澪「春夏秋冬の秋、風林火山の山、それから、えっと……澪筋の澪」

紬「澪筋……なんて卑猥な響きなの」

澪「水が流れている深い部分、byはてなキーワード」

梓「ジュがミオとも読めるからミオって呼ばせてる、って解釈であってます?」

澪「ミオともって言うかミオって読むんだよ」

唯「なんか難しくてよくわかんないよぉ」

澪「つまり、私の名前は アキヤマ ミオ だってこと」

紬「あ~聞いたことあるような……ないような」

澪「むしろチュ・サンジュこそ聞いたことないだろ」

梓「とりあえず、これでまた一段と軽音部の絆が深まりましたね」

澪「あー……昨日は律に悪いことしちゃったな」



みおのいえ!


澪「ただいま~」

澪母「あらおかえり、遅かったわね」

澪「友達を納得させるのに時間がかかったもんで」

澪母「何をか知らないけど、大変ね」

澪「ところで、この靴誰の?」

澪母「あぁ、親戚のおじさんが遊びに来てるの。ちょうどいいわ、挨拶していきなさい」

澪「はーい」

親戚「アニョハセヨー」

澪「」


~終わり?~




つぎのひ!


唯「ねぇ聞いた?澪ちゃんも家庭の事情でお休みだって」

紬「りっちゃんもまだ来ないし、何が起こってるのかしら」

梓「何か大きな陰謀のようなものが働いてるとか?」

唯「インボーって体を反らせてバーをくぐるダンスのこと?」

紬「大きな淫棒ってちょっと卑猥よね」

梓「私はどっちにツッコめばいいんでしょう」

唯「何かツッコまれるようなこと言ったっけ?」

梓「えぇ言いました」

紬「どっちに突っ込むかだなんて……梓ちゃんが望むなら私は前でも後ろでもかまわないわ」

梓「わかりました、ムギ先輩はほっときます」

唯「私何言っただろう……んーと……えー……?あれぇ……」

梓「あー……わからないならもういいです」

紬「放置プレイも意外と悪くないわね」

梓「もうヤダ」

唯「まぁりっちゃん澪ちゃんが心配だよね~って話だったよね」

梓「正常な思考をしてくれて嬉しいです」

紬「人間色々あるからね」

梓「そうですよね」

唯「えっ?あずにゃんも共感できるの?」

梓「……ええと、どういう意味でしょう」

紬「だって梓ちゃん、人間じゃなくて猫じゃないの」

梓「」


唯「猫の世界も大変ってことかな」

梓「どこからツッコめばいいんだろう」

紬「どこでも突っ込んでいいって言ってるじゃない」

梓「とりあえずそれ系には反応しないことにして」

唯「あずにゃんは頑張ってるよね、人間世界に溶け込んでる」

梓「うん、当たり前ですよね」

紬「でも名前には猫っぽさを残して あずにゃん だものね」

梓「律先輩と澪先輩と私、1番かわいそうなのだ~れだ」

唯「あずにゃん、私達何か変なこと言った?」

梓「常識では考えられない一言、アンビリーバボー」

紬「変なこと……思い当たる節がないわ」

梓「ムギ先輩は特に思い当たってほしかったです」

唯「なんだろう、りっちゃんが田#中だって話?」

梓「なんで一昨日の話が今問われてると思っちゃうんですか」

紬「梓ちゃん、私達が何を言っちゃったか教えてもらっていいかしら」

梓「お二人ともが言ったことだけ挙げますね、ムギ先輩単品はスルーで」

唯「よし!心の準備はできたよ!さぁ言って!」

梓「私はガラ空きのボディをうたれたわけですが」

紬「待って、私はもう少し時間がほしい……」

梓「いいえ待ちません」

唯「さぁ!さぁさぁあずにゃん!」

梓「はぁ、なんでこんな流れになっちゃったんだろう」

紬「よしいいわよ、さぁ言って!」

梓「お二人とも、私のことを猫だって言いましたよね」

唯「うん。何かダメだった?」

梓「すんごい冷静な反応!」

紬「もしかして大きな声で言っちゃマズいの?」

梓「ある意味マズいでしょうね」

唯「えっもしかして、もしかしてだけど、間違ってたらごめんだけど、もしかしてあずにゃんは猫じゃないの!?」

梓「そんな言い方しなくても、明らかに猫じゃないので安心してください」

紬「猫じゃなかったら何に分類されるの?有袋類?」

梓「後半は聞こえなかったことにして、人間です。ホモ・サピエンスです」

唯「ホモ……あれ?レズじゃなくて?」

梓「人間です でとめればよかった」

紬「私でよければ……夜の相手もするわよ……?」

梓「えぇ、こちらから願い下げです」

唯「そっかぁ……あずにゃんは猫なだけじゃなくレズでもあるんだぁ」

梓「話聞いてました?人間ですよ?」

紬「人間の、レズ?」

梓「ノンケです」

唯「ごめんねあずにゃん、今までずっと猫かと思ってた」

梓「猫の定義から調べなおしたほうがいいですよ」

紬「定義と照らし合わせたらますます猫のような気が……」

梓「別の辞書をお買い求めください」

唯「あずにゃんって呼び方も変えなきゃ……あずちゃん?」

梓「そこは別にあずにゃんでいいです……」

紬「いやはやまたもや軽音部の絆がよりいっそう強くなったわね」

梓「その絆は何で構成されてるんだろう」



あずさのいえ!


梓「はぁ、ただいま」

梓母「おかえりなさい」カサカサ

梓「!?」

梓母「どうしたのよ玄関で固まっちゃって」カサカサ

梓「ゴ……ゴキb……」

梓母「あらやだ気絶しちゃったわ」カサカサ

梓「」

梓母「ちょっとー!あなたー!」カサカサ

梓父「どうした?」カサカサ

梓「」


~終わり?~





あくるひ!


