平沢家
憂「お姉ちゃん、さみしいよ…」
 「今頃皆と仲良く話してるのかな…私のお姉ちゃんなのに…」グスッ



合宿最終日

律「あーもう合宿終わりかあ。一瞬だったなあ」
澪「でもかなり練習できたしいいんじゃないか?
  みんなの仲も一層深まったしな!」
紬「ほんとに楽しかったわ~」

唯「う、うん。」
澪「なんか唯少しやつれたか?練習きつかった?」
律「そう言われれば…まさか徹夜で歯ギターの練習でもしてたのか?!」
唯「ち、違うよ~。また合宿したいね!」
紬「そうね!」

唯(なんか大事なものを失ったような気分だよ…)



平沢家

憂「お姉ちゃん合宿どうだった?練習できた?」
唯「う、うん。新しい曲覚えたし、楽しかったよ」

憂「お姉ちゃんなんか元気ない…もしかして何かあった?」
唯「・・・憂にはごまかせないね」
 「今まで私の秘密、家族と和ちゃん以外に教えてなかったでしょ?」
憂「うん」(あんなくそメガネに教えなくても良かったのに・・・)


唯「でも合宿でムギちゃんに、ね・・・」
憂「うん」
唯「偶然・・・知られちゃって…」
憂「うん…」(偶然・・・?ほんとに?)
唯「それで、それでね…グスッ」ポロポロ

憂「何かされたの?!!」

唯「べ、別に無理やりされた訳じゃなくて・・・」
憂「無理やりじゃなくても何かされたってこと?!」
唯「あ、いや、その…グスッ」
憂「お姉ちゃん、正直に言って。私たち家族だよ?
  何か辛いことがあったなら助けるから!!」

唯「憂・・・あのね、温泉で紬ちゃんと二人きりになった時にね…
  その、あれが私に付いてることがばれちゃって、
  いや、最初からわかってたみたいだったんだけど…」
憂「…」
唯「それで、他の人にはばらさないから・・・って…しろって」
憂「…」
唯「紬ちゃんはニコニコしてて怖くて…」
 「えっちしちゃった…」

憂「!!!!!!」


憂「なにそれ!脅されて無理やりえっちさせられたってことじゃない!!!」
唯「そ、そんな言い方は・・・」
憂「だってそうだよ!!許せない!許せない!!許せない!!!
  紬さんは別にお姉ちゃんのことが好きだったんじゃないよ!
  お姉ちゃんの体を珍しがって遊んだだけだよ!!
  お姉ちゃんを脅すなんて最低だよ!お姉ちゃんの気持ちなんて考えてないんだ!!!」
唯「憂、落ち着いて・・・!」
憂「なんで?!絶対許せないよ!!そんな奴かばわなくてもいいよ!
  お姉ちゃんのこと1番好きなのは私なんだよ?!  
  合宿なんて行かないで私と一緒にいれば良かったのに!!!」
唯「・・・ま、待って」
憂「他の奴らなんてお姉ちゃんの悩みを分かってあげられないんだよ!
  どうせ最初は珍しがって後は差別するにきまってるよ!
  私だけがお姉ちゃんのこと理解できるの!!!
  お父さんもお母さんもほんとは分かってないんだよ!!
  私だけが本当に心から愛せるの!!」
唯「で、でも和ちゃんは・・・」

憂「あの女だってお姉ちゃんのことほんとに好きじゃないよ!!!」
唯「!」

憂「あいつは冴えなくて恋人ができないからって、お姉ちゃんに依存してるだけだよ!
  だからお姉ちゃんが呼んだ時は来ないで、自分がさびしい時だけ来るんだよ!!」
唯「の、和ちゃんは生徒会あるから・・・」
憂「生徒会?!そんなのどうだっていいよ!!
  お姉ちゃんのこと好きならいつだって一番優先するはずだよ!!
  私はいつでもお姉ちゃんのこと一番に考えてる!!
  絶対片時も離れないで愛し続けるもん!」
唯「う、憂?」

