ガチャ

純「二人とも、遅いから先生が怒って……憂?大丈夫?ていうか何か変な臭いしない?」

梓「……憂が体調悪いみたいだから、保健室連れてく」

純「だったら先生に……」

梓「言っといて」

純「えー!?自分で……」

梓「言っといて」

純「はい」

純「じゃ、じゃあ憂、お大事に」


憂「純ちゃ……」

梓「行っちゃったね」

梓「さぁ立って憂、保健室行こう?」

憂「か、帰るよ。もう大丈夫だから」

憂(縮んだみたいだし……)

ガシッ!

憂「あぐっ!?」

梓「あれ?さっきと大きさ違う……」

憂「は、離して!お願い!止めて!」

梓「もう一回さすったら大きくなる?」スリスリ

憂「ああっ!」

憂(だ、出しちゃったから?さっきよりずっと敏感になってる……)

梓「保健室、行くよね?」

憂「……」


梓「制服に着替えて、と」

憂(梓ちゃんが怖い……)

梓「さ、行こう」

憂「うん……」

スタスタテクテク

憂「梓ちゃん?保健室はあっちだよ?」

梓「いいから」グイグイ

梓(憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い憂可愛い)

梓「入って」

憂「部室……?」

梓「ここなら邪魔入らないから」

梓「あずにゃんのつきとばしこうげき、えい」

憂「きゃっ」ドサッ

梓「固い床の上だけど我慢してね」

憂「な、なにをするの……」

梓「解ってるくせに」

梓「憂もあれ……付いてるんでしょ?」

憂「あれ?」

梓「これ」グッ

憂「んっ!」

梓「あはは、パンツの中で出したからぬるぬるだね」

憂「梓ちゃん、知ってたの?」

梓「さっき舐めた時に気付いたよ」

憂「おかしいよね……こんなの……女の子に、おちん……ちん、なんて」

梓「全然。毎日のようにあることだよ?」

憂「えっ?」

憂「そうなんだ……そういうのよく解んないや」

梓「まぁそんなことより、今はこっち」スルスル

憂「ちょっ、パンツ脱がさないで!」

梓「きこえない」

憂「や!」

ゴタイメーン!

梓「……お、おっきい」ゴクリ

憂「み、見ないで……」

梓「うわー……わぁ……うぉ……」ジロジロ

憂(恥ずかしい)

梓「赤黒くて、カリが張ってて……これもう凶器だよ」

憂「解説しないでよぉ」

憂「ていうか……梓ちゃん、詳しいね」

梓「お父さんがそういうビデオ持ってるから」

憂「盗み見た?」

梓「まぁお年頃だから」

憂「ふふ……なんか可愛い」

梓「憂のが可愛いよ」カプリ

憂「ふぁっ!?」

梓「んっ……おっき……んん……んぷ……」

憂「そ、そんな……の、口に入れたら汚い……よ」

梓(声が上ずってる……気持ちいいんだ)


梓(裏筋を舌先で)ツー

憂「あ、ああ!」

梓(全体を螺旋を描くように)ペロペロ

憂「はうぅ……」

梓(口に含んで、舌で先っぽを)クチュクチュ

憂「そ、それダメ!先の方ダメぇ!」

梓(玉は……無いのか。じゃあ女の子の部分を指で)

憂「やっ!あ、だ、め……梓……あ、ずさ……ちゃ……」ガシッ

梓(私の頭つかんで……憂が、私に夢中になってる)

梓(私が、憂を夢中にさせてる)

梓(憂……)

梓「んぶ……んぐ……」ジュプジュプ

憂「はぁ…はぁ……」

憂(頭……ぼーっとしてきた……)

憂(梓ちゃんがわたしのを……こんなに一生懸命……)

