おまけ1

第一回に何があったのか
梓「ぜ、全滅?6人もいるのにムギ先輩相手に全滅?3分もたたずに?…」
律「負けたぁ」唯「そんな・・・」澪「強すぎる」
和「パーフェクトもハーモニーも無いのか・・・」純「くそっ!!」


紬「うふふふふ」
憂「という訳で第一回の優勝者は文句なしに紬先輩に決定です。」
紬「じゃあ、憂ちゃんは貰っていくわね。」


紬「優勝者の権利だけど・・・」
憂「・・・分かってます、覚悟は出来てます。」
紬「憂ちゃん、そんなに気取らなくてもいいのよ。」ニコッ
憂「でも、紬さんはXXな人だって聞いてますから。」
紬「それは誤解よ、憂ちゃん。私にそんな趣味はそれほど無いから。」
憂「じゃ、何をすればいいんですか?」
紬「私、ずっと妹が欲しかったの。少しの間で良いから私にお姉ちゃんの気分を味あわせてくれたら嬉しいわ。」
憂「じゃ、じゃぁ、紬お姉ちゃん♪」
紬「な~に、憂ちゃん♪」
憂「…///。ちょっと恥ずかしいですね。」
紬「私も恥ずかしいわ。一週間もあるし、おいおい馴れていきましょう。」
憂「そうだね、お姉ちゃん♪」
紬「///」
紬は一週間、憂のお姉ちゃん役を堪能したのでした。





おまけ2

澪「傷つき、捨てられたゴミの山…ブロークンハートの私にピッタリだ…そのまま錆びて朽ち果てよう…」
和「いいよなぁ…お前は…」
純「全くね… 俺も一度でいいから、日の当たる場所というところに立ってみたいなぁ…」

澪「勝手に人を目立つキャラにするな」


和「…笑えよ」

澪「和と、純ちゃん、何の用なんだ…」

和「失恋に敗北…最高の暗闇だ。」

純「一緒に地獄に墜ちようよ。」

澪「ちょうどいい、苛ついてたんだ。」
和「おっと、負けたぐらいで八つ当たりかい、澪らしくもない・・・」
澪「そんなつもりは・・・今の私、最悪だ…」
純「最悪は最高なんだよ、澪先輩…。」
和「お前も、俺の妹になれ」
澪「姐さん…」

地獄三姉妹結成へ



最終更新:2010年03月28日 00:45