……カシイイィィン!



憂「な……あの変なのが、もっと変なのに……いえ」

唯「あ、アンムギが、武器になった……。それに何か強そうだ!」

憂「……よく分からない。よくわからないけど。純ちゃん!」

『ホオオオオ!』

唯「ムギちゃんと石太が力を貸してくれたんだ。憂の友達みたいだけど、私は負けないよ!」


唯「えぇーい!」


ザシュッ!


『ホオオオオオオオオ!!』

唯「効いてる! すごいやアンムギ!」

憂「純ちゃん……!」


『ホオオオ!』


唯「て、天井に逃げた!?」

憂「違う……天井だと思っていたけど、これ。海だ」

唯「な、何で上に海が!?」

憂「しかも赤い……。ここがどういう場所かわからないけど。でも純ちゃんが姿を隠したことに変わりはない」

唯「……ど、どこから来るんだろう。とりあえず落ち着いて周りを見渡さなきゃ」


『ホオオオオオオ!』


唯「来た!」

憂「! お姉ちゃんの前から現れた! それじゃあかっこうの的じゃない!」

『ホオオオオ!』

唯「よーし、今度こそ!」


『ホオオオオオ!』ニュチニュチ

唯「え、ええ!?」

憂「じゅ、純ちゃんが、純ちゃんを吐き出した……?」

唯「あ、あれが人間の頃の憂のお友達、なのかな?」

純「……」ノロノロ

唯「こっちに来た! 遅い、けど……。これ、倒しちゃっていいのかな?」

『ホオオオオオ!』

唯「気持ち悪い方も一緒に襲ってきた!? ど、どっちを狙えばいいの!?」


憂「なるほど、二人で同時に攻撃するんだね。流石純ちゃん!」

唯「え、えーと、えーと」

憂「優柔不断なお姉ちゃんはまごまごするはず。さぁ、どうするの、お姉ちゃん」

純「……」

『ホオオオオオ!』

唯「えっと、えっと」

唯「と、とりあえずこっちで!」ザシュッ

『ホオオオオ!』

純「……」クラッ

唯「き、気持ち悪い方を攻撃したけど。当たったのかな……」

『ホオオオオアアアアア……』


ドサッ……


唯「倒した、のかな……」

憂「そうみたいだね」

唯「憂!」

憂「痛めつけてと入ったけど。自らが倒されて、とは言ってないよ。純ちゃん」

唯「憂……」

憂「やっぱり、これは姉妹の間で決着を付けるべきなんだね」

唯「そう……だね。この事だけは、やっぱり私たちが決着をつけないと」

憂「うん。……じゃあ、今度こそ本当にやろうか」

唯「来て、憂。お姉ちゃんが助けてあげるから」

憂「見て、お姉ちゃん、これ……」

唯「それは、アンムギ! ……でも、私のとちょっと形が違うみたいだね」

憂「そうだね。……でもきっとそれでいいんだよ」

唯「憂?」

憂「似てるようで違う。でも全く違うわけじゃない。そういうのがいいんだよ、私たちには」

唯「……」

憂「私、ちゃんばらごっこなんてした事ないや」

唯「わ、私もだよ! だから、気にせずに……!」

憂「ねぇ、お姉ちゃん。私ね……」


憂「私ほんとは、お姉ちゃんのこと、大」


『ホオアアアアアアアアアアアアアア!!!』


『!?』

憂「純ちゃん!?」

唯「まだ生きてるの!?」

『ホアアアアアア!』ドンッ

憂「きゃあ!」

唯「憂! このぉ、いくら憂のお友達でも許さないからね!」


ザシュッ!


唯「これで……!」

『ホアアアアア!!』

唯「うわ、うわわ! 暴れないで!」

憂「お、お姉ちゃん……!」

唯「いた、いたいって! やめてよ!」

憂「お姉ちゃん……純ちゃん!」


ザシュッ!


