――軽音部 部室

憂「純ちゃんは?」

梓「用事があるんだって。だから今日は私と憂だけ」

憂「そっかぁ…」ソワソワ

梓「どうしたの?」

憂「へ? べ、別に?」

梓「?」

憂(兼部のこと、純ちゃん大丈夫かなぁ)

憂(無理してなければいいけど……)

梓「それにしても…私と憂だけだと部室もなんだか広く感じるね」

梓「いつもは先輩達がいて騒がしいけど、今日は平和だなぁ」

憂「でも、ほんとは寂しいんじゃない?」

梓「べ…別にそういうわけじゃ……」

梓「あっ、そうだ! トンちゃんにエサあげないと」

憂「トンちゃんもいれたら、私三人になるね」

梓「トンちゃんは人間じゃないけど…まぁいっか」

梓「はいトンちゃん、ご飯だよ」

トンちゃん「……」プカプカ

憂「可愛いね~。そういえばなんで学校でトンちゃんを飼うことになったの?」

梓「なんだっけ、確か……」

梓「先生のギターを売ったお金で何か買おうってことになって、唯先輩がトンちゃんを選んだの」

梓「私の後輩だ、とか言って」

憂「あはは、お姉ちゃんらしい」

梓「まったく、唯先輩ってば…」

憂「でもお姉ちゃんなりに梓ちゃんのことを気にかけてたんじゃないかな」

梓「うん…わかってる」

憂「…やっぱり、新入部員は入って欲しかった?」

梓「……どうだろ。去年も軽音部は楽しかったし」

梓「だけど……もし後輩が入部してたら、どうなっていたんだろうって何回か考えたことはある」

梓「私はちゃんとした先輩になれるのかなぁ……とか」

憂「梓ちゃんならなれるよ。お姉ちゃんも梓ちゃんは教え方が上手いって言ってたし」

梓「……正直、純のことがちょっと羨ましい」

憂「純ちゃんが?」

梓「後輩や同学年の子と楽しそうにしているところを見ると…ついそう思っちゃう」

梓「だから…先輩達には卒業してほしくないなんて考えて……」

憂「……」

梓「でも、そんなの無理に決まってるのにね。ごめんね変な話して」

憂「梓ちゃん、大丈夫だよ」

梓「え?」

憂「軽音部は絶対になくなったりしないから」

梓「憂……うん、ありがとう」

梓「さてと、そろそろ練習始めよっか」

憂「うんっ!」

梓「それじゃあとりあえず音合わせを……」

梓「!!」ピクッ

憂「梓ちゃん?」

梓(この視線は…!)



後輩c「……」ジーッ



梓(やっぱりいた!?)



後輩c「!!」

後輩c「……」アタフタ

後輩c「……」ササッ



梓(そして隠れるのが相変わらず遅い…)

憂「あの子は…?」

梓「ジャズ研の子なんだけど…最近、気づいたらなぜか私のあとを追ってきて」

憂「梓ちゃんのファンだったりして」

梓「それは…ないと思うけど」

梓(なんで私の後についてくるんだろう……なにが目的?)

梓(なんか私悪いことしたかなぁ……)

梓「…――って憂? あれ!?」




憂「こんにちは!」

後輩c「あっ……」




梓(いつの間に!?)

憂「梓ちゃんに、何か用があるの?」

後輩c「え…えぇっと……あの……」

後輩c「ご、ごめんなさい……私……」

憂「とりあえず中に入らない? せっかくなんだしちょっとだけお話ししよ?」

後輩c「ぁっ…ぇっ…」

梓「……」ジーッ

後輩c(ひっ!?)

後輩c(に、睨まれてる……怒ってる……)

後輩c(怒られる…絶対)ブルブル

梓(純の後輩…なんか色々と勘違いしてるみたいだし、ちゃんと話をしておかないと)


憂「はい、ここに座って」

後輩c「……」オドオド

梓「……」

憂「お茶は……あっ、あった!」

憂「お姉ちゃんたちが午前中に使ってたやつまだあったよ。これ飲もっか」

梓「う、うん」

梓(なぜかお茶会になってしまった…)

後輩c「……」

梓「あ、あの~」

後輩c「!!」ビクッ

梓「そ、そんな怖がらないで。何もしないから…」

後輩c「すっ、すすすいません」

梓「えっと……」

後輩c「……」

梓「……」

後輩c「……」

梓「……」

梓(なんかもう……なんて言えばいいんだろう)

憂「はい、お茶できたよ。お菓子もあるからみんなで食べよっか」

梓「あっ…憂」

梓(練習は……しょうがないか)

