>病室の前

唯「ふぅ。ムギちゃんが倒れたって聞いたから、どうなることかと思ったよ」

律「あぁ、ただの貧血で本当に良かった」

梓「ほっとしました」

澪「……」

律「澪?」

澪「……私のせいなんだ」

律「何言ってるんだ澪?」

唯「そうだよー。貧血は誰のせいでもないんだよ。きっとムギちゃん生理だったんだよ」

澪「違うんだ。聞いてくれ。実は私……」

律「えっ、本当に!」

澪「あぁ。ほら、小さいけど牙もあるだろ」

梓「……本当だ」

唯「澪ちゃんすごーい」

澪「えっ、ひかないのか」

律「びっくりはしたけどな」

梓「はい。驚きましたが澪先輩には変わりありませんから」

澪「みんな……」グスッ

律「はぁ……澪はしょうがないな」ナデナデ

唯「あ、私も撫でる」ナデナデ

梓「……」ジー

澪「う……うぅ」グスグス

梓「わ、私にも撫でさせてください!」


>数分後

澪「……私、ムギに謝らなきゃ」

律「そうだな。行ってこい」

澪「だけどなんて言って謝ればいいのかな?」

唯「どーゆーこと?」

澪「なんだかムギに申し訳なくて」

梓「……あの、澪先輩」

澪「なんだ?」

梓「ムギ先輩は嫌がってましたか? 血を吸われること」

澪「そんなことなかったけど……」

梓「それなら悪びれることはないと思います」

澪「そうかな?」

律「あぁ、そうだぞ」

澪「じゃあ行ってくるよ」

澪「……ムギ?」

紬「澪ちゃん!!」

澪「起きてて平気なのか?」

紬「うん。ただの貧血だから。澪ちゃん、ごめんね」

澪「えっ」

紬「驚かせちゃったでしょ」

澪「なんでムギが謝るんだ。謝るのは私のほうだよ」

紬「ううん。私が体調管理を怠ったから悪いの」

澪「悪いのは私だ!」

紬「私よ!」

澪「私だから!!」

紬「私なの!!」

澪「むーっ」

紬「ぐぐぐぐ」

澪「まぁ、どっちでもいいか。でも、もうムギの血は吸わないから」

紬「えっ」

澪「もう、ムギをあんな目に合わせるには二度とごめんだから」

紬「そんなの、絶対ダメ!!」

澪「む、ムギ?」

紬「澪ちゃんは私の血を吸わなきゃ駄目なの!!」

澪「ど、どうして?」

紬「そ……それは………。そう、気持ちいいから」

澪「そんな理由じゃ駄目だ。また貧血になったらムギも困るだろ」

紬「そんな……」シュン



ガラッ
唯「ちょっと待った!!!!」

紬「唯ちゃん?」

梓「ムギ先輩が吸って欲しいと言ってるんだから、吸ってあげるべきです」

律「そうだぞ、澪。ムギは私達の大切な仲間なんだから大切にしないと」

澪「大切にしたいからこそ血を吸いたくないんだ。……また貧血で倒れたら」

唯「そのことなんだけど、さっき3人で話してたんだ」

梓「私達も澪先輩に血を吸ってもらおうって」

律「それならムギの負担も軽く済むだろ」

紬・澪「みんな……」グスッ

唯「あっ、こんどは二人が泣いちゃった。手が足りないよ」ナデナデ

梓「全く…何を言ってるんですか。両手を使えばいいでしょ」ナデナデ

唯「あっ、あずにゃん頭いいねぇ」ナデナデ

律「撫でるの癖になりそう」ナデナデ

紬「澪ちゃん」

澪「……なんだ」

紬「仲間っていいね」

澪「あぁ」


>数週間後
澪「」カプッ チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「」チュー

澪「まろやかー」

紬「///」

澪「やっぱりムギの血は美味しい」

紬「ねぇ、他のみんなの血はどんな味がするの?」

澪「そうだなー」

澪「唯の血はとっても甘いんだ」

紬「唯ちゃんらしいわ」

澪「ちょっとだけ血中糖度が高いんだと思う」

紬「…お菓子もってくるの控えめにしようかしら」

澪「うん。それがいい」

紬「じゃあじゃあ、りっちゃんの血は?」

澪「律の血はとってもコクが強いんだ」

紬「味が濃いんだ」

澪「うん。でもそのなかに繊細さを隠し持ってる」

紬「りっちゃんらしいわ~」

澪「梓の血はとても優しい味がする」

紬「梓ちゃん、とっても優しい子だから」

澪「ほんのちょっと苦味も混ざってるけど」

紬「毒舌成分かしら」

澪「どうだろう?」

澪「うん。みんな違う味だけど、私はどの血も大好きなんだ」

紬「待って!」

澪「どうしたんだ?」

紬「私! 私の血は!!」

澪「ムギの血は――」

紬「あっ、そういえば最初に言ってたっけ。まろやかだって」

澪「うん。だけどそれだけじゃないんだ」

紬「えっ」

澪「少しだけ、恋の味がしたんだ」

おしまいっ!



※紬「まろやか?」とは繋がっていません

読んでくれた人ありがとう
上にも書いたけど、続編ではありません



一応元ネタ
             ガブッ ゴクゴク
              .......-‐::::::‐-....   ────
           /:::::::::::::::::::::    ´         `ヽ
          /::::::::::: ::::::::::::::::: /      ∧   ヽ \
        /:::::::::: ::::::::::::::/!|/     /  / ヽ   |  ヽ
        i::::::::::::::|::::┼,' ,'      |   /二 ヽVヽ/ゝ  }
       .|:::::::::::::::!:/ !/  |  |   |  /    }/  ヘ∧{
   r'´ノ  |:::::::|:::::::|:/ ● |  |   |/ ●     ● /:::::} ?
  /ヽ/ r'´ .|::::r|:::::::::|⊂⊃ } r|   |⊂⊃     ⊂⊃:::::{
/  / ハ ハ /:::ヽ|:::::::::|    ./ ヽ|   |    ▽    |:::::|  
⌒Y⌒Y´//::: i f⌒ト.   //  i f⌒ト.       ィ⌒ヽ
               ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー'  ̄

             .......-‐::::::::::‐-.... 
           /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          /::::::::::: :::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::\
          /:::::::::: ::::::::::::::/!| l.',:::::|:::::::',:::::::ヽ
         .i::::::::::::::|::::┼,' ji !. -┼',::|::!::!ヽ! まろやかー
         .|:::::::::::::::!:/ !/  リ |.  リ .',l:j:::|
    r'´ノ   |:::::::|:::::::|:/ ●     ● /::::|
    /ヽ/ r'´ .|::::r|:::::::::|⊂⊃     ⊂⊃:::::|
  /  / ハ ハ /:::ヽ|:::::::::|    ▽    |::::::|
  .⌒Y⌒Y´//::: i f⌒ト.       ィ⌒ヽ
       ̄ ̄ ̄ ̄`ー'  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ `ー'  ̄

最終更新:2012年10月02日 12:37