唯「私聞きたかったなぁ~」

澪「唯まで……ムギもああああああああああああああああもすまんな…」

紬「気にしてないわよ♪」

ああああああああああああああああ「お…同じく、気にしてないから…はは…ははは…」(た…助かった…!)


律「うむ…仕方ない…それなら…」キリッ

律「澪の恥ずかしい過去を教え―」

ゴンッゴンッ

律「いつか教えてね~(泣)」

澪「まったく…」

唯「ねぇ、ムギちゃん、今日のお菓子はな~に~?」

紬「スフレよ~ああああああああああああああああちゃんも召し上がれ♪」コトッ

ああああああああああああああああ「あ…ありがとう…」

ああああああああああああああああ「……モグモグ…」

唯律澪紬「………」ジッー


ああああああああああああああああ「うん、美味し…って…えっ…なに…そんなみんなして見つめて…」

唯「ああああああああああああああああちゃん可愛いなぁ、と思って…」

ああああああああああああああああ「えっ…?そ、そ…うかな…///」

律澪(これもいい…///)

唯「あぁ…ああああああああああああああああちゃ~ん!」ダキッ

ああああああああああああああああ「ゆゆゆ、ゆゆ、唯ちゃ…ん!!!///」

律「出た!唯の攻撃!抱きつく!」

紬「えへへへ~」ポー


唯「ああああああああああああああああちゃ~ん♪」ギユッ

ああああああああああああああああ(さ…サイコーだ…これが夢でも大満足だぜ…)

ああああああああああああああああ(それにしても唯ちゃん…あったかいい…)


唯「ああああああああああああああああちゃん…」ギュッー

ああああああああああああああああ「あの…いつまで続けるかな…?」

唯「あわわっ…ごめんね!」

澪「そろそろ練習をしないとな…」

律「え~もっと話そうぜぇ~」ブーブー

澪「これじゃぁ、ムギがああああああああああああああああをここに呼んだ意味がないだろ!」

紬「そうよ、律っちゃん…せめて私達が演奏する曲だけでもああああああああああああああああちゃんに知ってもらいたいの」

ああああああああああああああああ(ムギちゃん…)


……………………………

律「さてと…みんな準備はいいかー?」

唯澪紬「………」コクッ

律「ワン・ツー・スリー!」ダダダンッ

~♪

ああああああああああああああああ(これは知ってる…ふでペンボールペンだ!)

唯「(著作権うんたらかんたらと>>1が歌詞知らないため略)~♪」

ああああああああああああああああ(あぁ…唯ちゃんの歌声…癒されるな…それに生で聞けるなんて…)

ジャーン♪

唯「ふぅ……どうだった!?どうだった!?」

ああああああああああああああああ「とっても良かったよ!」パチハチパチ

澪「人に聞かせるとなると気合いが入るなー」

律「確かにマジになってしまうよなー」

澪「よし!次は…」

唯「ムギちゃん…紅茶…」ダラーン

紬「は~い♪」コポポポ

澪律「「疲れるの早すぎだろ!!」」

唯澪律紬ああああああああああああああああ「あはははは…」

……………………………

ああああああああああああああああ「今日はありがとう…楽しかったよ…」

唯「また来てね!」

律「いつでも歓迎だぜ!」

澪「また私達の演奏を聞いて欲しい」

紬「ああああああああああああああああちゃん、ありがとう」

ああああああああああああああああ(こんなに人から歓迎されるなんて…生まれて初めてだ…)

ああああああああああああああああ「それじゃあ、またね!」

唯「バイバ~イ!」

律「また明日~!」

澪「帰り気をつけて」

紬「じゃあね」ニコッ

バタンッ

ああああああああああああああああ「………」

ああああああああああああああああ(楽しかったな…またこうやって明日を迎えられたら良いんだが…)

ああああああああああああああああ(これが友達なのかな…?)

ああああああああああああああああ(あっ…それよりも…)






ああああああああああああああああ(僕の家はどこなんだろう…)

……………………………

ああああああああああああああああ(学生証だと…この辺か…)

ああああああああああああああああ(本当ラッキーだよ…学生証に住所が書いてあったなんて…)

ああああああああああああああああ(こ…これは…!?)

ああああああああああああああああ(場所は違えど、僕の住んでいるアパートだ…!)

ガチャッ

ああああああああああああああああ「ただいま…って家族はいるわけじゃないし…」

ああああああああああああああああ(部屋はそのままだ…)

ああああああああああああああああ「嬉しいやら悲しいやら…」フゥー

ブブブ…

ああああああああああああああああ(あっ…携帯…ムギちゃんからだ!)



fromムギ
今日は楽しかったです。
無事に帰れましたか?
一人暮らしは大変でしょが、頑張ってね!




