日よう日

律「唯ー!」

唯「りっちゃんいらっしゃい!」

律「おっ!ちゃんとおきてたな」

唯「りっちゃんがくるからね!早くおきるよー」

律「それで早くおきれるなら毎日むかえにこようか?」

唯「えっ!?ほんと?」

律「あはは!じょうだんだよ、学校いく道とぎゃくだしこれるわけないだろ」

唯「あ…そ、そうだよね!あはは」

律「じゃ、おじゃましまーす」

唯「先にわたしのへやでまってて、おかしつくったからもっていくね」

律「うんわかった」

唯「おまたせー」

律「おいしそうだな」

唯「うん!憂におしえてもらいながらわたしがつくったんだ」

律「唯がつくったのか!どれどれ」ぱくっ

唯「どうかな?」

律「おいしい!おいしいよ唯!よくできな~」

唯「えへへ、わたし調理学校とかいこうかな」

律「それもいいけどさ、デスメタルやらないか?」

唯「えっ…」

律「デスメタルだよーデスメタル!」

唯「う、うん…」

律「いっしょにやらないか?」

唯「えっと…あのぉ…」

律「…イヤか?」

唯「そそそそんなことないよ!りっちゃんといっしょならよろこんでやるよ」

律「だよな!おもいたったらこうどうだ!あしたのほうかご体育館でライブやろうぜ」

唯「うん…」


~~~

和「唯!唯!おきて唯!あんたかけられたわよ」

唯「ほえぇ!?えっ!えー…なに?また夢?」

先生「平沢さん。じゅぎょう中はいねむりしないでくださいね」

唯「はい…ごめんなさい」

和「唯?大丈夫?顔色悪いわよ」

唯「うん…ちょっとね、わるいゆめ見ちゃっただけだよ」

和「わるいゆめ?」

唯「あのね、りっちゃんがデスメタルやろうってさそってくるんだ」

和「ふふっ、なにそれ?」

唯「わらいごとじゃないよぉ!なんかいも見るからだんだんこわくなってきたんだよ」

和「かんがえすぎよ、いっつも律のことかんがえたりしてるんじゃない?」

唯「そうなのかなぁ…」

和「かんがえすぎるとよけいにゆめに出るわよ」

唯「うん…なるべくかんがえないようにするよ」

和「それでそのあとはどうなるの?」

唯「どうなるのって?」

和「ゆめのつづきよ」

唯「つづきはないんだよ…まいかいそこで目がさめるの」

和「そうなの?かわったゆめね」

唯「うん…わたしももうなにがなんだかわからなくって」

律「おーい!唯!いるかー?」

唯「!!」

和「あら?律じゃない、唯よばれてるわよ」

唯「和ちゃんいっしょにきて」

和「わたしも?どうして?」

唯「何回もゆめで見るからこわくて…」

和「どうしたのよ?あんた律とは仲良かったじゃない……まぁいいわ、いっしょに行ってあげる」


唯「りっちゃんおまたせ」

律「唯ーおそいぞー!和までどうしたんだ?」

和「わたしがいちゃわるいかしら?」

律「そんなことはないけどさ」

律「なんだか唯の保護者みたいだな」

和「よく言われるわ」

律「あはは!おなじ年なのにな」

唯「あの…りっちゃんなにか用…かなぁ?」

律「うん、たいした用じゃないんだけどさ…」

唯(おねがいだからもうあのことばだけは言わないで…もう聞きたくないよ…)

律「唯さ…」

唯(おねがい…)

律「いっしょにデスメタルやらないか?」

唯「…」


~~~

紬「唯ちゃん?唯ちゃん?だいじょうぶ?」

唯「ん…ムギちゃん?ここはほけんしつ?」

紬「唯ちゃん体育のじゅぎょう中にたおれたからわたしが運んできたの」

唯「倒れた…?また夢だったの?」

ガラガラ

律「唯!だいじょうぶかっ!?」

紬「りっちゃん静かに。今めをさましたところよ」

律「よかったぁ~…とつぜんたおれるからしんぱいしたよ」

唯「…」

律「唯?」

唯「…」

律「どうしたんだ?まだ具合わるいのか?」

紬「唯ちゃん?だいじょうぶ?いま先生よんでくるわね」

唯「だいじょぶ!先に教室もどってるね」

律「唯!まてって!」

唯「…」

唯(まだじゅぎょう中だ…)

唯「おちつかない…ギターでもひいてれば気がまぎれるかな」

唯「音楽室つかわれてるかな?」


おんがくしつ

唯「あっ!つかわれてないや」

唯「時間になるまでギターひいてよう」

♪~♪♪~♪~

唯(なんでこんなことしてるんだろ?)

唯(これもゆめなのかな?)

