澪「・・・梓が部室に入った瞬間急に静かになったな・・・律・・・」

紬「えぇ・・・やっぱり昨日の事が・・・」

唯「なに?何のこと?」

澪「唯、ちょっとトイレ行こうか」

唯「う、うん・・」

澪(・・・後は頼むな、ムギ)

紬(まかせて!)

紬「梓ちゃんはミルクティーでい~い?」

梓「はい・・・いただきます・・・」

紬「りっちゃん、おかわりは?」

律「ん?あ、ああ!貰うよ。いやー今日のお茶もサイコーだな!ムギ!」

紬「うふふ、りっちゃんたら」

梓「・・・・・」


澪「てなわけで・・・」

唯「・・・そんなことが・・・」

澪「律も相当戸惑ってるみたい・・・いや、へたしたら梓の事・・・」

唯「!そんなのヤダ!私達でりっちゃん達を仲直りさせてあげようよ」

澪「いや、多分律も皆に知られたく無いと思うんだ。梓を傷つけたくないと思ってるはずだから」

唯「・・・」

澪「だから、今はとりあえず様子を見ておこう」

唯「うん・・・そうだね!」

澪「いい子だ。じゃあ戻るか」

唯「うん!」



梓「・・・り、律先輩!このケーキ美味しいですね!」

律「!・・・あ、あぁ、そうだなー・・・」

梓「はぃ・・・えっと・・・・・・・」

紬(梓ちゃん・・・頑張って!)


ガチャ

唯「たっだいまー!」

紬「あ、唯ちゃん・・」

唯「うん、全部聞いたよ」

紬「・・・そう」

澪「それより、あの二人は・・・」

紬「梓ちゃんはなんとか会話しようとしてるんだけど・・・やっぱりぎこちないわ」

澪「ふむ。」

唯「・・・もう一度、二人っきりにしてみたらどうかな?」

澪「逆効果にならないか・・・?」

唯「二人とも、もう一度話したがってると思うんだ。そんな気がする」

紬「なるほど」

澪「確かにな・・・唯にしては冴えてるじゃないか」

唯「えへへ~」

紬「そうと決まれば!早速!」

唯「あ、私さわちゃんに呼ばれてたんだった!ちょっと行って来るねー」タタタ

澪「私も、ちょっとファンクラブの子と話があるから・・・」ガチャ

紬「わ、私は・・・も、もうひとこえ~」バタンッ

律「へ!お、おい、何だよ!」

梓「み、皆さん何処行く・・・」

シーン

律「・・・」

梓「・・・」

律「・・・昨日の事だけど・・・」

梓「ビクッ!は・・・はい・・・」

律「・・・いきなりでびっくりしたよ。挙句の果てにはワザとキスしましたーだもんな」

梓「・・・すみません・・・」

律「しかも女同士だぜ?どうなってんだっつーの・・・」

梓「・・・すみ・・ませ・・ヒック・・・」

梓「うぅ・・・」

律「だーーー!もう!泣くなよぉ!」

梓「!律先輩!?」

律「正直、どうすれば良いのか分からないんだ・・・でも、梓を傷つけたくないし」

梓「・・・律先輩・・・」

律「・・・・・よし!梓!デートしよう!」

梓「・・・へ!?」

律「明日土曜日だろ?丁度いいじゃん」

梓「・・いや、あの・・・」

律「・・・ダメか・・・?」

梓「いえ!大丈夫です!お願いします!」

律「よーし!思いっきり遊ぶぞー!」

梓(律先輩・・・気を使ってくれてるのかな・・)



どようび!

梓「・・・」

律「おーい!梓ー」

梓「!律先輩!こんにちわ」

律「じゃあ!行くか」

梓「あの、何処行くんですか?」

律「ゲーセン!」

梓「はぁ・・・もっとオシャレな事出来ないんですか・・・」

律「なにをーー!」

梓「あはは」



澪「いい感じじゃないか」

紬「そうね・・・でも何でいきなりデート・・・」

唯「あずにゃん嬉しそ~」



律「梓ギタフリやってみー?」

梓「はぁ、なんですかそれ」

律「ギターのゲームだよ、ほれ」チャリン

梓「え!始まっちゃいましたよ!どうするんですかこれ!?」

律「HTTのエースだろー!余裕余裕!」

梓「え!あ!くぅ!」 BAD!!!

