律「おやおやあー……
  和さんの股間についてるこれは……
  おちんぽではないのかなあ?」ぎゅむぎゅむ

和「ちょ、ま、や……!!!」

澪「なんだ、おちんぽ付いてるんじゃないか。
  最初から素直に言ってくれればよかったのに」

和「い、言えるわけないでしょう!
  こ、こ、こんなのが付いてるだなんて……!」

律「和って意外と恥ずかしがりやさんなんだな」

澪「いやー、でもおちんぽが付いてるのに
  よく平常心で生徒会の仕事やってたな」

和「ま、まあ、今朝見たときはさすがに焦ったけど……
  学園祭当日に休むわけにもいかないし」

澪「偉いな」

和「……で、その……
  おち……が付いてる人を探してるって言ってたけど……」

律「ああ、それね……」


澪「実は、唯がおちんぽを求めてて……
  おちんぽを発見したら、すぐセックスしちゃうんだよ」

律「そう、しかも一晩中、夢中で」

澪「だから、今日唯がおちんぽを見つけて
  セックスを始めてしまったら、
  ライブできなくなっちゃうだろ?
  だから早いうちに、
  おちんぽが唯と出会わないように……」

和「ふうん……
  つまり、唯が私を見つけたら……
  唯は私とセックスしまくるってこと?」

澪「そういうこと」

和「じゃあ私が唯に見つかれば、
  唯とセックスしまくれるということね」

律「えっ?」

和「……嗚呼、この日をどんなに夢見たことか……
  ついに唯と結ばれるなんて……
  こんなに嬉しいことはないわ……」

澪「和さーん、もしもーし」


和「ありがとう神様……
  私におちんぽを授けてくださって……」

律「……」

和「待ってて唯!
  この真鍋和、生徒会の仕事を放り出して、
  今、あなたの元に……」

澪「オラァ!!」ボカッ

和「ぐはっ!」
がくり

澪「はあ……こいつ相当危ないな」

律「よし、和をどっかに隠すぞ」

澪「おう……あ、メール」

律「誰から?」

澪「ムギから……
  唯を無事確保した、って」

律「そうか、これで一件落着か」

――

――――

――――――


音楽室。

ガチャ
律「よーっす」

澪「はっはっは、唯、捕まっちゃったかー」

唯「ぶー……おちんぽ……」

梓「もうおちんぽのことは諦めてください。
  さあ、練習しますよ」

紬「そうよ、唯ちゃん」

唯「おちんぽー……」

律「いくぞー、ワントゥースリーフォー」

ジャカジャカジャージャカジャッカジャカジャカ

唯「君を見てるといつもハートドキドキ……♪」

澪(なんだ、唯、まともに弾けてるじゃないか)

律(この3日間セックス漬けだったからどうなるかと思ったけど)

唯「ふたりだけのドリームタイム下さい……♪」

梓(これならライブも上手く行きそうですね)

紬(丸く収まりそうでよかったわ~)

