澪「律って背中きれいって言われない?」(フキフキ)

律「でへへ~♪実は私の自慢なんだぞ~澪は特別に拭いて良いよ~」


澪「はいはい…」(キュッキュ)


律「ふ~極楽極楽~」

律「背中はもう良いから次は前~」(フワフワ)


澪「ま…前!?そっちは自分でやれって!」


律「えぇなんで?なんで?」

澪「なんでって!考えればわかるだろ!」


律「わかりません!」


澪「なんでそうなる!つまりだな…後ろにはついてないものがついてるわけで…その…」

律「後ろについてなくて前に着いてるもの…オッパイかぁ!」(ヘラヘラ)


澪「ばっ…はっきりいうな!」

律「大丈夫だよ~澪ちゃん♪私の小さいから♪」


澪「大きさの問題じゃないだろ!」

律「良いじゃん~♪ダメ?」


澪「だ、ダメ!」

律「じゃあ唯よんでやってもらう!」


澪「ぐ…それは………」


澪「やります!私がやります!」


律「わ~い!じゃあ早速!」(ゴロン)

澪「!!」


澪「なんで仰向けになるんだ!?」

律「そっちのほうがやりやすいんじゃないかなって」

澪「少しは恥じらえ!」

律「いいじゃん♪小さいとき一緒に流しっこしたんだしなにも恥ずかしいことないよん」


澪「私は恥ずかしいの!」

澪「もお!ちゃっちゃとふくからな」


律「はーい♪」

澪「まったく…」(フキフキ)

律「ふーサッパリする~」

澪「それはよかった」(フキフキ…フニ…フニ…フキフキ…フニフニ…)

律「ん………はぁ…んっ……つあっ……ハァハァ…」


澪「(なんだこの声は?酔ってるからだよな?酔ってるからだ!酔ってるからに違いない!)」(フキフキ…フニュフニュ…フニ…フキフキ…)


律「はぁ……ん……あぁ…ハッ…ハッ…」(ウルウル)


澪「……」

澪「(酔ってるからだよな?ち、違うのかな…?違うとしたらなんで?いや…酔ってるからだって…うん!酔ってるから…)」


律「澪ちゃん…手が止まってる…もっとして…?」(ウルウル)


澪「あっ!あぁ…はいはい…」(フキフキ…フニフニ…フニュフニュ…)


律「はぁぁん……ん…あん……良ぃ………」(モゾモゾ)


澪「(もうなんだって良いや…)」

澪「はいバンザイしてー!」

律「バンザ~イ」


澪「腋の下拭きますよ」(フキフキ)

律「クスクス…」

澪「……」(ピタリ)

律「あ…」

澪「…」(フキフキ)

律「う…クスクス……ウププ」
(フルフル)

澪「(弱点発見!)」
(フキフキフキフキフキフキフキフキ)

律「う…くふ…あははははははきゃはははくすぐったい!やめて!やめてー!」

澪「…」(ピタリ)

律「ハァハァ…ゼェハァ…」

澪「(おもろい…)」

澪「はいっ!もうあらかた拭いたから下は自分で拭きなさい!」


律「え~なんで?澪がやってよ!」


澪「な、なに言ってるんだお前は?それだとイロイロ意味合いがかわってくるだろ!」

律「意味合いって?」

澪「そ、それは…とにかくダメ!」


律「やだ!」


澪「や、やだって…なんでお前が…」


律「やだ!」


澪「だ、だからなんでお前が…」

律「やだ!」

澪「だって…下は……」

律「やだ!」

澪「だ、大事なところだから自分でやったほうが…」
律「じゃあムギに頼む!」

澪「え…?」


律「ケータイケータイ…あった」

ピポパ

澪「ねえ律……」

律「あっ!もしもし?うん、今澪の家でお酒のんじゃって~えへへ~」

澪「ね…ねえ…律…?」


律「澪が体拭いてくれないんだよー、うん、うん、そうそう!だからムギに拭いてもらおっかなーって」


澪「ねぇ……ねぇねぇ……律…律…」

律「えっ?来てくれるの?わーい!じゃあ待ってるから!」ピッ


澪「む、ムギに…頼んだの…?律…?」

律「頼んだ!」


澪「ううぅ……裏切りもの……もう死にたい……」


律「なんでそんなにへこんでるの?」


澪「律がムギと仲良くするから……」


律「実は電話は嘘でした♪」

澪「へ?」


澪「な…この馬鹿律!も、もう絶対やってやらないからな!」


律「と、言うのは嘘でホントに電話しました♪」


澪「え………?」(シュン)


