澪「…なんだって?」

律「だからチューだって、キスだよキス!」

澪「いやだから…(…これはチャンスなのかな)」

律「あーもういいから目つぶれって!ハイッ!」

澪「ちょっと待ってって///…

  よし、おっけ…んっ」ドキドキ

律「おっけー、じゃあいくぞ」

ピロリーン

律「うん、おっけ!次は唯のとこだな、じゃあな澪」

澪「…は?」


澪「なにしたんだ、律?」

律「ケータイで写真とったんだけど?」

澪「だから、そうじゃないだろ!」

律「ごめんってば!私行くとこあんだよ、じゃな!」

澪「だから待てって!」ガシッ

律「…なに?」

澪「…」

律「あーわかったよ、これはお礼だ」チュ

律「じゃあな!」

澪「///…(…いやでも…まぁいいか)」


律『もしもしー唯ー?今から行くからー』

律『うん、またあとでなー』


かいそう!

律「暇だなー澪ん家でも行こうかな」

律「んーでもなんかなぁ…うしっ!これでもやるか」

かいそう終了



唯「やっほー、りっちゃん!」

律「おっす唯!」

唯「うん、で今日はどうしたの、急に?」

律「いやー暇だったからさ、なんか唯と遊びたくなっちゃった
  ていうか会いたくなって?」

唯「うれしいこと言ってくれるねー、りっちゃん!」

律「いやいや本当だって!あ、アイス買ってきたんだ、食べようぜ」

唯「おー、ありがと。たべよーたべよー」


唯「ペロペロ」

律「ペロペロ…っと、唯ー?口のまわりベタベタなってんぞー
  ったくしょうがないなー」フキフキ

唯「ちょっとやめてよー、りっちゃん!、そんな子供みたいに!」

律「言うなって、まだまだ唯は子供だろ
  憂ちゃんにも世話なりっぱなしだしなー」

唯「もーうるさいなりっちゃんはー」

律「アハハー、でもいいんだよー唯はそれで、たぶんだけど」ププッ 

唯「りっちゃん、さっきからひどいよ!けんか売りに来たの!?」

律「ちがうって、ごめんごめん」

唯「もー」

律「ごめんてば!ゆるしてよ唯ー!」ガバッ

唯「え!?ちょ…っとなにしてんの、りっちゃん!?」

律「唯が怒ったから!ごめん、ゆるしてー」シクシク

唯「いや!そんなに怒ってないよ!?いつもの冗談じゃんか…」

律「ほんとに?」

唯「うっ…ほんとに怒ってないよ(…ちょっとかわいいな…)」

律「じゃあキスしてもいいよね?」

唯「う、うん?」

律「はいっ!じゃあ目ーつぶって!」

唯「えっと、これでいいの…かな?(…てかおかしいよね、これ!?)」

律「おっけ、じゃあいくよ」

唯「うん」


ピロリーン

律「よく撮れてるな、うん。じゃあな唯!」バタン


律「ふぅ、さっさと出てきて正解だったなっと…憂ちゃんじゃん」

憂「こんにちは、律さん」

律(憂ちゃんは計画に入ってないんだけどな…)

憂「家から出てきたようですけど、お姉ちゃんに用とかですか?」

律「うんにゃ、ちょっと遊びに来ただけだよ」

憂「それにしては帰るの早いですねー、まだお茶も出してないのに(…忘れ物取りに帰って来ただけだし)」

律「い、いやー唯のやつどっか行ってるっぽくてさー、どこ行ったんだろうなー?」アセアセ

憂(…ウソか…それにお姉ちゃんの匂いもする…まぁいいか明日で)

憂「あーそれはすいませんでしたー、私はもう帰るんであとで言っときますね」

律「うんっ!?あ、ああよろしくねーじゃあまたねー(…ばれてるな)」


憂「はい、また明日会いましょうね」

律「あ、明日なにかあったかなー、バイバイ!」


律「あーたぶんやばいかもなー明日たぶん…
  まぁいいや次だ次!」

律「次は梓いくか。唯は正直ノープランで勢いというかその場でいったからな…
  あれは唯じゃないとダメだろうし」


律(…おk、前髪おろして行こう。その前にメールしといてっと…)



駄菓子屋まえ

律「おっす梓、待った?」

梓「いえ、待ってはないですけど、なんですか急に呼び出して」

律「いやーちょっと梓の顔が見たくなってさー」

梓「いえ、冗談はいいですから。ていうか髪おろしてるんですね、意外と似合ってると思います」

律「梓は厳しいなー、ハハ。うん、で、用ってのはね…」

梓「はい」

律「うーん…そこじゃダメだなあ、ちょっとこっち来て」

梓「?えーっとこの辺でいいですか?ってちょっと近いですね」

律「うんそうそう」

律「で、ちょっと見てほしいんだけど、前髪ちょっと傷んでないかな?」

梓「いいですけど…んっと…たぶん大丈夫だとおm律「前髪ガバッ!」キラーン

梓「うおっまぶしっ!」

カシャカシャカシャカシャ



律「まぁこれでいいや」


律「ププッ、ちょっと変な顔してる…っと」フフッ

律「じゃあな、あずs梓(…)ガシ

律「ほえっ?」

梓「律先輩、なんですかこれは?」

律「…い、いやー冗談、だよー」テヘッ

梓「でも帰ろうとしてましたよね?」

律「あ、遊びに行こっかー梓ちゃーん?」

梓「はい、行きます」

律(…行くのか…)