唯「まさかこんなことになるなんてね」

紬「梓ちゃんも休んじゃうなんてね」

唯「それもまたもや家庭の事情で」

紬「みんないったいどうしたのかしら」

唯「ムギちゃんと二人だけじゃ練習もできないや」

紬「あっ!唯ちゃんと二人きり!」

唯「なんだがつまんないな~」

紬「私はとても楽しい!」

唯「……」

紬「ねぇ唯ちゃん!二人っきりで何しましょ!?」

唯「うん……」

紬「そうそう、音楽室って防音しっかりしてるのよね!」

唯「……」

紬「だからちょっと大きな声だしたって誰も気付かないわよ!」

唯「……うるさい」

紬「」


唯「ムギちゃんが何をいいたいのか、私がわかってないとでも思ってるの?」

紬「わかってくれてるなら話は早いじゃない」

唯「いや明らかに私が乗り気じゃないでしょう?」

紬「でもそれを無理やりってのもなかなか」

唯「もういい、かかわらないで、口も聞きたくない」

紬「ゆ、唯ちゃん……?」

唯「……なーんちゃって、ムギちゃんのM心をくすぐってみましたー」

紬「どこから演技だったのかわかんない怖い」

唯「ムギちゃんってMなんだよね?」

紬「否定できないわね」

唯「じゃあちょっと叩かせてもらっていい?」

紬「唯ちゃんはSなの?」

唯「ん~わかんない、だからちょっと調べてみようかと思って」

紬「そうなの。じゃ、じゃあどうぞ……優しくね?」

唯「よっし叩くぞ~!……やっぱいいや」

紬「なんという放置プレイ」

唯「だってー今から叩こうっていうのに全然興奮しないんだもん」

紬「だからSじゃないと言いたいのね」

唯「といっても逆に痛いのはイヤだし」

紬「だからMじゃないと言いたいのね」

唯「むしろ痛いのを喜ぶ人って何考えてるんだろうね」

紬「今度は言葉攻めでもしてくれるのかしら」

唯「なんていうか、生物として終わってるよね」

紬「あぁん気持ち……ちょっと待って」

唯「痛いのが嫌っていうのは生物の防衛本能なのにさ」

紬「本能に打ち勝つ強い理性の賜物よ」

唯「そのくせ求めてるのは本能丸出しの性的快感なんだもん」

紬「そのとおり過ぎて言い返せない」

唯「ホント、Mの 人間らしきもの ってなんなんだろう」

紬「人間ってことすら認めてもらえなくなったわ、存在全否定」

唯「まぁムギちゃんには関係ない話だよね」

紬「いや私Mって言ったじゃない、唯ちゃんはMの私でも喜びにくいぐらいのこと言ったじゃない」


唯「やだなぁもう、私は生き物のMは存在意義がわからないって言ってるだけで~」

紬「あ、なんかこの後の展開がわかったかも。どうせ私はあの食べ物で人間じゃないって言うんでしょ」

唯「うん、蒲鉾は無生物でしょ?」

