―――――――――――――――

3日後 放課後

唯「……」ソワソワ

唯(きっと今日が勝負の日だよ。手詰まりのりっちゃんは私に直接文句を言いにくるはずだよ)

唯(どう出るかわからないけど……。何にせよ、今は私が圧倒的優位だからね)

唯(すこしくらいの無理なら通るよね……えへへ)

唯(りっちゃんとえっちできるかもと思ったら、おちんちんがビキビキだよぉ)

唯(こんなに時間がかかったんだから……。何回かえっちしただけじゃ済まさないんだから!)

唯「ぐふふ……」

ガチャ

律「……よう」

唯「あ、遅いよりっちゃん!呼び出しといて遅刻なんて何考えてるのさ!」プンプン

唯(もう!我慢できないで皆の私物でオナニーしちゃうところだったじゃん!)

律「悪い……」

唯「いいよ。今私は機嫌がいいからね!で、何かな?」

律「最近、澪のやつが……その」

唯「ああ!りっちゃんを嫌ってるって話だねっ?」

律「……」

唯「それはしかたがないよー!だってりっちゃんはまた澪ちゃんを傷つけたんだから!」

律「それは……」

唯「で、それを私に言ってどうするの?りっちゃんのフォローをしてほしいとか?」

律「いや、その……唯は何か知らないかと思って……」

唯「ええーっ?りっちゃんが自分の胸に手を当てて聞いてごらんよ!」

唯「だってこの状況はりっちゃんが招いたものなんだよ?私がどうこうじゃないよぉ」

律「そうだけど……でも」

律「どうしても納得できないんだ……。あそこまで拒絶されたり……何もかもうまくいかないなんて」

唯「りっちゃん、何が言いたいの……?」

律「……」

唯「もしかして、私のせいだって言いたいの……?」

律「あ、そういうわけじゃないんだけど……。何か原因に心当たりがあったら……」

唯「自分のせいで嫌われたのに、恋人の私のせいにするの!?りっちゃんサイテーだよっ!」

唯(えへへ、りっちゃん大正解だよー。私のせいだよっ)

律「ち、違う……。そんなつもりじゃないんだ。ごめん……」

唯(りっちゃん困ってるね!弱気なりっちゃんって新鮮で可愛いよぉ)

唯「ねえりっちゃん、りっちゃんは何でそんなに澪ちゃんにこだわるの?」

唯「恋人でもないのに……。それに、澪ちゃんはただの友達なんでしょ?」

律「そう……だけど」

唯「友達に恋人ができて一緒の時間が減ったから、その恋人に文句を言いにくるなんて、ちょっとおかしくない?」

唯「そういうのは澪ちゃんにいいなよ。筋違いだよ!」

律「……」

唯「ありゃ?先に澪ちゃんに言ったんだっけ?それでフられたから私にお願いにきたの?」

律「……」

唯「ええーっ!?黙ってるってことは、まさか本当にそうなのっ?」

律「あ……その」

唯「ほぇぇ~……。信じられないよぉ。私、びっくりしちゃった!」

律「私と澪の時間を少し増やしたいんだけなんだ……。だから」

唯「ええっ?私に澪ちゃんから離れろってこと?」

律「あ、いや!そういうわけじゃないんだ!ただ……」

唯「私が離れても意味ないよぉ。だってもう、澪ちゃんから私の方にくっついてきてるんだからさ!」

唯「りっちゃんが澪ちゃんを傷つけたせいで、澪ちゃんは私しか信用できなくなってるんだからねっ」

律「う……」

唯「つまり、りっちゃんの自業自得だよっ」

唯「……でも」

唯「方法がないこともないよ?」

律「えっ?」

唯「私が澪ちゃんと別れればいいんだよ」

律「えっ!?だ、だって澪は唯の事……」

唯「……ぷっ」

律「え」

唯「あはははははは!りっちゃんおもしろーい!」

律「な、なんだよ……」

唯「だって、まだ気づかないんだもん!鈍すぎるよぉー!あははは!」

律「え……?」

唯「私が本当の事を言えば、少なくとも私とは絶対に別れるよ!」

唯「だってりっちゃんの思い通りにいかないのは、私が先に澪ちゃんに忠告してたからだもん!」

律「……」

唯「りっちゃんの気を引くためにわざと距離置いてとか、りっちゃんの言葉に耳を貸しちゃダメだよとか」

唯「先に言っておいたからこうなったんだよっ。そうでなきゃ澪ちゃんがりっちゃんにそんな態度とるわけないよぉ」

唯「だから、そういうのが全部誤解っていえば、あっさりりっちゃんの所に行くと思うよっ!」

律「……どういうことだよ」

唯「へ?どうって……。澪ちゃんがぬか喜びして傷つかないように言っておいただけだよ?」

唯「だってそうしないと、りっちゃんは思わせぶりな言葉で澪ちゃん騙すでしょ!私の側に……とかね?」

律「う……それは」

唯「だから、私は澪ちゃんのためを思ってそうしただけだよ。りっちゃんが怒るのはおかしいよ?」

律(くそ……反論できない。確かに唯の言うとおりだ……)

