律「私はどんなんだったんだ?」

紬「激しかったわ…」

梓「変なこと言わないでください!」

澪「まあほっといても大丈夫だろ?私たちは帰ろう」


唯「ねえ和ちゃん」

和「なに?」

唯「手つないでいい?」

和「は?」

唯「ねえいいでしょいいでしょ?久しぶりに」

和「わ、わかったわよ…」

唯「えへへ~あったかいね~」

和「ちょ、ちょっと恥ずかし…」

唯「えーそうかなー?」

和「もう…高校生なんだから…」

唯「でもあったかいよ~」

和(もう…調子狂うわね…悪くはないけど…)


唯「和ちゃん、たまには夕飯食べに来ない?」

和「でもそんな…」

唯「いいでしょ?憂も喜ぶよ!」

和「まあ…最近行ってなかったし…別にいいけど…」

唯「わーい♪今日は夕飯なにかな?」

和(たまには…いっか…)

和「ごめんなさいね憂ちゃん…」

憂「いえいいんですよ!昨日の今日なので…」

和「昨日?」

唯「このポークステーおいしいよ!和ちゃんも食べなよ!」

和「あ、ありがとう…」

憂「後で紬さんにはお話しとかなきゃ…」


唯「それじゃ和ちゃん!また明日ね!」

和「うん…また明日」

和(はぁ…なんか久しぶりな感じね…最近唯は軽音部のことばかりだったし…)

唯「あ!和ちゃん!」

和「な、なに?」

唯「明日一緒に学校行こうね!」

和「…うん」


唯「おっはよー和ちゃん!」

和「おはよう…」(まだ薬の効き目残ってるのかしら?)

唯「今日は一緒にお昼食べよ?」

和「いいわよ?久しぶりにお弁当分けてあげるわ」

唯「わーいありがと!澪ちゃんも一緒でいいよね!」

和「え…」


唯「どしたの?」

和「ううん、別に…」

律「おーい唯!和!おいっすー!」

唯「りっちゃんおいっすー!」

和(唯だって軽音部のみんながいるんだし…二人きりなわけないわよね…私ったら変なの)



昼休み

澪「ところで昨日はどうだった?唯」

和「なんかあまり変わらなかったわね…まあでも」

唯「おーい和ちゃん!」

和「あ、来た…」

律「私らもいいか?」

紬「りっちゃん…空気を…」

和「…うん」

唯「それで和ちゃんにお願いしたんだよねー」

律「お前昔から変わんないなあ!」

澪「和も大変だっただろ?」

和「そうね…」

紬「和ちゃん?」

律「まあ唯は私たちが面倒見るから任せとけ!」

澪「あれ?そういえば薬の効き目もう切れたんじゃ?」

唯「ん?薬?」

紬「ちょっとみんな…」

和「…じゃあもう私はいいわよね唯」

唯「え?」

和「私これから次の時間の準備あるから…じゃ」

澪「え、次は教室で数学じゃ?」
唯「和ちゃん?」


唯「和ちゃ~ん」

和「…なによ」

唯「今日、音楽室で一緒にお菓子食べようよ!」

和「…もう薬の効き目切れたんじゃないの?」

唯「薬?なんのこと?」

和「いいわよもう…みんなの邪魔しちゃ悪いしお断りしとくわ」

唯「え~おいでよ!」

和「いいってば!」

唯「え…」

和「もういいから…」

唯「和ちゃん…わかったよ、ごめんね?でもよかったら来てね?」

和「……」

和(私…最低だ…)


律「なんで出ていったんだろうな和」

澪「律がうるさかったからじゃないのか?」

紬「鈍感ねえ…」

梓「ところで唯先輩、薬は?」

唯「……」

梓「先輩?」

唯「ふえ?」

澪「どうした?ぼーっとして」

唯「ううん?薬は一口くらいしか飲んでないからもう切れたんじゃないかなあ」

律「え?じゃあ…」


澪「じゃああとの中身はどうしたんだ?」

唯「さわちゃんが飲んでたよ?」

梓「道理で今日学校休んでるわけですね…」

紬「それはいいとして…唯ちゃん、和ちゃん呼んできたら?」

唯「でも…和ちゃん用事あるみたいだし…」

澪「いいから行け!」

唯「は、はい!」


和「じゃあ今日はこれで…」

会長「あ、真鍋さん、これからみんなでハンバーガー食べに行くんだけど…どう?」

和「あ…はい、行きます」

ドッターン!