唯「ふわふわターイム、ふわふわターイム……♪」

ジャジャーン

澪「いやー、なかなか良かったんじゃないか、今の演奏」

梓「そうですね、バッチリでした」

律「はは、唯もまともに弾けてたしな」

唯「えっ、おちんぽがどうしたって?」

律「言ってねえよ」

唯「なーんだ……
  ああおちんぽおちんぽ」

紬「頭の中おちんぽでいっぱいなのに、
  よく演奏できたわねえ」

澪「おちんぽのこと考えてる時の方が、
  上手く弾けたりとか」

律「ははは、それはないだろ」


ガチャ
生徒会「あ、軽音楽部の方、出番もうすぐなんで~
     準備お願いしまーす」

律「あ、はーい」


澪「もう本番か」

梓「私、はじめてのライブなんで、
  ドキドキします!」

律「そっかー、梓は初めてか~。
  人前で歌うってのは、緊張するけど気持ちいいぞ~。
  なあ、唯」

唯「…………え、うん、おちんぽは気持ちいいね……」

律「おちんぽの話はしてねえよ」

紬「じゃあ、講堂に行きましょうか」

梓「はー、今から緊張してきましたっ」

律「よーし、放課後ティータイム、いっくぞー!」

澪「おー」

唯「…………」


――

――――

――――――


講堂。

生徒会『次は、軽音楽部によるバンド演奏です……』

ワアアアアア……
パチパチパチパチパチパチパチ……

唯「……」

澪「……」

律「……」

紬「……」

梓「……」


客「……あれ、あのギターの子……」
客「今朝、おちんぽ探してたよね……」
客「おちんぽだなんて……」


唯「……」

客「ざわざわざわざわざわざわ」

澪「……」

律「……」

紬「……」

梓「……」

唯「……」

澪「……おい唯……どした……?」

唯「…………みなさん、こんにちは!」

客「ざわざわ」

唯「おちんぽ大好き唯ちゃんです!」

澪「ぶーっ!!」

律「何いってんだ!」

客「ざわざわざわざわざわざわ」


唯「みなさん! 私は今朝、
  おちんぽを探して校内中を走りまわりました!
  でも、結局見つかりませんでした!!」

梓「せ、先輩っ……!」

澪「やめろ唯、なに喋ってんだっ!」がっ

唯「邪魔しないでよ!
  あー、講堂にいる生徒のみなさん!!
  みなさんの中に、おちんぽが生えてる人がいたら!!
  いまここで、名乗り出てっ……」

澪「唯! やめろって言ってるだろおおお!!」ぐいぐい

梓「そうですよ先輩っ!」

客「ざわざわざわざわ」

生徒会「ちょっと軽音部、一体何を……!
     それに舞台の上でおちんぽだなんて……」

律「ほら唯っ、下がるぞ!」ぐいーっ

紬「そうよ唯ちゃん」ぐいぐい

唯「み、みなさああん、私に、
  おちんぽ、おちんぽをぉぉぉぉぉ!!」

澪「この講堂におちんぽはない!
  おちんぽを持つ生徒は、すでに私たちが見つけて隔離した!」

唯「えっ、そ、そんな! 嘘でしょ!」

律「ホントだよっ!
  そういうことだから、早く引っ込むぞっ」ぐいぐい

唯「そんなっ……
  おちんぽっ、私のおちんぽーっ!!
  私のおちんぽ、どこーっ!!
  おちんぽ――――――っ!!」

梓「先輩、黙ってください!」

客「ざわざわざわ」

唯「おっ……おちんぽ――――――――っ!!!」




ガラッ
和「おちんぽは……ここにあるわよ、唯!!!」


澪「のっ、和!!」

律「な、なぜここに……!!
  全身をロープでグルグル巻きにして、
  体育倉庫の跳び箱の中に詰め込んだはずなのに!!」

和「あんなロープ、
  おちんぽのおかげで抜け出せたわ!」

唯「和ちゃん……
  おちんぽ、生えてるの……?」

和「ええ、生えてるわよ! ほら!」ボロン

生徒会「なっ……何をしているの、真鍋さん!!」

客「キャー!」
客「ひい、あの子おちんぽ生えてるううう!」
客「化け物よ、祟よおお!」

唯「和ちゃあああああん!!」ダッ

澪「あっ、待て唯!!
  唯ーっ!!」


唯「和ちゃんのおちんぽ!
  本物のおちんぽだ~っ!」

和「そうよ、おちんぽよ!
  このおちんぽで……あなたと私は結ばれるのよ」

唯「うんっ、セックスしよ、セックス!!」

和「ええ、分かってるわ!」

律「ふたりとも、やめろーっ!!
  こんなとこでセックスなんて!!」

和「やめるわけないでしょう!!
  こんな時が来るのを、ずっと待っていたんだから!!
  入れるわよ、唯!!」

唯「あああっ、入ってる! 入ってるよお和ちゃあああん!!」

生徒会「だ、誰かあの二人を止めなさいっ!
     力ずくでも構いませんっ!!」

客「キャーキャーワーワー」


――

――――

――――――


後のことは、多くを語らずとも
容易に想像出来るだろう。
唯と和は、講堂で一日中セックスに明け暮れたのだ。
教師や生徒会役員による
力ずくでの制止もまったく効果がなく、
二人はただ精子を撒き散らし続けた。


生徒会は講堂での発表会を中止し、
発表の場所をグラウンドに移して対応した。


私たち軽音部は今回の責任を負わされ、
無期限の部活動停止となってしまった。
でも、今考えればそれでよかったのかも知れない。
だって……




ぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱんぱん

唯「はああああん気持ちいい!!
  気持ちいいよお澪ちゃあああああああん!!」

澪「あああああっ、唯ぃぃっ、
  唯のおちんぽもっ、最高だああああっ!!」

律「どーだ梓ぁ、私のデカマラの味はあああ!!」

梓「はああ、いっちゃう、いっちゃいましゅううう!!
  私のちっちゃいおまんこ、
  律先輩のデカマラでいっぱいですううう!!!」

紬「はああああっ、梓ちゃああん、
  おまんこはちっちゃいのにおちんぽは逞しいのねえええ!!」


そう……なぜか軽音部全員におちんぽが生えてしまったのだ。
しかも今回は何日経っても消えないのである。
それからというもの、誰かのおまんこに自分のおちんぽをハメて、
自分のおまんこに誰かのおちんぽをハメられる日々を過ごしている。
唯があれほどまでにおちんぽを愛し、
セックスに夢中になっていた理由が、今なら分かる。
もうあまりに気持ちよくって、バンドのことなど考えられない。
でも、それでいい。
セックスをしている時が、生きている中で一番楽しいのだから。


            お      わ      り




最終更新:2010年03月31日 00:16