律「というのも嘘で電話してません♪」


澪「うぐぐぐぐ…どっちだ!?」

律「さぁどちらでしょ~?ホントは澪ちゃんやりたいんでしょ~?」


澪「う…や、やりたくない…」

律「ホントは?」

澪「…」

律「本当はぁ?」

澪「やりたい………です」

律「じゃあやって!あっ!ムギには電話してないよん♪」

澪「くぅぅ…負けた…」


律「はやくっはやくっ!」(パタパタ)

澪「拭くだけだぞ!拭くだけだからな!」(フキフキ)

律「オゥ…イェース…」


澪「…」

澪「(はやく終われはやく終われ!)」(フキフキ…フニュ…フキフキ)


律「オーゥ…グッド…オゥイエース…」


澪「…」

澪「お前わざと変な声出してるだろ?」

律「…」

澪「静かにしてなさい」(フキフキ)

律「…」

澪「…」(フキフキ)

律「…」


澪「…」(フキフキ…クニュ…フキフキ…)

律「…」

澪「ねぇ?」

律「ん?」

澪「静かすぎて不安なんだけど…」

律「澪はしょうがないなー」


澪「はい!終わり!」

律「えー?もう?」

澪「全身くまなく洗ったんだ!良いだろ!」

律「む~…まだ愛が足りない…」


澪「愛ってなんだ?目的が変わってるぞ!」

澪「はいっ、もうちゃっちゃと服着る!貸してあげるから適当に選んで!」


律「ぷー!」(ゴソゴソ)

律「これ借りるから!」(キガエキガエ)

澪「はいはい」

律「ふ~サイズ大きいな~」

澪「ちょ…律!タンクトップ……ダボダボだし…見えちゃいけないとこ見えてるし…」

律「はぁ~酒が抜けない…」(フラフラッ

澪「私律を拭いてたら汗かいちゃったからお風呂入って来るからね」


律「は~い」

澪「おとなしくしてろよ」(テクテク)

律「ほ~い」

澪「まったく世話がやけるな」



~脱衣所~

澪「はぁなんか疲れた…」(ヌギヌギ)

澪「風呂は命の洗濯って誰か言ってたっけ…」

チャポン

澪「ふぅ…極楽極楽…」

律「気持ち良い?」

澪「うん~」

律「んじゃ私も♪」

澪「って!えぇ!?なんでお前がここにいるんだ!」

澪「なんでお前がここにいるんだ!?」


律「大丈夫だって~♪服はしっかり脱いだから~♪」

澪「そういう問題じゃないだろ!」

律「いいからいいから♪私も入ろっと!」(フラフラ)


澪「あー!ダメダメ!お酒飲んでお風呂入ると心臓に悪いんだって!うちのお父さん倒れて救急車で運ばれたのしってるだろ!?」


律「じゃぁ見てる」

澪「それなら…まぁ…」

澪「って!違うだろ!何を見る気だ!?」

律「澪ひゃんの入浴…その他モロモロ~」(ニヤニヤ)


澪「エロオヤジかお前は!?」


律「頭と背中くらいなら洗ってあげるよ♪」(ヘラヘラ)

澪「…………!」


澪「……………」

澪「少し待ってて…」


バシャバシャ

澪「お願いします…」

律「なんか暗いな~?もっと明るく言わなきゃやらな~い」


澪「な…ううぅ…」

澪「お願いしま~す☆♪」(ニコッ)

律「あっ!今ちょっとドキッとしたかも…//」


澪「馬鹿言ってないで洗って」

律「いやいや本当に!」

澪「そこ推して来ないで良いから!恥ずかしい//」

律「じゃあ頭洗いま~す」(カジカジ)

澪「お~!人に洗ってもらうと気持ち良い」

律「本当に?じゃあもっと密着しなきゃね♪」(スリスリピトッ)


澪「…」

律「~♪」(カジカジカジカジ)

澪「おぉ~//(まぁ良いか…)


律「は~いながちまちゅね~」(ジャージャー)

