唯「憂、おいしいよぉ」

憂「あー、またお姉ちゃんつまみ食いして」

唯「えへへ。ごめーん。でもこの唐揚げおいしいよぉ」

憂「ありがとう!お姉ちゃん!…でもちょっと作りすぎちゃったかな?」

唯「憂、ごめんね?…200グラムか2000グラムで迷ったんだよね、鶏肉」ションボリ

憂「ううん!大丈夫。おねえちゃんが気にすることないよ!」

憂 (鶏肉をキロ単位で買ってくるお姉ちゃん可愛い!和さんの方がもっと可愛いけど!)

唯「メンボクない…あ、そうだ!」

憂「どうしたの?お姉ちゃん?」

唯「和ちゃんを呼んでみんなで食べようよ!今日家に一人っていってたし!」

唯「きっと今頃一人さびしくご飯を食べようとしているよ!」

憂「で、でもそれって和さんに迷惑じゃないかな…?」

唯「そうかなー?じゃあちょっと電話してみるね!」

憂「あっ!ちょっとお姉ちゃん!?…やばい。やばいよこれは」

憂 (だが落ち着け平沢憂…!まだ和さんが家に来るとは限らないじゃないか…)

唯「うーいー!のどかちゃん来るってー!」

憂 (あかんやないか!)


憂 (お、落ち着け…まだ和さんが家に来るまで若干余裕がある!)

憂 (ひとまず和さんの眼鏡を隠さないと…)

憂 (…ってあれ?眼鏡どこやったっけ?)

憂 (やばいやばい…!どこだ…!?)

憂 (おちつけ平沢憂!…ひとまず時間を稼ごう…!)

憂「おねえちゃーん!和さんにスーパーでアイス買ってくるようにおねがいしてー!」

唯 「え?でもさっき私買ってきたよ?」

憂「えっと…和さんの分を買ってきてほしいんだよ!」

唯 「なるほど!あとね、のどかちゃん!のどかちゃんのアイス買ってきて!」

憂 (眼鏡探さないと…!)



眼鏡探さないと…!
眼鏡探さないと…
眼鏡さがさないと
めがねさがさないと


メガ練り物サンド



ムギ「試食ですか?」

星野「そうなの。今度新製品が出ることになって、その試食をお願いしたいんだけどいいかしら?」

ムギ「ええ!どんとこいです」

星野「助かったわ!本当は私と店長でするはずだったんだけど今日早退してて」

ムギ「そういえば店長は腰を痛めて早退してましたね」

星野「ホントありがとう!他の人はまだ来ないし…ごめんなさいね。バイト終わった直後に」

ムギ「いえいえっ。だいじょうぶですよ♪」

星野「じゃあちょっと持ってくるわね!」

ムギ「は~い」

ムギ「…最初は何にも出来なかったけど…誰かの役に立ててる…嬉しい」

ムギ(それに梓ちゃんも…私のこと良く思ってくれてるみたいだし…)

ムギ(…ゆくゆくは唯ちゃんみたいに「あずにゃん」ってよびたいな♪)

ムギ(もっとがんばらなきゃね!)