ああああああああああああああああ「ムギちゃん…ええ子やぁ…五臓六腑にしみわたる優しさやでぇ…」

ああああああああああああああああ(おっと…お礼のメールをしないと…)


ああああああああああああああああ「しかし、なんで僕の名前が“ああああああああああああああああ”なんだ…?」

ああああああああああああああああ「ゲームで名前をよく適当につけられる感じで酷いよな…」

ああああああああああああああああ「だって僕の名前は………あれ?思い出せない……!!」

ああああああああああああああああ「引きこもりの時の僕…本当の僕の名前と姿が全然思い出せない…!!」

ああああああああああああああああ「今のこの名前…この姿は…本当の僕じゃないはず…どうして思い出せないんだ!!」


ああああああああああああああああ「どうしよう……?」

ああああああああああああああああ(ムギちゃん達に相談できる内容じゃないし…)

ああああああああああああああああ「………」

ああああああああああああああああ「もう寝よう…明日も学校あるし…」




ジリリリリ…

ああああああああああああああああ「うーん…げっ!」ドタバタ

ああああああああああああああああ「急げー」ダダダッ

ああああああああああああああああ「はっ…はっ…はっ…」

ああああああああああああああああ「ちっ…信号か…はぁ…ついてないなぁ…」

ああああああああああああああああ「ん…?あそこにいるのは…確か…」

和「………」ソワソワ

ああああああああああああああああ「和ちゃんだ!」

ああああああああああああああああ「和ちゃーん!おーい!」

和「?どちら…?」

ああああああああああああああああ(しまった…まだ面識ないんだった…)

和「まぁ、あなたも遅刻ギリギリなのね…」

ああああああああああああああああ「えっ…あっ…寝坊してしまって…和ちゃんはどうしたの?」

和「そうなの…私はお母さんが風邪ひいて看病していて遅れちゃって…」

ああああああああああああああああ「お母さんが病気だなんて大変だねぇ…」

和「まぁ、明日ぐらいには治るでしょうね」

ああああああああああああああああ「そっかぁ…」

和(しかし、この子は誰…?)

ああああああああああああああああ(和ちゃんやっぱりしっかりしているな~)

和「それじゃ、私の教室こっちだから」

ああああああああああああああああ「じゃあね」

和(本当にあの子は誰だったのかしら…?)

ああああああああああああああああ(和ちゃんも会えたな~しっかり者で頼れる感じがあのまんまだし…)

ああああああああああああああああ(しかし、僕は変わってしまったな…)

ああああああああああああああああ(このまま…ああああああああああああああああという女性として生きていかないといけないのか…)

ああああああああああああああああ(可愛い女の子になるのはいいが、この名前って……)

生徒「あっ、ああああああああああああああああさんギリギリだね~!」

ああああああああああああああああ「ちょっと寝坊しちゃってね…」

生徒「へぇ~珍しい~」

さわ子「HR始めるから席につきなさーい」

ああああああああああああああああ「あっ…」

さわ子「あっ…」ニヤリ

ああああああああああああああああ「……」ゾクゾク…

さわ子「さぁて今日の連絡は…」

さわ子「我が校の文化祭が行われる季節になったわね~」

生徒達「「ザワザワ」」

さわ子「クラス毎に文化祭の企画係を決めないといけないのだけど…誰か立候補したい人はいないかしら?」

ああああああああああああああああ(文化祭か…引きこもりだった僕には…ゆかりのないものだよな…)ぽけー


生徒「はいっ!」

ああああああああああああああああ(積極的だなぁ~よくこんな面倒なことをやれるよな…)

生徒「私、ああああああああああああああああさんとしたいです!」

ああああああああああああああああ「ブフォッ!」

ああああああああああああああああ「なななな何でだよ!」

生徒「ええ~一緒にやりましょうよ~」キラキラ

ああああああああああああああああ「はぁ…分かったよ…やりますよ…」

ああああああああああああああああ(まぁ…部活入っていないぶん暇だし良いか…)

