ギュゥゥゥ
唯「ちょっ…いたっ…いたいよあずにゃん!」

梓「唯先輩…すごくいい匂いがします……唯先輩のパンツよりもっといい匂いが…」

唯「えっ!?あずにゃ…」

梓「憂がくれたんです…ご褒美にって…今でも大事にとってありますよ、私の精液でパリパリですけどね」

唯「…あっ…あずにゃん…ちょっとその冗談はどうかなぁー、面白くないよ…?」


梓「憂も酷いですよぬ……我慢していられるはずがないのに…」

唯「…!!あずにゃん!お願いだから目をさましてよぉ…!!」

梓「私はいたって正気です、自分でもビックリするくらい冷静ですよ」
梓「ふふふ…ここは憂に感謝しなきゃいけませんね…お陰で吹っ切れましたから」

唯「離して!離れてよぉ!!」

梓「そんなに離れたいならどうぞ」
ドンッ

ドサッ
唯「あぅっ!!」

梓「…」ジーッ

唯「ひっ!!…あっ…あぅっ…あっ」ガタガタ

梓「ふふふ…足が動きませんか?…恐怖のせいですかね」
梓「唯先輩の顔…まるでこれから狩られる小動物のようです…」
梓「こわいこわーい野良猫ですよ…にゃあにゃあ」


梓「まずは邪魔になるんで手は縛らせてもらいますね」

唯「あっ…!やっ…やだよ!!やめて!!」
バタバタ

梓「あっ…ちょっ…暴れないでください!!」

バシンッ!!
唯「あぅっ!!」

梓「抵抗したら容赦なくお仕置きです…痛い思いはしたくないですよね?…私もあまり暴力は気乗りしませんから」

唯「…あぅ…ひっ…うぇぇ…」ポロポロ

梓「ふふふふ…泣いてる唯先輩もかわいいですよ…」
チュッ


梓「はぁ…はぁ…唯先輩のおっぱい…はぁ…柔らかい…」

唯「うぅ…うっく…」

梓「はぁ…ふふ…乳首が立ってます…寒いからですか?それとも…」
チュゥゥ

唯「あぅぅぅ!吸っちゃやだよぉ!」

…キュポンッ
梓「ぷはぁっ…はぁ…はぁ…いいお味でしたよ先輩の乳首…私のオチンチンもガチガチです」

ビクッビクッ

唯「ひっ…」

梓「しゃぶってください」

唯「…えっ?」

梓「口でするんですよ」

唯「そっ…そんなのできないよぉ…」

唯「口答えしないでください、それともお仕置きのがいいですが?」

唯「あっ…うぅあ…」ブルブル

梓「じゃあしゃぶるんです」

唯「…うぅ…」

ペロッ


ペロッ…ペロッ…

唯「うぅー…」

梓「もっと口でくわえるんですよ!」
グイッ

唯「あぅ!んうぅ!ぅぅ」
じゅぷじゅぷ

梓「はぁ…はぁ…先輩のクチマンコ…最高です…」

唯「んぐぅ…んぶ…」
じゅっぷじゅっぷ

梓「はぁ…はぁ…ふふ…アイスが好きなだけあってしゃぶるのも上手じゃないですか…」

唯「んぶっ…んぶっ…」
じゅっぽじゅっぽ

梓「はぁ!はぁ!出ます…!!先輩の口の中に出します!!」

唯「んむぅーっ!?」
ドププププッ

唯「んむぅぅ!!…ぷはっ!!げほっ!!げほっ!!」
ボタボタ

梓「はぁ…はぁ…ダメじゃないですか吐いちゃ…」
ペシンッ

唯「あぅぅ…!」

梓「まぁ気持ち良かったので許してあげましょう」

梓「さっ、それじゃぁ本番です」


唯「…!!!」

梓「ふふふ…顔が引き吊ってますよ…」

唯「お願いあずにゃん…それは…やめて…」

梓「やめる?…ここまできてやめるわけないじゃないですか!!」
ガバッ!