星野「おまたせー」

ムギ「!すごいですね…」

星野「ええ!ちくわ、蒲鉾、ナルト、さつま揚げ、つみれに白黒のはんぺんをはさみBBQソースで濃厚な味付けを施した!」

星野「全長20㎝!これが新製品練り物メガサンド!あ、そういえば紬ちゃんは練り物大丈夫?」


ムギ「は、はい (パンに練り物ってあうのかしら?)」

星野「じゃあちょっと試食してみてくれない?」

ムギ「はい!いただきま~す」


いただきま~す
いただきま~す
いただきまーす
いただきます


いってきます



和「いってきます…といっても誰も家にいないわけだけど」

和「あんなことがあった後だし…悪いけど両親が帰ってくるまで唯の家にお邪魔させてもらいましょ。」

※※※

和「あら、唯からだわ…もしもし?」

唯「もしもし!のどかちゃん?」

和「あなたがかけてきたんじゃない」

唯「そうでした。えへへ」

和「で、どうしたの?」

唯「あのね、ちょっと夕飯作り過ぎちゃったの!今日確か家にのどかちゃん一人だったよね?いっしょにたべようよ!」

和「そんないきなり…いいのかしら?」

唯「大丈夫だよ!うーいー!のどかちゃん来るってー!」


和「ちょっと、まだ行くって言ってないじゃない」

唯「えぇ、じゃあ来ないの…?」

和「…お邪魔させてもらうわ」

唯「いぇーい!……あとね、のどかちゃん!のどかちゃんのアイス買ってきて!」

和「はぁ?」

※※※

和「なんでわざわざアイスを…しかも私の分を自分で…まあいいわ。スーパーよっていきましょ」

警察官「ちょっと君、いいかな?」


和「え?私ですか?」

警察官「ちょっと道を聞きたいんだが…な、なんだい!?その眼鏡は…」

和「え?あ!(やだ、鼻メガネのまま出てきちゃった…)」

和「…こ、これは違うんです!これしかなかったっていうか…」

警察官「はは、大丈夫だよ。まあ少し驚いたけどね…バーガーショップにはどう行ったらいいかな?恥ずかしながらこの街にきてまだ日が浅いもので…」

和「ああ、それでしたらこの道をつきあたりに左に曲がれば見えますよ」

警察官「おおそうか!ありがとう」

和「いえ。お疲れ様です」



和「こんばんは」

唯「うーいー!のどかちゃん来たよー!…ってその眼鏡!どうしたの?」

和「ちょっと色々あってね…」

憂「こ、こんばんは!(結局眼鏡みつからなかったよぅ…)」

和「憂ちゃんもこんばんは。はいこれアイス」

憂「あ、ありがとうございます!それじゃあ晩御飯にしましょう!今日は唐揚げですよ!」

唯「あ、そうだ!のどかちゃんハイ!眼鏡!」

憂「!?おねえちゃん!?」

和「!?どうして唯が持っているの!?」


唯「だってうちのテーブルの上にあったんだもん!これのどかちゃんの眼鏡でしょ?」

和「確かにそうだけど…」

唯「それにその鼻メガネ、多分わたしの面白グッズだよ!…ほらここに「ゆい」って!」

和「あらほんとだわ」

憂(やっぱりお姉ちゃんの鼻メガネはまずかったか…)

唯「それにしても憂はクールだね!くーるじゃぱん!」

憂「え?どういうことかな?」

唯「だってのどかちゃんが鼻メガネしてるのみてもツッコミもリアクションもしなかったじゃん!」

和「そういえば…憂…私の鼻メガネに反応しなかったわね?誰しも何かしら反応するというのに…(あの警察官さんとか)」

憂「た、たまたまですよいやだなぁ」ハハハ…

唯「そもそもなんでのどかちゃんは鼻メガネしてるの?」

和「…実は今日昼寝から起きたら私の眼鏡がコレになっていたのよ」

唯「そうなんだ!あ、もしかして憂がすりかえてたりして~」

憂「(お姉ちゃんこういうときは鋭い!)ま、まさか!証拠がないよ!おねえちゃん!和さんの部屋入った形跡もちゃんと消したはずだし!」

唯「ふぇ?「消した」ってどういうこと?」

憂「あ」

和「…どうやら詳しく話を聞く必要があるみたいね…」

憂 (…詰んだ)



…詰んだ
詰んだ
つんだ
つんだ


済んだ?



純「ほら、もう気が済んだ?」

梓「スンスン…うん。ありがとう」ズビッ

純「いーえ。さ、そろそろ帰ろう?」

梓「うん…にへへ」

純「顔がみだらになってるわよ…」

梓「だぁってぇ…ムギ先輩とデートだよぉ…正しく人生最良の日だよ…今日はつきあってくれてありがとうね、純」

純「いーえいえ。お安いご用です」

梓「…ホントにありがとう」

純「さ、帰りますか!」

警察官「ちょっと君たちいいかな?」

純「え、私たちですか?」   

警察官「ああ。バーガーショップの前で不審な動きをしつつ店員を蹴り倒したツインテールの女子高生がいるって通報があってね…」

純・梓「 」

警察官「ここじゃなんだから、とりあえず交番においで」


交番においで
こうばんにおいで
こうばんにおいで
こうはんにおいて


ご飯は多め?



