律「あと一歩だったのにー!」

唯「そうはいかのスルメ焼き!」

紬「唯ちゃんの牌は?」

唯「えっと…脱ぎ眼帯…指?」

さわ子「指牌は他の2つの服やぬがす場所を指定できるわ!」

唯「おおっ!」

梓「いまさらですね…」


唯「だから指差してるマークなのかあ」

唯「じゃあとりあえずメイド服…」

律「ぐ…仕方ない」

唯「あ、パンツ」

律「なっ」

唯「りっちゃんパンツ脱いで!」

律「ま…まあいいか」ぬぎぬぎ

律「あとは眼帯付ければいいんだな」

唯「待ったりっちゃん!折角だから違う所に付けよう」

唯「うーん…乳首で!」

律「」

律「まじかよ…」

紬「ほう」

さわ子「見えないのが残念ね」

律「よし…つ、つけたぞ」

梓「律先輩顔赤いです」

律「うるせー!」

律(メイド服の下何も着てないんだぞちくしょー…!眼帯なんか着てるうちにはいらねー)

澪(…かわいい)


メイド服
ちく帯



……

律(もう負けられねえ…なんとしてもツモって服を着る)

澪(あんなに恥ずかしがってる律は珍しいな…それにちく帯ちょっと見てみたい)

梓(ちく帯が常に見える服装はないのかな)

唯(ツモってパンツ穿き変えよう)

唯「ツモ」

律「またかよ!」

唯「脱ぎ水着ネグリジェ」

唯「これを私が!」

梓「おぉー」

澪「やるなぁ唯」

唯「えへへ…よっと」スクッ

ベチャ

澪「……」

唯「もうふえてふえて大変だったんだから」

ベチャ ベチャ

律「ああ…そこはかとなく甘いかほりが」

スルッ

唯「うう…わかめがとれないよ…」

澪「なんかごめん」

唯「まあ水着に穿き変えられたからいいか。あとは…このネグリジェスケスケだね」

唯「うわーこれじゃ着る意味ないや…」

律(枚数稼げるだけましだよ)

紬「次はりっちゃんからね」

律(下着を集めるか…それとも…)

澪(これなんかよさそうだ。私よりまずは律だな)

梓(ちょっと寒い…ワンピースとかないかな)

唯(湿っぽいけど水着だからいいよね)


ネグリジェ
ブラ
スカート
水着(下)
(ふえるわかめ)



……

律(脱ぎ牌か…今回はいらないな)

澪「あ、ロン」

律「うえ!どういうことだよ」

澪「慌てるな。牌を見てみろ」

律「…スパッツジャージ上指牌」

律「みおしゃん…」

澪(ここからが本番だ)

さわ子「ほう」

律(『指牌』か…今回はいらないな)

澪「あ、ロン」

律「うえ!どういうことだよ」

澪「慌てるな。牌を見てみろ」

律「…スパッツジャージ上指牌」

律「みおしゃん…」

澪(ここからが本番だ)

さわ子「ほう」

梓「ジャージを羽織るメイド…」

律「さっすが澪だぜ!(スパッツ直穿きだけど友好条約は期間延長だな)」

澪「…まあな。さ、どんどんいこう」

唯「がってん」

律「しょうちのすけ!」

梓(ん…待てよ)

唯(あ、お風呂入りたいな)

律(なんとか持ち直したな!)

澪(次で決める…)


ジャージ上
メイド服
ちく帯
スパッツ



……

梓(あと1つは何にしようか…脱ぎは一つでいいな)

唯「ロン!脱ぎ脱ぎ指定!」

梓「」

澪「梓をこれ以上ぬがすのか…」

律「鬼畜だ」

唯「とりあえず自前の下着を両方脱いで下さい」

梓「そんなあ!嫌です!」

さわ子「へえ…」

梓「う…」ぬぎ

紬「わあああ」

梓「女児用下着がなければ即死だった…」

さわ子「うおおっ」

紬「ひゅうううう」

澪「かわいそうに…」

梓「う…澪先輩よりましです」

唯「ああん隠さないでよ~」

梓「嫌です」


女児用下着(猫柄)
網タイツ
ハイヒール



……

唯「私調子いいかも!」

律(そろそろ唯に痛い目にあってもらうか)

澪(この分じゃ梓は自分のためにツモ狙いだな…ここは私が)

梓「なんでもいいから服牌集めなきゃ」

唯「声でてるよあずにゃん」

律(脱ぎ牌1つだけか…命拾いしたな唯)ポイ

澪「ロン」

律「……へ?」

律「澪さん?ホワイ?」

澪「まあ牌を見てみろ」

律「……脱ぎプリーツスカート…指定?」

澪「メイド服を脱げ」

律「はああっ!?」

紬「はああっ!!」

さわ子「しゃらああ!」

律(こいつ…既に裏切ってやがる)