唯(りっちゃん…どうしちゃったんだろ…)

ガチャ

律「唯…こんなところにいたのか」

唯「…」

律「教室に行ったらいないからさがしたんだぞ」

唯「…」

律「唯…なんでわたしのこと避けるんだ?悩みがあるなら言ってくれよ!」

唯「なんで?」

律「なんでってきまってるだろ!それは…」

唯「デスメタル?」

律「そう。唯とデスメタルしたいから」

唯「それいつまで言い続けるの?」

律「唯がデスメタルやるって言うまで」

唯「わたしいがいにもギターできる人いるよ!」

律「ヤダ、唯とじゃなきゃできない」

唯「なんでわたしじゃなきゃダメなの?」

律「唯とずっといっしょにいたいから」

唯「わたしはデスメタルやらなくてもりっちゃんとずっといっしょにいるよ!」

律「それはできない」

唯「できるよ!なんで?わたしはずっといっしょにいるから!」

律「そうなってるから」

唯「そうなってる…って?」

律「デスメタルやらなきゃ唯といっしょにいれないようになってる」

唯「…」

律「唯はわたしといっしょにいるのはイヤ?」

唯「イヤじゃないよ!りっちゃんとずっといっしょにいたいよ!」

律「わたしも唯といっしょにいたい」

唯「デスメタルやればもうしつこくしない?」

律「うん…しない」

唯「わたしとずっといっしょにいるって約束してくれる?」

律「約束する」

唯「じゃあやるよ…」

律「ほんとう?ありがとう唯!さぁ、いつまでもここにいないでみんなのところに行こう」

唯「うん」

律「あしたは…いや今日にでもライブをやろう!さいこうのライブになるよ」

唯「そうだね」

「デスメタルなんかやっちゃダメだ!」

唯「えっ?」


「唯!目をさましてくれよ!」


唯「りっちゃん?」

律「唯?どうしたの?早くいこう」

「唯…ずっと一緒にいようって言っただろ…」

律「唯?早く!ライブしようよ」

唯「嫌だ…」

律「えっ?なにがいやなの?」

唯「私はデスメタルなんてやらない!」

律「なんで?ずっといっしょって約束したのに…」

唯「私はりっちゃんとずっと一緒にいようって約束したから」

律「だからわたしと…ここならわたしとずっといっしょだよ」

唯「私の一緒にいたいりっちゃんはそんなじゃないもん!」

律「…デスメタルは?」

唯「何度言われても絶対にやらない!」

律「……約束やぶるの?」

唯「違うよ…約束を守りにいくの」


~~~

唯「ん…」

律「唯っ!唯っ!」

唯「………りっちゃん?」

律「うぅ……唯ーっ!よがっだよぉ…」

唯「ここは病院?私…どうしたの?」

律「うぅ…覚えてないのか?私達と別れた後に事故にあったんだよ」

唯「そうだったんだ………うぅ…うえぇん!よかったよぉ」

律「唯……今医者を呼んでくるから」

唯「………待ってりっちゃん」

律「どうかしたか?」

唯「もう……もうデスメタルやろうなんて言わない?」

律「………はい??もしかして脳に後遺症が…?」

唯「違うよぉ!真面目にちゃんと答えてよ!もうデスメタルやろうなんて言わない?」

律「言わないよっていうか意味分かんないぞ」

唯「よかった…」

律「どういうことだ?」

唯「私もいろいろあったんだよ!」

律「???」


数日後の音楽室

梓「律先輩は今日も病院ですか?」

紬「そうよーあの二人がいないと部活もちょっと寂しいわね」

梓「たまには静かで練習に集中できていいです」

澪「そんなこと言って梓も寂しいんじゃないか?」

梓「そっそんなことないです!ただ文化祭に間に合うのか心配なだけです!」

澪「順調に回復してるし後遺症もないから文化祭は大丈夫そうだってさ」

梓「それならよかったです」

紬「普段通りにしてるけど澪ちゃんが1番寂しいんじゃないの?」

澪「私は別に…律がいないから寂しいだなんてないからな…」

紬「寂しかったらいつでも私に甘えていいわよ澪ちゃん」

澪「謹んでご遠慮いたします」

紬「うふふ…残念♪」


病院

唯「りっちゃん私が眠ってる時に声掛けてくれた?」

律「うん。私だけじゃなくて澪もムギも梓も和も憂ちゃんもみんな呼び掛けてたよ」

唯「ありがとう…みんなが声をかけてくれなかったら私たぶん帰って来れなかったよ」

律「あのさ…唯」

唯「なに?デスメタル以外ならなんでも聞くよ」

律「そのデスメタルってなんなんだよ」

唯「いろいろあったの!」

律「そうじゃなくてさ、退院したら二人で遊びに出かけようぜ!今までなかったしさ」

唯「ほんとう?」

律「退院したらね」

唯「明日には治すよー!」

律「あははは!期待してるよ」

唯「…りっちゃん」

律「ん~?」

唯「ずっと一緒にいようね」

律「当たり前だろ」


おわり



最終更新:2011年10月13日 00:23