音楽室

律「ムギはまだかよ…」

律「キーボードなしの合奏は何か欠けるなぁ…」

唯「ムギちゃ~ん…」
ガチャッ

紬「遅れてごめんなさい!」

唯「ムギちゃん!」ダキッ

律「今までどこ行ってたんだよー心配してたんだぞ?」

澪「それより合わせを…」

紬「ご…ごめんなさい…」シュン

唯(…?)

ジャ~ン♪

唯「ふぅ……」

律「うん…なんというかその…」

澪「ムギ…何かあったのか…?」

紬「………」

唯「ムギちゃん…?」

紬「ごめんなさい…入るタイミングを間違えていたのよ♪」ニコッ

澪「そ…それだけが原因なら良いんだが…」

紬「………」

ガチャッ

和「軽音部…もうすぐだから準備してね」

律「分かった…」



本番

『次に行いますのは軽音部による演奏です…』

「「キャーキャーキャー!」」

律(ついにはじまるんだな…)

律「ワン・ツー・スリー!!」ドタタタカタンッ

~♪

唯(なんか変だなぁ~)

律(……!む…ムギ!!)

澪(一体どうしたっていうんだ?演奏にキレがなさすぎる!)

紬「………」


ああああああああああああああああ「いらっしゃいませ~!」

ああああああああああああああああ(なんだろ…なぜか胸騒ぎがする…?)

生徒「あのさ…ああああああああああああああああさん…今日終わったら打ち上げの前にちょっと良いかな…?」

ああああああああああああああああ「えっ…?」

生徒「時間はそんなにとらないから大丈夫!ねっ!良いよね?」ズイッ

ああああああああああああああああ「うん…まぁ…別に構わないけど…///」(顔近いって!)

生徒「!!ありがとうっ!絶対にお願いねっ!」タタタッ

ああああああああああああああああ(軽音部のみんな大丈夫かな…?)

『以上、軽音部でした…』

「「キャーキャーキャー!!」」

律(何とか全部いったが…)

澪(乱れてた…何でこんなことが…?)

唯(打ち上げ楽しみだなぁ~♪)

紬「………」


片づけ時間

澪(今回、今までの練習でミスが一回もなかったムギがなぜ…?唯や律みたいに集中力の問題じゃないのに…)

律(私が上手く叩けてなかったからかな…?やっちゃったものは仕方ないしムギ一人責めても意味がないし…)

唯「ムギちゃ~ん!やっぱり、本番は良いよね~!」

律澪「!!」

律「ば…ばか、やm…」

さわ子「みんなお疲れさまっ」

律「さ…さわちゃん…」


さわ子「私はギターやベースについてなら言うことができるけど、ドラムとキーボードについてはあまり言えないわ。でも…」


さわ子「今日はキーボードが良くなかったわね…ムギちゃん…」

紬「………」

澪「せ…先生!」

さわ子「何かしら?澪ちゃん」


澪「きょ…今日だけなんです…ムギの調子が良くなかったのは…」

さわ子「澪ちゃん…いくら練習が良かったって本番で良くなければ意味がないのよ?そこでそのフォローは無意味だってことはわかるわよね?」

澪「す…すいません…」

律「さわちゃん!ムギを責める気かよっ!本番やっちまったもんは仕方ないだろ!本人が一番分かっているはずなんだし…」

さわ子「私はただ…ムギちゃんの調子が悪いのを確認しただけなのよ?ムギちゃんを責める気持ちなんて毛頭にないわよ…」

紬「………」

唯(えっ…?どうしたの?みんな…)


さわ子「さて…ムギちゃん…あなたらしくないミスの連発の原因を調べないとね…今後のためにならないわ…」

紬「………」

さわ子「さてどうしたのかしら、ムギちゃん?」

紬「少し…考えさせて下さい…」

さわ子「人に言えないものなら次から結果を出すことね…聞きに来る人達にはあなた達の事情なんて関係ないのよ…」

紬「はい…すみませんでした…みんな…今日は本当にごめんなさい…」

律澪「………」

唯「??」

紬「………」

律「気にするなって!そういう時もあるさ!」

澪「う…打ち上げは…唯の家で19時からだっけ?ムギ楽しもうなっ!」

唯「憂が今日たくさん作ってくれるからムギちゃん、いっぱい食べようよ!」

紬「ありがとう……でも、今日はそんな気分になれないから……」

律「………」

澪「分かった…あまり、気にするなよ…」

紬「うん…分かった…」




未完



最終更新:2010年03月22日 00:28