にっきちょう 2年1組 ひらさわゆい


8月2日 はれ

今日はのどかちゃんと のどかちゃんのお母さんといっしょに プールに行きました。
のどかちゃんは およぐのがとってもじょうずで すごかったです。


8月4日 くもり

おにわの朝がおの花がさきました。
こんなにきれいなのに、朝しかさかないのはもったいないと思いました。


8月7日 雨

公園でのどかちゃんとあそんでいたら、ねこさんがいました。
ねこさんにさわろうとしたら、ねこさんは「シャー!」と言ってにげてしました。
やなかんじです。


8月10日 くもり

今日からお母さんが、おしごとで1しゅうかんかえってきません。
お父さんも外国でおしごとなので、かせいふさんが来てくれます。
お母さんに会えないのはさびしいです。


8月14日 はれ

ういが「お母さんに会いたい」と言ってずっとないています。
ういはあまえんぼさんなので かわいそうです。





唯「かわいそうです、と…」カキカキ

憂「うぅ…お母さん…ぐすっ」

唯「ねえ、ういー」

憂「ぐすっ、なあに、お姉ちゃん?」

唯「明日、お母さんに会いに行こうよ!」

憂「へ?」

唯「ねっ!」

憂「…うん!」

憂「でもお姉ちゃん、お母さんがどこにいるかわかるの?」

唯「えへへー、前にね、お父さんと一緒に行ったことあるからわかるんだー」

唯「お小遣いがあるから、バスに乗っていけるよ!」

憂「わあ…!」

唯「だからね、大丈夫だよ憂!お姉ちゃんにまかせて!」

憂「うん!」

唯「えへへ、明日が楽しみだね!」

憂「そうだね、お姉ちゃん!」



翌日、昼過ぎ

家政婦「それじゃあ夕飯のお買い物に行ってくるから、良い子でお留守番しててね」

唯「は、はーい!」

唯「…」

唯「よし、今がチャンスだよ、憂!」

憂「う、うん!」



ぶろろろろろ

唯「あ、きたきた!あのバスに乗るんだよ!」

ぷしゅー

ちゃりんちゃりん

びー 出発します ぶろろろろろ

唯「このバスのね、○○前っていうところで降りるんだよ」



――

―――


唯「すぅ…すぅ…」Zzz

次はー、○○前、○○前―

憂「くぅくぅ…」Zzz

○○前、通過しまーす

ぶろろろろろ



――

―――


終点、××岬ー

これより当バスは回送となります、ご乗車ありがとうございましたー

ぷしゅー ばたん ぶろろろろろ

憂「お姉ちゃん…」

憂「ここ…どこ?」

唯「…」

唯「もうすっかり夕方だね…」

憂「うん…」

唯「ずいぶん遠くまで来ちゃったみたいだね…」

憂「うん…」

唯「あ、どうしよう!」

唯「もうお小遣い無いからバス乗れないよ!」

憂「ええっ」

憂「そんな、どうするの?」

唯「どうしよう…」

憂「う…ぐすっ」

唯「あ、憂泣かないで…」

唯「うーんと…そうだ!」

唯「ここを通るバスを追いかけながら、歩いていこうよ!」

唯「どれくらい遠いかわからないけど、きっといけるよ!」

憂「ぐす…」

憂「…うん、そうだねお姉ちゃん!」

唯「うん!じゃあ、しゅっぱーつ!」


唯 テクテク

憂 テクテク

唯「あ、見て見て憂!夕日がきれいだよっ」

憂「わあ、ほんとだぁ」

唯「ゆうやーけこやけーの あかとーんーぼー♪」

唯「おわれーてみたのーはー♪」

唯憂「いつのーひーかー♪」

唯「えへへ」

唯憂「ゆうやーけこやけーのー♪」



――

―――


唯「バス、来なくなっちゃったね…」

憂「うん…」

唯「これじゃあ道わからないね…」

憂「うん…」

唯「すっかり夜になっちゃった…」

憂「う…ぐすっ」

憂「おなかすいた…」

唯「憂…」

ぽつ ぽつ ぽつ

ざあ ざあ ざあ ざあ

唯「わ、わ、すごい雨降ってきたよ!」

憂「ど、どうしようお姉ちゃん!」

唯「えっと、えっと…」

唯「あ、あそこの公園!あの大きいゾウさんの下がトンネルになってるよ!」

唯「あそこで雨宿りしよう!」

憂「う、うん!」


唯「はあ、はあ…」

唯「ちょっと濡れちゃったねー」

唯「憂?」

憂「う…ぐすっ、もうやだよう…」

憂「おなかすいた…おうち帰りたいよう…」

唯「ういー…」


ぎゅっ

唯「ごめんね、憂…私がお母さんに会えるって言ったのにね…」

唯「ダメなお姉ちゃんだよね…ぐすっ」

唯「本当にごめんね…ぐす、ひっく…」

憂「お姉ちゃん…」

憂「ううん、お姉ちゃんは悪くないよ」

憂「私こそごめんね。お母さんに会いたいって言ったのは私なのにね…」

憂「だから、泣かないで?お姉ちゃん」

唯「ぐすっ…」

唯「ありがとう、ういー」

憂「えへへ、お姉ちゃんあったかーい」

唯「えへへ」

唯「すぅすぅ…」

唯「…はれ?寝ちゃったぁ…」

唯「あ…」

唯「憂、憂」ゆっさゆっさ

憂「うん…なあにお姉ちゃん?」

唯「すっごく星がキレイだよ!」

憂「わぁ…ほんとだぁ。雨やんだんだね」

憂「…?」

憂「あれ?お姉ちゃん、誰か来るよ?」


酔っ払い男「ウィー、ヒック…」フラフラ

酔男「うぅー、飲みすぎた…うっぷ」

酔男「あ、やべ…うっ」

げろげろげろ

唯「お、おじちゃん大丈夫?病気?」

酔男「ああん?なんだぁ、おじょうちゃんたち」

酔男「こんな時間にこんなところでこんな小さな女の子がふたりで…」

酔男「まだ酔ってるのか?おらぁ」

酔男「うっぷ」

げろげろげろげろ

唯「ほんとに大丈夫?おじちゃん」背中さすさす

酔男「うう、すまねえな、おじょうちゃん。だいぶ楽になったぜ」

酔男「ふーむ、それにしても…」

酔男「姉妹そろってなかなかかわいい顔立ちしてるじゃねえか」

酔男「へへへ…」

酔男「おじょうちゃん達、ちょっといいかい…?」カチャカチャ

唯「へ?」


――

―――

憂「やめて!お姉ちゃんにひどいことしないで!」

唯「憂…逃げて…」ポロポロ

憂「あ、あ、お姉ちゃん…!」

唯「ういー…」


2
最終更新:2010年07月18日 21:37