和「たしかに練習も大事だけど、あんな風に操ってさせるのは間違ってる!」


純「…なんでそんなに必死になれるんですか?」

和「だって…私はあのバンドの…放課後ティータイムのファンだもの」

純「そんな理由で…」

和「わ、悪いっ!?」

純「いいえ…素晴らしいと思います」

和「そ、そう…」

純「…わかりました。元に戻す方法をお教えします」

和「ありがと」

純「…元に戻す方法は…その人にむかって3回、『お前は○○じゃない』と言うんです」

和「そいつを否定するってわけね」

純「そうです。所詮はドッペルゲンガー…そうやって否定されればたちまち本人から出ていきますよ」

和「わかった。じゃあありがとね」

純「行くんですか?」

和「ええ。私がやらなきゃ誰がやるのよ」

純「では気を付けてください。梓は隙あらばドッペルゲンガーを使って支配させようとしますよ」

和「忠告ありがとう。じゃあ」タタタ

純「……」

……

――軽音部部室

ジャーン…

澪「うん、今のはいい出来だったな」

律「そうだな」

紬「みんな素敵だわ」

唯「うん」

梓「はい!」

梓(これこそ…私の望んでいた部活…!)

梓(もうこの時間は誰にも邪魔はさせない…)


ガチャン!

和「そこまでよ!」

梓「! 和先輩…!?」

律「!」

澪「どうしたんだ和。また律が何かやったのか?」

和「黙りなさい! あんたは澪じゃないでしょ!」

澪「!」

梓「ま、まさか…純!」

和「もう遅いわ! これを3回言えば元に戻る! お前は澪じゃない!」

澪「!!」

和「あと一回…!」

梓「くそ…やめろーーっ!!」

和「お前は澪じゃ…」

梓「…なーんてね」

ガシッ

和「むごっ!?」

和(く、口が…誰!?)

憂「ダメですよ和さん。練習の邪魔をしちゃ」

和(う、憂…!)

梓「残念でしたね。あとちょっとだったのに」

和「……!」ギリッ

梓「怖いからそんな睨まないでくださいよ」

梓「多分来るだろうなとは思っていました。純のところに行くことも」

和(読まれてたの…!)

梓「邪魔しないでくださいよ。これから軽音部はすばらしい部活になるんですから」

和(あ、あずさっ!)

梓「さあ、律先輩、和先輩も仲間にしちゃいましょう」

律「……」スクッ

和(り、律…)

梓「さようなら、和先輩。また会いましょう」

和(ここまでか…)


律「…ありがとよ、和」

和(へっ…?)

律「澪! おまえは澪じゃないっ!」

澪「!!!」

梓「なっ…律先輩…!?」

澪「…はっ! こ、ここは…私は…」

律「大丈夫か!? 澪!」

澪「律…りつーーっ!」ダキッ

律「ごめんな? ちょっと遅れちゃった」

和(これはいったい…?)


