紬「どうしたの?食べたくないの?某探偵漫画の第一話にちょろっとでてきたこの王美屋のフルーツケーキ」

律「わ・・・私は・・・私は・・・」

唯「おお?」

律「私は今!ダイエット中だァーーーーーッ!!!」オオッ

紬「くっ・・・!」ビリビリビリ

梓「うーんダメみたいですね・・・」

紬「じゃあこの500万円で!!」

梓「それは人としてどうかと思う・・・」

澪「なんでムギは500万円も持ち歩いてるんだ」


律「今の私は無敵だァーーーッ!!」ドカーン

紬「む・・・無念だわ・・・」 ガク

唯「ムギちゃーん!」

梓「正直当然の結末だと思うです・・・」

さわ子「次は私の番ねっ!」

唯「おおっ!頑張れさわちゃん先生!」

さわ子「りっちゃん?こっちを向いて?」

律「ん?なんだいさわちゃ・・・ぬおっ!?」

澪「い、いつの間にバニーに・・・!?」

さわ子「これぞ!山中流早着替えの術!」

唯「すごいすごい!かっこいいよさわちゃん先生!惚れ惚れするよ!」

梓「ああ・・・唯先輩、先生に惚れ惚れするなんてそんな・・・」

澪「冷静になれ梓」

律「いやしかし・・・それがどうしたっていうんださわちゃん!」

さわ子「私はあなたのために着替えたの!」

律「はぁ!?」

澪「正直意味がわからない」

さわ子「だからりっちゃん?あなたも私のために何かしてくれないかしら・・・?」

律「え・・・は・・・え・・・何かって・・・なんだ・・・」

さわ子「例えばそうね・・・コ・ス・プ・レ!・・・とか?」

律「なんだと・・・」ゴクリ

唯「すごいねごしえいとだ・・・!」

梓「唯先輩、ねごしえいとって何ですか?」

唯「え・・・交渉術とかそんなのでしょ?」

梓「知ってたんだ・・・!」

澪「梓、それは失礼だぞ・・・」


律「い…いや!駄目だ!さわちゃんはそんなの着慣れてるだろうけど私は違うんだっ!」

さわ子「今から慣れればいいのよ!大丈夫!私がついてるから!二人なら怖くないわっ!」

律「怖いとかそういうんじゃないんだよ!恥ずかしいんだよっ!」

さわ子「なぁに澪ちゃんみたいなこと言ってんの!」

澪「…」

律「私にだって羞恥心ってものがあるんだ!」

唯「しゅうちしん(笑)」


さわ子「分かったわ!じゃあこれでどう!?」ズババッ

澪「なっ・・・あれは・・・!」

律「水着に制服に眼鏡にネコミミに…え~っとわけわからん!」

さわ子「猫耳スク水セーラー眼鏡ガントレットニーソよ!!」

唯「正直混ぜすぎて気持ち悪いね、あずにゃん」

梓「です」

紬「私は全然許容範囲だわっ」ハァハァパシャパシャ

梓「復活してるし・・・」

さわ子「私がここまでやってるというのにあなたは何もしてくれないの!?それは人としてどうなの!?」ビシィッ

澪「あの格好も人として…」

唯「マホトーン!」

澪「ふがふが」

律「…人として…か…。…でもねさわちゃん…私は人である前にドラマーなんだ…。そして…ドラマーである前に田井中律なんだ…!
  田井中律は!コスプレは嫌だと言っているんだー!」ばーん!

