※イメージです
                 , ‐‐:''´: : : : : : : : : :`ヽ、
                /: : : : : : : : : : : : : : : : : : :\
             /: : !: : : !: :|: : : : :ヽ: : : : : : : :ハ
               / : : :|: : : ト: i\: : : : :ヽ: : : : |: : ハ
            /'|: : : :l: :イ:| `|_ヽ:ミ:ヽ、:ヽ: : :l: : : ハ
             |: :_l_:.i: :|'| ィ豺 } |: :l : : |'ヽ: : : : : : ヽ 
  __    .      ノ!: :.{: :l、:|.  `" ノ从: : :!ハ.}: : : l:.|: |ヾ、 
   ノ ゥ ヽ  \  ´ !: : l:豸`    ´ {: : l : | /:!: : :.l: : :!    
       \ 〈     i: :.ヾ}`      |: : : :.|: : l: : : |: : |   
   _r、    ヽ、.`''_‐__-:_从 __ャュ   |l: : l :|: : |: : /: :, 'ヽ、
   ヽ、\fヽ.        l: 、: :ヽ、`   ,ィ!: :/:.|ヽ:、-" ̄   }
   //ヽ/二ニ}     ヾ: ヾ: 、ヽ-< |:/|'`x"        |
.  〃  {', ‐''"~ }       /,从:、:从:_:〉 /       '´ ̄ i、
     /  z‐‐ヽ   /  i!  |∧_ ,/    ,  ‐       }
     〉/    |  .| {  |   |. /__     , -‐―‐‐ 、ノ
      |       ヽ // ,,彳 |/    -‐''"         }
      |         ∨'x/ 乂''//--''"             |
      l       / "~     //       !        i!
      ヽ       /       〈 〉       ヽi!l         イ
        |     イ         〃      :!`{       i!
      〈    |                  ヽ 〉       |
         〉   イ|  l                 Y|      




梓「すいません遅れました」ガチャ

律「おー梓遅かったな」

澪「よし、これで全員そろったな」

紬「今お茶淹れるわね~」

梓「あ、どうも」

唯「……」モグモグ

梓(……あれ?)

律「ん? おい唯」

唯「何ー?」モグモグ

律「今日はあずにゃ~んとか言って抱きついたりしないのか」

唯「あっ、あぁ! あずにゃ~んっ会いたかったよぉ!」バタバタ

梓「ちょ、唯せんぱいっ//」

紬「あらあら」

澪「この暑さでよくやるよなー」

唯「えへへー」(暑苦しっ……)

ジャーン

律「うっし、それじゃ今日はここまでにするか」

澪「そうだな」

梓「それじゃ、お先に失礼します」

紬「みんなおつかれさま~」

唯「バイバ~イ」



女子といれ

唯「……」シュボッ

唯「……ふー」

唯「あーしんど。 部活ごっこも疲れるなー」

唯「最近ゴキブリは練習しろってうざいし」

唯「その癖抱きつくとまんざらでもない顔するんだよね」

唯「レズってやつ? あーやだやだ吐き気がする」

唯「まったく天然キャラも楽じゃないよ」プカプカ

唯「あーけいおん部うぜー」

唯「……そろそろ帰ろうかな」

唯「……」

唯「明日も頑張るぞ~、お~♪」ニコ

バタン

?「……」



つぎのひ

唯「おはよー」ガラッ

律「おいっす唯!」

紬「おはよう唯ちゃん」

澪「また遅刻ギリギリじゃないか」

唯「あはは」(余計なお世話だよ~)

律「さーて部活やるかぁ」ガチャ

梓「あ、みなさんこんにちは」

澪「梓じゃないか。 今日は早かったな」

梓「はい、今日は担任の先生が出張だったので」

律「ふーん」


唯(今日は暑いから抱きつくのやだなー)

唯(でもやらないと)

唯「あ~ずにゃんっ!」ダキッ

梓「きゃあっ! も、もう唯先輩!」

唯(うわ、赤くなってるよ……引くわー)

律「ほんと仲いいな」

澪「うん」


紬「そろそろお茶にしましょう♪」

唯「わーい」

紬「唯ちゃんどうぞ」

唯「ありがとー」ズズ

唯「うぇ」

唯(私のミルクティは砂糖多めって言ったのに……この眉毛が)



ジャーン

律「じゃあ今日はこのへんで」

澪「疲れたー」

梓「お疲れ様でした」

紬「みんなまた明日ね~」

バタン

唯「うぅー」

唯(ニコ○ンが足りなくて手が震えるよ~)カタカタ

律「あれ、唯どこ行くんだ?」

唯「!?」

唯(田井中……また面倒なのが来たよ)

唯「え、え~っと、その、ちょっと教室に忘れ物しちゃってさ、えへへ」

律「奇遇じゃん! 私も教室に筆箱忘れちゃってさぁ。 一緒にとりにいこうぜ!」

唯「……」

唯(ど田舎律が……っ!!)



きょうしつ

唯「りっちゃん忘れ物あった?」(はやくしろよ……)

律「……」

唯「りっちゃん?」

律「唯っ!」ガバッ

唯「きゃあっ!」ドテッ

唯「……い、いたいよりっちゃん」(痛ったぁ……いきなりなにすんだこのデコスケ)

律「……」

唯「は、離してほしいなぁ~……なんて」

律「……唯は梓のことが好きなのか?」

唯「へ?」

律「私は、唯が好きだ」

唯「ちょ、ちょっと待って」

律「唯は……私のこと、嫌いか?」

唯「き、きらいじゃないよ~。 いやっそういう問題じゃなくって」(まさか……こいつ……)

律「じゃあ……いいよな」スルッ

唯「!?」

唯「い、いやっ! りっちゃんやめて!!」ジタバタ

律「もう収まりつかないんだよ……んっ」チュウ

唯「む、むぅぅう!?」チュウ

唯(私のファーストキスがぁぁ!!!)


