_ -―――- 、
.       イ::::::::::::::::::::::::::::::::::\
     /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::’,
.    '/:/:::/:::イ/ |:::::::::::!:::::::|::|::::::::::::::::i
    ll:::|::::|::/|l  !ハ:::::::|!::::::|::|::::::::::::::::|
    !|:::|::::|ム !  | ゝ:::ト、:::|::|::::::::::!::: |
.   |:|:::!:_ノ 、   └'ァzニ弌::::::::::|:::::|
    !:ト:| ィ'Pヾ   '´イPニiヽ!:::::: ハ::: |
    !::::ハ └┘i==i └‐' r'|:::::::|`l::::|
    |:::::`' ー‐'′, ` ー‐ ´ |:::::::|ノ::::|
    |:::::::::l          l:::::::|::::::::l
.    !::::::::ト、   冖     ィ:::::::|::::::::|  
     !:::::: !:::> 、   . <:::|::::::!:|::::::::|
    !:::::::|:::|::::::|::≧ ´ _ . ィ::::: !:|::::::::|
    |:::::::|:::|:::斗/ ヽr'"  |::::/>、::::|
    |:::::::レ'´/::イ /ゝヘ.  l::::!:ヽ::.::.`丶、
    |:::::::!::/::./ノ' /| l ぃ |::::|::.::|:.::.::.::.::.::.`丶
.   /!::::::|〈::.::!イ / /! ! Ⅵ::: |::.::|::.::.::.::.::.::.::.::.’.
.    !:!::::::|/::.::| | ' / |、'___} !::: |:::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.i
   |:|::::::!!::.::ハ´7/ | ト、 .イ:::::|:〈::.::.::.::.::.::.::.::.::.: !
   |:|: /||::.::| ∨ハ /| |レ' |:::|!:|::/::.::.::.::.::.::.::.::.::.:|
   |:|/ :||::.::! ∨ ´ |」  !:::|!:レ:.::.::.::.::.::.::.::.::.::./
   N::.::.|!::.:|  ヽ/  |:::ハ:|::.::.::.::.::.:l/::.::.::.::!
   |::.::.::.|::.:|       l:〃::.::.::.::.::.::.:|:.::.::.::.::|
   l::.::.::.::.::|       |/::.::.::.::.::.::.::.::|.::.::::..:/!



