憂『ふぅ。……それじゃ、こちらも次の手を出させてもらうとしましょう』


ゴロゴロゴロゴロゴロ


澪「こ、この音は!」

律「また岩か!」

和「近づいてきてるわね……」


ゴロゴロゴロゴロ……ドガアアアアアァァアン!


和「扉を突き破ってきたわ!」

澪「いわ……緑色……ひっ、ななななななな!?」


律「岩に、人の顔が張り付いてるううう!?」

梓「……」

紬「梓ちゃん! たったまま気絶しないで!」

和「な、なによこれ。これもゾンビなの!?」


憂『はい。これもゾンビの一種です。……まぁ、統率者よりもうひとつ上の段階、と行った感じでしょうか』

和「冗談じゃないわよ。インフレの前触れよ、そういうの」

澪「……」ブツブツブツブツ

律「澪! 気をしっかりもて!」

梓「ち、ちっちゃくですけど手みたいなの生えてませんか、あれ」

さわ子「よく見ると脚みたいなのもはえてるわね。うわ~、気持ち悪い」

紬「あ、梓ちゃん、正気に戻ったのね」

梓「正直、もう一度気を失いたい感じです……」


憂『さ、これを相手に生きていられますか?』


和「覚悟はさっきからずっと決めたままよ。皆、さっさとこいつを倒して唯達に会うわよ」

紬「ええ。……先生のおかげで銃弾もたくさん手に入ったし」

さわ子「感謝しなさいよ~」

梓「行きます!」



特異点

唯「ういーあいすー」

憂「もう、お姉ちゃんったら~」

唯「……」

憂「……」


唯「結局ここから出られてないよぅ~」

憂「そもそも、ここに来た原因が憂さんが原因だったから」

唯「じゃあ憂も頑張ればできるんじゃないの?」

憂「さっきからそうしようと思ってるんだけど。……無理みたい」

唯「い、今頃みんな、もしかしたら大ピンチかもしれないのに」

憂「とはいっても。……そもそもここがどこなのか分からないし……」


『う~ん……』

唯「……あれ?」

憂「どうしたの、お姉ちゃん」

唯「いや、今人影がちらっと見えた気がするんだけど……」

憂「え、でもここに人なんて……」

唯「こっちだよ!」

憂「あ、ちょっと待ってお姉ちゃん!」



唯「はぁ、はぁ。……あれ?」

憂「お、お姉ちゃん。その、人影って、どこ?」

唯「う~んと。ここにいたはずなんだけどなぁ」

憂「やっぱり見間違いだったんじゃない?」

唯「かなぁ……」

憂「そうだよ。……あれ?」

唯「どうしたの、憂。天井を向いて……あれ?」

唯「う、上に人がいる!」

憂「でも、ここの天井って赤い海だよね。……そこに人がいるなんて」

唯「……あれ? あの人何か持ってるよ」

憂「本当だ。……あれって、ギター?」

唯「おお、あの人も持ってるギターも暗くてよく見えないけど、ギー太みたい!」

憂「それ、全部のギターに言えることじゃないの?」

唯「違うよぉ。私はちゃんとギー太の区別つくもん」フンス

憂「でも、じゃあ何でお姉ちゃん以外の人がギー太を持ってるの?」

唯「だよねぇ。……あれ?」

憂「お、お姉ちゃん! 前見て!」

唯「ギ、ギー太! どうしてここにあるの!? さっきまでここになかったはずなのに」

憂「あの人が届けてくれたのかな……お姉ちゃん、もう一度あの人見て!」

唯「え? ……なんだろう。ギー太を指でこんこん叩いてる」

憂「もしかして、一緒に演奏しようって言ってるのかも」

唯「おお。いいね~。よーし、そういうことなら張り切っちゃうよ~」


『……』コンッコンッ

唯「……」コンッコンッ


ギュイイイイィィィィン!


憂「す、凄い。お姉ちゃんと上の人が綺麗に重なって……!」


唯(……なんだろう、この人。私と、とっても合う)

唯(私がこうしよう、って思ったら、それに重ねるように弾いてくれて……)

唯(澪ちゃんやりっちゃんやムギちゃんやあずにゃんと弾いてる時とはまた違う)

唯(でも、すっごく楽しい!)


憂「お姉ちゃん。凄くたのしそうに弾いてるなぁ……」

憂「あれ?」


唯「……」ジャーンジャーン!