澪「律かっこいい…////」ほわほわ

唯「おおー」パチパチ

梓「いや「おおー」って…」

紬「」パシャパシャ


さわ子「わかったわ…じゃあコスプレは諦めてあげる…。」ニヤリ

律「…?」

さわ子「じゃあこれが最大の譲歩!おパンツ見せなさいっ!」デデーン

律「何っ…!?」

唯「うまいっ!さわちゃん先生ここまで読んであんな格好になってたんだ!」

澪「なるほど…」ゴクリ

梓「ていうか「おパンツ」って流行ってるんですか…」

紬「」パシャパシャ


さわ子「そーれおっパンツ!おっパンツ!Hey!おっパンツ!おっパンツ!Hey!」

律「う・・・」

さわ子「おっパンツ!おっパンツ!Hey!おっパンツ!おっパンツ!Hey come on!」

梓「ヘイカモンって…」

紬「・・・!」ガタッ

唯「え」

紬&さわ子「おっパンツ!おっパンツ!Hey!おっパンツ!おっパンツ!Hey!」

梓「ムギ先輩!?」

澪「最悪だ…」


紬&さわ子「おっパンツ!おっパンツ!Hey!おっパンツ!おっパンツ!Hey!」

律「う・・・う・・・」

紬&さわ子「おっパンツ!おっパンツ!Hey!おっパンツ!おっパンツ!Hey!」

律「うううぅぅ~~~・・・」

紬&さわ子「おっパンツ!おっパ・・・え・・・?」

律「う・・・ううぅ~~~っ・・・」

梓「まさか・・・」

唯「りっちゃん・・・泣い・・・」

律「うっ・・・うっ・・・うううううぅぅ~~~~・・・」

紬「あ・・・あの・・・りっちゃんごめんね・・・あの・・・」

さわ子「私もごめんね・・・その・・・少し調子に乗りすぎてたわ・・・ごめんね・・・」

澪「いや・・・」

律「うおおおおおおーーーーーーーーーっ!!!!!」ドカーン

さわ子「なっ・・・ゆ、油断・・・」ガクッ

紬「再び・・・無念だわ・・・」ガクッ


唯「りっちゃんつおい・・・」

律「全く・・・煩わしいっての・・・!」

澪「やっぱりな・・・」

梓「さすが幼馴染、わかってたんですね」

澪「えっ・・・いや・・・まあ、つ、付き合い長いしな////」

梓「後は私たち三人だけですね・・・」

澪「そうだな・・・」

律「おーいそこの二人、何話してんのー?」

梓「正直私、作戦とか全然無いんですけど・・・」

澪「えっと・・・うん・・・そこはアドリ・・・あれ?唯は?」

律「聞いちゃいねえ」

唯「うおりゃ!」ガシッ

律「なっ!?は、離せぇ!」

梓「唯先輩!?」

澪「いつの間に!?」


唯「ほらあずにゃん!私が抑えているうちに!
  スカートを!スカートを捲るんだぁー!そして確認するんだぁー!」ハァハァ

梓「えっ わ、私ですか!?」

唯「あずにゃん以外に誰がいるの!ぐ・・・ぐっ!!は はやく!!はやくしてくれーーーーっ!!」

律「く・・・くそ~っ!!さ・・・さっきのガキの一撃でパ・・・パワーがおちている・・・!!
  はなせ唯!バカめ!!くっついていてはきさまも ただではすまんぞ・・・!!」

唯「へへ・・・オラもいっしょに死んでやらあ・・・!!」

律「なっ なんだとっ!?き きさま正気かっ・・・!!」

唯「お・・・おめえをたおすにはこれしか方法はねえんだ・・・!」

梓「・・・」

唯「ま・・・まだかよ・・・!!あ・・・あばらが折れてんだぜ・・・ぐぐ・・・!!
  は・・・はやく~・・・・・・!!」

律「はなせっ!!オ・・・オレがわるかった!!にどと もうこの星には来んっ!!」

唯「に・・・にどとだまされるもんか・・・!!」

澪「いつまでわかりにくいミニコントしてるんだ」


唯「でへへ」

律「いや~なんかノってきちゃってさ」

梓「ミニコントって・・・え?何してたんですか?」

律「え?ドラゴンボールの17巻、其之二百三、
  『孫悟空 最後の手段!!』の内のワンシーンだけど?」

梓「そんな、「え、知らないの?マジで?」みたいな感じで言われても・・・
  ていうかお二人とも息ピッタリですね・・・」

唯「じゃあ真面目に続きしよっか」ギュ

律「え?」

唯「あずにゃーーん!!今のうちにスカート捲ってーー!」

律「うわっマジかこいつ!は、離せよぉ!くっそぉ!」

梓「え・・・えと・・・」

澪「は、はは・・・」

律「何笑ってんだよーみおー!くっそー唯!お前なんでそんなに見たがるんだよ!
  わざわざ靴は隠すし!変な手紙は入れるし!さてはお前・・・変態だな!?」

唯「ち、違うよ!変態じゃないよ! 仮に変態だったとしても、変態という名の淑女だよ!!」

律「『淑女・唯』ってそういうことだったのかっ!!くっそー!
  うおおーーーーっ!!!」

唯「す、すごい力!さすがりっちゃん・・・!あずにゃん急いで!!」

梓「ええ・・・いやでも先輩に対して・・・そんな・・・
  (ていうか実力行使は最後の手段じゃなかったっけ・・・)」


唯「かくなる上は・・・!唯、いきますっ!」カプッ

律「へやっ!?///」

澪「なっ!!」

唯「はむはむ・・・」

律「み、耳っ・・・!うひぃーー!!////」

梓「あ・・・ああ・・・唯先輩・・・そんな・・・
  私でさえそんな・・耳なんて一度も・・・」

唯「むにゅむにゅ・・・はむっ・・・にゅむ・・・」

律「は・・・はふ・・・ふ・・・ふにゅん・・・////」ガクッ

唯「フッ・・・咀嚼・・・完了・・・!」

紬「」パシャパシャ

梓「復活してるし」

唯「さあ!あずにゃん!今なら捲り放題だよ!ほらほら!」

梓「・・・」

唯「・・・?どうしたの?あずにゃん・・・」

梓「・・・たし・・・」

唯「あずにゃん?」

梓「私・・・唯先輩にそんなことして欲しくなかったです・・・」

澪「・・・」

梓「唯先輩、いつも、私に抱きついてきますよね・・・でも耳をかむなんて・・・
  そんなこと一度もしなかったですよね・・・でも律先輩には、今・・・しましたよね・・・」

