律「おい、さわちゃん!これなんだお!?」

さわ子「わからないわ…ただ…私達の"ワイ"が言えないのに関係がありそうね…」

澪「…」

梓「…ハッ!…澪先輩が立ちながら白目向いてます!」

紬「あれを壊せば私達の言葉が戻るとか?」

唯「近くにいってみおーお!」

さわ子「ダメお!子供をそんな危険なところに行かせられない!」

律「おい!あれ…憂ちゃんじゃないか!?」

唯「!?」

憂が巨大なYの真下で尻もちをついている…
助けに行かないと…!!

梓「…唯先輩!」

唯「みんなはここにいて!私が憂を助ける!」ダッ

さわ子「ウイちゃんダメ!!」

私はさわちゃんの制止を聞かず走り出した!
憂を助けないと!

律「私も行ってくる!」

梓「律先輩まで!じゃあ私も…」

紬「…ここはあの二人に任せて私達は澪ちゃんのカンボウをしましょう…」

さわ子「…私も行ってくるわ、あなたたちは待ってなさい」

紬「はい」

梓「…はい」

澪「」

唯「憂!憂ぃーーー!」

憂「あ…お、お姉ちゃん…」

唯「こっちだお!」

憂を担ぐ
憂は腰が抜けてるせいか重たい…

律「おーい!ウイー!憂ー!」

唯「りっちゃん!どっちか分かんない!」

律「今そんなこと言ってる場合じゃないだろ!一緒に担ぐぞ!」

憂「すみません…」

憂を二人で担ぐために体勢を変えた瞬間

憂「え…き…きぁあああああああああ!」

唯「…!?ど、どう…」

Yがバラバラになって…憂の口に入り続ける…!