唯「憂!?」

憂「お姉ちゃん、私も協力するよ! 純ちゃんを、正気に戻してあげなきゃ!」

『ホオオオオオオ!』ヒュゥン!

唯「うわあ!」

憂「きゃあ!」


ドンッ……!


唯「振り払われちゃった……」

憂「でも、アンムギはちゃんと持ってる」

唯「憂、大丈夫? お友達なんだよね?」

憂「友達だから、助けてあげたいの。あんな姿のままだったら、純ちゃんが可哀相だから」

唯「そうなんだ。えへへ~」

憂「お、お姉ちゃん? どうしたの?」

唯「ううん。やっぱり、憂は優しいな。って」

憂「……きっとそれは、隣にお姉ちゃんがいてくれてるからだよ」

唯「そうかな?」

憂「そうだよ」

『ホオオオオ!』

憂「お喋りもここまでにしておかないとね」

唯「そうだね……。よし、頑張ろう!」

憂「うん!」



憂「お姉ちゃん、私、純ちゃんの動きを少しの間だけにぶらせることができるみたい」

唯「そうなの?」

憂「うん。純ちゃんの心に話しかければ、多分多少の隙ができると思うから」

唯「わかった! それじゃあ私はお友達をおびき寄せればいいんだね!」

憂「……お、お姉ちゃん?」

唯「ど、どうしたの憂、そんなに驚いて……」

憂「だ、だって。お姉ちゃんが私の言いたいことを先に言ってくれたから。驚いちゃって」

唯「む~。私だってやればできるんだよ! 柿の種だって食べられたもん!」

憂「……そうだね。うん!」

唯「さぁ、お友達を助けてあげよう!」

唯「え~いこの~。早くでてこーい!」

唯「……どうしよう。出てくる気配が無いや。う~ん。どうやったら出てきてくれるんだろう」

唯「そうだ!」


唯「早く出てこないとアイスがなくなっちゃうよ~!」


唯「……あれ? でてこない」

唯「おかしいなぁ。私だったらこんなこと言われたら出てくるのに……」


憂「きゃあ!」


唯「憂! 狙いは憂だったんだ!」

憂「……っ、だ、大丈夫! かすった程度だから」

唯「で、でも」

憂「お姉ちゃんはおびき寄せることに集中して! 私は純ちゃんの動きを止めることに集中するから」

唯「……わかった!」

唯「もう、本気で頑張らないと……」

唯「でも、お友達は憂を狙ってるみたいだし。私は見向きもされない……」

唯「憂を、狙っている? ……もしかしたら!」



憂「……」

『ホアアアアアア!』

憂「……!」

『ホオオオオアアアア!』グォン!

憂「かかったね! 今だよ! 憂!」


憂「お、お姉ちゃん!? わ、わかった!」

憂(純ちゃん! お願い、私の声を聞いて!)


『ホオオ、オオ、オオ……!』


憂「純ちゃん!」

憂「動きが止まったね! 今だあ!」


憂「くらえ! アンムギ刺し!」


ザシュッ


『ホオオアオアアオアアアア!』


憂「憂!」

憂「う、うん! ごめんね純ちゃん! えい!」


ザシュッ!


