律「梓ぁ……お前は私の事嫌いなのか?」

梓「り、律先輩何言ってるんですか、私は律先輩の事好きですよ?」

律「だってさあ……私との絡みだけ少なくない? 唯とか澪とか憂とか滅茶苦茶絡んでるしさあ……OPでもむぎとは絡んでるけど……あたしとの絡みってほんとにないじゃん!」

律「たまに絡みはあっても大抵は唯か澪とセットで絡んで来るじゃん!」

律「ひどいよ梓! 先輩差別はよくないと思います!」

梓「べ、別に差別なんかしてないですよ! 私は唯先輩も澪先輩もむぎ先輩も律先輩もおんなじように大好きです!」

律「……じゃあ、唯がやるように梓に絡んでもいい?」

梓「……ふぇ?」

律「だからあ……あたしも一回梓に抱き付いてみたいんだよねえ、すんごい柔らかそうだし」

梓「あっ、あたしは抱き枕じゃありませんっ! それにあれは唯先輩が勝手に……!」

律「ふ~ん……そうやって梓はあたしには抱きつかさせてくれないんだ……やっぱり先輩差別だあ!」

梓「そんな部室の床にへのへのもへじ書くくらい落ち込まないで下さいよ……」

律「だって梓が私の事嫌いって……」

梓「き、嫌いだなんて言ってませんよ! ただ人を抱き枕にしないでと……」

律「いいもんいいもん、私は強い子だから気にしないもん」

梓「……わ、わかりましたよ! ど、どうぞ、抱きついて下さい!」

律「えっ、いいの!? マジで!?」

梓「あ、あたしに抱きつけるのがそんなにいいんですか?」

律「まあ、唯しか抱きついちゃいけないもんなのかなあって思ってたからさ。あたしもやっていいってなるとテンション上がっちゃう訳よ」

梓「そ、そんなもんですかね?」

律「そんなもんそんなもん、じゃ、行くぜー梓」

梓「ど、どうぞ」

ポフッ。

梓(ほ、ホントに抱きつかれた……!)

梓「り、律先輩、ど、どうですか?」

梓(どうって何聞いてるんだろあたし……)

律「ぬあああ……梓の体柔らかいー……髪の毛サラサラー……肌真っ白でもちもちー……こりゃあ唯が抱きつく気持ちもわかるわー」

梓「そ、そうですか……(律先輩顔近い……/////)」

律「なあー梓、これからはあたしも抱き付いていい? てゆーか抱きつかせろー!」

梓「べ、別にいいですけど(律先輩……意外といい匂いがする……胸も意外とあって柔らかいし……////)」

律「あー今日は一日中梓に抱きついてようかなー」



律「梓……耳の形も可愛いなあ……ふぅー」

梓「ひ、ひゃあっ! ち、ちょっと律先輩、耳に息吹きかけるとかいい加減に……」

はむっ

梓「にゃあああああ!?」

律「あっ、ごめーん、耳甘噛みしちゃった☆」

梓「わ、悪ふざけが過ぎますよ律先輩!もう止めて下さい!」

梓(やだ……ちょっと気持ちよかった……耳弱いのかなあたし……////)
律「いやあ、梓の反応が可愛くてつい」

梓「もうただのセクハラオヤジになってますよ! と、というかもう離れて下さいよ! 唯先輩もここまで長い時間くっついてないです!」

梓(ほんとはもっと抱きつかれててもいいけど……これ以上セクハラされたら変な方向に目覚めそうだし/////)

律「なんだよーもっとセクハラさせろよー。ほれほれーここがええのか?ええのんか?」

梓「ちょっ、律先輩!む、胸はほんとにやめてください……/////」

律(……やばい、胸もまれて赤面する梓ホントに可愛い……////)

律「ふふっ、やめろと言われて止める奴なんか――」

澪「……何してるんだ?梓、律」

梓「み、澪先輩助けて下さい! 律先輩が私にセクハラするんです!」

律「別にセクハラなんかしてないって! ただ後輩とコミュニケーション取ってただけだから!」
梓「コミュニケーションで何であんな事するんですか!!」

律「いやあ、梓がほんとに可愛くってさあ」

澪「……ふうん」

律「……あれ、澪? 澪さん?」

梓「……み、澪先輩……?」

梓(澪先輩……よく分からないけど……不機嫌そう?)

唯「あーずにゃん!」

ポフッ

梓「にゃああ!? ゆ、唯先輩いつのまに!? と、というかすぐに抱きつかないで下さい!」

唯「んふー? さっきからずっとあずにゃんとりっちゃんがいちゃついてるの見てたよー?」

梓「ふええぇ!?」

律「なんだよー見てたのかよー。というか普通に入ってくれば良かったのにー」

梓「それより見てたんなら何で律先輩を止めてくれなかったんですか! もう……」

紬「私も入ろうとしたんだけど、澪ちゃんが止めてね~」

律「澪が?」

唯「うんうん。なんか澪ちゃんドアの隙間からじっと見てたよー?」

澪「ゆ、唯! 言わなくていいってば!」


律「? なんで入らなかったんだ澪?」

梓「ほんとに何でですか? しかも入ってきた時はすごく不機嫌そうでしたし……」

澪「そ、それはその……」

律「……ははーん、わかった 実は澪も梓にセクハラしたかったんだろ?」

澪「……は?」

梓「……ふぇ?」

唯「そうなの澪ちゃん?」

紬「あらあらまあまあ」


律「澪も梓の胸とか髪の毛とか触りたいけど、澪はいつも梓のお姉さんみたいなもんだから、そんな自分がセクハラしてもいいのか……
そんな事を延々と考えた結果、あんな不機嫌な顔になってしまった! どうだ、当たってるだろう!」

澪「ぜ、全然ちが……」

唯「おお、りっちゃん頭いいー!よっ、名探偵!」

律「へへっー!そうだろうそうだろう」

唯「りっちゃん!私助手に立候補するよっ!」

澪「わ、私の話を……」

律「よーし澪、じゃあ遠慮せずに梓にセクハラしていいぞ」

澪「……は、はぁ!?」

梓「ま、また私セクハラされるんですかあ!?」

紬「あらあらまあまあ」


律「だって梓にセクハラしたいけど出来ずに不機嫌になったんだろ? だったら梓の髪の毛撫でるとか胸揉むとかほっぺたをむにゅむにゅとかすれば解決っ!
どーよ唯! 今のあたしならケネディ大統領暗殺の謎でも解けるぜっ!」

唯「りっちゃん名探偵!輝いてる! 輝いてるよお!」

澪「だ、だから!私の話を!」

律「じゃあ、澪、梓をどうぞ!」

律「澪ちゃん!遠慮しないでいいんだよ!あずにゃんにしたい事全部しちゃいなよっ!」

梓「も、もうどうにでもなれです…………」

澪(うっ……ううううう……)

澪「……律の……」

律「……ん?どした澪?」

澪「律のばかあああああ!!」



未完



最終更新:2010年07月03日 13:52