唯「うい……ま、まだ足りないよお。もっとおちんちんいじめてぇ……」ビンビン

憂(おねだりするお姉ちゃんも可愛い!)

憂「うん、分かった!」ギュッ

唯「ひうう……///」

憂「お姉ちゃんのせーえきのおかげで滑りが良くなってるよ……どんな感じ?」ヌリュッヌリュッ

唯「う、うん……さっきと違う感じで気持ちいいよ。憂の指が、私のおちんちんに絡み付いてるぅ……」ビクンッ

憂「お姉ちゃん、もっと気持ちよくなって……」シュッシュッ

ヌリュッ、クチュ…

憂「先っぽも……」スリスリ

唯「んんっ!」ビクッ

憂(先端からこのくびれてるところを重点的に……せーえきを指で塗り付けるように)ヌチュヌチュ

唯「あああっ!うい、それ凄い!すごいよお……っ!」

憂(良かった、お姉ちゃん気持ちよさそう……♪)シュニシュニ

唯「ま、また出る……っ!さっき出したばかりなのにぃ……!」ビクビク

憂(あ……おちんちんがビクビク震えて、先端がパクパク開いてる……)ニュリュニュリュ

憂「お姉ちゃん、もうイッちゃうの?」

唯「う、うん……っ!憂、上手すぎるよぉ」

憂(あ、誉められた。嬉しいなあ……でも)

憂「私が上手っていうより、お姉ちゃんのおちんちんが我慢弱すぎるんだよ♪」シュッシュッ

唯「そ、そんな……あうっ!?」

憂「私はもっと我慢できてたよ?そーろーお姉ちゃん♪」ニコッ

唯「っ!?」

唯「そ、そーろーじゃないもん……」プルプル

憂「ふふ、我慢してるの?お姉ちゃん可愛いなあ……んっ」チュッ

唯「んんっ……うい……」チュウッ

憂「ちゅうう……んっ」

唯「んんん……はみゅう」

唯(う、ういの舌が口の中に……!?)

憂「……♪」シュコシュコ

唯「むううっ!?」ビクッ

唯(き、キスしながらおちんちん扱かないでえ!///)

シュッコシュッコ…

唯「うううう……」

憂「お姉ちゃん……はむっ、んちゅ……」

唯(も、もうダメ……っ!)ブルブル

唯「出る、出ちゃうよおっ!」ビクビクッ

ドクドクドク…

唯「あっ、あっ、あああ……///」

ビュルルル…

憂「お姉ちゃんのおちんちん、ビクビク震えて白いせーえきを撒き散らしてる……すごい……」ゴクッ

憂(……それに)チラッ

唯「あはっ、あうう……///」ビクビクッ

ビュルビュル

憂(イッてる最中のお姉ちゃん、可愛すぎるよお///)

唯「うっ……!」ブルルル

憂(顔、蕩けちゃってる……お姉ちゃん気持ちいいんだ……///)

唯「ふううう……気持ち良かったあ……」

憂「お姉ちゃん、満足した?」

唯「ん……」

憂「?」ニコニコ

唯(ま、まだ全然出し足りない感じ……それに憂には私のおちんぽみるくを飲んで貰わないといけないし……)

唯「まだ足りない……かな」

憂「ま、まだ足りないの?二回も出したのに……!」

唯「うう、だってぇ……」モジモジ

憂(お姉ちゃん、もしかしてぜつりんってやつ?)

憂「……」

唯「う、うい~?」モジモジ

憂(早漏で絶倫なお姉ちゃんも可愛いいいいぃぃぃ!///)


憂「ふふふ、お姉ちゃん。次は何して欲しいの?」

唯「えっとね、憂の口で咥えて欲しい……かな」

憂「えっ、口で?」

唯「う、うん……ダメかな?」ウルウル

憂「ううん、ダメじゃないよ!お姉ちゃんもしてくれたんだし、私も頑張るよ!」

唯「ういぃ……!」ジーン

憂「じゃあ早速……」

唯「憂の、くち……」ビキビキ

憂「あはっ、まだ何もしてないのにお姉ちゃんのおちんちんはち切れちゃいそう」

唯「だ、だって憂に咥えて貰えるって考えただけで……///」

憂「苦しそう……今、静めて上げるね。んっ……」チュッ

唯「あっ……」

唯(ういのちっちゃな口が、私のおちんちんとキスしてる……///)

