唯「え!?」

律「………」

澪「…律よかったな」

紬「本当に良かった…」

唯「…皆一体何を話してるの?隠してないで教えてよ!」

律「…ははは」

唯「り、律ちゃん?」

律「ま~た引っ掛かった唯~!」

唯「…ま、またドッキリ?嘘でしょ?ドッキリでこんなに泣いたりするわけないもん!」

律「…これもドッキリだよ唯、今日は散々ビックリさせてごめんな」


唯「そんな…嘘だよ、やっぱり皆何かおかしいよ…」

律「…さ~て演奏も終わったし、そろそろ帰るかな!!!!」

澪「も、もう行くのか?」

紬「せっかく唯ちゃんが、あっ…」

唯「………」

律「…じゃあ私帰るわ!!!!そんじゃ皆元気でなー!!!!」

澪「お、おい律ぅ!!!!」

紬「律ちゃん…」

唯「…皆酷いよ」

澪紬「え?」

唯「朝からやっぱりおかしかったよ皆。ドッキリであんな過剰な演技したりしないもん!」

澪紬「………」


唯「ねぇ隠してることがあるなら教えて」

澪「…何もないよ」

唯「まだそんなことを…」

澪「本当に何もない、何もないよ唯」

唯「………」

紬「…信じて唯ちゃん」

唯「…そっか」

澪紬「………」

唯「わかった。本当に何もないんだね、二人を信じるよ。」

澪「唯…」

紬「ありがと唯ちゃん」

唯「うん…あっ!私そろそろ帰らなきゃ」

澪「そうだな、私たちも帰ろうかムギ」

紬「そうね」

唯「そういえば結局あずにゃん来なかったね」


澪「…まぁその内来るさ」

紬「………」

唯「そっか、じゃあね皆バイバ~イ」

―――

唯「…皆あんなこと言ってたけどやっぱり何かおかしかったよ」

唯「明日もう一度だけ聞いてみようかな」

唯「うん!聞いてみよう」

唯「うぅ夜は暗くて怖いなぁ~」

唯「……ん?」

唯「また何か飛んで…」

唯「暗くてよく見えないな…」

唯「………」ジー

唯「……ん?」

唯「あ、ああああれは!!!!」


唯「………」

唯「あれは完全に…」

唯「…帰ろう」トコトコ

―――

唯「ただいま~憂~?」

シーン

唯「う~い~?」

唯「…そんな憂がいない」

唯「やっぱり何かがおかしい…」

唯「…澪ちゃんにメールしてみよう」

唯<澪ちゃん、帰ってる時ね空を見たら…

唯「ふぅ~今日は何だか大変な1日だ」

唯「………」


ブルルル

唯「返信きた…」

澪<唯、明日話があるから放課後必ず部室に来てくれ

唯「澪ちゃん…やっぱり…」

唯<わかった、じゃあ明日ね

唯「ふぅ…」

唯「今日はもう寝ようかな」

唯「…よし寝よう、そして明日に備えよう」

唯「……Zzz」


翌日

唯「ふあ~あ、まだ眠いなぁ」

唯「そうだ今日は何も飛んでないよね」キョロキョロ

唯「何も飛んでないか…」

唯「何かうれしいような悲しいような」

唯「あああ!早く行かないと学校遅刻しちゃう」ダダダ

―――

ガラガラ

唯「律ちゃん、ムギちゃんおは…」

紬「おはよう唯ちゃん」

唯「ムギちゃん…律ちゃんは?」

紬「あ、あのね律ちゃんはその…」

唯「や、やっぱり昨日泣いたことと関係が?」

紬「く、詳しいことは放課後話すから!だからそれまで待って唯ちゃん」

唯「…そうだね、じゃあ放課後」

紬「うん」

―――

ギィ

唯「み~おちゃん♪」

紬「こんにちは~澪ちゃん」

澪「唯、ムギ来たか」

唯「…皆やっぱり何か隠してたんだね」

澪「…まぁ隠すというか何というか…」

唯「昨日澪ちゃん空飛んでたでしょ」

澪「………」

唯「そしてムギちゃんが飛んでたのも見間違いじゃない。ムギちゃんは本当に飛んでいた」

紬「………」

唯「二人とも答えて」

澪「…正解だ唯」

唯「や、やっぱり!!!!!……でも何で二人にそんな能力が?最初は絶対夢だと思ってたのに違うみたいだし…」

澪「思ったよりも驚かないな唯。他にはこんなこともできるぞ、あの本を見ろ唯」

唯「本…?」

澪「ん!」

フワフワ

唯「!!!!!」

澪「まぁ超能力みたいなもんだな、はは」

唯「本が浮いて澪ちゃんの元に…」

唯「…ありえない、ありえないよ!!!!何でそんなことができるの?何がどうなって…」

澪「お前にも出来るぞ唯」

唯「え!!!?」

澪「この世界に来たら誰だってできる」

唯「ちょ、ちょっと待ってこの世界って…」

紬「唯ちゃんがあらゆる事を久しく感じたのそこに原因があるわ」

唯「だ、だから、この世界って何!?二人とも何言ってるか全然分からないよ」

紬「澪ちゃん、そろそろ…」

澪「そうだな…」

澪「唯!」

唯「こ、今度は何?」

澪「実は私たちはな…」


澪「死んでるんだ」

唯「え!!!!!?」

紬「本当よ唯ちゃん」

唯「そ、そそそんなわけ…」

澪「…じゃなきゃ空飛ぶとか超能力とかありえんだろ」

唯「ま、待ってよ。いきなりすぎて整理できない…私たちが死んでる?そんな…そんな…」

