唯「りっちゃん荒れてるね~何かイヤなことでもあったの?」

律「お前のせいだー!!」

梓「律先輩落ち着いて下さい!何か変ですよ」

律「何で梓には唯より私の方が変に見えるんだよ……」


澪「唯……そのさ……私がこんなこというのはおかしいかもしれないけど、そういうのは軽はずみにしちゃいけないと思うんだ//
  もちろん本人同士がいいなら……いいけど//少なくてもわ、私と律は真剣だからさ……」


律「み、澪……うぅ澪ーーお前だけだよマトモなのわーー」ダキツキ

澪「バカ//恥ずかしいだろ、離れろ//」


紬「うふふ(生きてる…私生きてる…)」ニコニコ


唯「そっか、2人共真剣なんだもんね……お遊び半分で(漫才)やろうとしてごめんね」シュン


澪「いや、分かってくれたらいいんだ……って律いい加減離れろ//」


梓「お2人はまさに夫婦漫才ですね」

澪律「夫婦//」

唯「おお今のはかなり上手いよ、あずにゃん♪」


梓「けどそれだけ真剣にやられてるのなら、尚の事見てみたいですね」

澪「梓//」

律「だからお前は何でそんなに見たがるんだよ//」


梓「それは……きっと面白いだろうし、たまには腹を抱えて笑いたいじゃないですか」


律「コラアアアア!!笑うとはどういう事だ!!」

梓「えっ!!……笑わすためにやってるんですよね?」


澪「あ、梓何言ってるんだ!?」


律「笑わすためにやるわけないだろ、そもそも何見て笑うんだよ!!……私の体か!?」イライラ

梓「体?体をはったギャグなんですか?」

律「はってるわ//ってカップルの愛の営みをつかまえてギャグはないだろ!!」

梓「愛の営み?カップル?」

唯「ええーりっちゃん達のは正統派の漫才じゃないの!?」


澪「漫才?」

梓「唯先輩、今は正統派の漫才よりはコントっぽい漫才が多いですし仕方ないですよ。
  私はそういう方が好きですけど」

唯「ガッチガチの漫才がみたいねん」

梓「もぉ何弁ですかそれ」ニコニコ


律澪紬「………え?」


律「ちょっと待てお前ら・・・」

梓「どうしたんですか?」

律「何でいきなり漫才の話なんかし始めた……」

唯「何言ってるのりっちゃ~ん。最初からずっと漫才の話してたじゃん」

梓「唯先輩、今のは律先輩なりのネコですって」

唯「あっそうか!なんでやねーん」ビシッ



律「……は?」

唯「澪ちゃん、タチの先輩から見て今のどうだった?」


澪「え!?いや……え?」


律「……唯、タチとネコの意味言ってみて」


唯「え?タチはツッコミでネコはボケでしょ?2人漫才の練習してるんじゃないの?」


律澪「…………」


唯「あれ?」

紬「ゆ、唯ちゃん、じゃあリバは?」

唯「リバはピン芸でしょ?憂はクリスマス会の時腹話術やってたし、ムギちゃんもマンボーの物真似してたし……
  あれ違うの?」


律「……な、な、な、」

唯梓「な?」

律「なんでやねえぇぇえん!!!!!」

唯「おー激しいタチだね」

律「だから違ああぁぁあう!!」


紬「唯ちゃん、タチもネコもリバも意味まったく違うのよ」

梓「けど昨日、ツッコム方がタチって言われてましたよね?」

紬「その…ツッコムはツッコムでも別な物を突っ込むと言うか…あれ?よく考えたら突っ込む物はついてないのだけど……」ブツブツ

律「と、とにかくタチとかネコはお笑い用語じゃないし、私達は漫才なんてしてないから」アセアセ

唯「じゃあ2人は何してるの?タチとネコって何?」


律「それは……(なんだ今更その純真な目は//あらためて説明なんて恥ずかしすぎる……ここはムギに)」チラ

紬「あるわ!ペニバンをつけれb……いえダメよ、あんな人口物に頼ろうとするのがそもそもあまえなのよ…」ブツブツ


律「(ダメだ遠い世界に行ってる……澪は……無理か……)」チラ

澪「…………k…n…」ブツブツ


律「(あれ?)み、澪ーどうしたー」


澪「……勘違い…勘違い…」ブツブツ

律「おーーい?」

唯「澪ちゃん?」

梓「先輩?」


澪「なんだその勘違いは!!」バーーーン

律唯梓「ひぃ!!!(キレた……)」


澪「私と律が漫才の練習してるわけないだろ!!何でそんな勘違いしてるんだ!!唯達にバレたと思って交際宣言までしちゃったじゃないか!
  それに……ク、クラスのみんなにはも……バレちゃって…いろいろ聞かれるし//
  …あ、明日からどんな顔して会えばああああ」


唯「ご、ごめんね澪ちゃん(何か怒ってる……)」アセアセ

梓「すいませんです(めちゃめちゃ怖いです……)」アセアセ

律「お、落ち着け澪、コイツ等も悪気が……」

澪「教えてやる!!」

唯律梓「えっ?」


澪「そんなに知りたいなら私が教えてやる!!私と律は……家に帰ったら○○しちゃってるんだよ!!」

唯梓「ええーーー!!!!」

律「こらあああーー//」


澪「そ、それだけじゃないぞ//律なんて普段は強気だけど、ベットの中じゃすっごいしおらしくおねだりしちゃってるんだからな!」

唯梓「うええーー///」

律「バッ//」


澪「律の胸はちっちゃいから敏感で舐めてあげたらすっごい可愛い声でアンアン言っちゃうんだぞ!!
  私が律いやらしい声でてるぞって言うと、泣きそうな顔になりながらエッチな子でごめんなさいって謝るんだからな」


