律「いやあぁ……どきどきしてきたぁ……」

澪「私だってドキドキしたわよ」

律「ほんとにぃ?」

澪「ホントよ。大好き、なんて言ったことないわよ人に」

律「ほんとにぃ?」

澪「律が初めて、だよ」


律「やったぁ、みおのはじめてげっとぉ!」

澪「なんか違う風に聞こえる……」

律「あ~いまえっちなことかんがえてただろぉ」

澪「考えてないわっ」シュッ

律「いたぁい」

律「えへへ、だいすきぃ」

澪「ありがと。わたしもよ?」

律「それってりょうおもいじゃん」

澪「そうね」

律「やったぁりょうおもいだぁ! かっぷるだぁ!」

澪「ほらっ、眠いんでしょ? 一緒に寝てあげるから寝ましょ?」

律「ねましょぉ」


かちんっ

律「まっくらぁ」

澪「ほらっ寝ましょ」


律「……くしゅん」

澪「あーもう、服着ろって言ったでしょ?」

律「めんどくさいのぉ」


律「ねぇ、ぎゅーってしてねようよぉ」

澪「寒いから?」

律「みおといっしょにいたいのぉ」

澪「はいはいっ」ぎゅうぅ

律「みお~、すきぃ」

澪「大好きじゃなかったの?」

律「あっ、まちがえたぁ」

律「みおだいすきぃ」ぎゅうぅぅぅ……



澪「……もう寝たかしら」

律「りっちゃんをなめるなぁ!」

澪「ま、まだ起きてたのかよ」

律「こどもじゃないんだぞぉ! ばかにするなぁ!」

澪「やれやれ……」


律「みお~」

澪「なぁに?」

律「おやすみのちゅー」

澪「!? な、なに言ってんだ!!」

律「ちゅーしてっていってるのぉ!」

澪「な……」

律「ちゅーしてくれないとりっちゃんねないんだから!」

澪「(ば、バカ律!! いくら酔っぱらってるからって!!)」

律「……」じー

澪「(み、見るなよぉ……)」

澪「――わ、分かったわ! するわよ! すればいいんでしょ!!」

律「ねぇはやくぅ」

澪「わ、分かったから……ん、んじゃ目を閉じて……?」

律「はぁい」ぎゅっ

澪「(ど、どこにすればいいんだ……)」

律「くち」

澪「ふぇっ!?」

律「おーくーちっ!」

澪「わ、分かったわよ……(よ、余裕ありすぎだろっ!!)」


澪「……んじゃするわよ」

律「はぁい」


ちゅっ

澪「し、したわよ! は、早く寝なさいっ!」ドキドキ

律「……いってくれなかった」

澪「な、なにを!?」

律「だいすきっていってくれなかった!!」うるうる

澪「!!」

律「だいすきっていってちゅーして」

澪「わ、わ……」

律「しーてっ!」

澪「わ、分かったわよ!!」

澪「(……もうこうなったら覚悟を決めるしかないわね)」

澪「分かった、目つぶって」すぅー……


澪「――やっぱりあんたはわがままね」

澪「でもね、あんたのそういうところも好き」

澪「あと、軽音部のみんなのこと、陰ながら見守ってるところも好き」

澪「がさつに見えて実は細かいところに気を配れるところも好き」


澪「律のあのパワフルなドラムが好き」

澪「曲が進むにつれて段々前のめりになってくるところも好き」

澪「ムギが持ってきたお菓子をほおばってる時の幸せそうな顔も好き」

澪「意外とナイーブなところも好き」

澪「他にも好きなところ一杯あるけれど」

澪「全てひっくるめて」


澪「私は律が大好き」

ちゅうぅぅぅ……


澪「――寝てやがる」

律「すぅ……すぅ……」

澪「……今でしか言えないような恥ずかしいセリフをたっくさん並べたっていうのに」

律「すぅ……すぅ……」

澪「……寝てやがる」

律「すぅ……すぅ……」

澪「……顔真っ赤にして損したな」

澪「バカ律。もう一生言ってやんないんだからっ」

澪「……何やってんだろ私」

澪「……寝よ」


澪「……すぅ……すぅ」


澪「むにゃむにゃ……このばかりつぅ……」

澪「すぅ……すぅ……」

律「すぅ……すぅ……」


むくっ

律「やっば……顔あつぅ……」

律「……あんなセリフ吐かれて」

律「……あんなキスされて」

律「……そのままさっきみたいな酔っぱらった真似出来るかよ」

律「……明日まともに顔なんか見れないだろ」

律「……やっべ、心臓うるさっ」


律「……でも、あんな風に私のこと思ってくれてたんだな」

律「……へへっ、うれしいな」

律「……澪」

律「……私も澪のこと大好きだよ」

律「……寝てる相手なのに恥ずかしっ」

律「……それなのに澪は真正面から大好きって言ったんだよな」

律「……恥ずかしがり屋でもなんでもないじゃんか」

律「……へへっ、澪、大好きだぞぉ」ちゅっ

律「……やっぱ恥ずかしいや」

律「……寝れそうにないけど、寝るか」

律「おやすみ、大好きだぞ澪」


律「すぅ……すぅ……」

澪「すぅ……すぅ……」



ちゅんちゅん

澪「律ー、朝だぞー」

律「ふぇ……あさぁ?」

澪「うわっ酒臭っ!」

律「……そっか、昨日お酒飲んだんだった」

澪「……それすら覚えてないのか……?」

律「ねむー……」

澪「ほらっ、早く帰れ」

律「ええぇ……まだ澪と一緒にいるぅ……」

澪「……まだ酒抜けてないのかよ」



澪「じゃあな」

律「ばいばーい。おじゃましましたー」


律「うわ、日差しきっつ……」

澪「ほら、早く帰れよ」

律「ねぇ澪」

澪「なんだ?」

律「昨日はありがと」


澪「あ、あぁ……」

律「澪にあんな風に想われてるなんて知りもしなかった」

澪「うん……ん? えっ!? お前聞いてたのか!?」

律「あったりまえじゃーん! 寝たふりだよーん」

澪「こ、このバカ律~!!」


律「というわけで」

澪「ひ、卑怯だぞっ!!」

律「まぁ過ぎたことだしなー。……澪」

澪「今度は何!!」

律「……私も澪の事大好きだから」ちゅっ


澪「~~~っ!!!」

律「んじゃね」

ガチャン

律「(やっぱハズいわ……)」

澪「(や、やられた……)」



とりあえずおしまい



最終更新:2010年03月12日 02:06