう。とっても楽しかったわ」ナデナデ

梓「わたしもとても楽しかったです!」

紬「でも気を抜いちゃダメよ。これからも一緒に練習しようね」

梓「はい!」

律「よし!一通り演奏したしお昼にしようぜ!」

唯「えー。純ちゃんまだ演奏してないよ」

純「構わないですよ。聞いてても勉強になりますし」

澪「じゃあお昼食べ終わったら交代しようか」

純「は、はい!」

律「おっひるー。お昼ご飯ー」

唯「ご飯ー」

梓「・・・なんか無駄にハイテンション」

紬「ふふっ」


4
最終更新:2011年10月09日 23:10