律「あー疲れたー」

梓「あ、歩き疲れたんでジュース頼みますね」ピーンポーン

律「また奢らされるのか…ハァ…」

梓「もとはといえば律先輩が悪いんじゃないですか!」

律「いやでも、おまえ元気すぎ、奢らせ過ぎだっての」

梓「す、すいません…」

律「でっ、でも楽しそうだったなー梓!私と2人きりも悪くないだろー!

梓「そうですね、まぁ私律先輩好きですし
  あ、でもなんであんなことしたんですか?」

律「ん?…あーそれはもういいじゃん?」

梓「ダメです!それを言わないと許せません!」

律「もういいじゃんかよー、撮ったのも消すからー」

梓「あ、消さないでください。それはそれで…なんでですか・」

律「めんどくせぇなー、まぁ全部言っちゃうとー漫画よんで…
  澪でー…唯でー…ってことだよ」

梓「なっ!?」


梓「なんで私にはあんなふざけてたんですか!?」

律「いやそれはさー…ノリじゃん?」

梓(あーもうこの人は…んっと待てと…)

律「おい、あずさー!ったくなにニヤついてんだよ」ユサユサ

梓「フフッ、すいません」

律「あーもういいから、じゃあ帰るから」

梓「どうせむぎ先輩のとこ行くんですよね?」

律「…いや、行くけど…何?」

梓「…まだ許さないんで、キスしてください…」



律「なんで?」

梓「…こ、公平じゃないから…」

律「でも遊んだじゃん、もう夜なるぜー?」

梓「で、でもひどいです!私だけ変顔じゃないですか!?」

律「でも消さなくてもいいって言ったじゃん、もう疲れたよー」

梓「で、でも…」ウルウル

律「あーもうわかったよ、やってやんよ!」


梓「ほんとですか!?…じゃ、じゃあお願いします!」

律「あーやってやるよ」

梓「で、では…ンッ、ど、どうぞ」

律「はいはい」


ピロリーン


梓(…やっぱり…)

律「これでいいだろ」ププッ

梓「いやわかってましたから、ほんとに!」

律「ウソつくなってー!おしっむぎのとこ行くか」

律「まぁむぎも夜行くって言ってあるから時間もつぶせてよかったよ」

梓「そうですか…(これは…どっちだろ…あーこの人はいい人なのかどうかわかんないなー)」

律「今度こそ、じゃあな!…キスはまた今度な」ボソッ

梓(…明日ってことっ!?)


律『あ、むぎ?今から行くよ、うん』



むぎ邸

律「おじゃましますよー」

紬「りっちゃん、いらっしゃい」

律「やっほーむぎ、てか夜にごめんね」

紬「そんなのはいいわ、早く私の部屋に行きましょう!」

律「おう!じゃ案内よろしくー」

紬「ええっ!」ニコニコ

律「で、むぎには大体話してあるんだよなー」

紬「ええっ!すばらしいと思うわ!」

律「だろー?むぎはこういうの好きかと思って最後にしといたんだよ」

紬「ふふっ、ありがとりっちゃん」

律「じゃあその前に写メ見せてやるよ、ちょっと待てよー」ゴソゴソ



律紬「」チュー


律「プハッ、…っておいっ!なにやってるんだよ!」

紬「えっ、キスだけど?(りっちゃんのおかげでみんなと間接キスできたわー)」

律「ちがうから!その瞬間の写真撮ってんの!」

紬「そうだったのー!?(棒」

律「わざとかよ…」

紬「あ、これがそれね…うん、みんなかわいいわー」

律(…もういいや)

律「じゃあ、帰るかな…むぎのはなんかいいから…」

紬「ええっ!?なんで?」


律「だって…なぁ…」

紬「えー撮りましょうよ!夢だったのー…」

律「…」

紬「…」

律「…うそだろ。…でもまぁ…じゃあいっしょに撮るか」

紬「うんっ!」

律「じゃあいくぞー、ハイチーズ!」ピロリーン


律部屋
律「あーやっと全員集まった、無駄にしないためにもこれを部員名簿にしようかな
  …それよりも明日相当めんどくさいことになってるよなぁ…全部さわちゃんのせいにすっか」



律「まぁみんな私に気がありそうな感じもするし、そうなりゃ…そうすっかな」

おわり



最終更新:2010年07月17日 21:19