憂「ねえお姉ちゃんもうどこにも行かないでよ
  他の人になんか構わなくてもいいよ!!!
  私が一番お姉ちゃんのこと好きなんだから、お姉ちゃんも私のことだけ
  好きでいてくれれば幸せでいれるんだよ!!!」
唯「…」

憂「お姉ちゃんはもう何も辛いことしなくてもいいんだよ?
  ご飯も服も散歩もお風呂もトイレも呼吸も気持ちいいことも
  全部全部私がやってあげるから!!!
  一歩も動かなくても世界で1番幸せにするから!!
  ね?ね?」


唯「憂おかしいよ、私は自分で生きていけるよ
  それに私たち姉妹だよ?!そんな愛してるとか…」
憂「姉妹だからだよ!私が今まで一番長く、お姉ちゃんのこと好きだったよ!
  私と二人だけの何が嫌なの?!
  わかった!軽音部のやつらがお姉ちゃんをたぶらかしているんでしょ?!
  許せない!!あんな奴らいなくなればいいんだ!!」
ガチャガチャ
唯「憂!!包丁なんて持ってどうするの?!落ち着いて!!!」

ガバッ
憂「離してお姉ちゃん!!大丈夫だよ、邪魔者がいなくなればずっと一緒に
  いられるからね!!」
唯「憂!!落ち着いて!!!」

ガァーーーーン
憂「ぅあ!!」ドタッ

唯「レスポールで殴っちゃった・・・」



平沢家 深夜

憂「あ、あれ・・・私何を…」
唯「憂ー!よかった起きたんだね!!もう救急車呼ぼうかと思って・・・グスッ」
憂「そうだ私…!!お姉ちゃんごめんなさい!!!
  怪我しなかった?!ギター壊れなかった?!」
唯「私は大丈夫だから・・・それよりも憂が大丈夫・・・?」

憂「う、うぅ…お姉ちゃんごめんなさいごめんなさい・・・
  お姉ちゃんにもお姉ちゃんの友達にも酷いこと言っちゃったグスッ」
 「ごめんねごめんね、こんな妹気持ち悪いよね、ごめんなさいごめんなさい・・・」

唯「…だ、大丈夫だよ。ちょっとショック受けちゃったんだよね。
  お姉ちゃん無神経だったよね」
憂「そんなお姉ちゃんは悪くないよ、全部私が…」
 (違う!あの紬ってやつが悪いんだ!絶対許さない
  お姉ちゃんをあんな暗い顔にした奴のことを許すわけにはいかない…!)
 「皆お姉ちゃんの友達だもん、絶対に怪我させたりしないから。
  さっきはちょっと取り乱しちゃっただけ。もう落ち着いたよ」

唯「みんないい人ばっかりだから。
  紬ちゃんだって話せばちゃんと元通りになれると思ってるんだ」ニコッ

憂(お姉ちゃん私なんかにも笑いかけてくれる・・・天使見たいだ…!」


憂「お姉ちゃん、今日一緒に寝てくれない?
  お姉ちゃんがいなくなると不安なんだ…」
唯「うん、いいよ。私も色々あって疲れちゃったから・・・
  独りで寝るの嫌だったんだ」

唯(一体これからどうすればいいんだろう。とりあえず憂は私が辛そうに
  していると何をするか分からないよね。がんばらんきゃ…
  そしてムギちゃんと仲直りして・・・でもどうすればいいんだろう…
  でも私が我慢してえっちしすれば皆上手く・・・いくのか…な…zzz)

憂(今日はお姉ちゃんを独占できる・・・でもそれだけじゃダメだ
  あの腐ったタクアンをどうにかして、馴れ馴れしいメガネを追っ払って
  そして私の愛に応えてもらうんだ…その為には・・・(以下朝まで思考))




部活中

澪「うーん?」
律「どうした?」
澪「なんか唯のギターがいつもと違う気がするんだよなあ
  前までは技術はともかく楽しそうに弾いてる感じで聴いてて楽しかったんだけど」
唯「そ、そうかな?!ちょっと最近技術に走りすぎてるのかも・・・ハハ、ハハハ」
紬「もしかして悩みでもあるの?」
唯「そんなことないよ!テストも切り抜けたし!」

