唯「なあに?」

梓「先輩は…」


憂「お姉ちゃーん!」

梓「っ…」

唯「あ、憂!どしたの?」

憂「純ちゃんと出掛けてた帰りなの!…梓ちゃんこんにちわ!」

梓「う…うん、こんにちわ」

唯「あり?何か買ったの?」

憂「うん!これ!」

梓「それって…」

唯「ストラップ?私たちのと色違いだねえ」

憂「おそろいにしようと思ったんだけど…被っちゃったんだね…」

梓「……」


唯「どーしよっか…あ、そういえばあずにゃん、さっき何か言おうとしてなかった?」

梓「あ…もういいんです…ええと、私…先に帰ります!今日はありがとうございました!」

唯「あずにゃん?もう帰っちゃうの?」

憂「じゃあね梓ちゃん!また明日!」

唯「あずにゃん…?」


憂「お姉ちゃん、今日は楽しかったの?」

唯「うん…」

憂「今度私たちも二人で映画見に行こうか?」

唯「うん…」

憂「今日はご飯何にする?お姉ちゃんの好きなものでいいよ?」

唯「…ごめん憂、私あずにゃんにストラップ渡してくる!あとご飯はカレーね!」


憂「…お姉ちゃんのばか」



梓(私…なに舞い上がってたんだろ…バカみたい…)

唯「あーずにゃーん!」

梓「先輩…どうしたんですか?」

唯「これ!渡すの忘れてたよ!」

梓「…憂の付ければいいじゃないですか」

唯「だーめ!あずにゃんとおそろいって決めたんだから、これは二人で付けるの!」

梓「…先輩は」

唯「ふえ?」

梓「先輩は、私のこと、どう思ってるんですか?」

唯「どうって…もちろん大好きだよ?」

梓「分かりました…また明日」

唯「うん!またね!」

梓(大好きか…私…どうすればいいんだろ…)



月曜日
梓(はぁ…結局昨日は一睡もできなかったなあ…)

紬「それで昨日はどうだったの?」

梓「きゃああ!?だから急に出てこないでください!」

紬「いいからいいから♪
唯ちゃんとは上手くいった?」

梓「まあ…楽しかったですけど…なんていうか…」

紬「梓ちゃん?しっかり言いたいことは言わないと後悔しちゃうわよ?」

梓「わかって…ますけど…」


ガチャ
律「今日のお菓子はなにかしら唯さん!」

唯「今日はシュークリームの予感がするわ律さん!」

澪「おまえらいい加減にしろよ…」

梓「唯先輩…」

紬「…澪ちゃんりっちゃん、私たち3人で職員室に呼ばれてたわよ?」

澪「え?そんな話聞いてないぞ?」

律「なんで唯と梓は呼ばれないんだよーぶーぶー」

紬「いいからいいから♪…梓ちゃん、頑張ってね?」

梓「え、あ、はい…」

唯「…また二人っきりになっちゃったねえ」

梓「あ、はい…」

梓(言わなきゃ…唯先輩にホントの気持ち…自分に正直にならなきゃ…)

唯「あ、そうだ!ストラップのことだけど」

梓「え…」

唯「じゃーん!憂のとあずにゃんの、両方つけたんだ!」

梓「プッ…それ、すごい持ちにくくありません?」

唯「うぅ…確かに…」

梓(やっぱり唯先輩は、いつでも唯先輩なんだな…そこがいいところなんだ)

梓「…あの、先輩に伝えたいことがあるんです」

唯「ん?なあに?」

梓「私、唯先輩のこと…大好きです」


梓(い、言っちゃった…)

唯「ありがと!私もあずにゃんのこと大好きだよ?」

梓「え?いや、そういうことじゃなくて…私が言ってる大好きっていうのはもっと…」

唯「大好きは大好きでしょ?」

梓「あー、ええと、ずっと一緒にいたいっていうか…もっと深い意味っていうか…その…」

唯「あずにゃん…そんなに私のことを…ありがとお!」ギュッ

梓「うぅ…」

梓(このままで…いいの…?ダメに決まってる!だったら…)

唯「あずにゃーん、かわゆいよう~」

梓「先輩!」

チュッ

唯「ん…!」

梓(キス…するしか…!)

唯「へ?あ、あずにゃん?な、な…?」

梓「これが私の気持ちです…本気なんです!」

唯「あずにゃん…」

梓「私、先輩と一緒にいると、すごく楽しいんです!ずっと一緒にいたいんです!
だけど…その笑顔を他の人に向けられるのは、やっぱり耐えられなくて…だから、だから…」

唯「わかったよ、あずにゃん」

梓「え…」

唯「私、今まであずにゃんの気持ちに気づいてなかったよ…でもやっとわかった…」

梓「先輩…」




おい聞こえないぞ!
ちょ、押すなバカ!
もっと…もっと先に進まなきゃ梓ちゃん!
お姉ちゃん…
梓ちゃん意外に大胆ねえ…


唯「ん?なんか廊下が騒がしいねえ」

梓「は!まさか…」


唯「みんななにしてんのー?」ガチャ

律「ゆ、唯!これはだな澪が」

澪「わ、私はただ歌詞の参考に」

紬「唯ちゃん構わないで続きを」

憂「……」

さわ子「若いっていいわねー」


唯「憂にさわちゃんまで!」

梓「な、なんで皆いるんですかあ…」

梓(せっかくいいところだったのに…台無し…)

律「しかし、キスまでするとは…」

澪「けっこう…いいかも」

律「は?」

紬「そ、それで唯ちゃん、なんて言おうとしてたの?」

憂「お姉ちゃん…まさか…」

唯「うん、皆にも聞いてもらいたいんだけどね?」

梓(唯先輩…?)


唯「あずにゃんは、私に求めてたんだよね…もっと構ってほしいって!」

梓「え?ま、まあ…」

唯「だから私、あずにゃんと今までよりさらに仲良くします!
だから皆とはちょっとだけ距離が空いちゃうかも…」

律「…それは、ええと」

紬「お付き合いするってこと?」

唯「うーん、お付き合いっていうか…二人で一緒にお菓子食べたり遊びに行ったり…」

澪「それって付き合うっていうのか?」

梓(先輩…やっぱりわかってない…)


さわ子「でも唯ちゃん、あんたたちはキスまでしちゃったのよ?それがどういうことか分かる?」

唯「えへへ~仲良しの証拠だよね~」

さわ子「ダメだわこの子…」

紬「でも唯ちゃん…」

梓「もういいんですムギ先輩、私、本当の気持ち伝えられたし」

紬「梓ちゃん…」

梓「それに私、多少意味は違うけど唯先輩にわかってもらえたし、それでいいんです」

紬「まあ、梓ちゃんがいいなら…」

梓「それにあきらめたわけじゃないですし!」

憂「なにを?」

梓「う、憂…」


憂「梓ちゃんてお姉ちゃんのこと…そんな風に思ってたんだ…」

梓「あ、ええと…」

憂「私より先にキスするなんて…負けないから」

梓「え?ど、どういうこと?」

紬「あらあらまあまあ♪」

唯「あずにゃーん!皆でケーキ食べ行こう!私がおごってあげるから!」

梓「あ…はい!」

梓(まあいいか…唯先輩と一緒にいられるなら)


END



最終更新:2010年03月13日 03:48