教室

女「りっちゃん!あの噂もう聞いた?」

律「噂?知らない。教えて教えて?」

女「隣のクラスの斎藤さんと渡辺さんって付き合ってるらしいよ!」

律「へぇぇ」

女「何その反応。もうちょっと喰い付くかと思った」

律「いや、もう高校生だし、恋人出来てもおかしくないんじゃない?

女「でも、女の子同士だよ」

律「あーうんまぁそうだけど」

女「もしかしてりっちゃんって女の子同士でもいいとか?」

律「…あははっ、何言ってんの。そういうのじゃないよ」

女「だよねぇ。ははっ」



澪の部屋

澪「ねぇ律」

律「ん?」

澪「キスして」

律「…!!!!み、澪しゃん今日は大胆ですね…」

澪「ねぇ、早く」

律「ど、どうしたんだよ」

澪「やっぱり女の子同士はイヤ?」

律「はぁぁ…お前やっぱり聞いてたか」

澪「聞いてたんじゃなくて、聞こえちゃっただけだ。お前の声がうるさいから」

律「あれは嘘だよ。イヤじゃない」

澪「ホント?」

律「澪が良い」

澪「ん…」

律「澪…」チュ

澪「律、大好き」

律「私も澪が好きだ」


澪「ねぇ律。私たちも…」

律「駄目」

澪「まだ何も言ってない!」

律「私たちもカミングアウトしようとか何かだろ?」

澪「うん」

律「インターネットの中では百合最高だなんて言われてるけど実際いたら皆引くよ」

澪「そうだけど…隠さなきゃいけない関係なんてイヤだよ…」

律「私もだよ」

澪「それなら…」

律「駄目だ。ばれたら皆の噂の的になるんだ。澪を晒しものになんかできない」

澪「そんなの、私我慢できるよ?」

律「私が我慢できないんだ。我儘でごめん、な」

澪「律が謝らないでよ…私こそ変なこと言ってごめん。ちょっと不安だっただけだから」


律「不安なら、今すぐ取り除いてやるよ」

澪「ちょっと待って、ここから先はアダルトな展開」



しゅるり、と制服のリボンをほどくと、澪は目を逸らせた。


律「なんで目逸らすの」

澪「恥ずかしい…」

律「私だけ見ててよ」

澪が顔を挙げた瞬間、キスをした。触れる直前に目が大きく開いたのが見えた気がした。

いつもより長く、深く。

逃げまどう舌を絡ませると、甘い吐息が漏れた。

ゆっくりとカーペットの上に押し倒す。少し離れた身体をくっつけるように澪の手が背中にまわされた。

澪「…んっ…ふっ…」

背中にまわされた澪の手が、私の体との間に入り、強く押し返された。

律「どうした?」

澪「…ベッドが良い」

律「(うわうわ、やっぱり今日の澪は大胆だよ!!)」

澪「律、早くベッド」

律「今日はベッドは使わない」

澪「え?」

律「こっち来て」

澪の手を取って立たせる。訝しげな顔をしていても素直に従う彼女は可愛い。

律「ここで、ね」

澪「机?」

学習机の上に乗っているノートを端に寄せて、澪を座らせた。

律「ここなら良く見えるもん」

澪の前に座って、彼女の膝に手を置いて開いて。
顔をスカートの中に入れると、そこには

ばちん!!