唯「・・・」

梓「私・・・あの・・・ヒッグ・・・勘違い・・・してました・・・
  ごめ・・・なさ・・・うっ・・・すみませんっ!!」ダダッ

唯「あずにゃん!?」

澪「唯!追いかけろ!」

梓「あうっ」ドテッ

唯「・・・」

澪「・・・」

紬「」パシャパシャ


唯「あずにゃんごめんね・・・?でも私そういうつもりでりっちゃんの耳噛んだんじゃないよ?
  それに私・・・あずにゃんがただ見ためがかわいいってだけで抱きついてたんじゃないよ・・・?」

梓「・・・うう・・すみませ・・・」エグッ

唯「あずにゃん・・・聞いて?あのね・・・?」



澪「うん、あっちは大丈夫そうだな」

紬「」パシャパシャ

澪「やめなさい」

さわ子「りっちゃんを起こさないとね。気絶してるうちに覗いてもいいけど
    それじゃフェアじゃないし、私が面白くないわ」

澪「復活してるっ!」

さわ子「さあ、りっちゃんを起こすのはあなたの役目よ。澪ちゃん。
    おパンツを拝見するのもね・・・」

澪(「おパンツ」って流行ってるのかな・・・)


澪「律ー。起きろー?」ペチペチ

律「うぅーん・・・ハッ!!!」

澪「起きたか。おはよう」

律「・・・見た?・・・見たのか?・・・見たんだな!?そうだよな!?
  気絶してたんだから絶好のチャンスだよな!?・・・ああ~~!!もうお嫁にいけねえぇーっ!!」

澪「・・・見てないよ」

律「え?」

澪「見てないったら。律が嫌がることなんてするわけないだろ」

律「澪・・・」


さわ子「しょっちゅうゲンコツしてる気がするけどね」

紬「」パシャパシャ

さわ子「・・・」

さわ子(ツッコミ役が・・・いない・・・)

澪「律、率直に言う。私は確認したいんだ。見せてくれないか?お前の意思で」

律「何言ってんだよ・・・澪・・・そんなこと・・・お前らしくないじゃないか・・・」

澪「私はな、律。お前の幼馴染なんだ。だからお前を誰よりも理解していたい
  私もお前に理解してもらいたい。誰よりもな」

律「・・・」

澪「お前が私に何か見せろって言うなら何でも見せてやる。教えろって言うなら私の全て教えてやる。
  律・・・私たちは幼馴染で・・・唯一無二の・・・親友だろう・・・?」

律「・・・ああ・・・///」


さわ子「あら、これは・・・」

唯「いよいよいけそうなふいんきですね!」

梓「です」

さわ子「あなたたち早いわね・・・いつの間に?」

唯「さわちゃん先生がツッコミいなくて困ってるところから横にいたよ!」

梓「です///」

さわ子「あ、そう・・・」

紬「」パシャパシャ


澪「だから・・・私に見せて欲しいんだ・・・パンツの中身!!」

律「あ」

澪「え?」

唯&梓&さわ子「あーあ(です)」

律「澪・・・パンツの中身っていうと・・・」

澪「えっ・・・あっ・・・」ボヒューン

ドサッ

さわ子「はい、澪ちゃんノックアウトー」

紬「うん、でも正直・・・」パシャパシャ

唯「正直オチ読めたよね」パシャパシャ

梓「唯先輩!シーッです!シーッ!」

唯「え?あずにゃんおしっこ?」パシャパシャ

梓「意味分かんないです!あとなんで唯先輩も写真とってるですか!」



~道路~

唯「結局りっちゃんのおパンツは見れず終いかー・・・あーあー」

梓「だから流行ってるんですかそれ」

律「お前らがこの軽音部部長、田井中律様のスカートの中身を見ようだなんてのは百年はやかったんだよーっ」

澪「まあ私も今回は諦めるよ」

律「そうしてくれ。・・・まあ、私は澪のスカートの中身は見たけどなっ!」

澪「なっ・・・!?///いっ、いつだ!!」

律「澪が気絶してたときーっ!みっずいろのしっましまーっ!♪」

澪「ふっ、ふざけるなーっ!馬鹿律ーっ!!////このっ、このぉー!///」グワシグワシ

律「うわーっ!澪っ!ギブギブギブーーッ!それは死ぬ!本当に死ぬーーっ!!」

澪「許さんっ!////絶っ対に許さーん!////」

律「いででででいでーーーっ!・・・っていうか、さっきから気になってたんだけど
  なんでお前らさっきからずっと手繋いでるんだ?」


梓「え、あ・・・///」

唯「私たち付き合うことになったんだーっ♪ねーあずにゃーん!」

梓「は、はいです・・・/////」

律「な、何だとーーーっ!?聞いてないぞーーっ!くっそーイチャイチャしやがってーっ!」

梓「律先輩には言われたくないですっ!」

唯「うんうん!」

律「はぁ・・・?」

澪「・・・////」

律「あ・・・////。・・・い、意味分かんないこと言うなーーっ!」


ギャー ギャー アハハ


紬「うふふ♪」


       パシャッ


                     おわり




最終更新:2010年03月24日 00:25