ガチャ

律「おい~っす」

澪「こら!遅れたんだからちゃんとあいさつしろ!!」

律「え~、だって遅れたのは澪しゃんが『もっと~』って言うからじゃん」

澪「だ、だって///」

澪「と、とにかく!みんな遅れてゴメン…!?」

唯「あ~ずにゃ~ん」スリスリ

梓「ああ、ほ、ほら先輩たち来られましたよ」ジタバタ

紬「ああん、もう、二人とも空気読んでよ」プンプン

律「何か遅刻した事じゃなくて別の事で怒られた…」

澪「何で!?」

梓「み澪先輩、助けて下さい!」

律「取りあえず困ってるみたいだし助けるか?」

澪「あ、ああ」

澪「ほら唯、梓が困ってるだろ」グイッ

唯「ぶーぶー、澪ちゃん達ばっかりズルいよ~」

澪「な、私たちはしょうがないだろ!!///」

律「ほら唯、取りあえずお茶にしようぜ」

唯「む~」スッ

梓(…私よりケーキなんだ)

紬「これからが良い所だったのに」シュン

梓「あれ?でも思ったよりお二人とも普通ですね」

律「あー、多分それは、賢者タいたっ!!」ゴチン

澪「変な事言うな///」

唯「ん~、でも本当に何でだろうね?」

澪「ま、まあ、昨日と今日で私は誰の物なのか、律が誰の物なのか確認しあったからな///」

律(自分もとんでもない事言ってんじゃん///)

澪「と、とにかく最近は皆に迷惑かけたから、ちゃんと練習するよ」

梓(そう言いながらもずっとて手は、握ったままなんですね…)

律「まあそういう事だから、ムギお茶を入れてください!!」

紬「は~い」

澪「言ってるそばから…ムギも断って良いんだぞ」

紬「良いのよ澪ちゃん、私が好きでやってるんだから」

律「ほら、ムギもこう言ってるし」

澪「お前は、少し自重しろ」

唯「あずにゃんもこっち座りなよ。今日のケーキもおいしそうだよ」

梓「ハァ(一体いつになったら練習出来るんだろう…)」

律「よーし、それじゃあいただきます」

唯「いただきまーす!」

唯「ん~おいひい~」モグモグ

梓「あ、おいしいです」パク

唯「ほら、こっちもおいしいよ。あずにゃん、あーん」サッ

梓「自分で食べれます///」

唯「あずにゃん」ウルッ

梓「う、しかたないですね、一回だけですよ///」アーン

唯「あずにゃんおいしい?」

梓「お、おいしいです///」モグモグ

澪紬「…」ジー

律(うわ、唯たちの事めっちゃ見てる)

澪「…///」チラッチラッ

律(そしてこれは、やって欲しいって事だよな…)

律「みーお、こっちもおいしいぞ。ほら、あーん」スッ

澪「あ、あ~ん///」パクッ

律「うまいか?」

澪「うん、それにとっても甘い…///」

梓「一瞬で二人の世界に入りましたね」

唯「ケーキより自分たちのほうが甘々なのにね」

紬「ああ私、今日も生きてる!!」

律「あっ澪、口元にクリームついてるぞ」

澪「え、どこ?」フキフキ

律「そこじゃなくてここ」ペロッ

澪「!?///」

澪「きゅ、急になにするんだよ///」

律「ん?何が?」

澪「だ、だから、拭いてくれれば良かっただろ///」

律「だあってもったいないじゃん」

澪「ば、ばかりつ///」

梓「今のって…」

唯「うん、クリームなんてどこにもついてなかったね」

紬「さすがね、りっちゃん!」

唯「そして、流れるようにソファーに座るりっちゃん」

紬「当然の様に吸寄せられる澪ちゃん」

梓「さっきちゃんと練習するって…」

紬「澪ちゃん、スイッチ入っちゃったみたいだからもう無理ね」

梓「ううっ」ガックリ

律「澪、好きだよ」

澪「私も律の事大好き」

律「じゃあ私は、大大だーい好き」

紬「ほら澪ちゃんからも、もっともっと」

梓「完全にバカップルですね」

唯「私、何だかこの状況に慣れて来たよ」

律「むむ、じゃあ私は澪の事愛してる!!」

澪「あ、ずるいぞ、私だって律の事愛してるんだからな!!」

律澪「えへへ///」

紬「ひゅーひゅー♪」

唯「あずにゃ~ん、私も愛してるよ~」ギュー

梓「ふえっ!?きゅ、急に抱きつかないでください///」

紬「ひゅーひゅー♪」


こうして律先輩が無い頭をつかって悩んだ結果、澪先輩の事を突き放し(二日)
その反動で澪先輩が律先輩に甘えたがるという事態が約一週間続いた。

そして…


律「いやー今日はしっかり練習出来たな」

唯「つかれたよ~」

澪「そんな事言って、半分はティータイムだったじゃないか。だいたい律は…」

紬「まあまあ、澪ちゃん」

梓「やっと、やっといつもの軽音部に!(まだ食べさせっことかしてるけど)」

律「よし!じゃあ帰るか。私、鍵閉めて職員室に持ってくから、みんな先に行ってて」

澪「あ、私も一緒に行くよ」

律「いやー、すぐ追いつくから先に靴箱で待っててよ」

澪「そ、そうか…(何だよ、今日は手を繋いで靴箱まで行ってくれないのか)」シュン

律「それとムギ」

紬「なーに」

律「悪いけどちょっと残っててもらえないか?話したい事があるんだ」ボソ

紬「う、うん?」ボソ

梓「それじゃあ律先輩お願いしますね」

唯「りっちゃん隊員!」

律「唯隊員!ここはまかせて先に行け!私もすぐに追いつく!!」バッ

唯「…りっちゃん隊員、ご武運を!!」ビシッ

梓「はあ、先に行きましょうね唯先輩」

唯「まってよあずにゃーん」

澪「はぁ(手、繋ぎたかったな…)」シュン

紬「えっと、それじゃあ…」チラッ

律「おう」チラッ

バタン

梓「唯先輩、ちゃんと歩いて下さい。抱きついたままじゃ危ないです///」

唯「えー、やーだー」

澪「はぁあ(良いなぁ二人とも)」トボトボ

紬「…あ、私、教室に忘れ物しちゃった。みんな先にいってて」

梓「はい、わかりました」

唯「じゃあ靴箱で待ってるね~」フリフリ

澪「はぁ(りつぅ~)」トボトボ

紬「すぐ戻るから」タッタッタッ





部室前

律「悪いな、ムギ」

紬「いいのよ、りっちゃん。それより話って…」

紬(はっ!誰もいない放課後、部室の前で二人きり、これってまさか!?)

紬「だ、だめよりっちゃん///りっちゃんには澪ちゃんという…///」

律「あ、悪いけどそういうのじゃないから」

紬「あ、はい」

律「あのさ、澪の事なんだけど…」

律「澪に甘えられるの凄く嬉しいんだけど、その…」ゴニョゴニョ

紬「うん」

律「た、たまには私も甘えたいな~なんて///」

紬「…」

紬「私に任せといて!!」ガシッ


澪「う~、りつー。……くしゅん」

澪「?」


おわり・・・



最終更新:2012年10月02日 13:43