カチューシャ「・・・」

唯「大変だあ」

唯「りっちゃーん」

カチューシャ「・・・」

唯「おーい」

カチューシャ「・・・」

唯「返事がない」

カチューシャ「・・・」

ドア「ガチャ」

梓「こんにちはー」

唯「あ、あずにゃーん!」

梓「どうしたんですか?」

唯「りっちゃんがカチューシャになっちゃたんだよ」

梓「本当ですか。それは大変ですね」

カチューシャ「・・・」

梓「律先輩?」

カチューシャ「・・・」

唯「全然返事してくれないんだよ」

梓「カチューシャには口がついてませんから」

唯「あ、そうか。あずにゃん頭いい!」

梓「褒めても何も出ませんよ?」

唯「何も出ないの?」

梓「はい」


唯「じゃあ褒めなくていいや」

梓「賢明な判断ですね」

カチューシャ「・・・」

唯「りっちゃんはどうしよう?」

梓「私はカチューシャつけたことないからわからないですね」

唯「私はあるよ。カチューシャつけたこと」

梓「そうですか」

唯「私にならなんとかできるのかな?」

梓「私に聞かれても困ります」

唯「だよね」

カチューシャ「・・・」


ドア「ガチャ」

足音「スタスタスタ」

澪「お疲れー」

唯「澪ちゃんおいっす」

梓「こんにちは」

唯「澪ちゃんにお知らせがあります」

澪「なんだ?」

唯「りっちゃんがカチューシャになっちゃった」

澪「意外と重大なお知らせだった」

梓「意外と重大って漢字の形が似てますよね」

澪「そうかな?」

唯「どんな漢字かわからないよ」

梓「すいません、レベルの高い会話をしてしまって」

澪「これから気をつけるよ」

カチューシャ「・・・」

澪「それにしても律がカチューシャになるなんてな」

唯「幼馴染なのに予想できなかったの?」

澪「唯が思ってるほど幼馴染はすごくないよ」

唯「でも私は和ちゃんが眼鏡になったときも予想できたよ?」

梓「きっと個人差があるんですよ」

唯「そうなんだ」

澪「おーい律」

カチューシャ「・・・」

唯「おーいお茶」

梓「澪先輩、カチューシャは口がないから喋れないんですよ」

澪「あ、そういう感じなんだ」

梓「はい」

カチューシャ「・・・」


唯「そうだ」

梓「どうしたんですか?」

唯「りっちゃんを元に戻す方法考えたよ」

澪「へえ。教えてくれる?」

唯「だれかの頭にりっちゃんをつけてみるの」

澪「いいアイディアだね」

梓「早速やってみましょう」

カチューシャ「・・・」

澪「誰の頭につけてみる?」

唯「あずにゃん付けてよ」

梓「私ですか?」

唯「あずにゃんはあずにゃんしかいないよ」

梓「そうですね。では失礼して」


梓「・・・どうですか?」

カチューシャ「・・・」

唯「かわいいよ」

澪「意外と似合ってるな」

梓「それはありがとうございます」

唯「どういたしまして」

梓「でもそうじゃなくて、律先輩は元に戻りそうですか?」

唯「なんで私に聞くの?」

梓「なんとなくです」

澪「唯が最初に気付いたから、戻った時も唯が気付くんじゃないかな?」

唯「なるほど。そっかあ」

梓「それで?どうですか?」

唯「似合ってるよ」

梓「ありがとうございます」


カチューシャ「・・・」

唯「ねえ」

澪「何?」

唯「カチューシャとりっちゃんって、どっちが可愛いかなあ」

梓「難しい比較ですね」

唯「澪ちゃんはどう思う?」

澪「ええっと、人間として可愛いのはやっぱり律なんじゃないか?」

唯「やっぱり?」

澪「え?」

唯「なんでやっぱりって言ったの?」

澪「さあ、良く考えたらなんで言ったのかな」

唯「やっぱりって言葉はすごく日本語らしいと思うんだよね」

梓「なんでですか?」

唯「日本人って、集団から孤立することを嫌がるでしょ?」

澪「そうだね」

唯「だから、自分の意見の前にやっぱりって言うことで、私は少数派じゃないですよアピールをしてるんだと思うんだ」

梓「なるほど」

澪「その説、唯が自分で考えたのか?」

唯「テレビで誰かが言ってた」

澪「やっぱり」

カチューシャ「・・・」

唯「あ」

梓「どうしました?」

唯「あずにゃん、りっちゃんを付けたままだね」

梓「そういえばそうでした。もうはずしますね」

唯「似合ってるのに?」

梓「これは律先輩のものですから」

唯「それがりっちゃんなんだよ」

梓「これは律先輩ですから」

唯「うん。それで正しいよ」

カチューシャ「・・・」


唯「そういえば、ムギちゃん遅いね」

梓「ムギ先輩来るんですか?」

唯「当たり前だよ」

澪「ムギは昨日たくあんになっただろ?」

唯「あ、そうだったね」

梓「ムギ先輩はいつ元に戻るんでしょうね」

唯「早く戻ってほしいな。ムギちゃんのケーキ食べたいもん」

澪「おいおい、ケーキ目当てか?」

唯「もちろんムギちゃんも好きだよ」


唯「あ」

澪「どうしたんだ?」

唯「良く考えたらムギちゃんもここにいるね」

たくあん「・・・」

梓「そうですね」

澪「気付かなかったよ」

唯「ムギちゃん、早く元に戻ってほしいなあ」

梓「何かいい方法はないんですか?」

たくあん「・・・」



唯「いいこと思いついたよ」

梓「教えてくれますか?」

唯「たくあんを食べたら元に戻るかも」

澪「食べるのか」

唯「駄目かな?」

梓「どうやって食べ・・・いや、食べたらムギ先輩が死んじゃうんじゃないですか?」

唯「それは問題だね。だったら舐めるのはどうかな?」

たくあん「・・・!」

唯「あれ?」

澪「どうした?」

唯「いまムギちゃんが反応したような気がする」

梓「私は気付きませんでしたよ」

澪「私もわからなかった。気のせいじゃないか?」

唯「きっとそうだね」

カチューシャ「・・・」

たくあん「・・・」

唯「舐めてみようよ」

澪「誰が舐めるんだ?」

唯「ここはやっぱりあずにゃんだね」

梓「やっぱり私ですか」

唯「予想できた?」

梓「はい、なんとなく」

澪「梓、頑張れよ」

唯「舐めればムギちゃんが元に戻るよ。たぶん」

澪「唯、自分に自信を持った方がいいよ」

唯「そうだね。あずにゃん、舐めればムギちゃんが絶対に戻るよ」

梓「わかりました・・・では失礼して」


梓「ペロ・・・」

たくあん「!」

唯「おお!」

澪「どうだ!?」

唯「ムギちゃんが元に戻った!」

澪「おお!」

梓「や、やりましたね」

紬「ありがとう。助かったわ」


2
最終更新:2010年03月14日 00:53