唯(ムギちゃんはいつも通りだなあ…そこが逆に怖いや・・・」



律「さぁー今日はそろそろ帰ろう!」
澪「今日は結構息合ってたな。この調子で頑張ろう」
唯「うん!!」

紬「ゆいちゃんポソッ」
唯「! な、何?ムギちゃん」


紬「今日唯ちゃんの家にお邪魔してもいいかしら?」
唯「えーっと、今日はちょっと…」
紬「ニコッ」
唯「だ、大丈夫!遊びに来て!」
紬「ありがとう」


平沢家

唯「ただいまー」
憂「お姉ちゃんおかえ・・・お客さんいるんだ。」
紬「こんにちわ、憂ちゃん」
憂「どうぞ、紬さん上がってください。後でお菓子とお茶持っていきますね」
唯「あ、私たちお腹一杯だから別にいいよー」
憂「そう・・・」


しばらくして
憂(かすかに聞こえる振動、声・・・えっちしてるのか…)
 (許せない許せない許せない許せない許せない許せない
  畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生畜生)


憂(ちょっとだけ、ちょっとだけ覗こう・・・
  タクアンがお姉ちゃんにどんな酷いことしてるのか確かめるんだ)


唯「あっ、あっ、ムギちゃん・・・お願いだからイかせて下さい・・・」
紬「まだ駄目。こうやってぎりぎりでじらされるのが好きなんだもんね?」
唯「お願い、早く、おかしくなりそうだよぉ…」


憂(なんで?!脅されて無理やりやってるんじゃなかったの?!
  なんで、なんであんなに気持ちよさそうなの・・・?悔しい…)


憂(ねえ、お姉ちゃん、なんでそんな顔するの?!
  無理やりやらされてると思ってたのに…
  くやしい…あのタクアンにおかしくされたんだ…!
  なんとかして取り戻したいよ
  つめを噛む憂
  手も足も出せないよ…今出てくわけにいかないし…ああ
  きたないよお・・・あんな女にお姉ちゃんの綺麗なモノを挿入るなんて
  たすけてあげたい・・・!)


紬「じゃあお邪魔しましたー」
 「憂ちゃん、今度は憂ちゃんの分のケーキもってくるからね」ニコ
憂「ありがとうございます。またいつでも来てくださいね!」ニコ
紬「ニコッ」
憂「ニコッ」
ガチャッバタン…

唯(・・・げっそり)

憂「お姉ちゃん、何か食べる?」
唯「…うん…お願い」
憂「スッポンの血のソーセージがあるから、それとサラダ作るね!」
 「すぐできるからリビングで待ってて!」

唯「なんかこのソーセージすごい味がするね…」
憂「外国じゃけっこうよくあるみたいだよ」
 (最近お姉ちゃん少し痩せたな…。全部あいつが悪いんだ…)

憂「…ねえお姉ちゃん、今度あの人呼ぶなら連絡して御もてなしに何か作るから」
唯「うん、わかった。」
 (最近憂おとなしいな。このまま何事もなければいいな・・・)


数日後

憂「あ、お姉ちゃんからメールだ」
 「今日タクアンが来るのか…」
 「お姉ちゃん待っててね、もう少しで自由にしてあげるから・・・!」


唯「ただいまー!あ、なんか甘い匂いがするよぉ」
紬「お邪魔しまーす」
憂「お姉ちゃーん、ちょっとキッチンに来てー」
唯「はーい。ムギちゃん、先に二階行ってて」

唯「あーマドレーヌ作ったんだーおいしそぉ」
憂「そうだよー、ちょっと味見して」
唯「わーい。いただきまーすパクッ」



唯の部屋

唯「憂がお菓子作ってたー」
紬「やっぱりできた妹さんね。あれ、でも私の分は無いのかな…?」
唯「お菓子なんて後でいいよー今すぐしようよー」
紬「ふふっ、今日は積極的なのね」