憂「はむっ!」ニュプッ

唯「やあっ!?そ、そんないきなり……!」ビクッ

唯(憂の口の中、あったかい……おちんちん、溶けそうだよお)


憂「はむっ、んむっ」

ジュプッ、ジュプッ

唯「うい激しいよお……腰、蕩けちゃううぅ……///」ピクッピクン

憂(お姉ちゃんのおちんちん、変な味……)ジュププ…

憂(でも、これがお姉ちゃんの味なんだ……!)

ジュポッ、ジュポッ!

唯「だ、ダメぇ!ああああああっ!?」ビクンッ

ビュクビュク!

憂「んむ~っ!?」

唯「うあっ、ああ……いいよぉ……」ガクガク

ドクドクドク…

憂(ウソ……お姉ちゃん、またイッてる!?私の口の中に、お姉ちゃんのせーえきが……!)

唯(私のおちんぽみるく、憂の中に入っていってるぅ……///)

ビュクビュク…

憂(く、口の中から溢れそう……苦しいよ、お姉ちゃん!)バタバタ

唯「はあああっ、飲んで!私のおちんぽみるく、飲んでえっ!」ガクガク

憂(の……飲む!?お姉ちゃんのせーえきを、私が?)

唯「んんんん……っ!」プルプル

憂(そういえば、お姉ちゃんも私のを……。だったら私だって!)

憂「んむぅ……んっ、んっ」コクッコクッ

唯「ああ、憂……その顔、凄くえっちだよ///」ゾクゾク

唯(憂が私のおちんぽみるくをいっぱい飲んでる……///)

憂「ふぁ……んっ」チュポンッ

ドロオ……

憂「はあ、はあ……飲んだよお姉ちゃん///」

唯「うん……。私の精液を飲む憂、すごい可愛いよ……精液で汚された憂も……。んっ……ちゅっ」

憂「お姉ちゃあん……///」


唯「ふう……とりあえずこれでスッキリ……」

ムクムク…

憂「ひゃっ!?お姉ちゃんのおちんちん、またおっきく……!?///」

唯「……しないなあ」

憂「ま、まだ足りないんだ///」

唯「う~ん……」

唯(そうだ、せっかくだし……)チラッ

憂「な、何?」

唯「うい~、服脱いでよ~」

憂「ええっ!?」

唯「私だけ裸で、憂は服を着たままなんて不公平だと思う!」フンス!

憂「それはそうかもだけど……///」

唯「それでね、服脱いだら私のおちんちんを……」ボソボソ

憂「ふんふん……ふええっ!?」

唯「いいでしょ~?お願いだよ憂~!」

憂「うううう……分かったよお……///」

唯「わ~い♪」

……

憂「こ、これでいい?///」パサ…

唯「わあ……!やっぱり憂の体、凄くキレイだよ!」

憂「そ、そんなことないよお……。それよりお姉ちゃん、あまり見ないで……恥ずかしい……///」モジモジ

唯「何で?昨日も憂は裸だったじゃん!」ジーッ

憂「昨日とは違うよ……お風呂場だったし、おちんちんが生えてたし……」ボソボソ

唯「まあまあ!それよりも……やっぱり憂のおっぱい、大きいね」ゴクリッ

憂「そ、そうかな……そうでもないと思うけど」

唯「かっちーん。今のは私やあずにゃんに対する挑戦状と受け取りました」

憂「えっ?別にそんなつもりじゃ……」

唯「問答無用!このおっぱい星人め~~~っ!」ガバッ

憂「きゃああっ!?」

唯「こ、このおっぱいめ!妹のおっぱいのくせに、姉である私のおっぱいより大きいなんて生意気だぞぅ!」モミモミ!