会長「なんの音?」

和「ゆ、唯!大丈夫?」

唯「うう…」

唯「の、和ちゃん…お菓子、食べない?」

和「ていうか、鼻血出てる…」ゴシゴシ

唯「あ…ごべん」

和「…会長、すみません、今日は友達と約束が…」

会長「そう…わかったわ」

唯「和ちゃん…いいの?」

和「うん…」


唯「和ちゃん連れてきたよー」

和「…どうも」

律「あー…今日は悪かったな」

和「いいのよ、私が…」

澪「私が?」

和「…なんでもない」(みんなに妬いてたとか言えない…)

紬「さあ、ケーキ食べましょう?」

唯「わーい!」

梓「きゃあ!先輩鼻血が!」

唯「うえ…」

和「もう…ティッシュ詰めときなさい」ギュウギュウ

唯「ふが…ありがどう和ぢゃん」

律「やっぱり唯の面倒は和が一番手慣れてるな…」

澪「まあこれで一件落着…」

バン
会長「部長の田井中さん!」

律「は、はい!」


澪「お前また書類を?」

律「い、いやそんなはずは…」

和「どうかしたんですか?」

会長「実は今山中先生が警察署にいるらしいんだけど…」

唯「さ、さわちゃんが!?」

梓「つ、ついに警察のご厄介に…もう軽音部は終わりです…」

会長「そうじゃなくて…道で倒れてた所を保護されてて…
軽音部員に迎えに来て欲しいんだって」

律「なんだよもう…どうせ酒に酔ってたんだろうなあ」

澪「多分…ムギの薬だろうな…」

紬「と、とにかく行ってみましょう!」

唯「和ちゃん、明日一緒に帰ろうね!」

和「うん…ていうか先生大丈夫かしら…」


律「せんせー…」

さわ子「……」

唯「大丈夫ですかあ?」

さわ子「……」

紬「お菓子食べます?」

さわ子「いただきます!」

澪「食べ物には釣られるのか…」
さわ子「澪ちゃん…」

澪「は、はい?」


さわ子「相変わらず…えっちいバディしてるわねえ…」

澪「ちょ、ちょっと…先生?」

さわ子「揉ませなさあい!ちくしょおおおお!」

澪「きっ…きゃああああああああああ!」

紬「す、すごい…」

唯「さわちゃん、泣きながら揉んでるよ…」

律「まんま野獣だな…」

梓「見てないで止めてください!澪せんぱーい!」


澪「グスン…それで、何があったんですか?」

さわ子「昨日、唯ちゃんが持ってた飲み物を飲んでしばらくしたら妙にムラムラきちゃって…」

律「ムラムラって…」

さわ子「それで、ちょっと…無性に美男子を見たくなって…気付いたらホストに…」

紬「あらあら…」

さわ子「ホストで…XXX触ろうとしたり、XXしようとしたら追い出され…
そのまま気付いたら警察にいたのよ」

唯「澪ちゃん、XXXってなあに?」

澪「………」


律「要するに、惚れ薬飲みすぎて変態になったってことか」

さわ子「へ、変態とは何よ?だいたい何なのあの飲み物!今もなんか変な感じだし!」

澪「と、とりあえずいいじゃないですか無事だったんだし」

さわ子「まあ…ていうか学校無断欠勤しちゃったわ…なんて言い訳しようかしら」

紬「まあまあまあまあまあまあ、今日はみんなでハンバーガーでも食べに行きましょ?」

律「そうだなーじゃあ行くか!」

さわ子「ちくしょおおおお!」

梓「怖い…」

唯「ねえねえ澪ちゃんXXXってなあに?」

澪「………」


紬「あ、もしもし…ええ、実験は成功です!ただ…飲みすぎはいけないみたいです」



終わり



最終更新:2010年03月13日 02:17