梓「律先輩…まさかあなたは…!」

律「へっ! 気付くのが遅すぎたな梓」

梓「元に戻っていたのか…!」

律「和も助けてやる! 憂ちゃん! お前は憂ちゃんじゃない!」

憂「!」

律「お前は憂ちゃんじゃない!」

憂「!!」

律「お前は憂ちゃんじゃない!」

憂「!!!」

憂「……」ドサッ

和「はあ…はあ…律、助かったわ」

律「こちらこそだぜ! 和が調べてくれなきゃ私も何もできなかったからな」

澪「律! なんで乗っ取られてるふりしたんだよ!」

律「ああ、私と澪じゃ心細かったんでな。もし二人が乗っ取られるよりも一人は騙されてるふりしといたほうがいいだろ?」

澪「よくない! 私、怖かったんだからな!」

律「ごめんごめん。でもこうして助かったからいいじゃないか」

澪「もう…全然よくないよ…」

律「澪…」

澪「律…」

和「はいはい、あとでしてね」

律「うわっ! 和!…って他のみんなも早く戻さないと…」

和「もう戻しといたわ」

紬「うーん…私はいったい…?」

唯「あいす~」

憂「お姉ちゃん…そこはダメだよ…」

澪「ほっ…よかった…」


律「あとは…」

梓「ああ、ああ…」

和「梓…あなたは…!」

律「いいよ和。あとは私たちでやるから」

和「わ、わかった」

梓「私…私…」

律「おい梓」

梓「……」

律「今までお前がやってきたことはな…許されないことなんだよ」

梓「すみません…すみません…」

律「でもな! 私たちも悪い! 梓に一番大事なこと教えてなかったからな」

梓「律先輩…」

澪「律…」

律「よし! 唯! ムギ! こっちに来い!」

唯「ん~?なにー?」

紬「りっちゃん…どうしたの?」

律「今からやるぞ! 梓に私たちのこれまでを見せつけてやろう!」

澪「ああ!」

唯「なんだかよくわからないけど…わかった」

紬「うん!」


梓「な、なにを…」

律「それじゃ行くぞ! 1234」カンカン

~~~♪

梓「……」

和「…見てみなさい、梓」

梓「……」

和「私は素人だけど…最近のあなたたちの演奏と今の演奏の違いが分かるでしょ?」

梓「…違う…全然違う…」

律「梓! これが本当のバンドってやつなんだよ!」

澪「ただ練習するだけじゃダメなんだ!」

紬「みんな、とても楽しそうでしょ?」

梓「はい…はい…」

唯「でも、あずにゃんがいないとさびしいんだよー!」

澪「だから…戻ってこい!」

梓「…はいっ!」

和「これで一件落着かな」

憂「和さん…ありがとうございました…」

和「いいのよ…私はこういう役回りだもの」

唯「あずにゃ~ん!」ダキッ

梓「はうっ!く、苦しいです…」

澪「まったく…もう一回やったら絶対に許さないからな」

梓「もう絶対しません…」

律「でも…やっぱり許せないな…」

梓「!」ビクッ

澪「お、おい律…」

唯「そうだねえ…」

紬「梓ちゃんにお仕置きしなきゃ…」

梓「ひいぃっ!?」

……

梓「先輩…もう許してください…」

唯「似合ってるよ、あずにゃん!」

紬「ええ! かわいらしいバニーさんだわ!」

律「あと一週間それな」

梓「うぅ…」

律「返事は!?」

梓「は、はいっ!」


純「これでよかったの?梓」

梓「うん。あんな風にやっても面白くないもん」

純「そう」

梓「それに…ドッペルゲンガーもこんなことに使うべきじゃないもの」

純「そうかな」

梓「そうだよ」

純「梓も変わったね…」

梓「でも…このペンダントってどうやって作られたの?ドッペルゲンガーもこれ使えば言うこと聞くし…」

純「内緒だよ。それはもういらないの?」

梓「うん。これはもう返すよ」

純「まいどー」

憂「梓ちゃん! お姉ちゃんが呼んでるよ!」

梓「うんわかった! じゃあね純!」

純「バイバイ」


律「はあ…疲れた~」

唯「とろける~」

梓「やっぱり練習しないじゃないですか」

澪「まあまあ、これも軽音部に必要なことだから…」

紬「はい、タイ焼き!」

梓「うまいです!」

唯「えへへっ!」



律「いやあ、それにしてもドッペルゲンガーってのは不思議だな」

梓「はい…まさかあんなことができるなんて…私もやるまで考え付きませんでした」

澪「でも、梓はドッペルゲンガーてどうやって呼びだしたんだ?」

梓「私もよくわからないんですけど…気が付いたらもうそこにいるみたいな感じです」

澪「こ、こわいな…」

律「ふーん、じゃああの時の唯も梓が呼びだしたやつか」

梓「あの時って…?」

律「ほら、唯が夜一人で歩いてた歩いてないって言い争ってた時の…」

梓「えっ…?私はその時にはまだ何もしてませんよ?」

律「えっ?」



おわり



最終更新:2010年03月18日 00:58