澪「で、この後どうするんだ?」

唯「プール行きたぁい」

律「激しく同意だ!」

紬「同じく」

澪「えー…今日なら混んでてあんまり遊べないんじゃないか?」

律「んー…」

唯「あ、いいところがあるよ!」

律・澪・紬「?」


澪「な、なぁ…やっぱり止そうよ…」

律「なーんだよ、澪ビビってんのか~?」

唯「そぉー…」チャプ…

唯「わぁ、ちべたいっ! それそれ~!」ジャバ、ジャバ

紬「きゃっ! 唯ちゃんやったわね~! えいっ」バシャ

唯・紬「きゃははは!」

澪「ビビるとかそういのじゃなくて…まずいだろっ」

律「気にするなぁ~! わあぁ~!」ザブーン!

唯・紬「きゃあぁ~!」

澪(だってここ…小学校のプールじゃないか!)

・・・

律「小学校のプール?」

唯「うん! たぶん今の時間なら小学生たちが泳ぐ時間も終わったと思うんだよねー。だからこっそりと…」

紬「こっそり…なんか面白そう♪」

澪「いやいや! だめだろ! それに見つかったらどうするんだ!」

唯「たぶん大丈夫だよ~。そのプール、学校から少し離れた場所にあるから見えないと思うし!」

律「おお、それなら誰か見張り一人つけておけば大丈夫だな! なんかワクワクしてきた!」

紬「わ、私も、私も!」

唯「えへへ、それじゃ決まりだね!」

澪「決まるな、決まるな!」

唯・律・紬「わぁ~!」ドタドタ

澪「お、おい! 待って! 私も行くぅ~!」ドタドタ

・・・

バチャバチャ、ザブーン

唯・律・紬「あはははは!!」

澪(ほんとに大丈夫かな…見つかったりしないよな…)ソワソワ

バシャッ

澪「冷たっ!?」

紬「そ~れぇ~!」バシャッ

澪「む、ムギ!? わ、わわわ…!」

律「いいぞ~! もっとやれ~!」

唯「あははは! それそれー!」

澪「こ…このー! やったなー!」タタタ…

ザブーン

唯・律・紬「きゃあぁ~~!」

澪「あははは! この~!」バシャバシャ

「な…なにしてるだ~~~!!」

澪「げっ!?」

律「ま、まずい! 逃げるぞー!」

唯「あはは! ほら、ムギちゃん! 澪ちゃん!」

紬「それ~!」バシャーン

律「ナイス! ムギ!」

「うわぁっ、こ…こらぁーー!! 待ちなさい!!」

澪「あ、あわわ…」

律「澪! いそげ!」

澪「う、うわぁ~!!」ドタドタ

ツルッ…

澪「あ…」

ドテーン



唯・澪・律・紬「……」

「まったく、お宅の生徒は何を考えているんですかね!」

さわ子「すみませんっ、すみませんっ」

「今回は厳重注意だけということにしておきます。次もこんなことがないように願ってますよ」スタスタ…

さわ子「もうこんなことさせませんっ、本当に申し訳ありませんでした!」

さわ子「…はぁ」

唯「さ、さわちゃん」

さわ子「あんたたち何考えてるのっ!!」

唯・澪・律・紬「す、すいませんでしたーっ」

さわ子「ったく、いい歳こいて…何、青春ごっこみたいなことを…」

唯「でも楽しかったよ!」

さわ子「その代わり私が恥かいたわよ!!」

澪「先生…本当にすみませんでした…」

さわ子「もういいわよ。ていうか大体、こういうのって真昼間にすることじゃないでしょうに…」

律「あ、もしかしてさわちゃんもこういうこと昔…」

さわ子「するわけないでしょ!」

さわ子「今日のところはもう帰りなさい。とにかく、これ以上私には恥かかさせないでよ…?」

唯・律・紬「はーい…」

律「いやー、おっかなかったな」

紬「でもスリルあったわぁ」

澪「だから言ったろ! まずいって」

唯「まぁまぁ、澪ちゃーん。これもいい思い出だよ」

律「そうそう!」

澪「まったく…」

唯「あ、もしもしあずにゃーん? あのね、私たちさっき…」

澪「そんなこと報告しなくていいっ!!」

唯「え? あずにゃんも来たい? うん、うん、わかった。うん、それじゃあ後でね~」

唯「あずにゃんが今暇だからこっちに遊び来るって」

律「お、梓か。あいつ、まだコゲコゲかなぁ♪」

紬「名付けてコゲにゃんかしら!」

唯・律「あははははははは!!!」

澪(こ、こいつら…)