澪「そしてここは死後の世界みたいなもんだ」

唯「し、死後の世界!!!!?」

紬「それでね、この世界でいくらか過ごすと、違うものに生まれ変わるみたい」

唯「………」アゼーン

澪「この世界では自分が現世で生きていて一番楽しかった時の状態でいられるみたいなんだ」

紬「そして唯ちゃんもここにきた」

唯「…あ…あぁ」


紬「でもね唯ちゃん、ここに私たち4人が揃ったっていうことは凄いことなのよ」

澪「だな。あるか分からないが仮に地獄があるとすれば下手したらそっちに行ってたかもしれない。だから本当にこれは奇跡なんだ」

唯「わ、私たちが死んでる…死後の世界…そんな…そんな…」

紬「やっぱりショックよね…」

澪「まぁそうだろうな。いきなり自分が死んでるだなんて聞かされたら…」

唯「…あぁ……」

紬「……ゆ、唯ちゃん大丈夫?」

唯「………」

澪「ゆ、唯?」

唯「…よ、良かった」

澪紬「え?」

唯「良かったよ。だってこの世界に来たら現世で一番楽しかった時の状態でいられるんでしょ?」

唯「私人生でけいおん部にいた時が一番楽しかったもん!」

澪「唯…」

紬「唯ちゃん」

唯「良かったぁ別世界に行かなくて。皆と会えて本当に良かった」

澪「…私もだ唯」

紬「私だって」

唯「そうか…死後の世界か…何か信じられないな。ちなみにここはどのくらい居れるの?」

澪「私たちもそこまでは分からんのだが」

紬「ただ一つ分かってることは…願い事が叶ったら、この世界から消えるみたい」


唯「願い事?」

紬「そう、そして律ちゃんはその願い事が…」

澪「お、おいムギ!」

紬「え……」

唯「り、律ちゃんが何?教えて教えて」

澪「え!いや、その…」

紬「…いいじゃない澪ちゃん、いずれ分かることだし隠してたって無駄でしょ?」

澪「……そうだな」

紬「実はね唯ちゃん」

唯「なになに!?」

紬「律ちゃんの願い事はけいおん部の皆で演奏することだったの」

唯「え!?演奏ってま、まさか昨日の…」

紬「そうよ…」

澪「律はお前の事をずっと待ってた。まぁ現世で生きてる人にしてみれば失礼だが、唯は死んだら必ずここに来ると信じていた」

紬「だから唯ちゃんがこの世界に現れた時は律ちゃんは勿論、私たちも凄くうれしかったの」

唯「…ま、待って。律ちゃんは…律ちゃんはもういないの?」

澪紬「………」

唯「私…まだ何も律ちゃんとしてないよ。なのに…なのに…もうここにはいないの?」ウルウル

澪「…うん」

唯「…う、うあああああああああああん!!!!!」

紬「唯ちゃん…」



唯「うぅ…律ちゃんだけずるいよ…一人で願い事叶えて…一人でさっさと消えちゃうなんて…ううぅ」

唯「もっと一緒にいて、演奏して、楽しくワイワイやりたかった…久しぶりに会えたのにすぐ消えちゃうなんて…」

唯「律ちゃんのバカヤロおおおおお!!!」

?「だ~れが馬鹿だって?」

唯「ふえ?」

律「よっ!!!」

唯「え!!!?」

澪「律…出てくるの早かったな」

紬「唯ちゃんかなり泣いてたわよ!!!」

唯「な、なんで律ちゃんが…」

律「悪い悪い、唯黙っててごめんな。私が消えたってのは嘘だ。…そして久しぶりだな唯」

唯「ま、またドッキリ?」

律「死んでるは本当だぞー!ただ私が消えたってのは嘘!!!!」


唯「……う…そ…」

律「見事に引っ掛かったな唯、がははははは」

唯「もう…律ちゃんの馬鹿ああああああああ!!!!!」

律「わっ!ちょ、ちょっと待て!!!!」


唯「本当に心配したんだからね!!!!」ボカスカ

律「ははは、痛い痛い。悪かった、悪かったよ唯」

唯「う…うぅ…」

紬「実はね唯ちゃん願い事が叶ったらすぐ消えちゃうという訳じゃないの、そこは自分の意思で決まるみたい」

唯「そ、そう…」

澪「そこでだ!!!!」

唯「ん?」

澪「皆の叶えたい願い事を聞きたいと思う!!!」


澪「私はこのメンバーで演奏!!!!」

紬「…私も!!!!」

唯「……私もだけど」

律「私の願い事はいつだって変わらねえぜい!!!!」

澪「よし皆で最後の演奏だ!!!!!」

唯「え…私皆ともうちょっと一緒にいたいんですけど…」

澪「別にすぐ消えるわけじゃない!!!さぁやるぞ!!!!」

唯「お、お~…」

紬「おー」

律「イェーイ!!!!」

澪「せーの!!!!」

ジャンジャガジャ♪

けいおん!の絆は例え死のうとも永遠のようだ






~アフターストーリー~

アメリカ

ritu「りーつ、りーつ!!!!」

アメリカに一人の少女が生まれた。その少女の産声は「りーつ、りーつ」であったとう。名前はタイナーカ・リツ。彼女は後にアメリカを代表するドラマーになる。

日本

赤ちゃん唯「ゆーい、ゆうううい!!!!」

同じ頃に日本では一人の天才ギタリストが生まれていた。彼女は後に運命的な出会いをする




最終更新:2010年01月28日 02:26