律「お、おい!変な声出すなよ!」///

澪「だって冷たかったからつい……」

澪「あ、あんまりマジマジと見るなよ……」///

律「ごめん、つい」///



律「じゃあ剃り始めるか。危ないからあんまり動くなよ?」

澪「うん……」


シャリシャリ   シャリシャリ


律「……」

澪「……」

澪(死ぬほどはずい……それに律に見られてると思うと変な気持になってきちゃうよぉ……)


律「……ここはこんなもんかな」サワサワ

澪「…ぁん」

律「ご、ごめん!痛かった?!」

澪「だ、大丈夫」

澪(律の指使いがやらしいせいで…うぅ変な声でちゃうよ……)


律「よし、おわったぞ、澪」

澪「うん……」

澪「っておい!全部剃ったのか?!」

律「え?駄目だったの?」

澪「いや、駄目じゃないけど……」

澪(丸見えじゃないか……うぅ……)///


律「痛いとこないか?澪」

律「ほんとだったら風呂入るか、蒸しタオルで少しならしとくべきだったけど……」

澪「ん~少しヒリヒリするかも。でも大丈夫だよ」

律「ほんと?!ごめん澪」

澪「べ、別に大丈夫だって。いたくない……ひゃう」

澪「お、おい!!何してるんだ!」///

律「何って……舐めたら少しは和らぐと思って……」


澪「おいもういいって……」

律「……」ペロペロ

澪「や、やめろって……ん……」

律「……」チロチロ

澪「ん……り・・・つ…」///

律「じゃあやめるか」

澪「あ………」


律「そのもの欲しそうな顔はどうしちゃったの?澪ちゃん」

澪「ばか!!」

律「澪がどうしてもっていうなら続けてもいいけど……?」

澪「うぅ……」


………

唯「せっかくだし夕食食べてきなよ、ムギちゃん」

紬「あら、ほんと?でもいいのかしら……」

ガチャ

憂「大丈夫ですよ、紬さん。お飲み物、紅茶ですけどどうぞ」

憂「夕食の方は少し多めにいつも作ってるので、紬さん一人くらいの分ならあるので食べてってください」

唯「そういうわけだよ、むぎちゃん」

紬「じゃあお言葉に甘えちゃおうかな」

唯「んー……ムギちゃん今日うち泊ってく?ご飯食べたらもう遅くなっちゃうし」

紬「いいの?」

唯「ムギちゃんなら大歓迎だよ!」

憂「そうですね、夜は色々危ないですし……」

紬「ありがとう、唯ちゃん、憂ちゃん」


唯「じゃあ私先風呂はいってきちゃうね」




憂「じゃあ私も夕食の準備があるので」

憂「紬さんは適当にくつろいでてください」

紬「……」


紬「ふふ……」ダキッ

憂「?!」

憂「ちょっと紬さんどうしたんですか?」///

紬「憂ちゃんも、唯ちゃんみたいに甘い匂いがするのね。それに温かくて気持ちいいわ」

憂「うぅ……」///


紬「憂ちゃん、ちゅーしていい?」

憂「え……?」

紬「……」ムチュウ

憂「!!!」



憂「っはあ、どうしてこんなことするんですか……」

紬「憂ちゃんみたいな可愛い女の子が好きだからよ」


憂「うぅ……女の子どうしてこんなことおかしいです……」

紬「あら、憂ちゃんの口からそんな言葉がでるなんて思わなかったわ」

紬「あんな純真な唯ちゃんをだましてやりたいほうだいやってるのに……ふふふ」

憂「……!!」



紬「憂ちゃんはいけない子ね」

紬「いけない子にはお仕置きが必要なの」

憂「うぅ……」



………

律「素直になったほうが気持よくなれるよ、みお」ナデナデ

律「ほら、「私にしてください」って。おねだりしなきゃ……」

澪「そんな恥ずかしい事言えるわけないだろ!!」

律「恥ずかしい?ほらここすごいエッチな匂いするよ……?」

澪「い、今触ったらダメ……ぁ…」

律「こんなに濡らしといて今更恥ずかしいなんて言わないよね?」


澪「……」



澪「キス……してよ……」

律「いいよ」チュ

澪「そうじゃなくて…口に…」

律「……うん」



チュ



律「可愛いよ、澪。愛してる」


澪「好きだ……りつぅ…」


澪「もっと…もっとキスして…」

律「しょうがないなぁ……」






澪「ずっと昔からこうなりたいって思ってたんだ……」


澪「続きして………ね…?」

律「……うん」




律(萌え死ぬかもわからんね)


………

紬「この挑発的なうなじ、堪らないわ」ペロペロ

憂「や…めてください……」

憂「今日体育で汗かいたから汚いです……」

紬「とってもいい匂いよ憂ちゃん。それにほら、体の方はだんだん順応してるみたいだけど?」

紬「言葉とは裏腹に抵抗が少なくなってるのはなんで?」

憂「うぅ……」


憂「駄目です!服捲らないでください……!」

紬「ちょっとおしゃべりがすぎるわよ?憂ちゃん」チュウ

憂「ん~っ!ん~~~」

憂(舌が口の中に!……全身がピリピリする…)