唯「だから、りっちゃんは私にお願いする立場なの!誤解をといてください。別れてくださいってね!」

律「……」

唯「ね?」

律「別れなくてもいい……」

唯「いいのぉ?」

律「でも、誤解だけはといてくれ……。澪と仲直りしたいんだよ……」

唯「ふむふむ、なるほどなるほど……」

律「頼む……。この通りだ」

唯「りっちゃんの気持ちはよくわかったよ」

律「えっ!」

唯「……やーだよっ!」


律「え……」

唯「だって、仲直りさせても私にメリットがないじゃん!」

律「メリットって……!誤解なんだからそれを解くくらいはしてくれたって!」

唯「だってこれは全てりっちゃんが原因なんだよ?澪ちゃんの告白断ったのに、曖昧な言葉を使ったりして」

唯「そういうヒキョウな真似をするからこうなったの!だからそう簡単にお願いは聞けないよ!」

律「う……。それは本当に反省してる……だから……」

唯「口先だけなら何とでもいえるよ……。他に何かすることはないの?」

律「え……?」

唯「誠意をみせてくれないと!謝罪なんてどうでもいいから賠償だよ!」

律「ば、賠償?」

唯「うん。何かないの?」

律「そ、そんなこと言われたって……どうすればいいんだ?」

唯「……」

唯(えへへ。ここで『体で払ってよ!』なんていうのはお馬鹿さんがすることだよっ)

唯(まだ決定的な状態じゃないからね……。何しろりっちゃんは澪ちゃんを友達としてみてるんだから)

唯(自分の体を使ってまで取り替えすことはありえないからね!)

唯(ここからが私の腕の見せ所だよっ)

唯「はぁ……。何も考え付かないなんて、りっちゃんの気持ちはその程度だったってことだよ」

唯「まありっちゃんが諦めてくれれば、私は澪ちゃんを手放さなくてすむし別にいいよー」

律「……」

律「そんなに澪が好きなのか……?」

唯「んぅ?そうだね、まあまあ好きだよ!4番目くらいには」

律「4番?」

唯「うん!見た目はいいし、スタイルいいし……。とりあえずキープはしときたい!」

律「お前……何言ってんだ?」


唯「ほえ?だからぁ、とりあえず自分の女の子の一人にしておきたいんだよぉ」

唯「1番の恋人にしようとは思ってないけど、時々えっちできればいいかなってね!

律「は……?」

唯「あ、澪ちゃんの体ってすごく気持ちいいんだよ。知らないでしょ?」

唯「美人でスタイル抜群!おっぱい大きいし、体中敏感だし、あそこもすごくいいんだよ?」

唯「初めて澪ちゃんに挿れた時なんか、私あっという間にイっちゃったんだー。でへへ」

唯「気が弱くて流されやすいから、すぐえっちできるし……。だから手放したくないんだよー」

律(こいつ……何言ってんだよ)

唯「えへへ、信じられない?でもほんとだよー♪澪ちゃんに聞いてみなよっ!」

律「……澪の恋人じゃなかったのかよ」

唯「恋人だよ?恋人の中の一人だけど」

律「お前は澪の事を本気で好きなんだと思ってたんだぞ……」

唯「好きだよ!でも私には他にも女の子がいるから……。澪ちゃんだけ特別扱いはできないよ!他の子の事も考えてよぉ」

唯「だからこれからも、恋人の一人として仲良く付き合ってくつもりだよ!」

律(こいつ、クズだ)

唯「どうしたのりっちゃん……?なんだか怖いよ……」

唯「あ!心配しないで?澪ちゃんに飽きちゃったら、りっちゃんにちゃんと返すから安心してよ!」

律「なるほどな……よくわかったよ。お前がクズだってこともな」

唯「えぇ……?突然ひどいよぉ」

律「それにバカだな。調子にのってペラペラ喋りやがって」

唯「えっ……?あ!」

律「今聞いたことは全て澪に伝える。これで澪も目を覚ますだろ。これで終わりだよ」

唯「そ、そんな……ずるい!告げ口なんてヒキョウだよ!」

律「何が卑怯だ……。お前のしてきたことに比べれば何でもないんだよ」

唯「う……うぅ……」

律(やった……やった!)

唯「うん、いいよっ!どうぞご自由に!」

律「えっ……?」


唯「どうしたの?早く澪ちゃんにチクりなよ」

律(な、なんだこいつ。突然開き直りやがって……。もしかして、まだ何か策が?)