唯梓「ひええーー//」

律「ちょっっ!!」


澪「まだまだあるぞ!律は私のおっぱいが大好きだから、寝るときは私のおっぱいをチュウチュウしながら頭をナデナデしないと寝れないんだからな!」


唯梓「……//」

律「澪、これ以上はやまるな!!(完全にネジがとんでやがる//)」


澪「うるさい!!いつもは澪の声聞くだけで濡れちゃうって言ってるくせに!!」

律「ぶぅーーー//」チーーーン


唯「………(もうりっちゃんの顔みれない//)」

梓「………(だれか止めてあげて//)」


澪「2人共聞いてるのか!!!」

唯梓「はひ!!!」ガクブル


澪「律も聞け!!!」

律「ひやぃ///(いつもの澪の目//)」


澪「だからネコって言うのは律みたいな可愛くていじめられると気持ちよくなっちゃう変態の事なんだぞ!!分かったか!!」

唯梓「ウンウンウン」ブンブン

澪「律も分かったか!?」

律「うん//」トローン


シーーーーン

澪「ハァ……ハァ……」


紬「ちなみにタチは攻めの事よ。リバはネコとタチ両方できるので間違いないわ。ネコ寄りのリバとか言う場合があるわね。
  澪ちゃんはフェムタチ、りっちゃんはボイネコね。私が一番好きな組み合わせよ」キラーン

律「(こいつ今さら遠い世界から戻ってきやがった……)」


澪「…ハァハァ……わ、私//何……を……//」フラ

バタン

律「ちょ!澪ーーー!!!」


―――――――
――
~保健室~

「じゃあ帰るとき一言声かけてね」

唯律紬梓「ありがとうございましたーー」

バタン

唯「み、澪ちゃん何ともなくてよかったね」

律「そ、そうだな……」

唯「ごめんねりっちゃん……私が変な事言ったせいで澪ちゃん倒れちゃって」シュン

律「き、気にするなよ。先生も大丈夫って言ってたし」

紬「私もごめんなさい、私が初めに変な事言わなければ……」シュン

律「うん、それはそうだな」

紬「り、りっちゃん~」オロオロ


律「あはは、冗談だよ。とりあえず澪は大丈夫だからみんな気にするな。けど……」

梓「な、何ですか?」

律「澪の言った事は即刻忘れろ//絶対だ」


唯梓「……えへへ~//(衝撃的過ぎてムリ//)」


紬「……忘れないわ」

律「ムギ……」

紬「みんなが忘れても私は絶対忘れない・・・私にできるのはそれくらいだから・・・」ウル

唯「ムギちゃん……」ウル

梓「先輩……」ウル

律「ムギおまえって奴は……負けたよ」


澪「負けるな!!」ゴツン

律「あぅ~何で私……」

唯「澪ちゃん気がついたの!?大丈夫?」

澪「う、うん…ちょっと興奮しただけだから//まだちょっとボーっとするけど大丈夫」

梓「良かったです……」

澪「それよりムギ!!」

紬「はい♪」ニコ


澪「ちゃんと忘れるんだぞ//いいな!!」

紬「はい♪」ニコニコ


澪「うぅ……(絶対忘れる気ない//)」


律「まーこれで誤解もとけたわけだしさ良かったじゃん、よく考えたら最初から話かみ合ってなかったもんな……」


梓「(私ずっと変な質問ばっかりしちゃってたよね//)」

唯「ねえねえ澪ちゃんとりっちゃんは付き合ってるの?」

澪「う//」

律「そうだぞ~」

澪「りつーー//」

律「いや今さら隠すのムリだろ……さっきかなりぶっちゃけられたし//」

澪「うぅ//」

唯「そっか~けど私は2人が漫才しなくても、2人の事応援するよ」


澪「唯……」


律「可愛い事言うなーこいつー」モミクチャ

唯「うわ!!りっはんやめへー」

梓「わ、私もお二人を応援します!」

澪「梓……ありがとう//」

紬「ふふっこれで全て解決ね」


律「ムギが言うな!!」ビシッ

紬「あぅ……」

唯「おおキレイなタチ!!」

澪「だから違ーーう//」


――――――――
――
同日
~帰り道~
唯「(今日はいろいろあったな~けど澪ちゃんとりっちゃんお似合いのカップルだし、良かった♪)」

ガチャ

唯「ただいまー」

憂「あっお姉ちゃん、おかえり」

唯「憂、体調大丈夫?」

憂「うん!!心配かけてゴメンね」


唯「いやいや、憂が元気なら良かったよ。私は今日の部活はいろいろあって疲れちゃったよ~」

憂「そうなんだ~けど……今からもっと疲れちゃうかも」ニコ

唯「ふぇ?」

―――――――
――

和「お母さんそういえば昨日唯が言ってたんだけど、タチとネコって知ってる?」


おわり



最終更新:2010年03月19日 00:58