さわ子「私もああああああああああああああああさんもやってみてほしいわねぇ…」ニコニコ

ああああああああああああああああ「」



昼休み・音楽室

ああああああああああああああああ「こんなことがあって…」

澪「へぇ~ああああああああああああああああも大変だな…」

唯「でも、何をするか考えるの楽しいよね~」

ああああああああああああああああ「そうかぁ…」

律「確かにそうだな~軽音部もついにメイド喫茶を―」

ゴンッ

澪「そういえば、ムギは?」

唯「先生に用事でちょっと遅れるって~」

ガチャッ

紬「遅れてごめんなさいね!」

唯「ムギちゃん!ああああああああああああああああちゃんがまた来てくれたよ!」

紬「あらあら」

律「ああああああああああああああああさ…半分、軽音部員だよな~」

唯「ねぇ~いっそのこと一緒にやろうよ~」
紬「唯ちゃん…ああああああああああああああああちゃん事情で部活は無理なの…」

唯「そうなんだ…残念…」


ああああああああああああああああ「そうなんだ…ごめんね、唯ちゃん」(上手く合わせとこ)

唯「大変だよね?仕方ないよぉ~」

紬「そうだ…ああああああああああああああああちゃんちょっと良いかしら?」クイクイ

ああああああああああああああああ「?」

律「ムギ~ここでは無理な話しかー?」

紬「ああああああああああああああああちゃん個人に関することなの…ごめんなさい」タタッ

バタンッ

紬「さてと……」

ああああああああああああああああ「………?」

紬「最近…大丈夫なの…ああああああああああああああああちゃん…?」

ああああああああああああああああ「えっ………?」

紬「私もああああああああああああああああちゃんと部活をやれるのならやりたいのだけど…」

紬「私はああああああああああああああああちゃんの生活を乱したくないし…」

ああああああああああああああああ(ムギちゃん…)

紬「この前の再会の時だってああああああああああああああああちゃん、家の都合で頑張っていたのよね…」

ああああああああああああああああ「………」

紬「ああああああああああああああああちゃんの助けになりたいの!」キッ


紬「ねぇ…何か私達で出来ることってあるかしら…悩みならいつでも私に相談してくれてもいいし…」

ああああああああああああああああ「………」

ああああああああああああああああ(ムギちゃん…僕のことをそんなに心配してくれていたんだ…)

ああああああああああああああああ(でも、ムギちゃんの目に見えているああああああああああああああああは僕じゃない…)







ああああああああああああああああ「グスンッ……ごめんね…ムギちゃん…グスッ…」(言えない…ムギちゃんの思うああああああああああああああああと僕は違うことを…)

紬「ああああああああああああああああちゃん…」ギュッ

ああああああああああああああああ「ムギちゃん…?」

紬「言葉にしなくても良いから…今の気持ちをこの胸にぶつけて…さぁ…」ニコッ

ああああああああああああああああ「ムギちゃぁぁん!!うわぁぁぁん!!」

……………………………

紬「どう…落ち着いたかしら…?」

ああああああああああああああああ「グスッ…グスッ…ごめん…ありがとう…」

紬「いつでも相談待っているから…私達はもうああああああああああああああああちゃんの味方だもの…」

ああああああああああああああああ「グスッ…グスッ…」ギュッ…

紬「さて…戻ろう…みんな待っていると思うし…」

ああああああああああああああああ「うん…」


ガチャッ

ギャーギャーワーワー

唯「絶対絶対お化け屋敷だって!」

律「かぁ~分かってないなぁ~メイド喫茶だっ!」

紬「どうしたの?」

澪「あぁ、唯と律の奴がああああああああああああああああのために文化祭の企画を考えてあげていたんだ…だが」

紬「ああやって話がすすまないわけね…」

ああああああああああああああああ(みんな…!)

唯「ああああああああああああああああちゃん達がちょうど戻ってきたからああああああああああああああああちゃんに決めてもらおうよ!」

律「そうだな!ああああああああああああああああ!メイド喫茶かお化け屋敷、どっちが良いんだ!」

ああああああああああああああああ「あわわわ…」

澪「おい…二人とも…そんなにせがむなよ…」

律「さあさあさあ!」

唯「さあさあさあ!」

ああああああああああああああああ「えっと…えーと…」


紬「そんなにすぐ決めなくてもいいんじゃない?」

ああああああああああああああああ「うん…でも、せっかく二人とも考えてくれたのだから候補に入れておくよ…」

唯「お化け屋敷~」

律「メイド喫茶だ!」

紬「あっ…もうそろそろ授業が始まるみたいね、またねああああああああああああああああちゃん」

ああああああああああああああああ「うん、またね」

ああああああああああああああああ(えーと…次の授業はっと…)

ああああああああああああああああ(体育…)

ああああああああああああああああ「……」ブッー

ああああああああああああああああ(は…鼻血が…)


3
最終更新:2010年03月21日 13:52