唯「りっちゃん?」

律(……いや、それはない。はったりだ。虚勢をはって私に勘違いさせて、チクらせまいとしてるんだ)

律「……そうだな。じゃあお言葉に甘えて澪に報告させてもらうか」

唯「うん、いいよ。じゃあ部室に呼び出すね」カチカチ

律「え……」

律(なんでそんなに平然としてるんだ?まさか本当に何か策が……。いや、そんな事は)

律「……」


―――――――――――――――

部室

ガチャッ

澪「……」

律「澪……」

唯「りっちゃん、なんなの?突然こんなところに呼び出して……」

律(え?こいつ突然何を……。まあいい、さっきのだけ伝えればそれで終わりだ)

律「澪、落ち着いて聞いてくれ。唯はお前を利用してるんだ」

澪「……!」

律「澪の事をキープがどうとか、そんな目で澪を見てる……真性のクズだ」

唯「!?り、りっちゃん……なんてこというの……?」

律「これも全て演技……。澪を騙すための策略なんだよ」

澪「……」

律「しかも唯はな、他に何人も付き合ってる奴がいるんだ。少なくとも4人以上だ」

律「澪のことは大して好きじゃないけど美人だからキープする……そう言い放ったんだ」

澪「やめろ……」

律「……わかってくれたか?それが唯なんだよ」

澪「もう嘘つきの言う事は聞きたくない……」

律「え……?澪、今何て」

澪「もう喋るな……嘘つき」

唯(えへへ……)

律「嘘つき……?え?」

澪「信じるわけ無いだろ、でたらめ言って……」

澪「唯は落ち込んでる私をずっと支えてくれたんだ!すごく優しくしてくれたんだ!」

律「そ、それは澪につけこもうと……!」

澪「違う!唯は、最後まで律は私の事を気にしてるとか、応援してくれてた!」

唯(むふっ)

澪「それに、私に傷ついてほしくないからって色々なアドバイスもしてくれて……」

澪「どれだけ私が唯に助けられたか律は知らないんだ!」

律「だから違うんだよ!それが全て唯の計画だったんだよ!」


澪「……律のいう事は信用できない」

律「な、なんでだよ!?」

澪「知ってるんだぞ……。曖昧な言葉を使えば言い逃れができるって言ったこと」

律「!」

澪「私を勘違いさせて、ぬか喜びさせて、後で言い訳しようとしたんだ……」

律「そ、それは……うぅ」

澪「そんな事言う律なんか、信用できない……」

澪「そればかりか、唯の悪口まで……!最低だっ!」ダッ


バタン


律「……」

唯「……ぷっ!」


律「う……っ」

唯「あはははは!りっちゃん変な顔ー!泣いちゃうの??泣いちゃだめだよっ!」

律(なんでだよ……。私は本当の事を言ってるのに……なんでこうなるんだよお)

唯「だから言ったでしょ?もう諦めなよ!」

唯「ちゃんと返してあげるからさ。がばがばになってからかもしれないけどね……えへへ」

律「……」

唯「まありっちゃんには澪ちゃんが誰とどれだけえっちしようが関係ないし、いいよね!」

唯「よーし、今日は記念に澪ちゃんのおまんこ使って出しまくるぞー!」

律(だめだ……。こんな奴に澪を任せちゃ……)

律「……やめろ」

唯「ほえ?」

律「澪に手を出すな……」

唯「ええっ?りっちゃん、突然何を言い出すの?」

律「お前が本当に澪を大切にしてるなら話は別だ……。でも」

唯「ほええ?」

律「そうやって澪の事を騙して、自分の欲望のはけ口にするのは……絶対に認めない」

唯「あうう、意味がわからないよー……」

律「金輪際澪に近づくな!」

唯「……」

唯「やだ!」

唯「りっちゃんにそんな権利ないよ。それに、引き離す力もね」

唯「私から別れない限り、ずっとこのままだよー」

律「っ……」

唯「だから、りっちゃんは私にお願いする立場なんだよ。私が上で、りっちゃんが下なのっ」

唯「さあ、お願いしてみて?澪ちゃんと別れてください、お願いしますってね」

律「……別れろ」

唯「ほええ?よく聞こえないよぉ」

律「別れろ!澪と別れろ!」

唯「……はぁー。りっちゃんは聞き分けのない子だねぇ」

唯「いいよ。別れてあげるよ

律「ほ、本当か!?」

唯「ただし、条件があるよ。無条件で恋人と別れさせられるなんて絶対納得いかないからね」

律「なんだよ、その条件ってのは……?金か?」

唯「そんなのいらないよぉ。言葉でもない、お金でもないとくれば……ね?」

律「え……?」


21
最終更新:2010年12月01日 01:20