澪(こんなとき、律なら・・・)

『お!食べる食べる!っていうか今日はもう練習無しでいいんじゃないか?』

澪(なんて言い出すんだろうな)

澪(律・・・)

マキ「???」

唯(ねぇあずにゃん!)

梓(なんですか?)

唯(とっさにこの世界の住人のフリしちゃったけど、よかったのかな?)

紬(ふふふ。よかったに決まってるじゃない)

梓(そうですよ。澪先輩のあの表情から察するに、私達の判断は間違ってなかったと思います)

唯(・・・うん、そうだね)

紬(練習が終わったあと、澪ちゃんと話してみよう?)

唯(うん!)

マキ「なーにコソコソ話してるのー?」

梓「あ、いや、ごめんなさいっ」ワタワタ

マキ「いーっていーって!ちょっと気になっただけで、別に怒ってないからね?」

梓「あ、はい。すみません」

マキ「あはは、梓は可愛いなー」

梓「へ!?///」

唯「ちょっと、あずにゃん照れすぎじゃない?」

梓「別にそんなんじゃないですよ」

紬「はい、二人とも喧嘩しないの。これ以上話をややこしくしないの」


唯「はーい」

梓(唯先輩が焼きもち焼いてくれた・・・///)

紬(よかったわね、梓ちゃん)

梓(だから人の心の中を読むなって言ってんだろーが)

マキ「それじゃ、練習しよっか」

澪「う、うん」




アヤ「なんていうかさ」

律「何?」

アヤ「今日調子悪いの?」

律「あ、あぁ。ごめんな」

アヤ「ううん、いいよ。無理してドラム叩かなくてもよかったのに」

律「えっと・・・」

アヤ「息、全然合わなかったね」

律「あぁ。きっと私が具合悪かったからだな。すまん」

アヤ「いいってば。それに気付けなかった私も悪いし」

律「アヤちゃんは悪くないよ。ホント、ごめんな」

アヤ「もう、今日のりっちゃん本当に変。謝りすぎだよ」

律「そ、そうかな」

アヤ「そうだよ、もー。あ、それじゃ私こっちだから」

律「お、おう!またなー!」

アヤ「お大事にねー!」バイバーイ!


律「・・・」

律(よく考えたら私って・・・)

律(澪以外のベーシストと合わせたことなかったんだよな・・・)

律(アヤちゃん、か)

律(上手いのはわかるんだけど・・・)

律(私は澪のベースの方が好き、かな)

律「澪・・・」

律(私達には私達の息の合わせ方があって、それは打ち合わせで作ったものじゃなくて)

律(二人で合わせてる内にいつの間にか出来上がったものなんだ)

律(なんで・・・なんでこんな当たり前のこと忘れてたんだよ・・・)

律(私は、澪じゃなきゃ駄目なんだ)

律「それなのに・・・ごめん」

律(難しいベースラインを弾ききったあと、少し得意げに笑う澪が)

律(走り気味な私に優しくブレーキをかけてくれる澪が)

律(なんだかんだでずっと私と一緒にいてくれる・・・)

律(そんなお前が・・・大好きだ)





マキ「それじゃ、また明日ねー」

唯「うん!ばいばーい!」

梓「お疲れ様でした!」

紬「気をつけてねー」

澪「・・・」

唯「・・・」

梓「さて、澪先輩」

澪「ど、どうしたんだ?」

梓「今日、なんか変だなーって思うことありませんか?」

澪「!?」

唯「私達の、放課後ティータイムのドラムは、誰だっけ?」

澪「それは・・・」

澪「・・・」

澪「律、だ」

紬「うふふ」

澪「でも、なんで・・・?あれ・・・?」

梓「澪先輩には悪いと思ったんですが、ちょっと嘘ついちゃいました」

紬「私達は澪ちゃんと同じ世界の私達よ」

澪「そう、だったのか・・・!」

澪「いや、考えてみれば当たり前だよな。私だけがこの世界に飛ばされたっていうのもおかしな話だし・・・」ブツブツ

唯「ごめんね」

澪「ううん、私の方こそ・・・ごめん」

澪「私、律に嫌な言い方したよな」

梓「まぁあれはそのあと律先輩も言い返したからおあいこですよ」

澪「でも・・・律に謝りたい」

唯「澪ちゃん・・・」

澪「私、気付いたんだ」

澪「今まで律以外のドラマーと合わせたことなんてなかったんだけど・・・」

澪「私にとって律以上のドラマーなんていないんだって」


唯「うん・・・うん」

澪「間の取り方、息の合わせ方、ブレイクの空気感・・・」

澪「私は律の音楽が好きだ」

紬「・・・」

梓(百合な方向に妄想していないことを祈ろう)

紬(むっ、失礼ね)

梓(勝手に人の心の中を読んでくる方がよっぽど失礼だと思います)