唯「憂に近づかないでよー!」

律「コノアロー!憂にはいんじゃねー!」

私達が振り払っても、効果が無い…
幽霊みたいに私達の体をすり抜けていく…
私達の抵抗空しく容赦なくソレは憂の口の中に入っていく…

律「くそっ、くそっ、どうなってんだこいつは…」

次第に空中のYは小さくなり、消えた

さわ子「遅かった!?」

唯「だ、大丈夫?憂…」

憂「…」

律「…息はしてるみたいだな…」

さわ子「…ゴメンなさい…私が止めてなければ…」

唯「さわちゃんは悪くないよ…」

憂「…ん…」

唯「憂!大丈夫!?」

憂「よにぇいぇちゃん…」

律「どうしたんだ憂…」

憂「りぃちゅしゃんみょ…」

さわ子「"ワイ"が発音できてる…あっぱりアレは…」

唯「憂、今は喋らないで!」

憂「…」

律「とりあえず大丈夫そうで良かったな…」

さわ子「憂ちゃんは…"ワイ"を取りこんじゃったんだわ…」

唯「どういうこと?」

さわ子「多くの人の"ワイ"の発音が憂ちゃん一人に入っちゃったのお…」

律「そんなのってありかよ!?ちゃんとみんなに戻れよ!」

さわ子「…!?もしかしてあなた達…発音が戻ってる!?」

唯「え…やゆよ…あ、ホントだ…」

律「さっきアレに触ったからか?」

さわ子「だとすると…今の憂ちゃんはある意味危険な状態かも…」

唯「どういうこと?」

さわ子「…他の人が発音を取り戻そうとして実験台にされるかもしれないわ…」

梓「憂!」

唯「あずにゃん!二人は?」

梓「澪先輩はムギ先輩に任せています!それおり憂は…」

律「Yを取りこんじまったらしい…」

梓「…?」



音楽室

唯「憂…大丈夫?」

憂「よにぇいぇちゃん…わちゃしぃひゃぢゃいじょゆびゅ…」

唯「何言ってるの…?」

澪「たぶんこれは…私は大丈夫…だな」

さわ子「他人の分まで"ワイ"を吸い込んだから言いたくなくても"ワイ"がはいるのね…」

梓「ひどい…どうして憂がこんなことに…」

紬「…(どうしようこの憂ちゃん可愛すぎるけどそんなこと言える空気じゃないわ…)」

律「憂からYを取り出せればみんな戻るし憂も回復するんだがなー…」

ムギちゃんがケータイを見ている

唯「何見てるの?ムギちゃん」

紬「あ、ワンセグでヌースを見たら各地で消えた発音が現れてるみたいなの」

澪「それで…他のはどうなったんだ?」

紬「それが…他のが一か所に集まってきてるみたいなの…」

梓「その場所は…」

紬「桜ケ丘高校…」

律「なんだよそれ!まだ憂の体に入ろうってのか!?」

さわ子「きっとアレらにとっては人の体に入ることが異常事態なのかもね…」

澪「それで…インロクみたいなものが発生してる…とか?」

さわ子「オソウでしかないけど、きっとそうね…」

何で憂がこんなことになったのか…
私が助けに行ったせい…?

唯「じゃあ早く憂から他の人のYを出さなきゃ!」

澪「でもどうあって…」

紬「キスするとか?」

律「そんな…カー○ィじゃないんだから…」

ズキュゥゥゥン!!!

ムギちゃんが…憂にキスを…!!

紬「や~ゆ~よ~…出てる、行けるわ♪」

律「もう…なんでもアリだな…」

あずにゃん、澪ちゃん、さわちゃんも憂とキスをした
さわちゃん以外は躊躇があったせいでけっこう時間がかかった

梓「…こんな恥ずかしい思いするなら助けに行ってればよかった…」

澪「…まだ憂は助からないのか?」

憂「しゅみみゃしぇん…わちゃしにょちゃめに…」

律「この辺の人全員が憂とキス…なんてできないしな…」

さわ子「もっと効率的な方法があれば…」

憂「…きゃみぃを…」

澪「紙?ああ、筆談か」

憂[きっと私が死ねばみんな元に戻ると思います]

唯「…!やだ!私は憂は死なせない!」

憂[ごめんねお姉ちゃん私悪い子だから]

唯「え…?」

憂[私お姉ちゃんが悲しんでるのに私と同じ呼ばれ方になったって喜んでた]

紬「それだったら私だって初めから喜んでたわ!」

律「…ムギ…少し黙ろうか…」

梓「憂が死ななくてもいい方法だってきっとある!憂が死んでも元に戻るかわからないし!」

さわ子「意外と手が触れただけでいけたりしないわよね…」

梓「純呼んできます!」

唯「私は和ちゃん呼んでくる!」

紬「じゃあ私は斉藤を…」

律「だからお前は黙ってろって~」ガスッ

紬「うふふ♪殴られた~♪」

澪「…(いつの間に律がムギのツッコミに…私がツッコミだったのに…)」

和ちゃんは校内の混乱を収めてた
だから混乱が収まったら来るように言っておいた

純「憂…大丈夫?」

憂[もう大丈夫心配しないで]

梓「じゃあ純、早速やってみて」

純「わかった!あってみる!」

純ちゃんが憂の手を握る

純「はぁ~~~~…」

梓「…(除霊とかじゃないんだけどな~)」

純「あ~う~お~…ダメみたい…」

憂「…(手痛かった…)」

純「これならどうだ!」ギュッ

憂「!」

純ちゃんが憂に抱きついた
純ちゃんも大胆だな~

純「やゆよ~…お!いけた!」

和「私の出番はもうないのかしら」

唯「あ、和ちゃん!もう大丈夫なの?」

和「ええ、生徒会は全員正気に戻しておいたから後は生徒会のみんなに任せたわ」

律「とりあえずハグでも戻るみたいだな!これならさっきよりはマシかな」

憂[私もこのぐらいなら]

澪「…キスじゃなくても良かったのか…」

梓「澪先輩!あのときは分からなかったんですから!」

紬「うふふ♪」

さわ子「でもハグでも日本中っていうのは無理があるわよね」

和「先生、憂の分の肩代わりとかはできないんでしょうか?」

唯「憂、ちょっといい?」

憂[うん]