澪「は~い♪」

澪「(…はっ!いつの間にか律のペースに嵌まってる!)」

律「次はトリートメントしましょうね~」


澪「よろしく」

律「………澪また暗いよ?明るくって言ったじゃん?一度言われたことすぐ忘れちゃダメだろ~?」


澪「お前にだけは言われたくない!!」

律「もう一回!は~いトリートメントしますよ~」

澪「は~い♪りっちゃ~ん♪」

律「あっ!今不意打ちで『りっちゃん』って呼ばれたのドキッとした//」


澪「はいはいわかったから」

律「ほ、ホントだぞ!ホントにドキッとした!」

澪「だからそれは推さないで良いから!」

律「おっとトリートメントだったっけ…」(ヌリヌリ)

澪「…」


澪「ねぇ?律?」

律「なぁに?」


澪「なんで自分の胸にトリートメント塗り付けてるんだ?」

律「えぇっ?」


律「澪まさか知らないのか…!?」(ヌチュヌチ)

澪「何を?」

律「胸トリートメント!」

澪「そんなもの知るか!」

律「マジ…?胸でトリートメントすると洗われてる人も気持ち良いし洗ってるほうも楽しいって有名だぞ?」


澪「ど、どこで?」

律「だから!私のオッパイで澪のトリートメントをするの!」

澪「どうすればそんな異常行為思い付くんだ?」


律「異常じゃないって!憂ちゃんに教えてもらったんだから間違いない!」


澪「憂ちゃんに?なんで憂ちゃんがそんな猥褻なことしってるんだ!」


律「唯にしてあげてるって言ってたな」


澪「なんで姉妹でそんなことしてるんだあいつらは…」

律「まぁ~よくはわからないけどやってみよう!」

澪「えぇっ!?それは…」
律「嫌なの?澪もホントはしてほしいんでしょ」

澪「そ、それは…」

律「二人でいるときくらい素直になってよ…」(ウルウル)

澪「ドキッ…//」

律「澪はいつもホントのこと言わないから時々わからなくなるんだよぉ…」

澪「…」

澪「ごめん、律にしてほしいな…その…胸トリートメント?だっけ?」


律「澪…//」

澪「お願い」


律「じゃあ頑張ってやるね!」(ニュチヌチュヌチ)

澪「おぉ~!なんか初めての感覚…//でもこれホントにトリートメント出来てるの?」

律「ハッハッ…らいじょうぶれひょ…ハァッハァッ…んっ…」
(ヌチュヌチュ)

澪「なんか律へんじゃない?」


律「あんっ……へ、変じゃないし…んん…ハッハッ…」
(ヌチュヌチュ)


澪「なら良いけど…結構気持ち良いし」

律「ぅあっ……ハァハァ…ハァハァ…ハァ…」

澪「終わり?」

律「ふぅ…次はお体洗いましょうね~。タオルか身体どっちで洗ってほしいでちゅか~?」


澪「へ?身体『で』って?」


律「いや、胸トリートメントの要領で身体で身体を洗うの♪」

澪「…(エロッ!)」


澪「じゃ…じゃあ身体で…」

律「は~い♪全身に石鹸塗らなきゃ♪」(ヌリヌリ)

澪「うわっ!テカテカ光ってすごくエッチ…」

律「さぁ洗いましょうねまずは背中から~」(ヌルヌル…ピチャ…ニュチ…)

澪「ん…はぁ…なんか…気持ち良くなる…」

律「えいっえいっ!」(ニュチ…ヌルヌル…)


澪「律の胸…柔らかい…上下してるのがわかるよ…」


律「ていっ」(ギュッ…)

澪「うわっ!」

律「あ~あったかい…」

澪「うんあったかい…」

律「ねぇ澪?」

澪「なに律?」

律「もう私我慢しないで良い?」

澪「へ…?」

律「なんかさ…女の子同士~とかイロイロあるじゃん…」

澪「あ、あぁそういうことか…良いよ…律がしたいようにしてくれて…」


律「じゃあ遠慮なく…えい!」(モミッ)

澪「きゃっ…!」

律「うむむ…この手にあまる感じ…スバリ3cmアップだな?」


澪「なっ…大きくなんてなってないもん!」


律「はいはい嘘言わな~い♪」(モミモミ)

澪「は…んぅぅ…はぁん…ずるいぞ…」




最終更新:2010年03月12日 02:03