唯「いいぞ澪ちゃーん!」

梓「まさか…」

澪「そう…律、ちく帯見せい」

律「なっ…!」

澪「正確にはチャックを中程まで開けてちく帯があるほうのジャージをはだけさせろ」
律「まじかよ…」

紬「まじよ」

さわ子「ほら早く!」

律「くう~…」

唯「ち・く・帯!ち・く・帯!」

律「……」ジィ~

ガバッ

律「こ、これでいいんだろ!?」

梓「おお…!」

唯「これが…」

澪「ちく帯…!」

さわ子「ジャージとスパッツで元気っぽさを演出しつつプリーツスカートでかわいさを添える」

紬「はだけたジャージから覗くちく帯…それにスパッツ直穿き」

梓「やりましたね澪先輩!」

澪「ああ」

律「お前らグルなのか…?」

唯「りっちゃんかわいい…!殿堂入りだね!」


ジャージ上
プリーツスカート
ちく帯
スパッツ



……

紬「後は梓ちゃんかしら」

唯「待っててねあずにゃん!」

梓「宣言しないでくださいよ…」

澪「よし、後は私自身を…」

律「澪はもうそれでいいんじゃないか?」

澪「あるだろ?着替えるとこあるよな?」シャリシャリ

律「そうだな、ロン」

澪「え…今捨てたのビニール袋牌だぞ…」

律「さっきの恨み晴らしてやるぜ!」

律「ビニール!指定!…そしてパンツ挿入!」

澪「」

唯「でたーパン挿!」

さわ子「はい、1回800円よ」

律「はいはい」ガサゴソ

律「これだ!」

律「えーと……しんた!」

紬「ところてんね」

澪「…ふぅ(なまこに比べたらまだいいな)」

律「んじゃまずはビニール袋を…」

澪「もう着てるんだけど…」

律「そうだな、取っ手に足を入れて穿いてくれ」

澪「こうか?…歩きにくい。これ意味ないだろ」

律「次にところてんを用意だ!澪は腹巻き引っ張っておけよ」

紬「はい、ここを押すとでてくるわよ」

唯「うわ~本格的だね」

律「そしてこのところてんを…うん、胸からだな、胸元のビニールもひっぱれ」

唯「そうだね~」

梓「そうですね」

澪「……」

律「いくぞ~」うにゅ~

澪「ひゃっ!冷たっ」

チュルチュル~

澪(う…ところてんが股にたまる…あっ!)

さわ子「ビニール水着の隙間からもれてるわね」

律「だがしかし!もうひとつのビニール袋がしっかりキャッチ!」

唯「おお~!すごいよりっちゃん!」

澪「……」


澪(なんだろう…すごい惨めな気持ち)

律「はー面白かった!次いこうぜ」

梓「服…」

唯「よっしゃー!」


うさみみ
ブラ
ビニール水着
腹巻き(スカート)
ニーハイ
ビニール袋
心太



……

梓(さすがにもう澪先輩には…)

唯(ところてんおいしそうだな)

律(満足した…けどスパッツが変な感じだな)

澪(ところてん温めてもらえばよかった)にちゃあ

梓(とりあえず脱ぎ牌は捨てるのがこわいし…ベルトはいらないよね)ポイ

唯「あっロン!」

梓「」

唯「脱ぎベルベルト」

梓「な…なんでベルトばっかり…」

唯「へへ~」

梓「とりあえずハイヒールを脱ごう」

唯「ええー」

梓「いいじゃないですか」

梓「あとはベルトを……何もないよりはましかな」

紬「あれは!」

さわ子「ベルトブラジャー!」

梓「うう…あんまり見ないで下さいよ」

唯「そいつぁ無理ってものだよ」

律「なんかずげぇ」

梓「はやく続きやりましょうよ!唯先輩からですよ!」

唯「はーい」

唯(もうちょっとなんか欲しいな)

律(ちく帯の元凶を叩く)

澪(梓の胸が気になる)

梓(ちょっと胸が痛い)


ベルト×2(ブラ)
女児用下着(猫柄)
網タイツ



……

唯(あずにゃんに何着せようかな~)ポイ

律「おおっと!それロンだぜ!」

唯「ええ~っ!」

律「油断してたな!脱ぎ脱ぎ指定だ!」

律(どうする…仕返しで下の水着を取るか…いや)

律「ブラとスカート、ポイで」

唯「そんなぁ」

さわ子「長かった…」

紬「そうですね」


さわ子「流石の唯ちゃんも恥ずかしいみたいね」

唯「当たり前だよ、下はともかくネグリジェが透けておっぱい見えちゃってるし…」

梓「隠さないで下さいよ」

唯「私がわるうございました」

澪「普段からそのくらいの恥じらいを持っておくべきじゃないか?律も」

律「えっ」

さわ子(む、ちょっとおっきくなったか?)

紬「私ネグリジェ好きなんです」


ネグリジェ
水着(下)
(ふえるわかめ)


……

梓(……隙だらけ)

唯(あっまた隠すのわすれちゃった)

律(くそー唯が気になって集中できねー)

澪(あっ、どうしよう…せっかくだから)

澪「ツモ、脱ぎ脱ぎ…これなんですか?」

さわ子「エナメルロング手袋(水色)です!」

澪「まあいいか、じゃあこれを私に」

律「また自分かよ」

澪「好い加減これ脱ぎたいんだ」シャリシャリ

梓「あっ(それじゃ澪先輩の下って腹巻きだけじゃないですか)」

澪「あとこれも」シャリシャリ

律「ビニールそんなに嫌だったのか」


4
最終更新:2010年01月28日 01:54