唯「・・・」モゾモゾ

憂「お姉ちゃんどうしたの?」

唯「えっ?な、なんでもないよ」

憂「ご飯たべないの?」

唯「あ、ごめん。もう、いいや。ごちそうさま」

憂「・・・」

梓「唯先輩が?」

憂「うん。風邪かな?」

梓「部活の時聞いてみるよ」

憂「お願いね」



部室

梓「失礼します」

唯「あ、あずにゃん」

梓「こんにちは。唯先輩だけですか?」

唯「う、うん」モゾモゾ

梓「そうですか。・・・唯先輩どうかしたんですか?」

唯「えっ!?な、なんでもないよ!」モゾモゾ

梓「そうですか?でもなんかソワソワしてるっていうか・・・なんか変ですよ?」

唯「そ、そんなことないよ!ちょっとトイレ行ってくるね!」


私平沢唯は今ちょっとピンチです。

唯「うう・・・あずにゃん気づいたかな?」

唯(りっちゃんが教えてくれないから・・・)



一週間前深夜

唯「あ・・・あ・・・」ビクビク

「皆さん!マスターベーションのしすぎに注意しましょう!」

唯「え?な・・・に・・・それ」ビクンビクン

「マスターベーション、つまりオナニーをしすぎると生理が遅れたり子供ができなくなるかも!」

唯「え?」

「だから!ry」ブツン

唯(りっちゃんそんなこといってなかったよ)



それから一週間、私は禁欲生活しているのです。

唯(したいよ・・・でも学校だし、誰か来たら)

唯(我慢しよう)


律「おー唯。長かったな。大か?」

梓「律先輩女の子なんですからもっと言葉を選んでください!」

紬「はい。唯ちゃんの分ね」

唯「あ、ありがとう」

梓「大丈夫ですか?顔色よくないですよ」

唯「ちょっと風邪かな。ははは」

澪「今日は帰ったほうがいいじゃないか?」

唯「うん。これ食べたら帰るね。みんなごめん」モゾモゾ

紬「無理しないで、唯ちゃん」

唯「ありがとう、ムギちゃん」


唯「じゃ、じゃあね。皆」バタン

梓「大丈夫でしょうか唯先輩」

澪「ちょっと心配だな」

律(まさか・・・あれか?)

紬「どうしたの?りっちゃん」

律「悪い!あたしも先帰るわ」

澪「お、おい。律まで」

律「じゃあな!」



唯(早く帰ってしよう。もう我慢の限界だよ)

律「唯!待てよ!」

唯「り、りっちゃん」

律「お前まさか・・・」



梓「律先輩まで帰っちゃいましたね」

紬「・・・」

澪「三人じゃ練習にならないし私らも帰るか?」

梓「そうですね」

紬「それじゃあ皆で唯ちゃんのお見舞いに行きましょう」

澪「でも今帰ったばかりだからまだ家着いてないだろ」

紬「後を付いて行くのよ」



律「ここじゃあれだから外で話そう」

唯「う、うん。私もりっちゃんに話あったし・・・」

律(やっぱりか)

律「じゃあ行くか」



梓「別に尾行みたいなことしなくても・・・」

紬「梓ちゃん、今日の唯ちゃんなんか変じゃなかった?」

梓「え?そりゃあ風邪ひいてるらしいですし」

紬「本当に風邪かしら?」

澪「確かになんだかソワソワしてたというか、モゾモゾしてたというか」

紬「でしょ?」

梓「だからって・・・」

紬「正面から行っても会ってもらえないかもよ?」

梓「・・・」

澪「ここで考えててもしょうがない。行こう」




律「唯!単刀直入に聞く!」

唯「は、はい!」

律「お前・・・我慢してるだろ?」

唯「え?」

律「だから・・・その・・・」



澪「いたぞ!」

紬「澪ちゃん隠れて」

澪「え?ああ、悪い」

梓「なにを話してるんでしょうか」

澪「ちょっと遠くて聞こえないな。もう少し近づこう」

紬「・・・」

律「お、オナニーだよ!」

澪&梓「!?」

紬「ねぇ?オナニーってなに?」



唯「!?」

律(言っちゃった)

