律「何なんだあいつら・・・」

唯「りっちゃんやきもちやいてるんだ? 」

律「なわけないだ」

紬「さ、三角関係だ何て! 」

唯「ひゅーひゅー」

律「お前らー!! 」

唯「きゃー」
紬「きゃー」


梓「・・・ふぅ、もういいです。ごちそうそうさまです」

澪「・・・」

梓「・・・」

澪「・・・」

梓「なんですか。言いたい事があるなら言ったらいいんじゃないですか? 」

澪「よく食べ」

梓「減点です」

澪「」

澪「ちょ! まだ何もいってないじゃないか! 」

梓「大体聞いてれば分かるんです。それに犬なら尻尾は千切れるぐらいに振ってないと可愛くないです」

澪「」



律「何あのバカップル・・・。もう既に夫婦の域に入りつつあるじゃん・・・」

唯「何だか嬉しそうだし、いいんじゃないかな? 」

律「悪いとは言ってないだろ・・・。ただ、調子くるうだけで」

唯「偶にはいいんじゃないかな? こういうのもいいと思うよ? 」

律「そうか? 」

唯「うん! 」

唯「二人ともどっちかって言えば騒がない方だと思うんだ。 いつも私とかりっちゃんが騒ぐのを止めてばっかりじゃない?
  確かに楽しそうでもあるんだけど・・・・・・だから、たまにはこういうのもいいんじゃないかなって」

律「・・・」

唯「?」

律「・・・・・・唯って凄かったんだな。私なんてダメダメだな・・・」

唯「・・・そんなことないよ。私はりっちゃんの方が凄いと思うよ? 」

律「そんなこと」

唯「偶にふざけるけど、りっちゃんがひっぱってくれるからみんなやろうって気になるんだよ? 私じゃきっと難しいだろうし、澪ちゃんだって紬ちゃんだって梓ちゃんだって
  皆が、りっちゃんがそういう風にひっぱってくれてる事感謝してると思うよ? 」

律「・・・恥ずかしい事いうなよ」

唯「ほんとのことだよ。はずかしくなんてないよ」


澪「あーーーもう! 練習はじめるぞ! 」

唯「はいはーい」

律「」

梓「先輩、話はまだ終わってないんですけど」

紬「それじゃあ、準備するわね? 」



ジャジャーン

律「結構いい感じにできたな」

澪「だから、なんでお前はそんなにリズムがはやいんだ・・・」

紬「まぁまぁ」

唯「まぁ、でも今日のりっちゃんちょっといつもよりはやめな感じがしたよね? 」

梓「でも、それをいうなら澪先輩もじゃないですか」

紬「それは・・・ねぇ? 」

唯「あ! 」
梓「ああ・・・」


「照れてるんだ?」




律「それじゃあ、今日はこれ位にしておわろーぜ! 」

唯「あ、そういえば駅前に新しいクレープ屋さんが出来たらしいんだけど、この後行かない? 」

律「おぉーいいね! これから行こうぜ! 澪たちも行くよな?」

澪「あぁ行」

梓「すいません。私と澪先輩はこれからちょっと用事があるので・・・」

律「? まぁいいか。唯とムギは行くよな? 」

唯「もちろんだよ! 」

紬「行きたいでーす」

律「よし! それじゃあクレープ屋さんに出発だー」

唯「おおー」
紬「おおー」

梓「・・・」

澪「」

梓「さて」

澪「」

梓「はじめよっか?」


そろそろ初夏になりつつあるのか少し蒸し暑いこんな日に私は何をやっているのだろうか?
「その手、離しちゃだめだよ?」
「・・・」
スカートを握った手が少し重い。
「一回ハンカチ落としたら、5cm自分でスカートをあげる事」
「・・・」
ハンカチを咥えた口が少しあつい。
「返事は・・・? 」
「・・・」
目の前の女の子が
「どうしたの・・・? 」
「・・・・・・わかった」
すこし・・・こわい

パサリとハンカチが落ちる音がした。


澪先輩はかわいい

「・・・」
「どうしたんですか? ほら、スカートあげないと? 」
涙目の澪先輩はもっとかわいい

「・・・ぁ・・・わかった」
「澪はいいこだね。ごほうびをあげるね? 」
怒った澪も、笑った澪もぜんぶかわいい

「んっ・・・ぅ・・・んふっ」
「んっ・・・・・・んっ・・・みおのこまったかお、すごいかわいいよ? 」
いきなりキスされても嫌がらない澪。困った顔しても舌を絡ませてくれる澪。

「澪はいいこだね」

周りを見渡すと、まださっきまでの先輩達の声が聞こえてきそうで可笑しくなる。
先輩達は知ってるのだろうか?
自分達が帰った後の部室でこんな事してるなんて。

こんなに澪がかわいいなんて

おとはしばらくやみそうにない


「・・・・・・変態梓」
「変態の犬の気分はどうですか? 」
「・・・かわいくない」
「澪はとってもかわいいよ? 」
「・・・」
二人でぐでっと床にねっころがる。ちょっと汚いのかもしれないけれど、火照った体には冷たい床がきもちいい。