澪「律、ご飯多めでいいか?」

律「おう!ライスたっぷりで頼む!…しっかしお腹ぺっこぺこだな!うまそー!」

澪「…なんかこれ変じゃないか?ラベンダーみたいな匂いがする…」

律「手作りならこんなもんじゃないのー?この天才料理人律様のスパイスがきいているだよ。うんうん」

澪 (この前作ったときは違ったんだけどな…まあいいか)

律「じゃあさっそく食べますか!二人の愛の結晶がどうなってるか楽しみですわ~ん!」

澪「は、恥ずかしいこというな…!」

律「えへへ…じゃ、改めまして」

律・澪「いただきま~す!」


いただきま~す!
いただきまーす
いただきます
いたたきます


幾何学メイク



さわ子「結局一人酒。そしてふと我に帰るこの瞬間…いやだわ…」

さわ子「なんで自分で自分の顔に落書きしてるのかしら…全く覚えがないわ」

さわ子「やだなにこれ…なんで私三角やら四角やらの幾何学模様を書いてるのよ…幾何学メイク?」

さわ子「あぁ…死にたい」

さわ子「あら電話。はいもしもし?」

さわ子「        てめぇか」

さわ子「おうおうてめぇどの面下げて電話してきゃあがるんだこの野郎」

さわ子「……って、え?女子高生に蹴り飛ばされて、腰を痛めて精密検査!?」

さわ子「そうだったの…それは災難だったわね…そう、異常がなくてよかった…え!?今から会えないかって!?」

さわ子「…今日遅刻したことをお詫びしたいですって?どうしても?…も、もちろん!いいわよ!じゃあ30分後に駅前ね?」

さわ子「…いかなくちゃ!これは神様がくれたチャンス!早く支度しなきゃ!まず顔の落書きを落とさないと…」

さわ子「…ってコレ油性じゃない…」




澪・律・紬・憂・梓・純・さわ子「こ れ は マ ズ い」



こんにちは!平沢唯です!

今日は澪ちゃんもりっちゃんもムギちゃんものどかちゃんもあずにゃんも憂も純ちゃんもさわちゃん先生も学校に来ていません。
澪ちゃんとりっちゃんはカレーを作ったそうなのですが、間違えて入浴剤も一緒に食べちゃったらしくて二人ともお腹を壊してしまったらしいです。二人とも意外とドジっ子さんです。
むぎちゃんはバイト先で食べた「メガ練り物サンド」が体に合わなかったらしく体調を崩しちゃったんだって。美味しそうなのにね。
のどかちゃんとういはあれからずっと部屋で話しあっていました。どうやらのどかちゃんの眼鏡をとったのはういだったようです。
のどかちゃんは「悪い子にはお仕置きが必要だから」といってういに「おせっきょう」と「ちょうきょう」をしたそうです。
そして今日二人は腰が痛いといってお休みです。なにしたんだろう?
あずにゃんと純ちゃんは「ほどー」されて「きんしん」をもらったそうです。きんしんってなんだろ?きんかんの仲間かな?
そしてさわちゃんは顔の汚れが落ちないからお休み、だそうです。へんなのー



姫子「ふーん。それで軽音部だけじゃなくて真鍋さんや先生までお休みなんだ」

唯「そーなの。みんながいないとつまらないよぉ~」


先生「ほらお前ら席に着け~テストするぞ~」ガラッ


唯「え、うそ!?テスト!?聞いてないよ!」

姫子「先週からやるって言ってたよ?」

唯「こ…こ…」



唯「こ れ は マ ズ イ 」




お わ り



最終更新:2010年06月24日 17:48