――――

梓「こんにちは~」

澪「やぁ、梓」

紬「やっぱり…コゲにゃん」

唯・律「っく…ぷぷぷ…ふぐっ!」

梓「どうかしました? それより…さっきの話って本当なんですか?」

律「おお、マジマジ! いやー、梓もいればよかったなぁ!」

梓「い、いい歳して…私なら絶対そんなことしませんよ! ていうか、澪先輩も…ですか?」

澪「いや、えっと…まぁ…」

梓「…そ、そうですか。それなら仕方がありません…ね」

澪(な、なんだか…後輩から変な目で見られている…)

唯「あずにゃんも加わったことだし、どうしよっか」

律「そうだなー…」

梓「あ、私スイカ持ってきたんですよ。おばあちゃんの家からいっぱい送られてきちゃって…」

唯・律「おぉ~!」

紬「スイカ割り!」

澪「ムギ?」

紬「わ…私っ、スイカ割りしたい!」

律「スイカ割りかぁ…いいな! やるか! 梓もそれでいいか?」

梓「ええ、私は…そういうことならこれ持ってきて正解でした」ニコ

紬「ああ、楽しみだわぁ…うふふっ」

澪(ま、また食べるのか…)

唯「で、どこでするの?」

律「澪んちでいいだろ」

澪「おい」

律「ビニール敷いて…っと。よし、これで汁が飛び散っても大丈夫だろ」

梓「よいしょっと」ス

唯「わぁ~! 大きい~!」

梓「もって来るの、大変だったんですよー? ふぅ…」ポン

紬「棒はどうしましょう?」

律「バット…だと粉々になっちゃうか。澪ー、何かない?」

澪「んー…えっと、これでいいかな」ス

律「擂り鉢棒じゃ小さいだろ! お、これなんかいいんじゃないか」ヒョイ

梓「ゴルフのクラブ?」

澪「そ、それ! パパの!!」

唯・律・紬・梓「パパ?」

澪「パ…! パパス……」

梓「ドラクエですか?」

澪「な、なんでもないっ! もうそれでいい! 早くやろうっ///」

唯・律「ほうほう」ニヤニヤ

紬「ん~……」フラフラ

律「ムギー! 右だ右!」

澪「うわぁ!? よ、よせっ! くるな! もっと左だ!」

紬「なかなか難しいわぁ…」

梓「ゴルフクラブでスイカ割り…な、なんかシュールですね」

唯「これはこれで絵になるよぉ…あ、ムギちゃん! そこ! そこだよ!」

紬「よぉーし…えいっ!」ヒュッ…ドグシャァァ

ビチャ…ビチャ…

紬「あ、あらら…?」

律・澪「何でスイングしたし!?」


紬「あうう…ごめんなさい…クラブ握ってるからつい…」

澪「ま、まぁ…使い方はそうなんだけど…」

律「あちゃー、ぐちゃぐちゃ…」ビチャ…

梓「あ、でも食べられないってことはなさそうです」

唯「じゃあ私こっちの大きいやつもーらい♪」

紬「それじゃあ私も♪」

律「あ、唯! ムギ! ずるいぞー! 澪、塩持ってきてー」

澪「あー、はいはい」

唯「おいひぃ~! すっごく甘いよぉ」

澪「本当だな。みずみずしいし」

梓「ふふ、喜んでいただけてなによりです」

律「むしゃむしゃ…ぷっ!」ヒュッ…ポト

澪「あ、コラ! 種飛ばすな! 汚いだろっ」

紬「おぉ…ぷっ!」ヒュッ…ポト

紬「やったぁ! りっちゃん越したわ!」

律「な、なんだと~」

澪「ムギ!?」

唯「あはははは」

梓「なんか…こういうのっていいですね」

唯「んー?」

梓「すっごく夏って感じです。ふふ」

唯「そうだねぇ。私、夏って暑いからちょっと苦手だけど、こういうことができるのも夏だからなんだよねー」

梓「あはは、なんですかそれっ」

律「…よし、そろそろ日も暮れてきたし」

澪「今日はもうお開きか?」

律「うんにゃ…」ガサゴソ