律「いったーー!!」

急に閉じられた膝がこめかみに直撃した。

澪「さいってい!!!」

澪の目が潤んでいる。あ、もうすぐ泣くな。
澪のことは好きだけど、どうして、泣かせたくなるんだろう。
痛む頭を無視して、無理やり足を広げた。


澪「やだ!ちょっと律ってば!」

律「恥ずかしいなら目瞑ってて」

澪「不安取り除いてくれるって言うならもっと優しくてよ…」

律「不安なのは澪だけだと思う?」

澪「律?」

律「私だって不安なんだよ」

澪「……」

律「だから、澪の全部が見たい、知りたい。駄目かな?」

首を横に振ったのを確認してから手を伸ばした。


膝から太ももまでゆっくり擦る。
太ももの内側を擦った時は、少し息が荒くなった。

澪の片足を机の上に挙げて、より露わになった内側の部分に舌を這わせた。

澪「…あっ…」

今日初めて聞いた可愛い声。顔をあげると、指を噛んで声を出すまいとしている澪がいた。

律「そんなことしてたら傷ついちゃうよ」

立ちあがって、噛んでいた指を外す。
案の定指は赤くなっていて、その部分をちろりとなめた。
指を咥えて、舌を絡める。吸ったり、甘噛したり、その都度澪は息を吐いた。
澪は真っ赤な顔をしていたけれど、私の口元から目を逸らさなかった。

律「感じてる?」

小さく揺れてる澪の腰に手を当てた。


律「腰揺れてるよ」

澪「律の、バカぁ」

律「汚れる前に脱がすね」

スカートの中に手を入れても抵抗はなかった。

律「腰浮かせて」

澪「うん…」

下着を取り去って、わざとらしく澪の座る横に置く。
澪はその下着を手にとって、自分の後ろに隠そうとした。
恥ずかしがりの彼女のしそうなことだ。
上からその手を抑えつけて阻止し、首筋にキスをした。


ブラウスのボタンをはずす。首筋に付けた唇をそのまま鎖骨に滑らせた。

律「しょっぱい…今日暑かったもんな…」

澪「……!!しゃ、シャワー浴びてくる」

律「今さらだろ?」

降りようとした澪の肩を押えて、机の上に押し倒した。
覆いかぶさるようにして身体を舐めていると、澪の手が髪にふれた。

澪「律の髪ってさらさらだね」

律「そんなことない、澪のほうが綺麗だよ」

澪「長いからすぐ絡まるんだ」

律「絡まったら私が解く」

澪「ふふっ。ありがとな」


ブラを上にずらすと、隠れていた部分が露わになる。
十分な愛撫をしていたせいか、そこはいつも以上に主張していた。
いつもベッドの中でごにょごにょするときはしっかり見ている余裕なんてなかったけど、
明るいこの場所で、澪はとてもきれいに見えた。

澪「律、ちょっと見過ぎだよ」

律「あ、ごめん。あんまりにも綺麗だったから」

澪「もう…」

澪が手で隠すよりも早く、そこを啄ばんだ。

澪「あんっ」

一際高い声が聞こえた。それに気を良くして攻め続ける。
右側は下で転がして、左側は周辺を撫ぜるだけ。
口が疲れてきた頃、澪が痺れを切らした。

澪「…はぁ…りつぅ…左も、なめて…」

待ってましたとばかりに、左側を指ではじいた。


満足いくまで胸を弄り、澪の息も上がってきた。そろそろ限界かも。
スカートの中を触ると、粘り気のある汁が手についた。

触れては離して、ピチャピチャと水音を立てる。
澪の顔が恥ずかしそうに歪んだ。
この顔をずっと見ていたいけれど、今この場所でしていることには意味があった。

覆いかぶさるようにしていた上体を起こし、
机の前で膝をついた。

スカートに手をかけると、澪の体がびくんと震えたが、すぐに力が抜けたようだ。

律「見るよ?」


澪の汁は机の上まで溢れ出ていて、あとできれいにしなくちゃ怒られると思った。
澪はこれからこの場所で勉強するとき、今日のことを思い出すのかな?
勉強どころじゃなくなっちゃうのかな?
自分の足机の上に乗っけたことも今日が初めてなんだろうな。
澪の足きれいだよなぁ。

澪「律?」

って、何で私がこんなにドキドキしてるんだ!
やっと見れるんだから。逸らしていた目を戻した。

律「…すごい、きれい…」

澪のそこはピンク色でひくひく動いていて、なんか濡れててつやつやしてて。
普段からボキャブラリーの少ない私には、きれい、としか言えなかった。
ありきたりな表現なんだろうけどね。