憂「お、お姉ちゃん! 上をみって!」

唯「ほえ?」ジャジャーン


唯「あ、穴が開いてる!」

憂「で、でしょう! おもわずびっくりして噛んじゃったけど」

唯「でもどうやってあそこに……おぉ!」

憂「か、階段が降りてきた……」

唯「ふんだりけったりだね!」

憂「至れり尽くせりだよ……」

唯「あ、上にいた人、いなくなっちゃった……」

憂「本当だ。……もしかしたら、私たちを助けてくれるために来たのかも」

唯「そうかも。……ほら、早く行こう! 憂!」

憂「うん!」


カン、カン、カン、カン、カン


唯「鉄製の階段ですね」

憂「違うと思うけど。……あ、ほら、そろそろ抜けるよ」

唯「おお、ここを抜けた後には一体どんな世界が!」



洞窟内

澪「ああ、コガネジムを思い出す……」

律「転がるがつよかったよな~」

梓「現実逃避しないでください!」

紬「あ、梓ちゃんもあまり人の事言えない気が……」

和「来るわよ!」


ゴロゴロゴロゴロ



澪「いやだぁぁあ、もう気持ち悪い!」

律「私だって気持ち悪いのを必死にこらえて何とかしてるんだぞ!」

紬「当然だけど、銃も全く効かないわね」ダダダダ

和「……そこっ!」ザシュッ


『オオオオオオ』ゴロゴロゴロゴロ


和「焔真鍋でも全く効かない……!」

律「気に入ってるのか、その名前」

和「……うるさいわね」

澪「なんとかして倒す方法はないのか……?」

紬「……今まで、私たちはあれを岩だと思ってたけれど。本当にそうなのかしら」

和「いいえ、斬った感触から察するに人間の顔だとおもうわ」

律「斬ったことあるのか!?」

和「さっきからゾンビどもの顔斬ってたじゃない」

律「あ、そ、そうか」

澪「でも、それがわかったからって、どうすればいいんだよ」

紬「そうね……」

さわ子「一応。その他にも武器は持ってきたけど」

和「本当? 何があるの?」

さわ子「えぇと。カスタネットと」

律「なんでカスタネットを持ち歩いてるんだよ!?」

さわ子「あとは、おやつに持ってきたクッキーと。お茶と……」

紬「お茶とクッキーなら私が持ってきましたのに……」

澪「ピクニックに行くんじゃないんだぞ!」

さわ子「一応暖をとろうと思ってヒーターと重油も持ってきたわね」

律「ここに何しに来たんだよ……」

さわ子「あとは洞窟にいるって聞いたから持ってきた懐中電灯と水銀灯ね」

梓「どこにそんなに入ってたんですか……」

さわ子「あずさちゃんにはなくて私にはあるもの、とか」

梓「え? きゃあぁ!」

さわ子「ほらほら、もっと他の人からもんでもらわないと大きくならないわよ~」モミュモミュ

梓「そ、そんなことしてる場合じゃあああ……」

紬「……」

澪「ムギ!? どうした? 攻撃されたのか!?」

和「発作症状よ、放って起きなさい」

和「……いや、でも先生が持ってきたこれら。使えるかも」

澪「ま、まさか。ゾンビとお茶を飲んで戯れるとか!?」

和「何でそういう発想になるのよ。いい、これとこれを……」


ゴロゴロゴロゴロ


紬「皆、来てるわよ!」

梓「!」


ゴロゴロゴロゴロ

ズズーン……


和「やっぱり、思ったとおりね」

律「何が?」

和「あれの攻撃方法は転がることしかできないのよ。つまりそれを上手く使えば」

さわ子「よくわからないけど。私は何をすればいいのよ」

澪「つまりこれらを使うわけだから……役割分担としては……」

憂『作戦会議ですか? 頑張ってくださいね』


和「今度こそ、その余裕を吹き飛ばしてあげるわ」

律「おっしゃー。それじゃあ配置につけ~!」


タタタタタ


梓「準備出来ました!」

さわ子「おお、私のいる高い位置からだと皆の場所がよくわかるわね~」

澪「うう、怖い……」

律「私と澪の役は指示だろ? 指示役が怖がってどうする!」

和「私も準備はいいわ」

律「和は重要なポジションだからな、気をつけろよ!」

和「言われなくてもわかっているわ!」


憂『ふーん。その陣形があれを倒すために作られた物ですか?』


律「あたぼうよ! 見てな。今すぐこいつを倒してみせるから」

ゴロゴロゴロゴロ……


和「さ、こっちに来なさい。斬ってあげるから」