唯「あぁっ!!」

梓「見てくださいよこのオチンチン!あんなに先輩が健気に頑張ったのに…カッチンカチンです」

唯「あぅぅぅ!」

梓「もう先輩の中にぶちこんでぐちょぐちょしてやらないと収まらないんですよ」

梓「抵抗したければどうぞ、痛い目を見るのは先輩です、私は大人しくなるまで叩き続けますから、なんなら殴ってもいいですよ?」

梓「わかったらパンツを下ろしてください」


唯「あっ…うっ…うっ…」
スルスル…

パサリッ
唯「うぅ…」ポロポロ

梓「ふふっ…それじゃぁ仰向けになって股を開いてください…」

唯「…ひっく…」
カパァ

梓「あはははは…唯先輩の大事なところが丸見えだ」
くにくに

唯「うぅ…!」

梓「はぁー…ぷにぷにですね…」
くにくに

唯「うぅ!あぅ!」


梓「先輩ったらはしたないですよ…なんて声だしてるですか」
くにっくちっ…にっちにっち

唯「ひぅ!あっ!はっ!!」

梓「こっちはクリちゃんですかね」
くりくり

唯「あっ!あふぅ!はぁっ!だっ!だめだよぅっ!」


梓「こっちはお尻の穴ですね」
くにくに…ずぼっ

唯「ひっ!?」

梓「あーっ、入っちゃった」
ずぷっ

唯「ひあぁっ!!」

ピュッピュッ…

梓「きゃっ!!」

ジョロロロ…
唯「あっ…はぁぁぁ…」

梓「オシッコ漏らすなんて…はしたないにも程があります」


梓「…手と顔にかかりました…」

唯「ひっ…うっ…ごめん…なさっ…」ガタガタ

梓「…あはは…唯先輩のおびえる顔…スッゴイ可愛いです…大丈夫ですよ」

唯「…え…?」

梓「許す気はありませんからっ!!」

ぐににっ!
唯「いたっ!」

梓「はぁっ!すぐにブチこんであげますねっ!!」
ぐいっぐいっ

ぬぬぬっ
唯「いたっ!いたいっ!痛いよあずにゃんやめて!!許してよぉぉ!!」
じたばた

梓「暴れないでください!!」

バシィンッ!!
唯「あぐっ!!」

梓「もう少しです!!あともうちょっで全部はいりますから!!」
ぐにににに

唯「うぐぅっ!あぁぁぁっ!!」

ずにっ
梓「…入った…」


梓「あはははは!!全部はいりましたよ先輩!!」
ぬっちゃぬっちゃ

唯「あっ!!はっ!!あぁっ!!」

梓「気持ちいい!先輩のオマンコ気持ちいい!あぁっ!」
ぱちん!ぱちん!

唯「あぅっ!あっ!!はぁぁっ!!あぐぅぅ!!」

梓「もうダメです!!私出ちゃいます!!先輩の中に出します!!」

唯「やっ!!うっ!やだっ!!やだよぅ!!」


梓「だーめです!…あっ!あっ!きたっ!出るぅぅ!!」
ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!

ドビュル!…ドプププ

唯「あっつっ!!あああああぁぁぁ!!!」

梓「まだですよ!!まだまだです!!まだ満足できない!!あと十回は出しますからねっ!!」
ぱんっ!ぱんっ!ぱんっ!

唯「あああ…もうやだっ……やだよぉぉぉ!!!うぇぇぇ!!」

梓「あはは!!泣いてる先輩犯すのも最高に興奮しますっ!!!」

ドロッ…

梓「はぁ…はぁ…結局18回も出しちゃいました…」

唯「…あ…う…」

梓「ふふ…顔にもおっぱいにも色んなとこに出しましたからね…涙と精液でぐちゃぐちゃです」
チュッ

唯「あ…」

梓「あ、それと写真撮っておきますね」
カシャッ!カシャッ!


