どぽん


ちちちちちち


ぱちゃん

ちゃぷちゃぷ こぽぽぽぽ

ごぼぉ ちゃぱぱ ざぶ

ざあぁ 

ちゃぷちゃぷちゃぷ

ぴちゃり




ざあぁ ざあぁ

ちちちちちちちち ちゅんちゅん

りりりり ちちちちち

ちゃぷちゃぷ ざぶ

ざあぁ


ざっ ざっ ざっ

どさっ ざざ

「ホントにこんな 山奥の 川原に 澪先輩がいるんですか、ムギ先輩?」

「うん。」


ざっ ざっ ざっ

ざっ ざっ ざっ

ちちちちち

りりりりりり ほー ほー


「梓ちゃん」

「もう澪ちゃんとは 仲直りしたの?」


ざっ ざっ ざっ

ざっ ざっ ざっ


ざっ ざっ ざっ

がさささ ぺきぺき

りりりりりり ほー ほー


ぎい


ざっ ざっ ざっ

ざっ ざっ ざっ

ざっ ざっ ざっ




ぼごぉ べきぃ

どがががぁ ぐしゃり

がざぁ

ごろごろ ごろ






ぱちゃん

ちゃぷちゃぷ こぽぽぽぽ

ごぼぉ ちゃぱぱ ざぶ

ざあぁ 

ちゃぷちゃぷちゃぷ

ぴちゃり



ざあぁ ざあぁ

ちちちちちちちち ちゅんちゅん

りりりり ちちちちち

ちゃぷちゃぷ ざぶ

ざあぁ


だざっ だざっ だだざあ

だざざざざざざ

「澪ー?どこだー?」

だざっ だざっ だだざあ




ちちちちち


りりりりり ちゅちゅん ちゅん

かささ かささささ

きぃい きぃい




ずざ 

「  ムギも ここにいたのか。」

「あら、りっちゃん。」

「やっぱり、澪は見つからないのか?」

「この辺りにいるのは わかってるんだけど。」

ざっ ざっ ざっ 

ざっ ざっ ざっ


かさささ かさささ

ちゅんちゅんちゅん

「梓もここに来てるらしいな。」

「  え そうなの?」


「ほら みんな最近 仲悪かったじゃない?」

「  でも澪は違うよ。巻き込まれてただけだ」

「梓だって わかってるはずだよ」

ざっ ざっ ざっ 

ざっ ざっ ざっ


ざっ ざっ ざっ 

ざっ ざっ


ほーほ ほーほ

ちちちちちち

ざあぁ ざあぁ

ぺき ぺき


「しかし暑いなぁ。日焼けしちゃうよ。」

「 大丈夫よ。」

「いや もっと木陰の辺りを通ろう。ほら。」

だざっ だざざあ

ざっ ざっ ざっ

ざっ ざざっ ざっ

ざっ ざっ ざっ




ざあぁ ざあぁ

ぎぃ ぎぃ ぎぃ りりりりりり

ざあぁ ざあぁ

ちちちちち ちちちち


がっ


ごと




「え?」

ざざあ    ざざざあ




ごっ

がざざ がざざざ

ずざ ずざあ ざざざざざ

ごっ ごごっ  ごお

べきい どが


ざざざざざざあ



「  なんで  ?」





べきぃ




ぱちゃん

ちゃぷちゃぷ こぽぽぽぽ

ごぼぉ ちゃぱぱ ざぶ

ざあぁ 

ちゃぷちゃぷちゃぷ

ぴちゃり



ざあぁ ざあぁ

ちちちちちちちち ちゅんちゅん

りりりり ちちちちち

ちゃぷちゃぷ ざぶ

ざあぁ


「澪ちゃーん どこー?」


ざざぶ ざざぶ

ごぽ ちゃぷ

ちゃぷ ちゃぷ ちゃぷ

ぴちゃ



ざっ ざっ





ぴちゃ






「え。」

ぎぎい ぎい

ほーほ ほー  りりりりりりり



「あずにゃん? ムギちゃん?」

「何してるの?お昼寝?」


「違う よね」






「  なんで  ?」



ざああ


「  誰が  ?」


だざざあ だざ 

がささささささ


「私だよ」


ぎい ぎい


「梓が落ちた。」


「ムギは 梓が澪の犯人だと思って そのまま埋めた。」


「私はムギを殴って その後それを聞いて。」


ぎい ぎい

ほー ほー

ざざざざざあ ざざざあ


「やっぱり 許さなかった。」

ぎい

「澪はあそこだよ。」

「さっき見つけたんだ。」 


さあぁ さあああぁ

ちちちちち ちゅん

りりりりりり 

ほーほ ほーほ

きぃい きぃい

ぎい

「私達に 干渉したくなかったんだろうな。」


「だから 魚になったんだ。」


ざざざあ


「一人 水の中で生きる。」




「静かな魚に。」








「 待ってよ りっちゃん!」






どぽん


ぱちゃん

ちゃぷちゃぷ こぽぽぽぽ

ごぼぉ ちゃぱぱ ざぶ

ざあぁ 

ちゃぷちゃぷちゃぷ

ぴちゃり




ざあぁ ざあぁ

ちちちちちちちち ちゅんちゅん

りりりり ちちちちち

ちゃぷちゃぷ ざぶ

ざあぁ



ぱちゃん

ちゃぷちゃぷ こぽぽぽぽ

ごぼぉ ちゃぱぱ ざぶ

ざあぁ 

ちゃぷちゃぷちゃぷ

ぴちゃり




ざあぁ ざあぁ

ちちちちちちちち ちゅんちゅん

りりりり ちちちちち

ちゃぷちゃぷ ざぶ

ざあぁ





おわり



最終更新:2010年07月05日 22:58