澪「高橋さん、借りてた本返すよ!」

風子「ありがとう。どうだった?」

澪「面白かったけど難しい…“見えざる手”とか授業では強調するけど1回しか出てこなかったな」

風子「でしょ?誤解しちゃうよね」

澪「確かに。他にオススメの本あるかな?」

風子「じゃあ次はメンガーはどうかな?そうだ、その前に歴史学派について…アーダコーダ」

澪「う、すまないけど次はもっと簡単なのを。でも本当に本好きだな。さすが文芸部」

風子「ふふ。でも秋山さんもかなり本が好きだよね」

澪「まあ、入学当初は文芸部に入ろうと思ってたくらいだし」

風子「へ~、初耳!じゃあなんで軽音楽部に?」

澪「律に誘われて半ばムリヤリ。誘われなければ文芸部員だったかも」


風子「軽音部のみんなとは本の話はあまりしないの?」

澪「確かにあんまり話さないな」

風子「でも私も本が好きだから文芸部だけど、軽音部も“なんかいいなぁ”って感じるよ?」

澪「意外だなあ。実は騒がしくて快く思われてないんじゃないかと心配してたよ。
    でも、軽音部のどこがいいの?」

風子「うーん、飾らないところとか、一体感とかかな。
      そんな雰囲気のところにも混じってみたいかなあ、って」

澪「ふ~ん。そういうものかな」

風子「うん…」

澪「あの、高橋さん?」

風子「あ、ごめんね、考え事してて。それで考えたんだけど」

澪「私も思いついたんだけど、ちょっと」


澪  「メガネかしてみて」
風子「メガネかけてみて」


澪「…プッ!なんだ、高橋さんも同じこと考えてたんだ!」

風子「ウフフ。私たち、よく似てるらしいから、案外入れ替わっても平気なんじゃないかなって」

澪「じゃあ、とりあえずメガネを…」

風子「はい」スッ

澪「どうかな?」チャ

風子「! すごい!思った以上に私そっくり!でも私は秋山さんに見えるかな?」

澪「高橋さんもそっくりだよ。ま、少なくとも軽音部では大丈夫。みんないい加減だし、前例あるし」

風子「前例?」

澪「唯の妹が2年にいるんだけど、姉妹でよく似てて、以前、一度入れ替わったことがあってさ。
    私も含めてはじめは気づかなかったよ」

風子「でも文芸部も大丈夫だと思うよ?私みたいに視力の悪い人が多いから」

澪「そういうもんかな」

風子「それに、月曜なら部報の編集会議だから、みんな集中してて気づかないと思う」

澪「部報の編集会議か。面白そうだな」

風子「ところで、見た目はともかく、私はベースなんか弾けないし、練習になったらバレちゃうよ」

澪「いや、月曜日はテンションが低いから、ティータイムだろうな。
   幸か不幸か、後輩以外は練習しようとはまず言い出さないよ」

風子「それならなんとかなりそうね」

澪「じゃあ入れ替わり作戦は週明けの月曜に決行だ」

風子「なんだかワクワクしてきた!」



月曜日 放課後


律「おーい、澪!部室行こうぜ!」

澪「ごめん、ちょっと遅れるから先に行っててくれ!」

唯「じゃあ先に行ってるよ~」

紬「お茶の用意しておきますね~」



澪「やっぱりな」

風子「フフ。でもティータイムなら、ね」

澪「さてと。いよいよ作戦決行だな」

風子「じゃあ、メガネ渡すね」

澪「ありがとう。あれ?このメガネは伊達メガネ?」

風子「いつものメガネを貸したら私も何も見えないし、度が付いてたら秋山さんも掛けづらいでしょ?
     だからコンタクトで伊達メガネにしてたの」

澪「本格的だな」

風子「じゃあ行ってきます。明日結果報告しようね」

澪「ああ。私も文芸部に行ってみるよ」



軽音部室


律「澪遅いなぁ」

唯「先にケーキ食べちゃおうよ!」

梓「練習しましょうよ~」

紬「あら、じゃあ梓ちゃんはケーキ要らないわね?」

梓「そうは言ってないです!」


ガチャッ


風子「お、遅くなってゴメン!」ドキドキ

律「待ちくたびれたぞ~!」

唯「遅いよ~」

紬「いまお茶の用意するわね」

風子(よし!バレてない!声マネも完璧ね)

梓「あ、澪先輩こんにちは」

風子(でもこの後輩さんの名前分からないな。この前話題に出たとき聞いておけばよかった)

風子「じゃ、とりあえずお茶でも飲んで一息入れようか」

梓「澪先輩までいきなりティータイムですか!」プンスカ

紬「もう用意しちゃってるしいいじゃない」

唯「そうだよあずにゃん!まだ月曜だし体力温存しようよ」

風子(ははあ、なるほど…)

律「澪もこう言ってるし、まず腹ごしらえしよーぜ!」

風子「ハハ、あんまり根を詰めると良くないぞあずにゃん」

梓唯律紬「」

梓「澪先輩、いま、何て…」

風子「え?」

唯「“あずにゃん”って言った!」

律「確かに言った!」

紬「ああ、澪ちゃんの口から“あずにゃん”が聞けるなんて…」ウットリ

風子(! しまった!もしかしてこのあだ名は秋山さんは使ってない!?)

風子「つ、ついうっかり間違えたんだ!唯が悪いんだぞ!」

唯「え~何それ!澪ちゃんずる~い」

梓(ちょっとガッカリ)

紬「まあまあ。今日はアールグレイとレアチーズケーキよ」カチャカチャ

律「いつもながら旨そうだな」

唯「いただきまーす」モグモグ

風子「じゃあいただこうかな…ん、おいしい」モグモグ

律「まったりとしてそれでいてしつこくなく」モグモグ

唯「澪ちゃん」モグモグ

風子「今度は何だ?」モグモグ

唯「なんで今日は右手でフォークなの?」モグモグ

風子(!!!!!不覚!秋山さん左利きなのに!なんという初歩的なミス!)

紬「確かに…左手どうかしたの?」モグモグ

風子(考えるのよ風子!今こそ文芸部随一と謳われた知性の片鱗を見せるとき!)

風子「いや、これはアレだよ。
     右手も利き手並みに使えるようにしておけば便利だと思っただけ。
     左利きは何かと不便な場面が多いだろ?」

梓「それはそうかもしれませんけど…」モグモグ

律「まあまあ、細かいことは気にせず食べよーぜ。お茶も冷めちゃうしさ」モグモグ

風子(なんとか乗り切った!そして田井中さんナイス!さすが部長!)

