憂「否定しても無理だよー、私のことオナネタにシコシコしちゃうぐらいだもん」
憂「それに…梓ちゃんのオチンチンが全部物語ってるよ…」

ビクッビクッ
梓「あぅ///」

憂「こんなにバキバキにしちゃって…出したい出したいって脈打っちゃってるし」
シュッシュッ

シュッシュッ
梓「あぅぁ!!だめだよ憂ぃ!!」

憂「だめなの?ダメならやめちゃうよ?」

梓「ごめんなさいごめんなさい!!やめないでぇ!!!」

憂「うんうん素直に素直に」
シュッシュッ

梓「あっ!!あぅ!!うぅ!!出るよぉぉ!!」
ドピュルル

憂「きゃっ!…出るの早すぎだよ…」


憂「でもまだまだ元気だね」

梓「はぁ…はぁ…」

憂「梓ちゃん、気持ちよかった?」

梓「はぁ……うん…」

憂「そっか」

憂「それじゃ今度は私が楽しむ番だね」

梓「えっ?」

憂「ちょっとこの目隠し付けて」

梓「えっ…?…うん…」
ゴソゴソ

憂「それじゃね、絶対抵抗しちゃダメだよ?」

ガソゴソ

梓「いっいたっ!」

憂「両手両足後ろで縛ってるの、ちょっと痛いけど抵抗しちゃダメだからね」

梓「わ…わかった…」
梓(縛る…何で?)

ギュッ…ギュッ…


憂「はい出来たー、目隠し取るねー」

梓「…」

憂「あはは、梓ちゃん芋虫みたいだよ」

憂「梓ちゃんは私とエッチ出来ると思ったんだよね?」

憂「まぁ間違ってはいないよ」

憂「でもね、それは私をいっぱいいーっぱい楽しませた後の、ご褒美」

憂「だから梓ちゃん」

憂「私を楽しませてね♪」


梓「楽しませるって…」

憂「んふふふー、梓ちゃん、これなーんだ?」
ヒラヒラ

梓「えっ?」

憂「私の パ・ン・ツ だよ」

梓「憂の…!?」ドクンッ

憂「これねー…梓ちゃんにあげてもいっかなー」

梓「!?」

憂「今私が脱いだばかりのホヤホヤだよ、梓ちゃんの大好物でしょ?」

梓「あ…あ…」

憂「欲しいの?ならおねだりしなきゃ」

梓「おねだり…そんな…」

憂「いらないの?」

梓「いっ…いります!!」
梓「ください!!私に憂のパンツをください!!」

憂「よくできました♪はい」
ポイッ

梓「!?」


憂「どうしたの?取りに行かないの?あげるよ?」

梓「あっ…足が…」

憂「そうだねーじゃあ這い蹲って取りに行かなきゃ、大丈夫だよ同じ教室の中なんだから」

梓「あ…う…」

憂「やっぱりいらない?」

梓「いっいります!取りに行きます」
ガタガタ


憂「うふふー、そんな地面這い蹲ってまで私のパンツが欲しいなんて…変態にもほどがあるよ?」

梓「はぁ…はぁ…」
ガタガタ


憂「よく頑張ったね梓ちゃん!パンツまで到達だよ!おめでとう」

梓「はぁ…はぁ…これが…憂の…」
クンクン

憂「やだなー梓ちゃんもう臭い嗅いでるの?」

梓(これが…憂の…あそこの臭い…)
梓「はぁ!はぁ!」クンカクンカ
梓(頭がしびれるみたい…!)
ビクッビクッ!

憂「そんなに私のあそこの臭い興奮するの?…何だか苦しそうだねー…」

梓「はぁ!はぁ!あぅぅ!!手が!!苦しいよぉ!!」

憂「そうだねー、オチンチンシコシコ出来ないねー」


梓「あぁぁぁ!!出したい!はぁ!出したいよぉ!!」

憂「苦しんでる梓ちゃん、可愛いよ…ほらもっと嗅ぎなよ私のあそこの匂い」

梓「ふごっ!!」
梓(憂の股間が…顔面に!?!?)