憂「はぁ……はぁ……」

紬「じゃあそろそろこっちも愛してあげなきゃ……体が可愛そうですものね」

紬「ふふ……こんなに充血させちゃって……触ってもらえることを期待してたんじゃないの?可愛い……」

憂「ちがい……ます…」

紬「あら、そんな顔でいっても説得力ないわよ?憂ちゃん」チロチロ

憂「ぁ…」

憂(おっぱい舐めてもらうのってこんなに気持ちいいんだ……もうおかしくなっちゃうよぉ)



………

澪「気持よかったよ、律」///

律「私も」




澪「もっとギュって抱きしめて」

律「うん」

澪「こんな私を受け入れくれて……ありがとう…」

律「……」

澪「私ね、一生一人で生きて行くって思ってたんだ。こんな意地っ張りな性格だしきっと結婚もできなかったと思う」

律「……」

澪「だから、今だけでもこうして律に愛して貰って私は満足だよ」

律「今だけだなんて寂しい事言うなよ」

律「澪は一生私が守るよ」ナデナデ

澪「律……」






律「本当は澪をけいおん部にさそったこと後悔してたんだ」

澪「……?」


律「中学までずっと、澪は私にべったりだっただろ?」

澪「うん……」

律「でも高校に入ってからはけいおん部で友達も増えて……」

律「ライブとかで表舞台にも出るようになって、みんなから人気も出てさ」

律「少しずつ私から離れていっちゃうような気がしたんだ」

澪「……」

律「気持ち悪いだろ?」

「私の方がずっと澪を知ってる。ずっと澪を好きだった」

律「こんな風に嫉妬ばかりしてたんだ」


律「……」

澪「嬉しい、りつがそんな風に思っててくれてたなんて……」

律「みお……」

澪「私が律を拒絶するわけなんてないだろ……?」

澪「あのときからずっと私は律のものだよ」



澪「ふふ、律はもう覚えてないかな。昔私が小学校の頃、よく泣き虫って男子にいじめられてた時あっただろ?」

律「……」

澪「そんなときよく律が男子たちを追っ払ってくれてさ。私にこう言ったことがあっただろ?」

~~~~~~~~~~

幼律「大丈夫?澪ちゃん。」

幼澪「うん…グスン」

幼律「ほんとあいつらは……。澪ちゃんは私が守ってあげるからね!」

幼澪「……うん!」

~~~~~~~~~~

澪「その時から、「あぁ、私はこの人に一生尽くさなきゃ」って、ずっと思ってた」

律「……」


澪「まぁ、今思えばあの男子たちのおかげで今の関係があるわけだし、ある意味感謝しなくちゃいけないのかもな」

澪「おかげで律と一緒に女子高行く決心もしたわけだし」

律「……」



律「覚えてるよ」

澪「!」

律「忘れるわけないだろ!」ナデナデ

澪「りつ……」



律「もう明日からその言葉遣いもやめていいんだよ?澪」

澪「……わかってたんだ」

律「そりゃわかるよ、私の可愛い澪だもん」ナデナデ

澪「……」///

律「男が近づかないように、遠ざけるように。女の子っぽくない言葉遣いをしてたことくらいわかるさ」

律「それに普段のふてくされたような顔も」

律「もうそういう風に周りを攻撃しなくても大丈夫。私がいるから」

澪「……うん」




澪「もっと、もっと強くだきしめて」

律「……」ギュ


律「でもさ、まったく中身は伴ってなかったよな。怖がりなところは相変わらずだし。可愛いものも大好き」

律「周りから見たらちょっとチグハグだったかもしれないな」

澪「うぅ……」



………

憂「…もっと……もっとしてください!」



紬「そんなに必死になっちゃって……まるで発情しちゃった子猫ね」

憂「焦らさないでください…」

紬「さっきから私の胸にちゅっちゅちゅっちゅして、そんなに気に入った?」

憂「紬さんのおっぱいおいひいです」

紬「素直で可愛いわ、憂ちゃん」ナデナデ




唯「ふー、いいお湯だった。やっぱさっぱりした後にご飯食べたいよね」

唯「うーいーお風呂上がったよ~」

唯「……」

唯「あれ?二階かな?」


唯「声が聞こえる、やっぱ二人とも二階にいるみたいだ」







憂「駄目です、私もう……」

紬「我慢しなくて大丈夫よ、憂ちゃん」


ガチャ

唯「うい~お風呂あがった……」


憂「紬さんもうだめぇっ!!」








唯「う……い……?」

憂「お、おねいちゃん……」





最終更新:2010年03月12日 02:17