澪「律~~~!和はエスパー技を持っているぞ、気を付けろ!」

律「えす、ぱー?」ハアハア

和「ふふ、今気付いたところで遅いわ。さあ律、私の眼を見て……」

澪「律、和の眼は見ちゃダメだ!」

和「無駄よ。律は私から目を離せない……ふっ!」キッ

律「んんっ!」ビクッ

律「ああああ……///」ズルズル

澪「りつぅ~~~!」

和「これが私の『かなしばり』……。律はもう動けないわ」

澪「よ、よくも律を……!いくら和でも許さないぞ!」

和「はあ……あんた達から先に仕掛けてきたんでしょうが」

澪「あ、そうだった」

和「甘んじて罰を受け入れなさい!ねんりき!」

澪「くううう……!」

澪(和は強い、まともに戦ったら負ける。ここはアレしかない!)

和「やせ我慢がいつまで続くかしら?」キッ

澪「んんん~!」ビクンッ

澪(まだ、まだだ……)

和「しぶといわね……こうなったら直接……」スッ

澪(今だ!)

澪「きし……かいせい!」クチュ

ヌッチュヌッチュヌッチュッ

和「はあああああああんっ!?」ビクッビクン!

和「あう……///」ガクガク

澪「はあ、はあ……ど、どうだ?」

和(ま、まさかがまん+きしかいせいとはね……油断したわ。でもまさか、一撃でやられる、なんて)ドサッ

澪「……」

澪「や、やった」

澪「勝ったぞ~~~~っ!」

澪「やったぞ律ぅ、私達の勝利だ!」

律「……」

澪「私を倒して経験値もどっさり入ったし、これでムギ戦もいただきだな。ははっ!」

律「……」

澪「……あ、律はかなしばりにかかってるんだった」

律(そうだよ、もっと早く思い出せ!)


澪「しっかし、技をかけられてからけっこう経ってるぞ?和のかなしばりって凄いんだな」

律(ああ、私もびっくりだ。もう少しかかりそうだからちょっと待っててくれ)

澪「……」

澪「律は今、動けないんだよな……?」ゴクッ

律(!?)

澪「ち、ちょっとだけ……ちょっとだけ……」ワキワキ

律(澪、一体何をする気だ!?)

澪「私も律をいじってみたかったんだよなあ……。はあはあはあ、りつ~~~♪」ガバッ

律(や、やめろおおおおおおっ!)



……

一週間後!

紬「……」

ザッ、ザッ、ザッ…

紬「……来たわね」

澪「ムギ、久しぶりだな」

律「地獄の底からはい上がってきたぜ……!」

梓「唯先輩ぃ、お久しぶりです~!」ブンブン

唯「お~、あずにゃ~ん♪」

澪「それでムギ、勝負の形式は?」

紬「形式?そんなものはないわ」

梓「え?どういうことですか?」

紬「私一人であなたたち三人を、一度に相手にしてあげるってことよ♪戦えなくなるまで、ね」

律「なっ……!私たちをバカにしているのか!?」

紬「バカになんかしていないわよ、りっちゃん。でも、それくらいのハンデがないとつまらないでしょ?」

律「ムギェ……!」ギリッ

澪「落ち着け律、冷静さを失ったらムギの思う壺だぞ」

紬「……」ニコニコ

律「はっ!そ、そうか」

梓「それに三人同時でいいって言ってくれるんです。ありがたく従って、一気にボコボコにしちゃいましょう」

律「お、おう。梓、お前けっこう怖いな」

紬「話はまとまったかしら?それで、審判なんだけど……」

憂「僭越ながら私が務めさせて頂きますね♪」

梓「あっ、憂!見にきてくれたの!?」

憂「梓ちゃん、頑張って!」ニコッ

紬「さて、おしゃべりはこの辺にして。始めましょうか、戦いを……」

律「ああ、そうだな」

澪「望むところだ……」

梓(負けない……!)

紬「憂ちゃん、よろしくね」

憂「分かりました。それでは……」

憂「バトル……スタートッ!!!」

律「先手はもらった!いっくぜえ……」キュイイイン

梓(律先輩のおデコが光を吸収している?あれはまさか……)

律「ソーラービーム!」チュイーン!

紬「いきなり大技……ねっ!」シュンッ

梓「かわされたっ!?」

律「いや、狙いどおりだ!澪!」

澪「おうっ!」タタタッ

梓(ムギ先輩が躱した方向に澪先輩が走り込んでる!やっぱりこの二人、すごいコンビネーションだ!)