紬「ほらやっぱり沢庵って言っt……蒲鉾!?」

唯「見事な半円を描いてるよね~」

紬「どうしよう、沢庵は言われ慣れたけど蒲鉾は初めて言われたわ」

唯「私、ムギちゃんのこと食べちゃいたい!(非性的な意味で)」

紬「カッコがなければどんなによかったか!」

唯「蒲鉾ってみんなムギちゃんみたいにMなの?」

紬「唯ちゃん?落ち着いてじっくり考えてみましょ?」

唯「じっくり……って、何を?」

紬「仮に私が蒲鉾つまり無生物だったとして、ならどうして私は動いたり喋ったりしてるのかしら」

唯「うー???……難しいなぁ」

紬「眉毛を見つめながら考えるのはやめて」

唯「よくわかんないけど、ムギちゃんはムギちゃんだよ!今のままで充分素敵!」

紬「これで軽音部の絆がよりいっそう強く!とでも言うと思った?」

斎藤「あぁお嬢様、探しましたぞ!」

唯「見知らぬ人があらわれた!ゆいのこうげき!」

紬「家の執事よ、攻撃しないで。斎藤、学校に来るなんていったいどうしたの?」

斎藤「いやはやうっかりしておりました、実は今日が収穫日なのです」

唯「しかしこうげきはあたらなかった!」

紬「収穫?家庭菜園で何か育てたりしてたかしら……どっちにしろ、私に構わず勝手に収穫なさいよ」

斎藤「かしこまりました、では自由にさせていただきます……おいお前達!」

黒服「はっ!」

唯「ゆいはみをまもっている!」

紬「だ、誰この人達!?」

斎藤「お嬢様を収穫場へ運べ!くれぐれも蒲鉾は傷付けるなよ!」

黒服「はっ!」

唯「ゆいはこのしゃべりかたにあきてしまった!」

紬「ど、どういうことよ!?きゃっ!担ぎ上げないでっ!」

斎藤「ご学友の方、驚かせて申し訳ありません。実はお嬢様は18年物の極上蒲鉾なのです」

黒服「エッサ、ホイサ」

唯「いえいえ。美味しい蒲鉾がとれるといいですね」

紬「唯~!助けて~!ユイー、タスケテー、……ー、……ー」

斎藤「学校のほうには、家庭の事情でしばらく休暇をとる、と伝えてますので口裏のほどを」

唯「はいわかりました、家庭の事情って便利ですね」

斎藤「それでは失礼いたします」

唯「次来るときはドアから入ってきてくださいね」

紬「」


~終わり?~




ゆいのいえ!


唯「ただいま~」

唯「って、憂はまだ帰ってきてないのかな」

唯「あぁっ!机の上に置き手紙がっ!

唯「……足りない醤油を買いに行ってるだけだからすぐ戻るね……か、びっくりしたぁ」

憂「ただいま~」

唯「噂をすればなんとやら、おかえり憂!」

憂「あっ、ただいまお兄ちゃん!」

唯「」


~終わり~




最終更新:2010年01月28日 23:50