『ホオオオオアアアアアア……』


シュウウウウウウ……


憂「お友達が……消えていく」

憂「純ちゃん……」

純「……あ」

憂「純ちゃん!」

純「う、憂? ……ああよかった。ちゃんと私喋れてるのね」

憂「ごめんね、ごめんね純ちゃん……」

純「何を謝る必要があるのよ。あんな風になったのはあなたのせいじゃないでしょう?」

憂「で、でも」

純「それとも、私を倒したことに対する謝罪なの? ……それなら謝るのはこっちの方」

憂「純、ちゃん……」

純「……そろそろ、本当に、体が消えてってる……みたいね」

純「そっちの方の憂は……お姉さん、ですよね」

憂「は、はい。平沢唯と申します」シュルリ

唯「いつも憂がお世話になってるみたいで……えぇと」

純「ふふ……面白い人だね」

憂「純ちゃん……」

純「憂、最後に私から一言、言っていい?」

憂「うん……」

純「ありがとう。それじゃ遠慮なく」


純「……」

憂「……」

純「……」

憂「……?」

純「何言おうか忘れちゃった」

憂「ちょ、ちょっと純ちゃん!」

純「あはは。まぁ、言うことは全部言ったのかもね」

憂「……」

純「それじゃあ憂、とお姉さん。これから頑張ってくださいね」

唯「うん」

憂「純ちゃん、もね」

純「ありがと。……それじゃあ、また、ね」

シュウウウウゥゥゥゥ……

憂「純ちゃんはね。……私の大切な友達だったんだ」

唯「うん」

憂「一緒にお弁当食べたり、部活を見学しに行ったんだ」

唯「うん」

憂「だから……だけど。こんなことになるなん、て。考えて見たこと、なくて」

唯「うん」

憂「だって、おかしい、よ! 何で、何でこんなことになっちゃったの! どうして!」

唯「……」

憂「いつも通り学校にいって、いつも通り授業を終えて、いつも通り帰宅して。……なのに」

憂「どうして今日はいつもどおりじゃなかったの! どうして! どうして……」

憂「お姉ちゃん。……どうして……」

唯「……わからないよ。何でこうなったのかは、私にはわからないよ」

唯「でもね、どんなことがあっても、私は憂の隣にいてあげるから。いつだっていてあげる」

唯「苦しい時も、悲しい時も、お腹が空いた時も、風邪を引いた時も、何かに襲われた時も、何を恨めばいいかわからなくなった時も」

唯「ずっと、そばにいてあげるよ」


憂「おねえ、ちゃん」

唯「あ、でも。私ってのんびり屋だし、あんまりしっかりしてる方じゃないから」

唯「逆に憂に助けられることが多いかもね……。えへへ」

憂「……それでいいよ、お姉ちゃん。私がお姉ちゃんを助けて、助けられて」

憂「そういう関係が、一番いいんだよ」

唯「そうかな?」

憂「そうだよ。……お姉ちゃん」



憂「大好き」



唯「私もだよ」

唯「帰ろう。皆のところに」

憂「うん!」

唯「きっと皆今ごろ心配しすぎてあたふたしてるかも」

憂「あ、梓ちゃんとか泣いちゃってるかもしれないね」

唯「あ~そうかも。あずにゃんって、意外と涙もろいところがあるからね~」

憂「そうなんだ~」

唯「うん。澪ちゃんは怖がって震えてるかも」

憂「それを律先輩が宥めてるんだろうね」

唯「ムギちゃんは皆をまとめて、和ちゃんは……和ちゃんが一番慌ててるかも」

憂「あはは、その光景が眼に浮かぶね」

唯「ねぇ、憂」

憂「なぁに、お姉ちゃん」


唯「どうやって戻るんだろう……」

憂「……さぁ……」



……

唯達が消えてからすぐ

澪「梓、現在の状況を説明してくれ」

梓「そ、そんなもの見ればすぐわかるじゃないですか」

律「いや、梓の説明が大事なんだ」

梓「な、なんでですか?」

紬「梓ちゃんにしかできないことなのよ」

梓「え、えぇ~。そ、それじゃあ」


和「唯と憂ちゃんは消えてどこかにいってしまい、私たちは周りをゾンビに囲まれて四面楚歌。こんなところかしら」


律「おい和。お前ちゃんと空気読もうぜ」

和「別にいいけど。空気読んで死ぬのと読まずに生きるの。どっちがいい?」

律「生きる方で」

和「じゃあいいじゃない」

澪「ついでにいうと、弾数も心許ないな……」

梓「お手製の爆弾も……残り三つです」    紬「いや、あの。……お手製じゃないんだけど」

和「……周りにいるゾンビたちは……」

紬「私たちが一番最初にあった奴も何匹かいるわね」

澪「よ、四つん這い……!」


15
最終更新:2010年01月31日 00:16