澪「りーつー?聞いてる?」

律「ん~」

澪「おーい」

律「ん~」

澪「馬鹿律」

律「ん~」

澪「馬鹿馬鹿馬鹿馬鹿」

律「うーん・・・とりあえずな、服を着ろ」

澪「いや・・・これはムギが・・・」

律「ムギ?」

澪「うん、こうすれば絶対成功するって・・・」

律「どこの世界に裸になって告白する奴がいるんだ!!エロ漫画か!!」

澪「・・・・・・律。そういうの見てるんだな」

律「見てないから!例えだ例え!」

澪「・・・・・・」

律「そんな目でみるなー!それと早く服を着ろ!」

澪「やだ」

律「お前なぁ・・・女の私が澪の裸見て喜ぶと思うか?」

澪「・・・でも、律の顔・・・赤くなってるよ」

律「これはビックリし・・・ちょっ、なんだよ?」

澪「・・・じゃあ、なんで律はドキドキしてるの?」

律「こら離れろ!胸が当たってるって!」

澪「当たってるんじゃなくて当ててるんだよ」

律「ホントに離れろよ・・・今日の澪おかしいぞ」

澪「好きな人に告白するのは、おかしいか?」

律「この状況はおかしいだろ!?」

澪「律に見てほしいんだ」ムニュ

律「近い近い!」

澪「ねぇ・・・私、律になら何されてもいいよ」


律「わ・・・私はそんな気は・・・んっ!」

澪「ん・・・ぴちゃ・・・ちゅっ」

律「んー!んー!ぷはっ。み・・・澪?」

澪「ふふ、律の唇おいしい・・・もっと律が欲しいなぁ」


律「初めてだったのに・・・」

澪「私が初めてじゃ嫌だったの?」

律「だって、こんな無理矢理・・・」


澪「そんなに嫌なら逃げればいいだろ?」ペロ

律「やっ・・・首舐めるなよ・・・」

澪「ふふ、律は可愛いな」

律「澪・・・お前、どうしちゃったんだよ?」


澪「私は律が欲しいだけだよ・・・律の全部が」

律「そ・・・そうだ!まだ告白の返事が」


澪「もういいよ」

律「へ?」



澪「律を私のものにするから返事はいらないって言ったの」


律「ちょっと待て!私の意思は?」


澪「知らない」

律「おま・・・!ちょっ、どこ触って・・・」


澪「律は胸も可愛いんだね」フニフニ


律「う・・・うっせぇ」

澪「そんなに強がらなくていいのに」ガバッ


律「うわっ!」

澪「・・・・・・」ジー

律「・・・なんだよ?悪かったな小さくて」



澪「・・・・・・」ズリ

律「こら、ブラずらすなよ」

澪「・・・・・・」コリッ

律「ひゃっ!」

澪「胸触られてる時に感じたの?」ペロ

律「な・・・なんで?あっ・・・」

澪「ここ、触る前から固くなってたぞ?」

律「そんなの・・・んっ・・・わかん・・・ないよ・・・やっ」


澪「律の胸は敏感なんだな。可愛い声ででるぞ」カリ


律「ひぐ!か・・・噛むなよ・・・」


澪「・・・・・・」ギュウ

律「うぐ!何するんだ!」



澪「律が可愛くないこと言うからだろ!私のものなのに!」


律「・・・わかったよ」

澪「律はいい子だな」

律「・・・逆らったら、またつねるんだろ?」


澪「ああ」

律「もう好きにしてくれ」


澪「やっと素直になってくれたね」


律「素直になったわけじゃないけどな、諦めたんだよ」


澪「それでもいいよ・・・ちょっと腰浮かせて」


律「うん・・・こうか?」

澪「よいしょっ」ズルッ

律「わわっ」


澪「なぁ、今の律の恰好、凄いことになってるよ?」


律「言うなよ・・・澪が脱がせたんだろ」


澪「上はシャツとブラずらされて、下はパンツだけ」


律「・・・・・・やめてよ」


澪「凄く綺麗」

律「変態・・・」

澪「まだそんなこと言うのか?ここもつねってほしいの?」グリグリ

律「!!・・・だめ!!そこは・・・」


澪「・・・・・・」ギュウ

律「いぎぃぃぃぃ!」


澪「こうして欲しいから、あんなこと言ったんだよね?」ギュウウ


律「いだいいぃぃ・・・やめっ・・・あぐっ・・・ああああああ」


澪「ほら、ごめんなさいは?」ギュウウ


律「うぐっ・・・ごめ・・・ん・・・な・・・さい」


澪「律はすぐに悪いこと言うからな、これから躾ていかなきゃだめだな」


律「はぁ・・・はぁ・・・・・・」

澪「息が荒いぞ?そんなに良かったのか?」


律「・・・はぁ・・澪が・・つねったとこ・・・が痛い・・・」

澪「私のせいで痛いの?」

律「え!違います!私が逆らったから悪いんです!」


澪「急に敬語なんて使ってどうしたんだ?」


律「だって・・・だって・・・」ポロポロ


澪「律がいい子にしてたら、ひどいことなんてしないよ。だから泣くなよ」ナデナデ


律「うん・・・ごめんなさい・・・いい子にするから・・・もう悪いこと言わないから」グスッ


澪「ほら、パンツ脱いでごらん。痛いとこ見てあげるよ」


律「うん・・・」スルッ


澪「うーん、ちょっと腫れてるな・・・」ペロ


律「あうっ!」

澪「舐めると痛いか?」ペロペロ

律「だ・・・んっ・・・だいじょ・・・あっ・・・で・・す」


澪「ついでにこっちも治療してあげるよ」ズプッ

律「そっちは違っ・・・あぁん!激し・・・あっ!だめ!」


澪「治療してるのに、こんなに濡らしてて何が違うんだ?律はHな子だな」グチュグチュ


律「澪が・・・はぁ・・・舐・・・あんっ・・・るから・・・」


澪「また私のせいにするんだな」グチュグチュギュウウ


律「それ駄目!ひぎっ・・・あぐっ あああああああ!」プシャアアア


律「・・・・・・うぅ」

澪「おはよう」

律「あれ?私、寝ちゃってた?」


澪「あぁ、おしっこ漏らしながらイッてそのまま寝てたぞ」


律「な!」

澪「おしっこは拭いといたから大丈夫だよ」


律「そういう問題じゃないような・・・」


澪「他に何かあるか?」

律「あるね!澪に襲われた事!」


澪「仕方ないだろ・・・・・・好きなんだもん」

律「もう少しやりかたってものがあるだろ?」


澪「・・・・・・律」

律「あ・・・その目は・・・」

澪「またいじめられたいのか?」


律「ご・・・ごめんなさい」

澪「わかればいいんだよ」ナデナデ


律「・・・はい」

澪「それじゃ、これからもよろしくな」


律「・・・えっと。なにを?」

澪「律は私のものになったんだから、これからは毎日可愛がってあげるからな」


律「まじで?」

澪「私は嘘をつかないぞ」

律「・・・はは・・・ははははは」

澪「ん?まぁ、今日は帰るから・・・明日から楽しみだな」


律「あははははははははははは」




終わり



最終更新:2010年07月03日 23:45