唯「今日は私が上がいいなー」
ガバッ
紬「きゃっ、もうなんでそんなに急いでるの?」
唯「うーん、もう我慢できないんだー」

紬「唯・・・?」

唯「そのタクアンみたいな眉毛が嫌いお嬢様のくせに話し方は普通っぽい
  のが嫌いちょっと天然で変態というキャラが知世ちゃんとかぶってる
  のが嫌いロングの髪をでかいお団子にしてるのが嫌いタクアンに必ず
  黄色の着色料が入ってるのが嫌い嫌い嫌い嫌い嫌い・・・」



唯「お姉ちゃんとえっちしてるのが嫌いっっっっ!!!!」
ダンッ
紬「……!!!!ナ、ナイフ」


憂「髪を下ろしただけですぐ分からなくなるんですね
  やっぱりお姉ちゃんのことほんとに好きな訳じゃないんですよ」
紬「う、憂ちゃん…」

憂「あなたがお姉ちゃんにしたことは全部知ってます
  お姉ちゃんはあなたみたいな汚い女(タクアン)とかかわり合うような
  人じゃないんです!!!世界で一番可愛くて神聖なの!!!」
ギチギチ
紬「や、やめて!刃が首にあたってる!」

憂「怖いの?痛いの?でもお姉ちゃんの心はもっと痛かったんだよ?」
紬「そ、そんなことないわ!唯ちゃんも楽しんでた!」
憂「楽しんでた?脅して無理やりお姉ちゃんの貞操奪ったくせに何言ってるんだよぉ!!」


紬(この子頭おかしい…!刃物持ち出してくるなんて)
 「待って、話し合えば分かるわ…!私実は前から唯ちゃんが好きだったの
  つい弱みを握ったと思ってつけ込んじゃったの…!
  ほんとに悪いことしたと思ってる!!唯ちゃんにもちゃんと謝るわ!!!」

憂「前からお姉ちゃんが好きだった?!笑わせないで!!
  私はお姉ちゃんが好きだったから受精したの!お前とは年季が違うの!!!」
紬(だめだ、この子言ってることがむちゃくちゃだ…)


憂「さあどうされたい?半月切りにしてやろうか?」
紬(どうしよう…ほんとに殺されちゃうかも)ガクガク


唯「憂!!待って!!」
憂「お姉ちゃん!あの量の睡眠薬を食べて起きてられるはずないのに…!」
紬「唯ちゃん助けて!!殺されちゃうわ!!!」

唯「毎日スッポンの血を食事に混ぜられてたせいで肝臓が強化されてたみたい
  えへへ、まさに天狗が如くって感じ?」
憂「うそ…」 

唯「あのね、憂。ムギちゃんは大事な友達なんだ。
  今までこの体のせいでなんのやる気も出せなかった私が、軽音部で頑張り
  始めてできた友達なんだもん。」
憂「でも、でもこの人はお姉ちゃんに酷いことしたよ!!」
唯「そうかもしれないけど、でもそういう感情って人間なら誰でも持ってるんじゃないかな自分の幸せや満足のために他人に酷いことしちゃうってこと。」
憂「…」
唯「もちろん自分の幸せのために他人も幸せにできたら一番良いよ?
  でも中々そういう風に行かないことの方が多いんだよ」
憂「…グスッでも、でもグスッ…」


紬(ずっと首に刃があたって脂汗が止まらないんだけど…)



唯宅

唯「ねえムギちゃん、私、この身体のこと皆に言おうと思ってるの」
 「もしかしたらもう友達じゃなくなっちゃうかもしれないけど、
  本当に大切な友達同士だから知って欲しいんだ」
紬「そ、そんな二人とも引くに決まってるわ!そんなの普通じゃないもの!」
憂「お姉ちゃんの悪口を…!」
唯「憂待って!!でもムギちゃんは引かなかったよ。方法は間違ってたけど、
  私に優しくしてくれた…今まで和ちゃん以外に話そうなんて思ってもいなかったから…
  ほんとは少し嬉しかったんだよ」