唯「う、うん」

律「やっぱりか」

唯「だってテレビで・・・」



澪「い、今は唯たちの会話だ!」

梓「そ、そうですよ!早く行かないと行っちゃいますよ!」

紬「後で教えてくれる?」

澪&梓「・・・」

律「なーんだあれか!」

紬「!?」



律「唯、お前最後までちゃんと見たか?」

唯「え?途中で消しちゃったけど・・・」

律「あれはジョークだよ。ああいう番組なんだ」

唯「そうなの?じゃああの後なんて言ったの?」

律「それはだな・・・」

律(待てよ、ここは逆に)

唯「それは?」

律「ああ、でも子供ができにくくなるのはホントらしいぜ」

唯「そうなの?」

律「だからそれを解消するためにHしようって言ったのさ」

唯「Hだなんてりっちゃんはしたない」

律「ば!」そこはジョークだって言ってんだろ!」

唯「あ、そっか。じゃありっちゃんは何日置きくらいにしてるの?」

律「あ、あたしか?」


紬「会話がよく聞こえないわね」

澪「む、ムギ。もう帰らないか?」

紬「澪ちゃん逃げるの?」

澪「に、逃げるってなにさ?」

紬「教えてくれるって言ったじゃない」

梓「あ、私猫の世話ありますんでこれで・・・」

紬「梓ちゃん・・・」

梓「はい」



律(どうしよう。聡の部屋にあった本の知識を無理やり唯に教えたなんていえない)

唯「りっちゃん?」

律「しゅ、週一だよ!土曜日か日曜に一回だけさ!」

唯「そうなんだ。やっぱり私やりすぎなんだね」

律(いやすまん!わからん)

唯「私もそうするよ!今日やって、毎週金曜日にする!」

律「お、おう。そうしろよな」

唯「あ、着いた。今日はごめんね。皆にも謝っといて」

律「おう。気にすんな」

唯「じゃあねー」バタン

律「・・・」


律(どうしよう。なんか唯に悪いことしたな)

律(明日本当の事話そう)

紬「あらりっちゃん。唯ちゃんの様子はどうだった?」


律「む、ムギ!それに澪と梓まで」

澪「よ、よう」

梓「どうも」

紬「ちょうどよかったわ。りっちゃんにも教えてもらいましょう」

律「え?なにをだ?」

紬「オナニーをよ」



律家

律「ただいまー」

澪&梓&紬「おじゃましまーす」

聡「あ、姉ちゃんお帰り。俺ちょっと遊びに行ってくるね」

律「おう。気をつけてな」

聡「行ってきます」バタン」


紬「それじゃあ教えてもらおうかしら?早速」

律「あ、あたし飲み物持ってくるよ!」

梓(に、逃げる気だ!この人)

紬「後ででいいわよ。りっちゃん」

澪「私、トイレ」

紬「後でにしてもらえるかしら。澪ちゃん」

梓(誰も逃がさない気だこの人!)

紬「どうしたの?皆」

澪「あのなムギ。皆の前ではできないんだよ」

紬「まぁ澪ちゃん!実際にやってくれるのね!」

澪「え?」

紬「じゃあ実演してもらおうかしら」

澪(しまった!)

梓(ムギ先輩実は知ってるのでは!?)

澪「ああ。説明すればよかったんだよな」

紬「そうよ」

澪「・・・」

紬「どうしたのかしら?澪ちゃん」

澪「も、元はと言えば律が悪いんだぞ!お前が説明しろ!」

律「あ、あたし!?」

梓「そ、そうですよ!ほら律先輩」

律「なんであたしなんだよ。さてはお前ら盗み聞きしてたな」

紬「そうね。りっちゃんが一番知ってそうだわね。お願い」


律「あ、アソコを触るんだよ」ボソ

紬「アソコ?なぜかしら?」

律「気持いいからだよ」

紬「そうなの?ちょっとやってみようかしら」

梓「む、ムギ先輩本気ですか?」

紬「ええ。本気よ」

梓「やめてください!はしたない!」

紬「あら?はしたないことなのかしら?」

澪「そうだぞムギ。冷静になれ」

紬「私は冷静よ」スッ

律(こいつマジだ!)