「・・・・・・」
「どうした?」

「・・・すみません」
「?」

「こういうの嫌いだって知ってたんですけど・・・」
「は?」

「その、こういう体の」
「・・・梓は私の飼い主なんだろ?」
言いにくそうに喋る梓の言葉を遮り、言う。

「?」
「飼い主は犬を飼った責任とってくれるんだろ? 」


「・・・」
「とってくれるんだろ? 」

「はい」
「ならいいんだ。相手が梓でよかった」

「! それって」
「これから好きにして見せるんだろ? 飼い主様? 」

「・・・・・・もちろんだよ。絶対大好きにさせて見せるんだから!」
「これからもよろしく」

「よろしく!」
「ああ」

「うわぁ、澪先輩ってこんなに変態だったんですね…」



「なんだと! 」
「だってそうじゃないですか。全く、躾けてほしいだなんて・・・」

「! そういういみじゃ! 」
「あーあ、何でこんな人好きになっちゃったんだろ? 」

「え? 」
「・・・これ」
梓の小さな手からぽんと小さな手帳が渡される。質素な黒い小さな手帳。

「?」
「・・・開けてみてください」
梓に言われ、小さな鍵をはずし一ページずつめくっていく。

「! これ私の写真・・・! 」
「・・・・・・先輩は、こんな私でもいいんですか? 」
ページの隙間に挟まっているのは私の写真だった。小さく写った写真。私だけを写した写真。

「・・・」
「先輩の事酷く言って置いて、自分はこれです。こんな私でいいんですか?」

「・・・」
「きもちわるくないですか」


「・・・・・・律がさ」
「・・・」

「女の子同士で付き合うのは気持ち悪いっていうんだ・・・」
「・・・」

「私は律が好きだったんだ。それでそれとなく聞いてみたら・・・」
「・・・」

「私には無理だった。振られるんじゃないかって思ったら凄く怖くなってさ」

「だから無かった事にしたんだよ」

「・・・」

「梓にばれたのはそんな時だったんだよ」


「梓がそれを言い出したときにはもうどうでもよかったんだよ」

「だから、承諾した」
「・・・」

「実は・・・・・・梓が私を好きな事は薄々感づいてはいたんだよ」

「誰かがそんな気持ちで自分を見て、焦ってたりするのを見る事で自分を落ち着かせたかったのかもしれない」
「・・・」

「だとしたら、私は変態どころか最低なんだろうな・・・」
「そんなことは!」

「慰めはいいんだ。 ・・・事実なんだからさ」
「・・・」

「きっと自分では気づきたくなかったんだろうな。今、こうしてやっとわかった」


「澪さん・・・」
「梓は強いよ」

「・・・」
「私だったら犬になれなんて言えなかった。言った内容は大分おかしい気もするけど、でも言わなければ傍には居られなかった筈。
 いつでも梓は一生懸命で、頑張り屋で。私じゃ到底敵いそうも無いよ」

「そんな梓だから皆かわいいって思うんだよ。私は梓にきっと憧れてるんだ。そんな梓がきもちわるいわけがないんだよ」

「・・・」

「・・・・・・梓はすごいよ」
「・・・」


「馬鹿にしないでください」

「・・・それはどういう」

「馬鹿にしないで下さい! 私は澪さんが好きなんです。大好きなんです。 」

「・・・・・・」

「頑張りやな澪さんが好きです。泣き虫な澪さんが好きです。例え変態だったとしても澪さんが好きなんです。澪さんが好きなんです」

「梓・・・」

「好きな人を目の前で馬鹿にされて黙っているほど、私は温厚じゃないです! 」

「梓はこんな私でいいのか? 」


「こんな澪さんなんていないんです。 澪さんは私にとって一人しか居ないんです。大好きな一人しかいないんです」

「・・・・・・」

「絶対好きにさせて見せます。絶対幸せにします。律先輩との思い出だっていつかいい思い出だって言える様にしてみせます」

「・・・・・・私からは何もあげれないかもしれない」

「澪さんと居るだけで私は幸せになれる自信があります! 」

「・・・」

「言いたい事は今すぐ言ってください。そんなので揺らぐほど弱い意志じゃないですから」

「・・・」

「・・・」

「・・・梓にはかないそうもないな」

「恋する乙女は強いんです!」

「・・・確かにな」


「……梓」
「なんですか?」

「好きになるって、くるしいな」
「・・・まぁ、否定はしないです」

「・・・」
「でも」

「?」
「好きになるって、ぽかぽかします」

「それは・・・そうかも」
「・・・」

「・・・」
「・・・」


「「かえろっか」」


……

「うぁー疲れたー」
部屋に入るとすぐに、服も脱がずにベットに横になる。
小さな部屋に小さなベット。何て事のない自分の部屋。それなのにどこか居心地がよく感じる。

「澪さんの体…きもちよかったな…」
ベットに埋もれると、先程までの記憶が勝手に思い出されて思わず顔が火照ってしまう。
自分がさっきまで思い人と抱き合っていたと考えてしまうと、何やら落ち着きがなくなってしまいそうだった。

「澪さん…んっ」
彼女の艶かしい表情が頭の中でちらついて落ち着かない。記憶の中とはいえ、しっとりと汗のかいた妖艶な姿に
自分の性欲が抑えられる筈も無く、手が自ずと下に下りていく。

「んっ…ぁ・・・ぅん」


……今夜は眠れそうにないみたいだった。



最終更新:2010年07月18日 01:52