紬「唯ちゃん…ごめん、私…」
唯「いいよ、友達だもん。ほら、憂もそんな危ないものしまって」
憂「…うん」


唯「今日は3人で寝ようか~」
紬・憂「えっ!?」
唯「何かこれから二人にも言っちゃうんだと思ったら
  急に気が楽になってきちゃったよ~えへへ」

憂「お姉ちゃんはほんとにもう…」
 (やっぱり可愛いよ。お姉ちゃんほんとに天使なんじゃないかな)
 「あのムギさん、ほんとにごめんなさい。少しだけ本気でした。
  髪けっこう切っちゃいました…」
紬「大丈夫、パッと見は分からないから。私も唯ちゃんと憂ちゃんには
  ひどいことしちゃった…グスッ…ごめんなさい…」

唯「二人とも~もう疲れたよ~早く寝よう~」
バフッ
唯「ふ~。明日澪ちゃんと律ちゃんに言いに行くから、憂も来てほしいな
  部活の時間なら大丈夫でしょ?」
憂「うん!お姉ちゃんのこと理解してもらえるように私も話すよ!!」
紬「わ、私も手伝う!」




次の日 部室

律「あれ~できた妹ちゃんじゃん!どうしたの?」
憂「あの、今日お姉ちゃんから大事な話があるからその付き添いで…」
澪「何だ唯。まさか部活をやめるとか言うんじゃ…!」
唯「ち、違うよ!」
 (でももしかたらもう部活にいれなくなるかも…いざ言うとなると
  緊張しちゃうよ…)

唯「あのね、二人とも!私今まで隠してたことがあるの!」
紬・憂(ドキドキ)
澪「なんだ、改まって。私たちの仲だろ。」
律「どーんと来い!どんな秘密でも受け入れるぞ!」


唯「あのね、あのね…」




唯「私女の子だけどオチンチンついてるの!!!!!」


律・澪「・・・・・」

唯(やっぱり驚いてるよぉ…当たり前だよね…何か、何か言わないと)

憂「あの、お姉ちゃんは生まれつきそういう体で!でも基本は女の子なんです!
  だからだから今まで通り…!」
 (だめだ、二人固まってるよお)
紬「わ、私見せてもらったけど全然普通だったわ!今まで通り仲良くできると思う!」
 (す、凄い顔してる…やっぱり駄目なの…?!)





律「あ、そ、それならこいつにも…」
澪「わ、私にも…」
律・澪「付いてる」


唯(よ、予想外だよお~どどどどうしよう?!ってか澪ちゃんの私のより大きい?!)

紬(あると思いますあると思いますあると思いますあると…)

憂(お、お姉ちゃん以外の初めて見ちゃった!なんかドキドキするよお)

律(澪以外にこんな体の奴いるなんて…しかもこんな身近に…!)

澪(唯も仲間だったんだ…!どうしよう、今すぐ確かめあいたい!!)

和(最近唯としてないなあ。そろそろ私たち次のステップ行っても良いと思うのよね…)

さわ子(めっちゃ入り辛い…。女の子のちんぽなんて変則的な奴じゃなくて
    男のが欲しいんだけど)




                 第一部完




おまけ


澪宅

律「何か最近ムギよく唯の家行ってるよなあ、何してんだろ」
澪「さあ。天然どうしウマが合うんじゃないか?」
 「あ、っていうかやば…っ!」
ドピュッドピュピュッ
律「ぎゃーー信じられない、またでこにかけやがった!!
  出る時ちゃんと言えって言ってるだろうが!!」
澪「ご、ごめん。でも律のつるつるのおでこ見ると何か我慢できなくてさ…」
律「もー顔洗ってくるー気持ち悪いー」
澪「そんな必要ないだろ? ペロッペロペロ」
律「ば、馬鹿、くすぐってーよ」
澪「ふふ、律可愛いよ」




最終更新:2010年03月13日 05:02