律「梓へったくそだなー」

梓「むぅ、こんなオモチャだからです!ムスタングで勝負してやるです!」

律「あはは!ばっかでー!」




唯「あ!澪ちゃん!ムギちゃん!アレ可愛いよー」

紬「ホント~かわいい~」

澪「おい!ばれちゃうだろ!もっと静かに・・・」



梓「お昼何食べますか?」

律「そうだな・・・寿司!」

梓「一人で食べてて下さい」

律「あずさぁ~」

梓「あ、そこのファミレスでどうですか?」

律「しゃーねーなー」



澪「私達も・・・」

唯「お寿司だね!」

紬「おいしいお寿司屋さんがあるのよ~」

澪「そこのファミレスだ!」

唯・紬「は~い・・・」



……

律「いやー、色んな服があったなー」

梓「そうですね・・・あ、もう6時ですよ・・・この後はどうします?」

律「・・・梓、そこの公園行ってて」

梓「へ?なんで公園」

律「いいからいいから!じゃあちょっと待っててなー」タタタ・・・

梓「あ・・・」

梓「・・・」



澪「何が始まるんだ・・・」

紬「まさか!告白・・・」

唯「ドキドキ・・・」



梓(公園で二人っきりなんて・・・やっぱり、一昨日の返事だよね・・・)

梓(やっぱり振られちゃうのかな・・・でも、今日は楽しかったな・・・)

律「梓ー」

梓「あ、律せんぱ・・・」ポフッ

梓「これ・・・鯛焼き・・・?」

律「んああ・・・その・・・一昨日の続き。私途中で帰っちゃったし」

梓「律先輩・・・」

律「私と一緒に食べたかったんだろ?タイヤキ」ニカッ

梓「りつ・・・せんぱ」

律「あと・・・これ御詫びに・・・はい」

梓「・・・・・・・!世界の・・猫図鑑・・・」

律「コレ見てたとき梓の目ー輝いてたしなー。あはは!なんか笑えてきた」

梓「・・・・うぅ・・・うあーーーん!!!」

律「えぇ!?何で泣いてんの!?別のが良かった?」

梓「ちがいます!そんなんじゃないです!嬉しいんですー!!!」

律「そ、そっか。それは良かった・・・なぁ、梓・・・」

梓「・・はい・・・」

律「私さ、梓の事は大事にしたいとは思ってるけど・・・その、付き合うとかじゃあ無い気がするんだ」

梓「・・・・はぃ・・・・・・・」

律「だからさ・・・もう少し、時間くれない?」

梓「・・・え・・・?」

律「もっと梓の事良く知って、それから決めたいと思う」

梓「それって・・・」

律「まぁ、保留って奴?」

梓「マジですか・・・良いんですか!私振られないんですね!」

律「お、おちつけ!付き合うとも決まってないんだし・・・」

梓「はぁああ・・・よかった~・・・・うぅ・・・よかった・・・・」

律「直ぐに返事出来なくてごめんな・・・」ナデナデ


梓「先輩はどんな女の子がタイプなんですか?」

律「いや・・・私も女だし・・・」

梓「これからはガンガンアタックしますから!」

律「あはは・・・お手柔らかにな・・・」

梓「好きなオカズはなんですか!?」

律「弁当作る気満々かよ!」





澪「よかったな・・・」

紬「ええ・・・ほんとに」

唯「うぅ・・・りっちゃん!男前やでー」





数日後

梓「あの・・・田井中先輩いますか?」

姫子「ん?ああ・・・律ー後輩ちゃんまたきてるよー」

律「おお、ここだよー」

唯「あれー最近あずにゃんよく来るねー」

澪「しかも律に弁当作ってな」

紬「ラブラブなのかしらぁ?」

律「なっ!ち、違うよ!梓が料理の練習したいって言うから・・・それに付き合って・・・ごにょごにょ・・」

唯・澪・紬「ニヤニヤ」

梓「律先輩!今日はから揚げです!・・・それと・・・・」

チュッ!

唯・澪・紬・律・和「!!!!!」

梓「えへへ・・・律先輩・・・大好き・・・」

律「・・・あ、あああずさぁぁぁぁああああ!!!!あほーーー!!」ゴチン!

梓「あいたっ!」



おわり



最終更新:2010年07月17日 20:43