憂「またお漏らししちゃうから、服を脱ごうね?」

唯「はい…っ」スルッ

唯「脱いだよ…」

憂「何してるの?ちゃんと上も脱ぐんだよ?」

唯「え、で、でも…」

憂「…」

パシーン

唯「あっ…つぅ」ゾクッ

憂「口答えしちゃだめだよ…お姉ちゃん」

唯「はい…全部脱ぐね」

唯「脱いだよ…」

憂「いい子だね…可愛いよ、お姉ちゃん」

唯「お尻ぺんぺん…?」

憂「ん?お尻ぺんぺんして欲しいの?」

唯「はい!」

憂「ふふ…昨日は力抜いてたんだ。知ってた?」

唯「え…?すごく痛かったよ…?」

憂「じゃあ、もっと痛くしてあげるね…」

唯「あ…は」

唯「(どうしよう…もう濡れてきちゃったよお)」

憂「その前に…こっちもお仕置き」

モミモミ

唯「ひゃっ!?おっぱい…だめぇ…」

憂「こんなに可愛いおっぱいして…私がどんな気持ちでこれを見てたかわかる?」

モミモミ

唯「あっ…んん…ごめん…なさい…っ」

憂「どうしてこんなに可愛いの!」

ギュウウウ

唯「ひあっ…!痛いぃ…!」

憂「お仕置きなんだから痛くて当然だよ。お姉ちゃん」

唯「はいぃ…でも…んっ…すごくいいよお…」

憂「お仕置きされて喜んじゃうなんて…ふふ」

憂「乳首だってこんなにピンク色…」

フニッ

唯「あんっ…うい…ういぃ…」

憂「わかってるよ、お姉ちゃん。これじゃお仕置きにならないもんね」

グッ

唯「んん…つねっちゃだめぇ…」

憂「もっと強くして欲しいんだね…」

グググ

唯「あああっ!いた…いだいよお…」ゾクゾクゾク

憂「じゃあ…やめよっか?」パッ

唯「あ…」

憂「痛いんでしょ?もうやめよ」

唯「うい…いじわる…やめないでよお…気持ちいいよお」

憂「…ふふ、ほんとに変態さんだね」

唯「変態なお姉ちゃんでごめんなさいぃ」ゾク

憂「お姉ちゃん、四つんばいになって、お尻を突き出しなさい」

唯「はい…」

憂「もう…お姉ちゃんたら、またお漏らししちゃったの?」

唯「えっ…?してな…」

パンッ!

唯「ひぁっ!」

憂「えっちなお汁がこんなに垂れてるのに?」

唯「憂が気持ち良いからぁ…」

パンッ!

憂「人のせいにしないんだよ?」

パンッ!

唯「んああっ!ご、ごめんなざい…」

憂「叩くたびにお汁が溢れてくるよ?」

パンッ!

唯「んんんん…!」プルプル

憂「(顔を覆って必死で首を振るお姉ちゃん…可愛い)」

パンッ!

唯「んっ…はぁ…はぁ…」

パンッ!

パンッ!

唯「ぁんんっ!…だめ…もう…我慢できないよお」ブルッ

憂「お姉ちゃん…イキそうなの?」

パンッ!

唯「はいぃ…イっちゃう…!!」ガクガク

憂「いいよ、お尻叩かれながらイって?」

パンッ!

パンッ!

