唯「りっちゃんがカチューシャを取って人気を稼ぐ気なら・・」

唯「わたしもED仕様で行くからね・・!」

律「何!?」

澪「私もポニーテールで臨ませてもらうよ」

梓「日焼けしてやるです」

紬「・・・・・」


紬「団子・・・」

唯「え、何?」

紬「私も団子モードで・・・」

梓「やめた方がいいですよ。そんなんじゃ第二形態の私達には敵いませんから」


「待ちなさい!」


律「誰だ!?」

さわ子「私を忘れないでよ」

唯「さわちゃん!?」

さわ子「全盛期の私の力を見せてあげる・・・」

澪「ヒィッ!!?」

梓「眼鏡を・・外した・・?」

紬「それにあのメイク・・」

唯「凄いギャップ・・これは強敵だね・・・!」


紬「キャアアアアアアアアア!」

律「!?」

澪「ど、どうしたムギ・・!?」


紬「あ、あれ・・・」ガタガタ





憂「お姉ちゃん、私も髪下ろしてみたよー」


唯「憂・・・・!」


律(くそ・・唯とは微妙に違う髪型で差別化してる・・!)

憂「おねえちゃん・・」

唯「な、なぁに憂・・?」

憂「これがええのんか~?」ペチペチ


澪「!?」

梓「憂・・・まさかの責めキャラでGP(ギャップポイント)を稼ぎに来た・・・!」



唯「ぁーん もっとぉー」

紬「唯ちゃん陥落・・・」


憂「ふふ・・キャラソンのシスコンっぷりもバッチリアピールして」

憂「現時点では恐らく私が最強・・」



澪「ひいい」ガタガタ

律「なんて力だ・・・」


「あら、なにやってるのあなた達」

紬「誰!?」



和「?」

和「とりあえず、眼鏡外せばいいのね」スチャ

ドゴォォォォォン

律「うわぁ!?」

紬「霊圧だけで・・・!」

梓「な、なんて存在感・・」

憂「・・・・!」



和「なんだ、みんな大したことないじゃない。私のキャラソン一番上手いし」

澪「・・・・」

和「?」

澪「その眼鏡、貰ったぁ!!」


和「フフ たかが眼鏡1つで・・・」

澪「それはどうかな・・?」カチャ

ドドドドドドドドドドド

和「嘘・・・」


律「あ・・・あれが澪・・?」

紬「眼鏡をかけると・・こんなにも刺激的だなんて・・・!」


梓「実在したんだ・・伝説の・・・・」



澪「さ、続けようか」




数時間後


澪「・・・フフフ」

澪「アハハハハハ!!やっぱり私が最強だったんだ!」

澪「主人公を差し置いてフィギュアも発売するし」

澪「EDも私が主役だ!一番は私!」

澪「その私が・・眼鏡とポニテを得てしまった・・・フフフ・・」



紬「・・・澪ちゃん・・・」

澪「まだ息が・・・!?」


紬「閃光の最中・・・」

紬「色んな・・色んな夢を見たわ・・・・」

紬「好きな人・・嫌いな人・・そして・・」

澪「・・・」

紬「見せてあげる・・そこで見つけたモノを・・・!」

澪「・・・・・・」スゥ

紬「・・・・・・」キッ


シュッ


ガガガガガガガガガガガッ

澪「・・・これは・・・隠れ巨乳!?」

紬「それだけじゃない・・チャイナドレスも・・・!」

澪「くっ・・・!」



澪「だが それがどうした!!!」ドカッ

紬「グッ!?」


澪「そんな服みたいな地味なことじゃポイント稼げないんだ!髪型変える勢いがいるんだ!」

澪「お前にその覚悟があるのか!ムギ!」

紬「・・・・見せてあげるわ・・・」





                                 ノ)
                              { {
                                / Y)
                          ⌒〈  l{
                      /    }  ノ
                     _/  .   ´ ̄ ̄`
                      "´   /   .:         \
              ,  '´       /     ,/l   l、  ヽ  \
              /        /  /  〃 |   | ヽ   ヽ
              {           /|   .′ 人>   |∠ィ  !l  i
.             ヽ        .イ | | l  / _   \ |  ヽ |   }
              |     _/ :! | | | ,x=z-ミ   `≦z=x | | |
.              l        | |_| VY'辷う      辷う^ヘ/ |_ !
                 .        | { | ::}   :::::   ,   :::::  { | } |
.               ,       い| ::{            } |ノ!
                ,     l! ::::、      H      /: l:.. ヽ
                 ヽ     ,′:l: r>、          .ィ::; ! ̄ヽ
                  丶   |   :l:| { >、 ..__.. ィ::八l/   l     ヽ
                 人   l  :::l |、 ゝ:::::_x――- ′_ }/    ヽ
                    //ハ  '.  ::゙.|  ̄`./{         ̄  ¬ ―- 、
                 // : : :〉   ゙、  :::l___! ゙.                 ヽ
              i { : : : l∧ 八  :l    l '.                    ヽ
                l∧ : : /. :∨  '   ゙.   | ,ハ.__.:::へ
               { \/ . : :| __ハ  }   | |l J  {   {_ 二r- _       ノ
               ヽ / . : : :|::::::/ } '丁:!‘1リ 「::::ヘ   ヽ::: |: : :l: :l |「   "´
                  / . : : : :|:::/ / /::::l:::| :::´:l::|:::::::::::.   '.:::|: : : :〈 リ


紬「モグモグモグモグ」

澪「・・・・・・そんな・・」


紬「モグモグモグ」

澪「よせ・・・!」

澪「もういい・・休め・・・!」



紬「モグモグモグ」

澪「そんな・・自分をネタキャラにしてまで・・・生き残りたいのか・・・」



紬「・・・・・」

紬「・・・実はこれ、沢庵なの!」ポリポリ

澪「やめろ・・!」


ムギちゃんはその後 ネタにされるような行動しかしなくなりました

もうまともな道は残されてないと悟り 最後の手段を使ってしまったのです

でも

私達は諦めません

頂点に立つ澪ちゃんを いつか倒す為・・・・


戦いは続く・・・!




憂「これがええのんか~?」

唯「もっと~」


終わり



最終更新:2010年04月21日 02:28