梓「ないないwあの二人私のこと好きだからそれはないw」


唯「あーずにゃん♪」ダキッ

梓「ちょ、唯先輩やめてくださいよー(とでも言っておけば食いついてくる先輩w)」

唯「もうあずにゃんったら~、照れちゃって~」

律「お二人さん、いちゃいちゃするなら人のいないところでやりなさい」

唯「え~」

梓「唯先輩ふざけすぎですよ(ッチ、邪魔すんなよ)」



梓(唯先輩は完全に私のモノになった、あとは憂か)



……

梓「憂」

憂「なに?梓ちゃん」

梓「私、良く唯先輩に抱きつかれるんだけど、なんでだろ?」

憂「それは梓ちゃんが可愛いからだよ~」

梓「そうなんだ」

憂「私も梓ちゃんに抱きつきたくなるよ~」

梓「ふ~ん、そうなんだ(っと一回、興味なさそうにして)」

憂「うん」

梓「憂なら抱きついてもいいよ」

憂「え、いいの?」

梓「…(はいきましたー!)」コク

憂「じゃあ、ちょっとだけ…」ギュ

梓「ん……(うっわ、いい匂い、やばい平沢姉妹やばい)」

憂「……ありがと、梓ちゃん」

梓「いえいえ、憂ならいつでも歓迎だよ(良い決め台詞wまぁちょっと私も焦りすぎかもしれないけど、平沢姉妹が手に入るんだからそうなるわなw)」


憂「はぁ…」

梓「どうしたの憂?悩み事?」

憂「ううん、なんでもないよ」

梓「そう…(はい、完全に恋してる顔ですwありがとうございますww私はいつでもおkですよw)」

梓「好きな人でもいるの?」

憂「え!?い、ない、けど…」

梓「もしかして、その人って憂の近くにいる?」

憂「……」コクッ

梓「誰かな?(キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!!!!)」

梓「告白すればいいと思う」

憂「え、でも、梓ちゃんは…」

梓「友達だから親友だからとか関係ないよ!大事なのは気持ち!」

憂「そう……だよね……」



……

唯「ねぇ、あずにゃーん」ダキッ

梓「な、なんですか?(クンカクンカクンカ)」

唯「最近、憂が相手してくれなんだよぉ」

梓「憂にも色々あるんですよ(私とかワタシとかわたしとかの事を考えてるからね)」

唯「…」ウルウル

梓「なに弱気になってるんですか、先輩は笑顔の方が似合いますよ」キリッ

唯「あずにゃん…」

梓「突然ですが、唯先輩には好きな人っています」

唯「!」

唯「……」

唯「いないよ」

梓「」ニヤリ


梓「年下ですか?」

唯「ぅ……そうだよ」モジモジ

梓「誰ですかね?(かわええええええええええええええええええええ)」

梓「で、告白しないんですか?」

唯「無理だよぉ」

梓「待ってる人の気持ちも考えてください」

唯「……」

梓「いつでもいいですからね」



……

純「ねぇ梓、最近憂の様子おかしくない?」

梓「そう?」

純「妙に機嫌がいいのよね、特に憂のお姉ちゃんと一緒にいる時とか」

梓「憂がお姉ちゃん好きなのは昔からじゃん」

純「いやそうだけど…」


梓「授業始まるよ」

純「おっと、まずいまずい、んじゃ」

梓(つか今は唯先輩と憂に私の誕生日に何してもらうのか妄想中なんだから一人にしてほしいのに)

梓(猫耳姿の憂と犬耳姿の唯先輩がが私を舐めるというのは……ほう興味深い)

梓(っと妄想していたら下校時刻になってた、ってか部活時間も終わってるじゃん……まぁいい帰ろう)

梓「平沢姉妹をこの手におさめてー♪わんわんにゃんにゃんわんわんにゃんにゃん♪(ってあれは、憂と……唯先輩か下駄箱で何してんだろ)」コソ

梓(うーんここからじゃ何話してるのか聞こえないなぁ)

梓(話してるのかな……?何も喋らずお互いを見てるだけにみえるような…)



梓(そろそろ声掛けよう)

梓「唯せんぱーい」タタタ

唯「っ!」

憂「ぁ」

梓「どうしたんですかこんなところで」

唯「えーっと、あ、憂とお話してたんだよ!」

憂「……」

梓「そうなんですか、三人で帰りませんか?」


唯「ぇ、あ、うん、いいよね憂?」

憂「いいよお姉ちゃん」

梓「じゃあ帰りましょう(ここで二人の間に入って両手に花を実現!)」


梓(唯先輩に真ん中取られた……まぁいいや、これはこれで悪くない)

梓(にしてもこの二人こんなに歩くの速かったっけ?そんなに家に帰りたいのか)


梓「そう言えば唯先輩、最近私に抱きついてこないですね」

憂「」ジッ

唯「あ、暑いからねー、そういう時もあるよー」

梓「憂もアレ以来抱きつかないね」

唯「アレ…以来…?」

憂「え、ぁ、梓ちゃん何言ってるのー」

梓(なんだこの二人)



……

純「ねー梓ー」

梓「何?純」

純「もう完全にあれだね、憂、付き合ってるよ」

梓「誰と?」

純「憂のお姉ちゃんと」

梓「唯先輩と憂が付き合ってる?」

純「そう」

梓「ないないwあの二人私のこと好きだからそれはないw」

純「え…」


梓「証拠はあるの?」

純「この前の土曜日に公園で一緒にいてさ」

梓「そのくらいどこの姉妹もよくあるって」

純「いやそうなのかもしれないけど、膝枕し合ったり、お弁当食べさせ合ったり普通姉妹でするか?」

梓「あるある」

純「遠くから見てたんだけど、私の方が何か恥ずかしくなって逃げちゃった」

梓「私との予行練習か(ふーんそうなんだ)」

純「え?何の?」


梓「私、部活いくね」

純「おう、頑張れ」

テクテク

梓(ってか、仮に唯先輩と憂が付き合ってたとして姉妹で恋愛っておかしい)

テテテテ

梓(え、じゃあ家で、ずっといちゃいちゃしてるってこと?)