憂に抱きつく…何かが憂から流れてくるような感じがして気持ち悪い
でも離さないでしっかり抱きつく

唯「きょりぇぢぇぢょゆぢゃ!」

澪「…唯に移った!」

憂「…よ、よ姉ちゃん吸い過ぎてにゃい…?」

紬「…!(このぐらいがベスト!)」

律「…(どうせムギが心の中で喜んでるんだろうなぁ)」

唯「にょぢょきゃちゃ~ん!」

和「え?私?何言ってるか分からないわお…ウイ」

ダキッ

和「いきなりなにするのよ唯…あ…治ってる!」

唯「きょんにゃみょんぢぇぢょゆぢゃりょ!」

律「これをみんなでやれば手早くみんなに拡散できるな!」

紬「…♪(キマシタワー♪)」

律「…(もうツッコむのはやめよう…)」

澪「じゃあ私達はクラスの人とかから…」

純「澪先輩はファンクラブの皆さんに是非!」

和「検討しておくわ」

澪「え…そ、それは…」

律「じゃあ私達はクラスの人にでも抱きついてくるぜ~」

澪「え…ちょ…」

紬「せっかくのチャンスだし私は所構わず…」

澪「…仕方ないか」

さわ子「私は残念だけど無理ね」

唯「にゃんぢぇ~しゃわちゃんにょいきぇじゅ~!」

憂「おにぇえちゃん、紙!」

唯[ひどい]

さわ子「そんなハグなんてそうそうできないのが大人ってもんなのよ」

唯[これだから大人ってやつは みつを]

憂「よにぇえちゃん…みちゅをしゃんは関係にゃいよ~」

律「んじゃ!ハグでY復活大作戦、開始!」

みんな「おーーー!」

みんなが私に抱きつく
ちょっと息苦しい…

澪「ぢょゆぢゃ?」

律「プ…ひぇんにゃにょ!」

紬「りぃっちゃんぢゃっちぇ~」

梓「ひょりゃ!いちゃいちゃしぃちぇにゃいぢぇひゃやきゅしぃみゃしょゆ!」

唯「やじゅにゃんきゃわいい~」

さわ子「…ダメだこいつら…早くなんとかしないと…」

和「さ、澪はこっち」

澪ちゃんは生徒会室でファンクラブの人を治すのだ

憂「お姉ちゃん…頑張って!」

純「あじゅさ、行きょ!」

動けない憂に代わって憂の残りのYは純ちゃんが引き受けてくれた



音楽室

唯「ふぃ~、疲れた~…」

律「もう私達のノルマは達成だな~…」

紬「まだまだハグしたかった…」

律「…」

澪「…はぁ…はぁ…」

律「おー澪、どうだった?」

澪「…もうだめ…」バタ

律「澪!みおおおおおおおお!」

和「ファンの子達が思ったよりすごくて…」

梓「みなさん、もう帰ってたんですか?」

唯「あずにゃーーん…あ、ハグはもういいや…」

梓「そういえばムギ先輩、ニュースのほうは…」

紬「あ、そういえばそんな話だったわね~、どれどれ…」

『日本中で発生したコダイな"ワイ"ですが、桜ケ丘に向かっていたものが突然停止しました!』

唯「とりあえずここは大丈夫そうだね~」

澪「他の地域の人にもこの方法で戻ってほしいよな」

律「この情報を売ればすごい儲かるんじゃねーの?」

紬「…!!!(世界中の人がハグ!)」

澪「でも他のは人の体に戻ってないんだろ?」

律「そーだなー…」

唯「まーいつかなんとかなるよ!憂も助かったし!」

憂「でも私達だけ元に戻るとか悪い気がする…」

さわ子「唯ちゃんの言う通りよ」

律「さわちゃんいつの間に!」

さわ子「こんなもの世界の浄化作用みたいのでどうにかなるわよ
    それに下手に手出ししないほうがいい場合もあるのよ」

唯「めずらしく大人な意見!」



それから

しばらく世界中に大きな文字が浮かんでいた
どうやら言葉が治ったのは高校の関係者と近所の人だけだったようだ

数日後、私達の元にTVの取材が来た
近所の住人からの情報があったらしい

取材では私達はありのまま起こったこと話した
ちょっと意味不明そうだったけどだいたい伝わったかな?

ま、私達には関係ないんだけどね!


唯「あ、みんな~」

律「おー、唯じゃねーか!遅刻じゃないだとぉ!」

澪「珍しいな、Yでも降ってくるんじゃないか?」

唯「それはやだよ~、憂の調子が戻るまでは私がしっかりしなきゃ!」

梓「普段からしっかりしてください!」

紬「あらあら♪」


おわり





最終更新:2011年10月17日 22:51