唯「あああぁぁぁぁ…!」ビクッ ビクン

憂「お仕置きされてイっちゃうなんて…ほんとに変態さん」

憂「もう…私の手までびしょびしょになっちゃった」

唯「はぁ…はぁ…ごめん…なさい…」

憂「ふふ…お姉ちゃん、アイス食べよ?」

唯「食べ…るー…!」

憂「ちょっと待っててね」

唯「アイス、アイス!」


憂「持って来たよ」

唯「わーい!」

憂「じゃ、お尻向けて?」

唯「…えっ…?」


憂「ほら、食べさせてあげるからお尻向けて?」

唯「な…どういうこと…?」

憂「そういうこと。ほら早く」

唯「は、はい」

憂「まだびしょびしょだね…」

唯「(アイスを…あそこに入れるの?)」

唯「(怖い…怖いのに)」

唯「(なんでこんなにゾクゾクするの…)」

憂「じゃ、入れちゃうよ…」

ピトッ

唯「ひゃぅ!つめたい…」

憂「すんなり入っちゃいそうだよ?」

ヌプ…

唯「ひゃっ…んぅ…」

憂「お姉ちゃん…こんなに簡単に入っちゃうなんて」

ヌププ…

唯「んん…っ」

憂「今まで誰かと経験…あるの?」

唯「んっ…ないよお…」

憂「じゃあ、なんで」

唯「憂のこと考えながら…1人でしてたから…あ」

憂「…そうなんだ…ふふ、嬉しいよ」

憂「じゃあ、動かすね」

クチュッ

唯「あん…あっ…」

憂「お姉ちゃんの中、熱いだろうからすぐ溶けちゃうかな?」

唯「(アイスの角が…中で擦れて…冷たくて…)」

唯「(おかしくなりそう…!)」

クチュ…クチュ

憂「おっぱい、舐めてあげるね」チュ

唯「ひあぁ!だめ…一緒にしたら…ぁん…変になるよお…!んっ!」

憂「ちゅ…ちゅぱ…」

クチュクチュ

唯「だめえ!んん…んああぁ!」

ビクビクッ

憂「(またイッちゃったんだ…ほんとに可愛いなあ)」

憂「(でも…まだ終わってないよ)」

憂「…」ガリッ

唯「つう!…うい…んっ…ちくび噛んじゃやだあ…」

憂「…ちゅぱ…」

唯「はぁ…はぁ…んっ…」

憂「…」ガリッ

唯「んんんん!」ゾクゾク

唯「(緩急つけちゃだめ…ホントにおかしくなるよお)」

憂「…」ギリリリ

唯「ああああ!だめ…ちくび取れちゃうぅ!」

憂「…」ギリギリギリ

唯「あああああああ!!」ガクガク

憂「お姉ちゃん…思いっきり噛まれてもイッちゃんだ」

唯「はぁ…はぁ…」ビクッビクッ

憂「アイス溶けちゃうから…一気に動かすね」

唯「はぁ…はぁ…うん…」

憂「いくよ」

グチュッグチュッ

唯「ああっ!…いい…いいよお…んんん!」

憂「お姉ちゃん、我を忘れてよがってる…可愛い」

唯「(冷たいアイスが少しずつ溶けて…中で熱くなってくる…)」

唯「(この感覚…たまらない…変になる…!)」

グチュグチュグチュ

唯「だめだめ…またイっちゃう…んん…ぁ…」

唯「うい…ちゅ…ちゅー…んっ…してえ」

憂「おっきい波がきそうなのかな?…ちゅ」

唯「ちゅ…ん…んぷ…」

憂「ちゅぱ…くちゅ…ちゅぅ…」


憂「ちゅ…(イっていいよ、お姉ちゃん)」

グチュグチュグチュ

唯「くちゅ…んん!…んんんんんんん!」

ガクン

ビクッビクビク

唯「…」

憂「お姉ちゃん?」

憂「…気絶しちゃってる…そんなに良かったんだ」

憂「うわあ…アイスがお姉ちゃんのあそこから垂れてて…すごいえっちだよお」

憂「って、そんなこと言ってる場合じゃない!お姉ちゃんが風邪引いちゃう!」

憂「アイスをふき取って…布団もかけておいてあげよ」

憂「ふふ…次は何してあげようかなあ」


唯のMレベルが2に上がった!
憂のSレベルが3に上がった!

とりあえずおしまい



最終更新:2010年07月17日 23:22