澪「ムギ覚悟おっ!」

紬「やるわね……でも!『しんぴのまもり』!」

澪「なっ……」

律「攻撃が……無力化された!?」

梓「慌てないで下さい、一時的なものです!それに今のムギ先輩は隙だらけ……『あまごい』っ!」

紬「甘いわ、梓ちゃん……『にほんばれ』!」パアッ

梓「くっ……打ち消された!?」

律「ちいっ、さすがはムギだ」

澪「ああ、スピードも技の豊富さも桁違いだな……!」

紬「ふふっ、それだけじゃないわよ!」ヒュンッ

澪「うわっ!?」ドサッ

梓「ああ、澪先輩が捕まった!早く助けないと……!」

律(落ち着け、梓。これも作戦のうちだ)ヒソッ

梓「えっ?で、でも……」

律「澪がチャンスを作ってくれる。その時に……一気に行くんだ」

紬「ふふふ、澪ちゃん。今日は前よりもたっぷり可愛がってあげるわ……♪」サワサワ

澪「ひいっ!?」ゾクッ

紬「うふふふ……」サワサワ

澪「んんん……っ」

律(澪、がまんだ……!耐えてくれっ)

紬「なかなかしぶといわね……。なら、からみつくよ!」ニュルッ

澪「あんっ!」ビクンッ

律「ここだっ!澪、やれっ!」

澪「う、うん!」ガシッ

紬「えっ?」

梓「そ、そうか!普通ならムギ先輩を捕えるのは至難の業……。でも、からみつかれた時なら!」

律「そういうこと!澪の防御力を鍛えたのはこのためさ!」


紬「し、しまった!くっ……早くイキなさい!」クチュクチュ

澪「あああん……ぜ、絶対離すもんか……!」

律「うおお~~~っ行くぞ~~~!梓、ありったけの力を込めろよ!」ダダダッ

梓「言われなくても……!」タタタッ

律・梓「くらええええっ!」

律「『ミルク飲み』っ!」

梓「『しおふき』っ!」

チュパチュパチュパ…
グチュグチュグチュッ!

紬「いやああああああああっ!?」ビクビクンッ

ぷしゃあああああ…


紬「……///」ピクピクッ

律「はあっ、はあ……」

梓「やっ……た……?」

澪「やった、やったぞ!ムギを倒し……、たあ///」フラッ

律「お、おい澪!大丈夫か!?」

澪「はは……やっぱりムギの攻撃は効くな。腰にきちゃったよ」

梓「ふふっ、でもこれで……」

律「ああ、これでようやく……」

紬「これで……何かしら?」ガシッ

律「っ!?」

梓「む、ムギ先輩!?どうして……」

紬「ふふっ、さっきのはさすがの私でも危なかったわ。でもね……」チラッ

澪「あ、あれはっ!?」

純「あ、ん……///」ピクピク

梓「じ、純!?まさか……」

紬「そう……『みがわり』よ♪」

澪「そ、そんな……」ガクッ

律「くそっ!離せぇ!」ジタバタ

紬「ダメよ、楽しませてもらったお礼をしなきゃ♪見せてあげるわ、私の連続技……」スッ

梓「り、律先輩……」

紬「まずは……『つのでつく』」ツンツン

律「ひゃあっ!?や、やめろ!どこ触ってんだよ!///」

紬「ふふふ、次は……『あなをほる』っ!」グリュッ!

律「ああああああっ!?」ビクッ

紬「どう?りっちゃん……」グリグリ

律「うああ……やめろ、そこはあ……///」

澪「りつ……りつううううっ!」グスッ

紬「次にこうなるのはあなたたちよ?よ~く見てなさい」

梓「あ、ああ……」ガタガタ

紬「これで最後よ……『みだれづき』っ!」ヌチュヌチュヌチュッ!

律「……っ!?」ビクンッ

律「あああああああああっ!?」ガクガクッ

律「あ、……///」ドサッ

紬「ふう……ごちそうさま、りっちゃん♪」

梓(り、律先輩があんなにあっさり……。か、勝てるわけないよお……)

澪「……おい、梓」ボソッ

梓「な、何ですか?」

澪「見ての通り、律はもうダメだ。そして私ももう満足には戦えない……もうムギには勝てそうにない」

梓「そ、そんなっ!」

澪「普通にやったら、な」

梓「えっ……?」

澪「梓、さっきの『しおふき』凄かったよ。あれをムギに当てられれば、まだ勝機はある……!」

梓「でも私一人じゃ……」

澪「大丈夫だ、私が梓の力になる!」

梓「澪先輩は動けないんじゃ……」

澪「ああ……だから私の力を託す。梓、私から力を吸収しろ!」

梓「ええっ!?そ、それって……///」

澪「お前が考えている通りだ。早くしろ、時間がない!」

梓「み、澪先輩にそんなことできません!」

紬「二人とも、何の話をしてるの~?」

澪・梓「っ!」ビクッ


澪「急げ、ムギが来る!」

梓「で、でも……。それにまたみがわりを使われたら!」

澪「大丈夫、みがわりは体力をかなり消耗するんだ。いくらムギでも二連続では使えないさ」

梓「うう……」

澪「さあやれ、梓!私と律は、お前を信じている!」

梓(澪、先輩……)