梓「なに脱ぎ始めてるんですか!やめてください」

紬「皆が見てる前でやってみたいのよ」

澪&律(Mだ)

紬「始めるわよ」

梓「わかりました!」

澪「あ、梓?」

梓「ムギ先輩がやるなら私もやります!」

澪「ちょっと梓までなに言ってんだよ!」

律(ここあたしん家だよな?家間違えたかな?)

紬「まぁ梓ちゃんもやってくれるのね」

梓「ムギ先輩だけ恥ずかしい思いはさせません!」

律(こいつ自分からぬいだんだぞ-)

澪「おい、律も止めろ!」

梓「・・・」ヌギヌギ

澪「ホントにするのか?」

紬「澪ちゃんもする?」

律(なにこの状況・・・おかしくね?)

澪「やらない!」

紬「残念だわ」

梓「準備でき・・・ました」

紬「まぁ可愛い、梓ちゃん」


澪「おい!律!しっかりしろ!」

律「おまえらー、部屋汚すなよー」


澪「そうじゃないだろ!律!しっかりしろ!」バチン

律「は!お、お前ら出てけー!」

紬「今からじゃないのよ」

梓「そ、そうですよ!」

律「いいから帰れ!自分家でやれ!」

紬「もしかしてりっちゃんもしたいのかしら?」

律「そ、そんなわけあるか!いいから帰れよ!」

梓「人の下半身見ておきながら帰れとはなんですか!?」

澪(お前たちが勝手に脱いだんだろうが!)

紬「そうよりっちゃん、不公平じゃないかしら?」

律「は?」

紬「それにりっちゃんが教えてくれたんじゃない?」

梓「そうですよ!」

澪(帰りたい)

紬「私、オナニーするまで帰らないわよ」

梓「わ、私もです!」

澪「お前らおかしいぞ。特にムギ。どうした?熱でもあるのか?」

紬「私は平熱よ。下は熱いかもしれないけど」

律「・・・」


律「くっ!ど、どうしてもか?」

紬「ええ。ねぇ梓ちゃん?」

梓「はい!」

澪「私は帰っていいか?」

紬「よくないわよ。澪ちゃんも見たじゃない?私のアソコ」

澪「だからなんだよ」

紬「最後まで付き合うのが友達じゃないかしら?」

澪「・・・」

律「わかった。さっさとしろよ」

澪「律・・・」

紬「ありがとうりっちゃん」

紬「じゃあ触るわね」

紬「こうかしら?」

梓「そ、そんなんじゃダメですムギ先輩。こうです」

梓「は・・・あ!・・・あ・・・」グチュグチュ

紬「どう?梓ちゃん気持ちいい?」

梓「は・・・い・・・気も・・・ちい・・・」グチュグチュ

紬「はぁぁん・・・あ・・・あ・・・」グチュグチュ

澪&律「・・・」


梓「イ・・・イキ・・・そう・・・です・・・」グチュグチュグチュグチュ

紬「な・・・なにか・・・で・・・でそう・・・」グチュグチュグチュグチュ

律「く・・・は・・・あ・・・」グチュグチュ

梓「ダメェェェェ」プシャーー

澪「・・・」

紬&律&梓「ハァハァハァ」ハァハァ

澪(わ、私が間違ってたのか?)

紬「す、凄く・・・良かったわね」ハァハァハァハァ

梓「はい・・・」ハァハァハァハァ

律「お・・・お前ら・・・掃除・・・しろよ」ハァハァハァハァ



月曜日

唯「りっちゃんおはよう」

律「おう!おはよう」

唯「あのね、あのね。久しぶりにしたらとても気持ちよかったよ」

律「そ、そうか」

唯「りっちゃんは?」

律「ああ。き、気持ちよかったぜ」

唯「そっか!ありがとね、りっちゃん」

律「あ、ああ」

律(言えない。皆としたなんて言えない)





おわり



最終更新:2010年06月24日 17:41