澪「フィルインを叩ききった後、どーだ!と言わんばかりに私を見る律が」

澪「走り気味だけど生きのいいドラムを叩く律が」

澪「引っ込み思案な私の手を引っ張って何処にでも連れ出してくれる」

澪「そんなあいつが・・・大好きだ」

紬「・・・そう。うん、私もそんな二人が大好きよ」

梓(台無しだよ、その鼻血で全てが台無しだよ)

唯「私もー!りっちゃんのドラムと澪ちゃんのベースを聴いてるとね、やるぞーって気になるんだぁ!」

澪「そっか。・・・うん、ありがとう」

梓「むしろ、コンビじゃない二人なんて想像できないですよ」

澪「えへへ、そうかな」

紬「コンビじゃなくて夫婦って言った方が正しいと思うの」

澪「う、うん・・・///」

唯「澪ちゃん!」

澪「?」

唯「帰ろうよ、私達の世界に!」

澪「・・・あぁ!!でも、その前に」

唯「うん?」


澪「唯、ありがとう」

唯「え?そ、そんないいのに///」

澪「いいんだ、言わせてくれ。ありがとう」

唯「う、うん・・・。改めて言われると照れくさいね///」

澪「梓とムギも。ありがとう」

梓「そんな、私達は何もしてませんよ」

紬「そうよ」

澪「あと、ムギ。さっきは本っ当にごめん。ムギに当たるなんて私どうかしてたよ」

紬「気持ちはわかるから、そんなに気になくていいのよ」

唯「それじゃ、帰ろっか」

梓「ですね」


「おーい・・・!!」


唯「ん?」


梓「今、律先輩の声が・・・」

律「ぅおーい!!」

紬「りっちゃん!?」

律「っはぁ・・・はぁ・・・」ゼェハァ

唯「りっちゃん、走ってきたの?」

律「あぁ・・・ここ、IFの世界なんだろ」

唯澪紬梓「!?」

梓「そうですけど・・・よくわかりましたね」

律「私の方も色々あってな・・・」

紬「そうだったの・・・」

唯「私、りっちゃんもこっちの世界に連れて来ちゃったんだね。気付かなかったや」

律「いいんだ・・・唯」

唯「うん?」

律「ありがとうな」

唯「りっちゃんまでそんな、恥ずかしいってば///」

律「・・・」

澪「・・・」

律「・・・」ウルッ

澪「・・・」グスッ

律澪「ごめん」

唯「・・・」チラッ

紬梓「・・・」コクッ

律澪梓唯紬「・・・帰るー!!!!」


プシュンッ!


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


唯「わっとったっ」

梓「戻って、きましたね」

澪「あぁ。元の世界でももう夕方、か」

紬「そろそろ帰りましょうか?」

律「ムギ」

紬「ん?」

律「さっきはあんなこと言って、ホントにごめん・・・!」ギュー!

紬「もう、気にしなくていいのに(きゃー!きゃー!///)」

澪「あー!ずるいぞ!私も!」

紬「ええぇぇぇ!?///」

澪「ムギー!さっきはごめんな!」ギュー!

紬「きゃー!きゃー!///(ほらほら二人とも、苦しいわよ。うふふ)」

梓「ムギ先輩が混乱してる・・・」

唯「逆になっちゃってるね」

梓「じゃあ帰りの支度しますか」

唯「うん、そだね」

律「そういえば」

紬「ん?」

律「私をお菓子の世界に連れてってくれよ!」

澪「それはまた明日な。もう遅いし」

律「えーいいじゃんよ!ケチ!」

澪「んな!?そういう問題じゃないだろ!?」

律「いーや、澪はケチだね!ドケチ!」

澪「なんだとー!?」


紬「え、えっと。ちょっとくらいならいいんじゃない?行く?」

梓「いいや、律先輩を甘やかしちゃ駄目です」

律「お前は行ったことあるからそんなことが言えるんだ!」ウエーン!

唯「りっちゃん、ちょっとみっともないよ?」キリッ

律「あってめっ!」

梓「それにどうせ行くならまた違う世界がいいです」

紬「中世のヨーロッパとかどう?」

澪「それ、面白そうだな!」

唯「私も行ってみたい!」

律「えー?お菓子の世界はー?」

澪「それも今度みんなで行こうって」

律「今日食べたいです!先生!」

澪「誰が先生だ!」ゴツンッ!

律「あだぁ!?」

梓「やれやれ・・・結局いつも通りですか、あの二人は」

唯「だねー」

紬「本当に仲がいいんだから・・・」ホゥ

律「・・・」チラッ

澪「・・・」チラッ

律「へへっ」

澪「・・・あはは」

律澪「あはははは!!」

唯「二人とも、急に笑い出してどうしたの?」

梓「もうついていけません・・・」

紬「」ブシュアアァァァ


唯「ムギちゃん!?」

律澪「ムギぃぃぃ!?」

紬「」ドクドクドク・・・

律「ムギが黄泉の世界に旅立っちまった」

唯「助けに行こう!今すぐ!」スチャ!

律澪梓「無茶すんな」




本当におわり



最終更新:2010年07月12日 23:31