梓「分かりました……澪先輩、失礼します!」バッ

梓「『吸い取る』……『ミルク飲み』っ!」チュウウウッ

澪「やああああああっ!?」ビクッ

紬「あらあら……」

梓(澪先輩、ごめんなさい!)

チュパチュパ、チュウウ…

澪「やああん……///」

紬(梓ちゃんとの一騎打ちになるのね……)

梓「ふう……」

澪「は、あ……///」ピクピク

梓(凄い……力が漲る!これなら……!)ヒュンッ

紬「むっ……」

梓「『ふいうち』!」

バキッ

紬「きゃあっ!?」

梓「よし!」タッ

紬「いきなりやってくれるわね、梓ちゃん……!くらいなさい、からみつく!」

梓「くっ……」サッ

紬「遅い!『つのでつく』!」ツンッ

梓「にゃあっ!?」ビクッ

紬「高速移動……『みだれづき』!」クチュクチュツ

梓「にゃあああああっ!///」ビクンッ

梓「このお……『しおふき』!」

紬「……!」ヒュンッ

スカッ

梓(だ、ダメだ……!澪先輩の力を分けてもらってなお、ムギ先輩のスピードにはついて行けない……!)

紬「ふふ、なかなか頑張ったけど、勝負は見えてきたわね」ヒュンヒュンッ

梓「あっ……くうっ……」ピクッピクンッ

梓(ダメ……ヒットアンドアウェイで確実に体力を奪われてる……)

梓(私じゃムギ先輩を捕まえられない……もう、無理なの?)

紬「うふふふ……梓ちゃんいい顔よ。さあ、終わりにしましょうか!」ダッ

梓「あ……」

ガシッ

紬「っ!?」ガクッ

律「へへ……待たせたな、梓」ググッ

梓「り、律先輩!?」

律「梓……私がムギを押さえてる!早くやれっ!」

梓「で、でもそれじゃ律先輩まで……」

律「構わねえよ。それでムギを倒せるなら本望さ……!」

梓「律先輩……分かりました!」グッ

紬「くっ、離しなさい!このイキ損ない!」グチュグチュ

律「んはあっ……///離すもんかあ……」ビクビクッ

梓「ムギ先輩、これで終わりです!」ダダッ

紬「そ、そんな……この私が!?」

梓「……『しおふき』っ!」ヌチュッ

紬「あ……」

クチュ、ヌッチュヌッチュ…

紬「ああああ……」

グチュグチュグチュッ!

紬「ああああああああああんっ!」ビクビクッ

ぷっしゃああああああっ!


紬「あふぅ……ん……///」ピクピク

梓「これは……みがわりじゃ、ないよね……?」オソルオソル

紬「……///」ピクピク

梓「本物、だ……!」

梓「やった……」

梓「やったあああああああっ!」

梓「私、ついにムギ先輩を倒したんだ……!」ジーン

律「へへっ、やったな梓……。お前はやっぱり頼れる後輩だよ……」フラフラ

澪「あはあん……///」ビクビクッ

梓「律先輩、澪先輩……ありがとうございます!お二人のおかげです!」

律「よせやい、照れるぜ!」

梓(そうだ!これで私が唯先輩の……)

梓「唯先輩!私やりました!」クルッ












憂「もうお姉ちゃん、こんなことしちゃダメでしょ?」

唯「だ、だってえ……」

憂「だってじゃないの。もう……『おしおき』っ!」クチュクチュ

唯「あああああんっ!う、うい、やめてぇ……///」ビクビクッ

憂「ほら、言ってみて?お姉ちゃんのご主人さまは誰?」

唯「ああ、それはあ……」

憂「それは?」ヌチュ…

唯「やああっ!?う、うい!ういですうううっ!」ビクンッ

憂「ふふふ……よく言えたね、お姉ちゃん。それじゃあごほうびだよ……♪」チュプッ

唯「あっ……ういぃ///」



梓「」

律「」

澪「ああん……///」ビクビク

紬「やあ……///」ビクッ

梓「……何ぞこれー」


終わり♪



最終更新:2010年07月19日 00:46