憂「はいどうぞ」コトッ

後輩c「ぇ? あっ、ありがとう…ございます…」

梓「あはは、おかしいよねこんな所にティーセットがあるなんて」

梓「なんていうか…先輩達が勝手に置いてて」

後輩c「……」

梓「まぁその……あんまり気にしないでね」

後輩c「は…はい」

憂「私は憂。軽音部じゃないけど今日は梓ちゃんのお手伝いで来てるの」

後輩c「は、はぁ」

憂「純ちゃんの後輩なんだよね? ベース弾いてるの?」

後輩c「はい…」

憂「あっ、紅茶飲める? このお菓子好き?」

後輩c「はい…」

梓「……」

後輩c「……」

憂「おかわりが欲しかったら、遠慮なく言ってね」

後輩c「あ、ありがとうございます…」

梓「……」

後輩c「……」

梓(なんか緊張してるみたいだし…少し落ち着いてから話を切り出した方がいいかも)

梓(こういう時、先輩達なら…)

梓「そ、そういえばきみ可愛いよね」

梓「よかったらコレ着けてみない?」

後輩c「え…?」

梓「じゃーん、ネコミミ」

後輩c「……」

梓「ほら、こうやって頭に着けて」

梓「にゃーん! なんちゃって…」

後輩c「……」

梓「にゃー…」

後輩c「……」

梓「……」

後輩c「……」

梓(これは…逆に取り返しのつかない空気に……)

憂「あ…梓ちゃんかわいいー!」

梓「あ、ありがとう。でもやっぱり、初対面でネコミミは驚いちゃう…よね。あはは」

後輩c「い、いえ……」

梓「……」

梓(なにやってるんだろう私…)

梓(というか、この子は何しにここに……)

後輩c「ぁの……私……」

後輩c「中野先輩に…謝りたくって……」

梓「え?」

憂「謝るって…?」

後輩c「この前…中野先輩に失礼なことを……」

梓「この前って」

後輩c『純先輩を私から奪わないでください!!』

梓(あれか…)

憂「なにがあったの?」

梓「う、ううん……そんな大したことじゃないんだけど」

後輩c「私…思い込みが激しくて。あの時は、中野先輩のこともよく知らないのに……ついカッとなって……」

梓「えっと…その…?」

梓「……」

後輩c「……」

梓「憂、ごめん。ちょっとだけ席外してもらえる?」

憂「え?」

梓「この子と二人だけで話したいの」

後輩c「……」

憂「うん…分かった。じゃあ私は出てるね」

梓「ごめんね」

憂「ううん、話が終わったら呼んでね」

ガチャッ、バタン

梓「さてと…」

後輩c「……」

梓「こうやって二人で話すのって初めてだよね」

後輩c「は、はい…」

梓「……謝りたいって言ってたけど」

後輩c「ご、ごめんなさい。本当にごめんなさい」

梓「そ、そこまで謝らなくてもいいから」

梓「それよりなんでこの前あんなことを言ったのかが…気になるんだけど」

後輩c「あれは……その……」

後輩c「純先輩と一緒に練習できる…中野先輩が羨ましくて……」

梓「え?」

後輩c「私なんて…部活以外で純先輩と一緒に練習なんて、あんまりできないのに…」

後輩c「でも中野先輩は…軽音部なのにたくさん練習できて……」

後輩c「それが羨ましかったんです……」

梓「……」

後輩c「そのうち…だんだんと中野先輩に嫉妬しちゃって」

後輩c「このまま、純先輩が中野先輩に取られちゃうんじゃないかと思って…」

後輩c「それで……純先輩、ジャズ研辞めて軽音部に入るんじゃないかって不安になり始めて…」

梓「そ、そんな話は聞いてないけど? 私はただ、練習の手伝いをお願いしただけで……」

後輩c「知ってました…純先輩も頼まれただけって言ってましたし」

後輩c「けど…考え出すと悪い方ばっかりに考えて…」

後輩c「どうしても嫌だったんです…純先輩がいないのが。だから…それで……」

梓「……」

後輩c「本当に…ごめんなさい」

梓「そ…そうだったんだ」

梓(この子、そんなに純のこと……)

後輩c「……」

梓「し、心配しないで。純がジャズ研やめることなんてないから」

梓「むしろ三年になったらレギュラーになれる、とか言ってやる気出してたし」

後輩c「ほ、本当ですか…?」

梓「うん。だって、二年間も部活やってたら辞めたいなんて思わないでしょ?」

梓「私だって、三年生になっても軽音部のままでいたいし……」

梓「…純もジャズ研にいたいと思ってるよ」

後輩c「純先輩も……」

梓「それにしても、純にすごい憧れてるんだね…」

後輩c「は、はいっ」

梓(まさか純にこんな後輩がいたとは…)

