律「んー?別に近くはないと思うけど・・・?」

唯「いやいやいや!近い、近いってばあ!」

律「ふーん・・・」

唯「・・・・・・」

律「・・・・・・」

唯「えっと・・・できればもうちょっと離れt

律「やだ」

唯「」


律「いいだろー、私達恋人同士なんだからさ」

唯「でっ、でも横に皆居るのに!」

律「大丈夫大丈夫。皆星空に夢中で気が付いてないよ」

唯「そ、そう…んむっ!?」

律「はむっ…んっ…」

唯「ぷはぁ!?り、りっちゃん!?」

律「バレてないバレてない♪」


紬「二人ともこそこそ何を話しているの?」

唯「いやっ!?なっななな何もこそこそなんてしてませんよムギちゃん!!」

澪「何か口調変だぞ、唯」

律「あはは、確かに。何考えてたんだ~?」

唯「な、なにも…」

唯(もう、りっちゃんのせいじゃん!でも皆気付いてないみたいで良かった…)



梓(あれ…?今、唯先輩と律先輩、キス、して…たような)


梓(う~ん、見間違いかなぁ)

律「梓、どうしたんだ?何か考え事か」

唯(もしかしてあずにゃんに見られた!?)

梓「い、いえ何でもないですよ」

律「そうか、変な梓」

唯(ほっ、よかった~)



深夜

梓(昼間の興奮で、なんだか寝れないなぁ)

唯「ぁ、りっちゃ…」

梓(唯先輩…?)

律「あんま声出すなよ、唯」

唯「そ、んな…こといったってぇ…」

梓(律先輩の声も…。二人共まだ起きてるんだ…)

律「唯はココ、弱いもんな」

唯「やっ…あ!ちくびつねっちゃ…んん!」


梓(ち、ちく!?一体何を!?)

梓(どどどどうしよ…)

梓(どうして皆が一緒に寝てる一つのテントでそういうコトを…)

梓(ていうか唯先輩と律先輩ってそういう関係だったの!?)

律「唯…、私のも舐めて」

唯「んっ、りっちゃんの…はむ…」

梓(律先輩の何を舐めてるの!?)

梓(うう…。TPOを弁えてよぉ…)


律「んっ…あぁ…も、もっと…」

唯「りっ、りっちゃん…」

梓(///)

律「唯、みてみろよ、梓の顔が…」小声で

唯「うわぁ、りんごみたいあずにゃんかわいい~」小声で

律「梓~、何赤くなってんの」

梓「り、律先輩!?わわわ、私何も見てません…どうぞ続けて下さい///」

唯「続けてってことは、見てたんだね?」

梓「ご、ごめんなさい」

唯「今のは演技だよ、あずにゃん」

梓「えっ…」

律「梓は何考えてたのかなぁ~」

梓「そ、そんな…先輩ひどいです…」

梓「じゃ、じゃあキ、キスしてたのも演技ですか?」

唯(ま、まさかあずにゃんにばれてた!?)

律「あああ、あんなのえ、演技にきまってるだろ///」

紬「REC●」


梓「本当ですか~?」

律「ほ、本当だ。ほらもう寝るぞ 唯もはやく」

唯「わ、分かったよりっちゃん あずにゃんも寝なきゃ明日起きれないよ」

梓「ちょっ…唯先輩…」

唯、律「zzz~」


紬(せっかくのチャンスが…でもまだチャンスはあるはずだわ…)

梓(あの、動揺ぶり、キスは演技ではないはず…二人の関係が気になる)




~翌日~

澪「ぐっすり眠れた、律はどうだ?」

律「おう、ばっちしだぜ」

紬「そういえば、唯ちゃんは?まだテントで寝てるのかしら」

澪「唯起きろ~朝だぞ~」

唯「うい~アイス~むにゃむにゃ」

紬(寝てる唯ちゃん可愛いわ)

梓「唯先輩、朝ですよ~」

唯「う~ん あずにゃんおはよう」ダキッ

梓「ゆ、唯先輩いきなり抱きつかないで下さいよ~///」

唯「だってぇ、あずにゃん可愛いんだもん」

梓「///」






梓「~という夢をみたんですよ」

唯律澪紬「まさかの夢落ち!?」

~fin~



最終更新:2010年07月03日 23:30