憂「ひゃうっ!?お、お姉ちゃんそんなに強く揉まないで!」

唯「くっそう……柔らかくて張りもあって大きくて……羨ましい!」ムニュムニュ

憂「やあああ……あんっ///」


唯「それにこの乳首!」クリッ

憂「やっ!?そこはダメぇっ!」ビクッ

唯「ちょっと小さめだけど、キレイな桜色……こんなの私への……いや、世界中の女の子への当て付けとしか思えない!けしからんよっ」クリクリ

憂「あああ……やめてぇ……///」ビクビク

唯「むむ、何だか大きくなってきた?」

憂「うっ……///」

唯「憂、乳首いじられて感じちゃったんだ。ふ~ん、感度もいいんだね、おっきいのに……」

憂「そ、そんなこと」

唯「言い訳は聞きません!このけしからんおっぱいには、罰を与えます!」

憂「えっ……?」ドキッ

唯「覚悟しなようい~♪」

憂「ば、罰っていったい何を……?」

唯「ふふふ……まあえっちな憂にはご褒美になっちゃうかもだけど……あむっ」チュパッ

憂「お、お姉ちゃんっ!?」ビクッ

唯「はむっ、れろれろ……ちゅううう~」チュパチュパ

憂「うあっ、やあああ!乳首を舌で転がさないでぇ!おっぱい吸っちゃダメぇっ!」

唯(はああ……憂のおっぱい美味しい!)チュウチュウ

憂「んっ、ああっ!」

唯(何だか甘い気がする……さすがうい、おっぱいも完璧だよお!)ハムハム

憂「あはあっ、ああんっ///」ピクンッ

唯「ちゅむ、ちゅうう~……あむっ!」カリッ

憂「……っ!」ゾクゾク

憂「ああああああっ!?」ビクビクンッ

唯「ちゅぱっ……。ふふ、憂ったら乳首を噛まれてイッちゃうなんて……♪」

憂「はあ、はああっ……///」

唯「さて、けしからんおっぱいへの制裁も済ませたことだし、さっき言ったやつをやってもらおうかなっ」ズイッ

憂「あ……」

唯「見て、私のおちんちん……。憂のおっぱい吸ってたから、もう我慢できないって言ってるよ……」ビキキッ

憂「おねえちゃんの……すごい……」ボー

唯「早く慰めてぇ、ういぃ……」

憂「う、うん……♪」

……

憂「えっと、これでいいの?」

唯「そうそう、もっとおっぱいを押しつけて……」

憂「こ、こう?」フニュッ

唯「あうっ!いい感じだよういぃ……」

憂「えへへへ、そうかな?」ムニュムニュ

唯「今度は押しつけるだけじゃなくて、おっぱいでおちんちんを挟んじゃう感じで……」

憂「は、挟むって……///」


唯「早く早く!」ワクワク

憂「うう……でも、お姉ちゃんのおちんちん大きいから出来るかなあ……」

唯「大丈夫だよ!憂のおっぱいも十分おっきいし!」モニュッ

憂「やんっ、揉んじゃダメ!///じゃあ……」ムニュッ

唯「……」ワクワク

憂「よいしょ、よいしょ……」

唯「……!」

憂「こ、これでいいかな……?」ムニュムニュ

唯「お、おお……おおおお……!」ジーン

憂「お姉ちゃん?」

唯(す、凄いよ!憂のおっぱいが……私のおちんちんを包み込んでる!こ、これ刺激は手や口ほどじゃないけど、視覚的にはエロすぎだよお///)

唯「うい~!憂は最高だよ~っ!」ギュッ

憂「きゃっ!?お、お姉ちゃん、おちんちんが逃げちゃうから抱きついてきちゃダメだよおっ」

唯「おっとっと、ごめんごめん」


憂「よいしょっと……。それでお姉ちゃん、これからどうすればいいの?」

唯「ふっふっふ~、それはもちろん……」ニヤッ

唯(おちんちんを持つ者なら誰もが夢見るあの……)

唯「パイズリ!だよ!」ドーン!

憂「……」ポカーン


5
最終更新:2010年07月08日 20:58