紬「りっちゃん、なぁにそれ?」

律「じゃじゃーん! 花火ー! さっきスーパー行った時にこっそり買ってたんだぁ」

唯・紬「花火! わあぁっ~!」

澪「花火…」

律「夏って言ったらやっぱこれしなきゃなぁ。ね?」

澪「え、あ…ああ。そう…だな」

梓「去年の合宿でもしましたもんね」

律「ん。今年はまだみんなで打ち上げ花火見ただけだろ? だからさ」

梓「そうですね。私もします」

澪「ほら、バケツ持ってきたぞ」

律「サンキュー。さすがに澪んちに火まではつけられないからな」

澪「やめろよ。ほんとーにやめろよ!?」

律「しない、しない。ほれ、一人一本持ってー」ス

唯「私、二本! 二刀流だよ~」フンス

梓「あぁっ! 唯先輩ずるいですっ」

紬「それじゃあ私もしちゃおうかしら…」

律「お、お前らなぁ…まぁ、いいや。ほい、火ぃつけて」

シュッ…ジジ…パアアアアアアアッ

唯「わあぁ~!! すごいすごい!」

紬「きれーい…うふふ! えいえい!」

律「あっぶねぇ! このぉ~」

梓「あ、危ないですって! わぁ!?」

澪(…きれいだなぁ。花火)

澪(夏休み…楽しかったなぁ)

唯「あれー? 火着かなかったかなぁ?」

梓「ちょっ、唯先輩! 危ないですよ!?」

紬「唯ちゃんっ」グイッ

唯「え? あ、わあぁっ」

ヒュ~~~…ドンッ

唯「お…おーう…」

紬「危なかったぁ…ふぅ」

梓「か、間一髪…もう! 打ち上げ花火は火を着けたら覗きこまない! 常識です!」

唯「え、えへへへ」

梓「もぉ~…」

澪「……」

律「みーお。 何ボーっとしてんの?」

澪「ん?」

澪「いや、花火してるとさ」

澪「夏なんだなぁって…」

律「はぁ? …っぷ、ははははは」

澪「な、なに」

律「いやっ、なんか、おかしくてっ、あはははは」

澪「なんだよ…ったく」

澪「……」

澪「高校最後の夏かぁ…」

律「お、おーい…やめろよそういうの。なんか虚しくなる」

澪「あはは」

澪「色々したよね」

律「おー…そうだな。色々した」

律「やり残したことと言えば」

澪「え?」

律「宿題、かなっ」ニッ

澪「お前なぁ…」

律「えへへ。でもほんと…これで終わりなんだよなぁ」

律「夏が終わって、文化祭で…受験して…それで…」

律「卒業だとさ」

澪「…うん」

律「早いもんだよな。私たちもういつの間にか3年生になってた」

澪「まだ入学式が最近みたい。軽音部を立て直したのも」

律「うん」

澪「卒業しても…私たち、こうやっていつまで会うことができたらいいなぁ」

律「会えるよ。つーか会おうよ! 毎年、夏の日に! こうやってみんなで花火してさ!」

唯「おーい、閃光花火しようよ~」

紬「わくわく! わくわく!」

梓「ムギ先輩、閃光花火好きですもんね」

律「ん、おぉー! 今行くー! …な、澪」

律「さっきの、約束だからな! 絶対な!」タタタ…

澪「あ…」

唯「澪ちゃ~ん」

澪「…待ってー! 今行くよー!」タタタ…

澪(そうだな! 絶対、絶対の絶対! …約束する!)


次の日!

律「うえぇ~っ」カキカキ

澪「だからあれほど宿題は早めにでかせって言っただろ」

律「そんなこと言われたってぇ~うわぁあああ! 終わらねぇえええ!」

澪「やれやれ…」

・・・

唯「和ちゃぁあああ~ん! 宿題終わらないよぉおおお! うえぇええーん!」

和「ああ…予想通りだわ」

唯「もうやだぁぁぁ!!」


 お わ り



最終更新:2011年10月17日 22:13