唯「あっ!」

梓「これから先私の言うこと聞かない場合は今のバラまきますから」

唯「ひど…い…」

ピリリリリ

唯「…」ビクッ!

梓「唯先輩の携帯ですね…出てください」

唯「…憂からだ…」

唯「…もしもし?」

憂『おねえちゃん!?どこにいるの!?家出てから一時間以上たってるよ!?』

唯「あっ…えっと……」チラッ

梓「…」ギロッ

唯「あっ…ごっ…ごめぇん!実は行く途中偶然りっちゃんに会っちゃってさぁ!」

憂『律さんに?』

唯「それで立ち話してたら盛り上がっちゃって…気づいたらこんな時間になっちゃってたんだ、てへっ」

憂『そうなの?もぉー…てへっじゃないよ!心配したよぉー!!何回かけても電話出ないんだもん!!』

唯「全然気づかなかったよぉ、ごめんごめん、もう少ししたら帰るから!憂の分もアイス買ってくるからそれで許して!!」

憂『はいはい…危ないから早く帰ってくるんだよ?』

唯「うん、ホントゴメンね心配ばっかかけちゃって…それじゃね」
プツッ


梓「早く帰ったほうが良さそうですね」

唯「うん…」

梓「ふふ…よく喋りませんでしたね…先輩は物わかりがよくて助かります」
ナデナデ

唯「あぅ…」

梓「水とタオルを用意しときましたから身体、洗った方がいいですよ」

唯「…うん…」

梓「でも臭いでバレちゃうかもしれませんね、ふふっ…気を付けた方がいいですね」

唯「…」

梓「そうそう…先輩のお望み通り…私も明日から学校行きます」

唯「…そっか…」

梓「だから…ちゃんと先輩もくるんですよ?…来なかったら…まぁ言うまでもありません」

唯「…」

梓「ふふっ、そんなに怖がらないでください…大丈夫です、お仲間さん達がいますから」

唯「……えっ?」

梓「…ねぇ先輩…私が…何故あれから十日間も先輩を襲わないでいたかわかります?」

唯「?」

梓「決して我慢してた訳じゃないです…もう次の日には苦しくてしょうがなかったですから」
梓「…唯先輩はメインディッシュだったんですよ」

唯「あっ…えっ?」

梓「私は学校には行ってないからわからないんですが」
梓「…軽音部の皆さん…様子はどうでしたか?」

唯「…!?あっ…あぁっ…」

梓「…律先輩はすごい強気でしたよ、いっぱい抵抗されました」
梓「でもちょっと痛めつけたら大人しくなって…クスクス…」
梓「普段の態度からは想像できませんね…ガタガタ震えながらずっと泣いてました、そりゃもう興奮しましたよ」


梓「澪先輩は…どうやら既に過去にレイプされてたみたいです」
梓「トラウマから錯乱しちゃって…すさまじかったですよ」
梓「あんまりに騒がしいのと処女じゃ無かったのがムカついたんでちょっとキツめにお仕置きしときました」
梓「もう壊れちゃいそうなんですよ?ふふ…早すぎですよね」

梓「そうそう、ビックリしたのはムギ先輩です」
梓「私と同じだったんですよ…オチンチンが生えてたんです」
梓「ムギ先輩が女の子を変な目でみるのはそんな理由があったからなんですね…」
梓「すごい簡単でした…むしろ向こうが積極的なぐらいで…ふふ」


唯「あっ…あっ…」

梓「だから…大丈夫です唯先輩」

梓「きっと楽しい毎日が過ごせます…前よりずっとずっと」

梓「…憂の誤算は私が餓死する前に野生に帰ったこと…」

梓「野良猫は怖いですよ?…何するかわかりませんから…」

梓「元の飼い主にだって噛み突きます……そのうち憂も…ね」

梓「ふふふふ……にゃあにゃあ…」



終わり



最終更新:2010年01月27日 03:49