梓「ふぅ……顎が重い」

憂「む、無理しなくて良いよ!」

梓「また大きくなったね」

憂「梓ちゃんがするから……」

梓「ふふ……どうする?手でする?」

憂「じ、自分で何とかするからいいよ」

梓「……」

憂「梓ちゃん?」

梓「……ごめん、入れていい?ていうか、入れるね」

憂「えっ!?」

憂「そ、それはダメ!」

梓「なんで?」

憂「梓ちゃん……したことあるの?」

梓「無いよ」

憂「初めては、大好きな人にとっておかないと。ね?」

梓「うん、だから憂とする」

憂「え、えっと……」

梓「憂が好き。誰よりも何よりも好き」

憂「……」

梓「澪先輩や唯先輩に対する尊敬の好きじゃなくて、本当の好き」

憂「梓ちゃん……」

梓「憂の感じてる顔、誰にも見せたくない」

梓「憂の初めてが欲しい」

梓「唯先輩でさえ見たことない憂を私だけが知ってる」

梓「そんな事でこの上なく喜んでる、そういう独占欲の塊なんだよ」

梓「黙ってるつもりだった。女の子同士だから」

梓「でも……でも……こういう状況なんだし、我慢しなくていいよね……」

憂「お、落ち着い……あっ!?」

梓「ん……憂は下でいいから……いった……」ズブズブ

憂(入ってるの……?あったかくて、気持ちい……)

梓「痛い……まだ半分」

憂「梓ちゃん、やっぱり止め」

梓「いや!」

憂「……」

梓「ずっと、憂が欲しかった、憂のものになりたかった」

梓「やっと叶うんだか……ら!」グググ

憂「あつっ……」

梓「はふぅ……全部、入っ、たよ」

梓「えへへ……私の中、憂でいっぱい」

憂「私も……熱くて、ぬるぬるしてて、梓ちゃんのがぎゅうぎゅうしてくるよ」

梓「ちょっと待ってね……落ち着いたら動くから」

憂「……梓ちゃん」ムクリ

梓「んぶっ!?」

梓(う、憂にキスされた!?)

憂「んっ……」

梓「ん……んん……」

梓(舌が入って……凄い気持ち良い……)

憂「ぷはっ」

梓「……ど、どうして」

憂「痛いの我慢してる梓ちゃん、可愛いなって……ファーストキス、だよ?」

梓「そういう期待させるようなことを……」ボソリ

憂「ん?」

梓「何でもない、そろそろ動くね」

梓「憂……ぎゅってして」

憂「こう?」ギュ

梓「対面座位っていうんだって」

憂「なんか、恋人みたい……だね」

梓「……」

憂「……」

梓「動くよ、下手かもしれないけど」

憂「うん……」

ヌチュヌチュ

梓「あ……ん……やっぱり、大きい……」

憂「はぁ……はぁ」

梓「あうっ……う、い……んくっ……気持ち良い?」

憂「いい、よ」

梓「良かった……」

ヌチヌチグチュグチュ

梓「はぁっ、はぁ……ちょっと、慣れてきたかも」

憂「わ、私も動きた……い」

梓「い、いいよ!動いて憂!」

憂「んっ!」

グチュグチュ

梓「や!お尻つかんで、激し……」

憂「あ、ずさちゃ……」

梓「梓って!梓って呼んで!」

憂「あずさ……あずさぁ……」

梓「憂!憂!私の!私だけの憂!」

憂「梓……出そう……」

梓「出して!出して良いよ!」

憂「ダメ、だよ。赤ちゃ……出来ちゃう」

梓「今日は大丈夫だから!」グリグリ

梓(知らないけど!)

憂「やっ……そんな、捻ったら……」

梓「憂の、憂の全部……欲しい!」グリグリ

憂「ぬ、抜いて!もう我慢出来ない!」

梓「やだ!やだぁ!」

憂「あ……ふぁっ、あああ……」

ビュクビュクドプププ

梓「あっ!?お腹……熱い……出てる……憂のが私の中に出てる……」

憂「出し……ちゃった」

梓「はふぅ……」クテ

憂「だ、大丈夫!?」

梓「……」

憂「梓……ちゃん?」

梓「……ごめん」

憂「え?」

梓「憂の気持ちも考えずに、好き勝手した」

梓「嫌いになったよね」

梓「ごめん……ごめんなさい」

憂「嫌いなら、殴ってでも止めてるよ……だから、泣かないで」

梓「憂ぃ……」

憂「しばらく、こうしてよう?」ギュ

梓「うん……」ギュ




第一部 終わり



最終更新:2010年07月17日 21:37