トトトト

梓(もしかして、あの可愛い二人が見つめ合ってちちちちゅーとかしてるの!?うわっ、やばい可愛い)

タタタタ、バンッ

梓「唯先輩!」

唯「はい?」

梓「あ、いや、なんでもないです」


梓「ふぅ…部活も終わったし帰ろう……あ、教室に忘れ物」

梓(夕暮れに染まる廊下か……ここで二人に告白されたら最高だろうな……って噂をすればいた)

梓(教室の隅でなにしてるんだろう?)コソソ

唯「」

憂「」

梓(椅子に座ればいいのに)

梓(あんなに見つめ合っちゃって、まるで恋人みたいじゃん)



唯「うぃ…」
憂「お姉ちゃん…」

梓(あれれれれ、二人ともちょっと近すぎない?)

梓(その距離はマズイよ!)

梓(領域入ってるって!)


梓(おいおいおいおい、これってまさか?え?違うよね?姉妹だよ?女の子同士だよ?)

梓(なっ!!?)


唯憂「」


梓(えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!??)




 /: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \
/: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : /^ヽ
: : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : :/: : : :/ } : : ヽ二ニ :_‐-
: : : : : : :/: : : : : : : / : :// : : /: : : /: : :i : '; : : : : : \: `丶.__
: : : : : :/ : : : /: : /: : : ∧\ : :/ : : :/: : : :| : :}: : :ヽ : : : \: : :\: : :`
: : : : :/ : : : /: : /: : : / : :\,ン:_:_:/|: : : : |: /: ヽ : }: : : : : :ヽ: : : \: :
: : : : ': : : : :l : : | : : : : / /' : / `ト !: : : /:| : : :V: : : : : : : :'; : : : :ヽ
: : : :l: : : : : |: : : : : : : :|/l/ /    l: |: :〃ト!、: : l: : : : : : : : :l: : : : : :
: : : :|: : : :}: |: : : : : : : :|,:ィ'´   ー=ミレ'!: /__|从\ |: : : : : : : : :|: : : : : :
: : : :l : : /: : : : :|: : : : :| :|   :::::::::::::  j/'ァーミヽ : | : i: : : : : : :| : : ;/ :
、 : : : {:/: : : : : :|: : : : :|: |          〉 ::::::::: `Vj : |: : : : :/ :|ー:7 : :
^ヽ : ハ: : : :} : ハ : : :|:!       ノ        } : : |: : : 〃:/l/ : : :
:::::::V:::::l: : ;イ :/ ヽ: : ト:、:、             /: : : l ://:/:´: : : : :/
::::::::{::::::j/::レ'::ヽ  }>、\ヽ>-/}         //: : :ノ: :ィ'彡, -―<
::::::::::::::::::::::::::::::::::}\: :イ:` ;} : :/  、       /イ: : :/ノ|//::::::::::::::::::`
::::::::::::::::::::::::::::::::::l  〉 j///    ` ーァヘ /- "  //::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::l /          /:::::::ハ      /{:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::l              ::::::::/ {iヽ     //l:::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::l             |:::::::|、 V{   // ,|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ            l::::::ハ jJ、 /  /|:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::\ヾ::::ハ            l:::/:::::l |ベ/  /:::!:::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::::::::::::::::、丶\}         ';:{::::::::l|/|ヘ./:::: |:::::::::::::::::::::::::
、::::::::::::::::::::::::::ヾ:::`ヽ::::ヽ        〉ヽ:::::lj//| |:::::ノ!::::::::::::::::::::::::
::ヽ::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::}          {:::}::::):://| |::〈::::|::::::::::::::::::::::::
:::::::\::::::::::::::::::::::::::::\::::::、        ヽ\:/∧| |::/::::|::::::::::::::::::::::::



梓(ふぁ……あんなにキス求め合ってる……)

梓(ウソ……本当に付き合ってたんだ)

梓「気付かなかった……」

ポン

梓「へ?」

律「よ」

梓「律s――んぐ!?んんんーっ」

律「気づいてないのお前だけだったぞ」

梓「」シュン…

律「帰るぞ」

梓「も、もうちょっと見させt」

律「」ギロ

梓「はい…」


律「梓が平沢姉妹好きなのは知ってるから、複雑な心境だけど、まぁ元気だせ」

梓「うぅ、律先輩…(なんか律先輩優しい…、あれ、もしかして私のこと好きなのかな?)」

律「梓にもまた好きな人ができるさ」

梓「今できました」

律「え?」

澪「おい律ー!一緒に帰るって言ったのに、いないから探したぞ!」

律「あー、ごめんごめん、ちょっとな」

澪「もう、もう会えなくなると思って凄く心配したんだからな」

律「ちょ、それは大袈裟だろ……」

梓「あれ?律先輩と澪先輩って……」

澪「律~」

律「ってことだ、じゃーな梓」テクテクテク

梓「」ポツーン

紬「」ニヤリ


おしまい



最終更新:2010年07月06日 23:22