広島 駅前

清田「神さん、すいません。わざわざ練習付き合ってもらっちゃって」

神「いいよ。ランニングの途中だったし」

清田「しっかし、まさか湘北があんな負け方するなんて…」

神「山王が相手とは言え、120-4で負けるとは思わなかったな」

清田「まあ湘北なんてそんなもんってことすかね。かっかっか!」

牧「…」キョロキョロ

清田「ん?あれ?牧さんだ」

牧「…」スッ

神「どうしたんだろう。店の中に入っていったな。…とらのあな…?」

牧「…」ニヤニヤ

神「あ…出てきた。なんか買ったみたいだね」

清田「おーい!牧さーん!」

牧「ん?清田か。神も一緒か」

清田「なにやってんすか?」

牧「ああ。明日の試合の前に気合いを入れようと思ってな。けいおん!の同人誌を買ってきた」

神「どうじんし…?」

清田「なんすか?どうじんしって」

牧「お前らも全国で戦うつもりなら、同人誌くらい知っておいたほうがいいぞ」

神「そうですか…」

清田「ちょっと見せて下さいよ」

牧「仕方ないな。ほら」スッ

神「うっ…!?」

清田(ご…拷問館…?万引きJK生けいおん部…?なんだこれ…)

牧「蛸壺先生の同人誌は評判がいい」

神「た…たこ…?」

清田「どれどれ…。うっ…」ペラペラ

神「うんこしてるな…」

清田「ラーメン食べてる…。こっち拷問館ってのは…う…き、きついなコレ…」

牧「清田、ナンバーワンルーキーを目指すならこれくらい平気にならないと駄目だ。諸星も読んでるぞ」

清田「そ、そうすか…」

神(もう駄目だ…うちのバスケ部は…)



~海南編~ 完



最終更新:2010年03月11日 00:18