『ウウウウウウウアアアアアアア』

和「って、あなた喋れたの!?」

ゴロゴロゴロゴロ

和「しまった!?」チッ


和「あ、危なかった。掠っただけで済んだわ……」

律「和~、大丈夫か!?」

和「ええ。ごめんなさい。少し油断しちゃったわ」

律「そうか。気をつけろよ!」


和「……というわけよ。今度こそあなたを斬るから」

『ウウウウウウアアアアウウアウアウア!』

ゴロゴロゴロゴロ


和「せー……の!」ザシュッ


『ウウウウアアアアア!』


ゴロゴロゴロゴロ


和「よし、上手くそっちに向けさせたわ」

律「よーし、さわちゃん先生そっちにいったぞ~!」

さわ子「はいは~い。それじゃあ衝撃に備えなきゃね~」


ゴロゴロゴロゴロ


ズズウウゥゥゥン!


さわ子「おっとっと。あ、危ないわね。落ちるかと思ったじゃない」

さわ子「それじゃあ行かせていただきます、っと」


ドボドボドボドボドボ

憂『な、何を……!?』

さわ子「正解は~。重油でした~」

憂『重油って……何でそんなものを持ってきているんですか!』

さわ子「ストーブで暖をとりたかったのよ!」

律「正直私も、灯油でいいじゃん。とか思ったけど」

澪「結果オーライだな。……梓!」

梓「はい! ……あ、澪先輩、手伝ってもらえますか?」

澪「勿論だ、そのために私は梓と一緒にいるんだから」

梓「先輩……。ありがとうございます」

ハァ

梓「……これで、よし」

澪「すまんな和。もう一度頼む」

和「ええ。二人は離れていなさい!」

さわ子「私は~?」

律「役目が終わったら離れてた方がいいぞ~」

『ウウウオウオウオウウウウオオオオオ!』

憂『重油をかけられた……。ってことはつまり』

憂『しまった! そういうことね……』

憂『なら走破させないために……命令します! その場からうご……!?』ガシッ


紬「はい、ごめんなさいね。それ以上喋られちゃまずいの」


憂『……!(紬さん!?)』

紬「皆があれに気をとられてる隙に憂ちゃんを捕まえる。それが私の役割だったのよ」

紬「恐らく憂ちゃんがアレらに指示を出してるであろうことは前々からわかっていたから」

紬「今ここで、とまれ~。とか言われたら私たちの作戦が失敗しちゃうから。ね?」

憂『……っ(確かに、紬さんがいることに気がつかなかった。……あっちに夢中で)』

憂(でもね、私は口に出さなくても命令を出すことができる。……抑えたところで何も変わりは……!?)

憂『ん~! ん~!』

紬「それにしても、さっきの梓ちゃんと澪ちゃんの会話は個人的に良かったわ~」

紬「ああいうのを見ると、私もいつかああいった関係を持ちたいな~、なんて思っちゃうわ~」ポタ……ポタ……

憂『ん~! んんん~!!(鼻血が~! 私の髪の毛にいいい!!)』


律「……ま、まぁ。ともあれ。ムギは立派に勤めを果たしてくれているな」

さわ子「う~ん。わたしもムギちゃんの気持ちがよくわかるわ~」

澪「私はわかんない……」

梓「同じくです……」


和「ま、私は自分の使命が果たせればそれでいいわ」

和「……来なさい!」


『ウウウオウオウオオオオオオオオ!』


ゴロゴロゴロ!


和「あら、さっきよりも気合充分ね。でも……」

和「はぁっ!」


ザシュッ

『ウウウアオウオウオオア!』


和「軌道修正完了、ね」

梓「後はそのまま真っすぐ行けば!」

澪「私たちの仕掛けた!」

『爆弾に引っかかる!』


カチッ

ドオオオオオォォォォォン!


『ウウオオオオウオウオオオアアアアアアア!』


律「そいでもって。ついでに置いといた水銀灯も一緒に爆発するわけで」

さわ子「あとは重油だらけの体に発火して」


紬「火だるま……と言うわけ。これが私たちの作戦よ」

憂『……(……まさか、鼻血にしてやられるなんて)』


『ウウウウウアアアアアアア……』


梓「……あれも、元は人間だったんでしょうか」

律「だろうな。……そもそも作られたゾンビってどんなのだよ」

和「知らないけど。まぁでも。これで一段落ついた。って感じかしら」

梓「はい。後は憂を」


17
最終更新:2010年01月31日 00:19