私はおもちゃを与えられた子供のようにずっとそこを触っていた。
自分の指に合わせてびくびく動く澪の反応が嬉しかった。

律「指入れるぞ」

人差し指を穴の入口に宛がう。自分の指の形に合わせて穴が広がっていく。

澪「うぁっ…んん…」

律「入った」

いつもこんな風に指が入っているのか。
今まで何回か行為をしたけど、初めての感覚だった。
澪の反応だけしか見てこなかったから、自分と澪の繋がりを見ることが、
こんなにもドキドキすることだなんて知らなかった。


指を引き抜くと、澪のスカートの中と同じように濡れていた。
いっぱい出てくるなぁ…
顔を近づけると、いやらしい匂いが鼻をかすめた。

ピチャ



澪「はぁッ…!やめて、りつ」

澪が上半身を起こした。
スカートの裾から顔を出して澪を見ると、手で隠した下に赤さが見えた。

律「澪、手どかして」

澪「嫌だ。酷い顔してるもん」

律「可愛いのに」

きっと、この状況が恥ずかしくて仕方ないんだろう。
自分のスカートの中に私が顔を埋めているなんて。

律「止めたほうが良いの?気持ち良くないの?」

ぷっくりと腫れた小さな膨らみを舌でつつく。

澪「あぁん!」

律「すごい気持ちよさそうに見えるんだけどな」


澪「はぁッ…はぁっ…気持ちいいけど、汚いよ…」

律「汚くない」

溢れ出てくる汁をすくっては広げる。澪の汗も混ざって、スカートの中はすごい湿気だ。
穴の中に舌をねじ込ませると、どばっと汁が溢れてきた。
私が見ているこの光景は澪にも見ることはできなくて、独り占めしている気分になる。

澪「ああぁ…はぁっ…律」

澪がまた髪の毛を触ってきた。行為の時に出てくるの癖のようなものだと思う。
本人は気付いてないかもしれないけど。

澪が頭を押えてきて、自然に私の口が澪のあそこに押しつけられる。
私が息をするだけでも澪は喘いだ。

澪「律…あっ…ん…私、もう…」

律「うん、分かった…」

指を2本にして挿入する。出し入れするたびにグチュグチュという音が響いた。
同時に一番敏感な部分を舌で転がした。

澪「はぁっはぁっ…あぁ…はっん…」

澪の声がどんどん上擦っていく。
指で中のざらざらした部分をこすりつけた。

澪「ああぁっ…律ぅ!あぁっんんん!!」

澪がびくんと大きく痙攣した。

律「いけた?」

澪「はぁっ…はぁっ…」

大きく息をするのがやっとのようだ。
背中に手をまわして、頬に口付けた。


律「大丈夫?」

澪「はぁ…うん…」

律「そか。よかった」

澪「律、あのね」

律「ん?」

澪「今日の凄い気持ち良かったよ…」

律「へへっ。もう一回する?」

澪「いや、休ませてください…」

律「はいはい~」


律「不安無くなった?」

澪「うーん…」

律「どうどう?今日りっちゃん頑張ったよ」

澪「無くなっては無いかも…」

律「じゃぁもう一回だ!」

澪「待て待て!そういう意味じゃない!」

律「ぶー」

澪「律のことね、好きになればなるほど不安になるんだ」

律「うん」

澪「一緒に居る時間が長いほど離れる時間が寂しくなるんだ」

律「それは私も一緒だよ」

澪「うん。だからね、今日律も不安だって聞いて嬉しかったんだ」

律「澪…」

澪「不安は無くなってないけど、律のこともっと好きになった」

律「澪!私も澪が大好きだーーー!」

澪「おい!声が大きい!」

律「よし!もう一回頑張っちゃうぞ!」

澪「調子に乗るなー!」ゴツン


第一部おわり



最終更新:2010年07月03日 23:26