風子「じゃあ食べよう!んー、やっぱおいしい」モグモグ

唯「ムギちゃんおかわりある?」モグモグ

紬「まだあるわよ?」カチャカチャ

律「お茶のお代わりもほしいなあ 」モグモグ

梓「澪先輩、待ってください」

風子「なんだ、まだ何かあるのか?」モグモグ

梓「右手が器用すぎます!」

風子(しまった!安心しすぎたわ!)

律「言われてみればそうだな…」

梓「変なこと聞きますけど、本当に澪先輩ですよね?」

律「いや、さすがに別人はありえないだろ~」

風子「そうだぞ。何を言ってるんだ?私は私に決まってるじゃないか」

梓「…左手でフォークを使ってみてくれませんか?」

風子(考えろ考えろ考えろ私はやればできる子!!!)

風子「ちょっと週末に左手を痛めてな。使えないから右手ですごい練習したんだハハハハハ」

紬「なら仕方ないんじゃないかしら」

唯「あれ?でもさっき澪ちゃんは“右手も使えれば便利だから練習してるだけ”とか言ってたよね?」

風子(平沢さんのバカァ!なんでこういうときは鋭いの!?)

梓「…一応事情はわかりました」

風子「そ、そうか」ホッ

梓「じゃあ最後に、一つだけ質問させてください」

風子「何だ?」ドキッ

梓「澪先輩、さっき私のこと“あずにゃん”って言いましたよね?」

風子「ああ」バクバク

梓「じゃあ、あだ名じゃなくて、私の本名を言ってください。フルネームで」

風子( 詰 ん だ )

紬「私は澪ちゃんが“あずにゃん”って呼ぶのは歓迎なんだけどな~」

梓「そういう問題じゃないです!さあ澪先輩早くお願いします!」

風子「や、山田あずみ?」


梓「…梓です。中野、梓。どなたか存じませんが、ここまでです」

律「 は い 終 了 ぉ ー ! 誰だお前!?」

風子「…う、ううっ、グスッ、ごめんなさい…悪気はなかったんです…」ポロポロ

紬「あらあらまぁまぁまぁ、泣かないで、ね?」

唯「誰なの?見た目は澪ちゃんなのに…」


さわ子「…そのへんにしといたら?みんなも、高橋さんも」

律「さわちゃんいたの!?」

さわ子「いたわよ。笑いをこらえるのに必死で静かにしてただけよ」

紬「なんだかデジャヴな展開だわ」

さわ子「ホントに憂ちゃんの時といい、みんな鈍いわね~」

梓「でも、澪先輩には姉妹はいないはず…」

唯「わかった!生き別れの双子で鉄仮面被せられて人知れず地下牢に幽閉されてたんだよ!」

律「いやいやそれはないから」

唯「じゃあクローン技術いつのまに進歩しすぎだよ!」

律「それもねーよ!でも誰なんだ?」


さわ子「梓ちゃんは知らないだろうけど、クラスメイトぐらい把握しておきましょうよ…
       ほら、高橋さんも泣いてないで顔上げて」

風子「…はい」グスッ

さわ子「澪ちゃんの隣の席の高橋風子さん。知ってるでしょ?」

紬「言われてみれば…何となく澪ちゃんと違うかも」

唯「んー、正直メガネがないと見分けが付かないよ」

風子「今日はコンタクトだから…」

梓「ところで、本物の澪先輩は?」

紬「ま、まさかすでに亡き者に!?」

唯「それ何て影武者徳川家康?」

律「要は入れ替わったんだろ。大体想像つくけどさ」

風子「うん。今頃文芸部にいると思う」

紬「じゃあ詳しい事情は澪ちゃんと一緒に聞いた方がよさそうね」


唯「でもさわちゃんはよく気づいたね~」

さわ子「気づかなかったら担任失格よ」フフン

梓「どの時点で気づいたんですか?」

さわ子「もちろん入室時から。吹き出しそうになったわよ」

律「でもなんでさわちゃんはすぐ見破れたんだ?」


さわ子「だって澪ちゃんよりおっぱい大きいじゃない!」


唯律紬梓「な、なんだってー!!」(AA略)

風子「///」


2
最終更新:2010年07月17日 22:37