憂「はぁ…梓ちゃん鼻息あらーい…オチンチンバッキバキだね…出したくてしょうがないって感じだよ」

梓「フゴッ!!フガガッ!」

憂「楽しい…楽しいよ梓ちゃん!すっごい楽しい!もっと苦しんでる顔を見せて!」

梓「ぶはっ!……はぁ…憂お願い…はぁ…縄を解いて…頭がはぁ…おかしくなりそうだよ…」

憂「うーん…どうしようかなぁー」

梓「はぁ…ふぅ…憂…お願いだから…」
ビクッビクッ

憂「んふふー今の梓ちゃん眺めてるのも面白いんだけどなー」
憂「ほらほら私のパンツいっぱいクンクンしていいんだよー?」
グリグリ

梓「あう!鼻におしつけないでぇ!!」

憂「そうだなー…じゃあね」


憂「梓ちゃんが私のペットになるって誓うなら…解放してあげる」

梓「ペッ…ト…?」

憂「うんペット、私の言いつけを忠実に守る」
憂「梓ちゃんの顔も体もオッパイもお尻もあそこもオチンチンも、ぜぇーんぶ私の所有物」
憂「だから私は梓ちゃんに好き放題言いつけ出来るの」

梓「そんな…わたし人間だよ!そんなの…」


憂「うふふーでもよく考えたら梓ちゃんに選択枝はないのかもねー」
憂「だって梓ちゃんは私に弱みを握られてるんだもん」

梓「そんな…ひどいよ…」

憂「でもね梓ちゃんにも悪い話じゃないはずだよ?」

憂「私は言いつけやシツケをするよ」
憂「でもそれ以上に梓ちゃんのことを可愛がってあげる、愛でてあげる、だって私のペットだもん」
憂「それにさっきも言ったように私を楽しませてくれたら…ちゃんとご褒美もあげる」

梓「ご褒美…」

憂「ねぇ梓ちゃん…梓ちゃんを服従させるのは簡単だけど」
憂「私はあずさちゃんの口から直接言って欲しいんだ…」

梓「はぁ…はぁ…」

憂「梓ちゃんは私とエッチしたいんだよね?…」
憂「ご褒美にはきっとしてあげるよ…お口でも…お尻でも…」

梓「あっ…あぁっ…」

憂「その縄も解いてあげる…私のパンツでいっぱいゴシゴシしていいんだよ…」

梓「あっ…なっ…ますっ…」


憂「なぁに?」

梓「なっなります!わたしを憂のペットにしてくださいぃぃぁ!!」

憂「あはは、良い子だねぇ梓ちゃんは、ホントに良い子だよ」
憂「それじゃ早速ご褒美あげなくちゃね…我慢したんだから…」

梓「憂…早く縄解いて…私…憂の言うこと守るからぁ…」

憂「慌てない慌てない」

梓「憂…?なにして…」

憂「ふふ…梓ちゃんの…おっきぃ…」
ぐにぃぃ

梓「あぁ!!憂!!これって!!これって!!ああぁぁ!!」

憂「そうだよ…ご褒美!」
ぬっちぃ


梓「はぁ!!あっ!!はあっ!!」

憂「うっ…はぁ…気持ちいいんだね梓ちゃん…はぁ…私もだよ…」
ぬちっぬちっ

梓「あうっ!!あうっ!!オマンマンすごいよぉぉぉ!!!」

憂「あは、さっきはあんなに出したがってたのに…今は我慢してるんだね…」

梓「あっ!!はっ!わたっ…憂の言うこと守るから!!もっと気持ちいいことしてぇぇぇ!!!」

憂「可愛い…梓ちゃん…可愛いよ梓ちゃん!!」
ぬちっぬちっ

梓「はぅっ!!出ちゃう!!もう出ちゃう!!もっと気持ちよくしてたいのにぃぃぃ!!!」

憂「ぁっ…!もう梓ちゃんったら早いんだなぁ…!」

梓「出ちゃっ…にゃあぁぁぁぁ!!!!」
ドププッ

梓「あぅぅぅ!!!」
ビュブブプ

憂「はぁ…まだ出てる…」


梓「はぁ…はぁ…」
コテッ

憂「はぁ…可愛かったよ梓ちゃん…」
チュッ

憂「ふふふ…これで梓ちゃんは晴れて私のペットだよ…」

梓「…憂…わたっ」
バシンッ!

梓「!?」

憂「しつけその1、私の前で話すときは許可がない時以外「にゃあ」としか言っちゃダメ、わかった?」

梓「…わかっ」
バシンッ!

憂「わかった?」

梓「うっ…にゃ…にゃあ…」

憂「よしよし」
ナデナデ

梓「にゃ…にゃあぁ…///」


憂「しつけその2、私が呼んだら必ずすぐ来ること、わかった?」

梓「にゃあ」

憂「うんうん、梓ちゃんはよい子だねー」
ナデナデ

梓「にゃにゃぁ…///」


憂「さってと、それじゃ今日はもう帰ろうか、もう随分日も暮れちゃったし」

梓「にゃあ」

憂「それで明日は…そうだね、手始めにノーパンで登校してもらおっかな?」

梓「!?ノーパッ」
バシンッ!

憂「言いつけは絶対だよ?わかった?」

梓「…にゃにゃ…あ」

憂「あははは、明日から毎日、楽しみだね梓ちゃん!」

梓「…にゃあにゃあ」



終わり



最終更新:2010年01月27日 03:46