律「ハァ……ハァ」

唯「りっちゃん、やめて。 今なら忘れてあげるから、ね?」(これはシャレにならないよ!!)

律「もう我慢できないんだよ……唯、お前が可愛すぎるからいけないんだぞ!!」ビリビリ

唯「……ひぃっ」(ちょ、本気でヤバイかも……)

律「ハァハァ……唯のココ……可愛いよ」ペロペロ

唯「やだぁぁぁぁぁ!!!」

~~~~

唯「ひっく……ぇぐっ」(は、初めてだったのに……)

律「なかなかよかったよ、唯」ツヤツヤ

律「じゃ、私帰るから」

律「また明日な! 大好きだぞ唯!」

バタン

唯「……うぅ、うわぁぁぁぁん」ビエエエ

唯「……」

唯「……帰ろう」

唯「あのデコだけは許さないよ……」

バタン

?「……」ニヤニヤ



……

ガチャ

唯「ただいま……」

憂「おかえりお姉ちゃん、ご飯できてるよ」

唯「あぁ、今日はいいや。 もう寝るよおやすみ」

憂「?」




ゆいのへや

唯「……」

唯「くそ……クソっ!!!」ドカッ

唯「まさかあのど田舎の野郎がタチだったとは思わなかったよ!! くそっ!!」ガタン

唯「お股痛い……」


ピリリリ

唯「あ、メール……ん? 『これをバラされたくなければ明日の放課後女子トイレにこい』」

唯「な、なにこれ……あっ!」

唯「これは私の喫○中の画像!?」

唯「ま、まずい! これがバレたら退学!?」

唯「送り主もわからないし明らかに怪しいけど……」

唯「うぅ……どうすればいいんだよぉ」




つぎのひ

ガラッ

唯「おはよー……」

澪「ん、どうした唯。 元気ないぞ」

唯「あ、うん。 ちょっとね」

紬「元気だして~唯ちゃんふぁいとっ!」

唯(うぜぇ……)

律「……」



唯(ということで女子トイレにきました)

唯「や、約束通り来たよ~」

?「あら、偉いわねぇ」

唯「その声は!? まゆ……ムギちゃん!?」

紬「ふふ、当たり♪」

唯「む、ムギちゃぁん……あれは違うんだよ~ただのラムネだよ~」

紬「唯ちゃん、もう全部分かってるからぶりっこしなくていいのよ?」

唯「な、なんのことやら~」

紬「……ど田舎律」

唯「!?」


紬「ゴギブリ、眉毛、乳輪大納言」

唯「!?!?」

紬「唯ちゃんが陰でみんな言うときの名前よね~」

紬「いつもトイレで愚痴ってるから覚えちゃった♪」

唯「……何が言いたいんだよ」

紬「あはっ、やっと素で喋ってくれた♪」

紬「ん、それでね。 この写真、校長先生に見せたらどうなるかなぁって思って♪」

唯「そ、それは」

紬「止めてほしい?」

唯「……」

紬「じゃあ見せにいこうかな~」

唯「や、やめろっ!」

紬「え?」

唯「……何でも、するから。 それだけは」

紬「へぇ。 何でも、ねぇ……」

唯「」ビクッ

紬「じゃあこういうコトもしてくれるの?」スルッ

唯(やばい! こいつはオープンなガチレズだった……!)

唯「む、ムギちゃ~ん……私こういうことするの、よくないと思うな~」

紬「うふ、天然の唯ちゃんも可愛いけど……素の唯ちゃんも見てみたいなぁ……んっ」チュウ

唯「むぐっ!?」チュウ

唯「や、やだっ……やめろっ!!」バッ

紬「きゃんっ」ドテッ

唯「お前みたいな変態に付き合ってられるか!! 私は帰る!!」ダッ

紬「……」パチン

黒服「」ガシッ

唯「う、うわああっ」バタバタ

紬「逃がさないわよ~」

唯「ひっ、い、いやぁぁぁぁぁぁあ!!!!」

~~~~

紬「唯ちゃん可愛かったわぁ~♪」ツヤツヤ

唯「……ぇぐっ……」(二日連続だよ……)

紬「またお願いね~」

バタン

唯「……」

唯「あいつ写真消してないじゃん……」




唯「きみをみてるとー……」トボトボ

唯「!」

澪「あ、唯じゃないか」

唯「澪ちゃん……どうしたの?」(チッ、乳脳かよ)

澪「あぁ、ちょっと部室にピックを忘れてさ」

唯「そうなんだ~」

澪「唯は?」

唯「へ? あ、あ~ちょっとね~」

澪「!?」

澪「おい唯! 制服が汚れてボロボロじゃないか! 何かあったのか!?」

唯「……えぇ!? 何もないよぉ~」(面倒くさいよ~)

澪「私の家そこだから寄ってきなよ。 シャワーくらい貸すから!」

唯「そ、そんな悪いよ~」

澪「いいからいいから」グイグイ

唯「わぁぁ」




みおんち

唯「お、お邪魔しま~す」(何だか大変なことになったよ~)

澪「風呂場はこっちだよ」

唯「じゃあお言葉に甘えて、シャワー借りるね」

澪「ん」

唯「……」

澪「……」

唯「……あ、あの~」

澪「どうかした?」

唯「服、脱ぎたいんだけど~」

澪「脱げばいいじゃないか」

唯「み、澪ちゃんがいると……あはは」(何で出ていかないんだよコイツ)


2
最終更新:2010年07月04日 23:51