後輩c「私…今まで部活とかやったことなくて…」

後輩c「友達も…少なかったし」

後輩c「けど、高校に入って純先輩と会って…私、変われたんです」

後輩c「毎日毎日がすごく楽しくて…ベースも、大好きになって」

梓「……」

後輩c「だから…純先輩のこと……」

梓「私も、その気持ちはなんとなく分かるかな」

後輩c「え?」

梓「私自身、変われたかどうかは分からないけど…先輩達のおかげで今の私がいるのは確かだし」

梓「本当は…このまま卒業してほしくない」

後輩c「……」

梓「そんなことは無理だって分かってるんだけどね。分かってるんだけど……でもどうしても納得できなくて」

梓「先輩達に安心してほしいのに、私一人でも軽音部は大丈夫って言いたいのに」

梓「先輩達がいなくなるって考えただけで…不安になって」

梓「……本当はこのままじゃダメなのにね」

後輩c「……」

梓「あっ…なんか変な話になっちゃったね」

後輩c「いえ…そんなことないです」

後輩c「むしろ共感できたっていうか…」

後輩c「私、ここに来たら怒られると思っていたから…中野先輩のそういうお話が聞けてよかったです」

梓「そんな…怒ったりなんかしないよ」

後輩c「でも、軽音部って変な人たちの集まりのイメージがあって…」

後輩c「ライブ中にパンツを見せつけたり、学校に持ち込んじゃいけないものをたくさん持ってきたりとか噂が…」

梓「……」

梓(否定はできない…ていうか今ティーセット使ってるし)

後輩c「あ…だ、だけど中野先輩は違ってました。優しいんですね、中野先輩って」

梓「!!」

梓「そ…そうかなっ」

後輩c「はいっ」

梓(なんか照れちゃう…)

梓「と、とりあえず誤解は解けたみたいだし、もう大丈夫かな?」

後輩c「あ…は、はい。すみませんでした」

梓「ううん、大丈夫。ちょっとした誤解だもん」

梓「私ももう気にしてないから」

後輩c「あ、ありがとうございます」

梓「それにしても純ったら、もう少しちゃんと説明していればこんな事は起きなかったのに」

後輩c「純先輩は悪くないんです…私のせいで」

梓「でも純って適当なところがあるでしょ? そういうとこで結構苦労したりしない?」

後輩c「そ、そんなことはありません! 純先輩はしっかりしていて真面目な人です」

梓「えっ…うそ」

後輩c「練習はちゃんとやってますし、ベースも上手いですし、たまに面白い話もしてくれますし」

後輩c「とっても尊敬できる先輩です」

梓「……それ、本当に純のこと?」

後輩c「はいっ」

梓「本当に?」

後輩c「そうです!」

梓(一体ジャズ研ではなにが……)

梓「純のこと…そんなに尊敬してるんだ」

後輩c「はい、純先輩は最高ですっ!」

梓(純の話になったらとたんに嬉しそうに……なんというか、珍しい子)

後輩c「今日は…ここに来てよかったです」

後輩c「軽音部のことや、中野先輩のこともよく分かりましたし……ちょっと納得しました」

梓「え…?」

後輩c「純先輩が中野先輩の手助けをする気持ち…なんとなく分かるようになったんです」

後輩c「もし私も中野先輩と同じ立場だったら…純先輩がいてくれると、嬉しいですし」

梓「……」

後輩c「だから…純先輩のこと、よろしくお願いします」

梓「え? あ、は、はい!」

後輩c「じゃあ私…もう帰ります。お騒がせしてすいませんでした」

梓「う、うん…」

梓「……」

梓「あっ…やっぱりちょっと待って」

後輩c「へ?」

梓「もしよかったら、私たちの演奏聴いていかない?」

後輩c「え、演奏ですか…?」

梓「うん、感想とか聞いてみたいし…いい?」

後輩c「あ…は、はいっ」

梓「よかった。じゃあちょっと待ってて、今準備するから」

梓(なんていうか…この子には親近感がわくなぁ)

梓(もうちょっと話してみたいかも)

梓(それにしても純にこんな慕ってくれる後輩がいるなんて……奇跡だ)

梓「よし、それじゃあ今から演奏を…」

ガチャッ

憂「梓ちゃん、まだー?」

梓「あっ…忘れてた!!」


43
最終更新:2011年10月12日 20:08